FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

マイシャル(高次元の宇宙人)からのメッセージ

2007年06月14日

今日は久しぶりの完璧なフリーの状態。こんな時、またいつものように、朝、妻や娘を車で送っている最中にたくさんの言葉がわいて出てくる。

帰宅すると、すぐにピキーという宇宙の音が鳴り響き、魂の中心部(直霊)がじわじわと熱くなっていく。体がびりびり感じて軽い眠気のようなものも感じる。気がつくと、パソコンに向かってミクシィを開いて、何かを書こうとしている。書きたくてむずむずする。今日は何を書かせてくれるのか、期待感でわくわくする。気持ちは最高潮に達する。
    ☆      ☆
はじめまして。とはいっても、いつもあなたがたを見ているし、もう古くからの友人でもあるから、あなたがたが思い出してくれればわかることだけれど、今の世の地球という場所で人間と宇宙人という形で会うのは、初めてということになるのかな。でもね、本当は会っているんだけど、難しいね。人の表面的な記憶と本来の記憶とが一致していないということで、なかなか説明ができないや。まあ、そんなことはどうでもいいんだけど、あらためまして、どうぞよろしくお願いします。

今日はアセンションについて、もう少し実感できるような話をさせていただきます。すでに、この友人には話してあるし、わかっているようだけど、実は地球は過去にアセンションということを経験しているのです。

みなさんも、だいたいでも詳しくでもきっとご存知かと思いますが、約6500万年前という、地質学上でいえば中生代白亜紀から新生代第三期に変わるとき、つまり中生代から新生代にかわるとき、この時がアセンションしたときなのです。簡単にいえば、肉食恐竜を中心とした力の強きものが地球全体を征していき、草食動物や体力の弱い生物が生きながらえなくなるという、いわゆる弱肉強食の全盛の世であった中生代といわれる時代から、急激な変化により、恐竜はすべて絶滅し、それ以外の生物も絶滅したもの、あるいはあらたに地球上に出現したものもいます。この大変革こそが、地球が経験したアセンションなのです。

恐竜やアンモナイトなどの中生代の生物が絶滅した要因はいろいろとありますし、地球上の科学においても認識されています。その要因であることを大きくわけて地球的ないいかたをすると二つあります。一つは、天変地異というものです。そしてもう一つは、病気が蔓延したことです。

ありとあらゆる知識の中で、別段、この知識をしっかり持つことが大事ということではありません。この友人は、とてもこのへんに関しての知識はすでにもっているわけですが、ここで言いたいのは、地球が一度はアセンションしたことが、事実としてすでに地球の人の中の多くの方々、特に日本人は基礎的な知識として多くの方々が身につけているということです。

今回、このように順調に人類の進化が進んでいけば、晴れて宇宙の文明社会に仲間入りをする大きな変革であるアセンションすることでしょう。そして、われわれ宇宙全体の輪にとけこみ、ともに友として多くの愛をわかちあえる和の中に、しっかりと認識した状態で加わることができるようになるのです。なんて素晴らしいことなのでしょう。なんて美しいことなのでしょう。こんなに、また地球のみなさんまでも加わった愛の輪のなかで、もっともっと愛を深く感じあえることができるのですから。

地球の次元が上がったときに、今いる生物の中でも、例えばサメのような、魚や人までも食べてしまうような野蛮な肉食の魚類は、地球上から姿を消すことでしょう。猛獣や毒蛇も同様です。みんな、草木や実などを食べて、争うことのない愛に満ちた地球へと変わっていくのです。

それにはどうしても、あの中生代の終わりに起きたような大天変地異や治療が不可能になるような病気が流行するような状態になる可能性が大きいということです。

次元が上がって、この世が大きく変わり、愛に満ちた生活を皆が求めて実感できるようになる。今ある悪性のウイルスとか殺菌類もなくなるので、病気にはならなくなっていく。争いもない、すべてが愛に満ちた平和な世界。宇宙の文明社会ではこれが当たり前のことです。そんな宇宙のみんなで宇宙連合なる地球を応援している集まりをつくっているのだから、この仲間に入ってくれたら、お互いにうれしいことばかり。考えただけでもわくわくしちゃいませんか。

愛しき地球の皆さん。今のご自身の生活をせいいっぱいポジティブに過ごしてください。そして、人を思いやり自分を大切にし、この世もあの世も宇宙も何もかも、ありとあらゆるものに対してたくさんの愛の心を向けてください。すべてが、あなたに、そして地球に宇宙に、カルマとしてめぐっていくのです。

私の名はマイシャルと今、名乗ることに決めました。なんだか地球の言葉でイニシャルという響きが気に入ったからです。それと、マイトレーヤーと深く結ばれていることも含めてです。私は地球からは認識されてない星に存在していますが、アボガド星の宇宙人とでもいっておきます。まあ、私がだれであるなどはどうでもいいことでして、私の言葉が少しでもみなさんのお役に立てたならば光栄であるという思いを込めまして、この場を閉じたいと思います。ありがとうございました。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)