FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今日はいー天気!

2007年06月13日

きっと千葉銀行の担当職員は驚いたことだろう。というより、あきれてしまったのかもしれない。。

たとえば弁護士を入れての民事再生といった、借金返済のやりかたがある。ただし、一定の収入を得られる就労をしていなくてはならないが・・

銀行員はこの処理をすすめる。私の返答はいつも「十分存じています。」「参考にさせていただきます。」「私なりの選択をします。」

だって、まだはじめての借金パンク状態の人に関しては、破産をしなくても大丈夫でこんな手軽なこの世の法律の処理の仕方があるのだから、なぜ熟知しているのにそうしないのかが、この銀行員からしたら解せなかっただろう。

就労先だって、給料がたくさんもらえる場所を知っているのに、なぜ、儲かりもしない仕事をこうして続けていくのかも解せないだろう。だって、もうこのままいけば、ほんの少し先に家族6人の住む家を手放すというこの世の計算による状況に追い込まれているのに・・なぜ?と私と同年代と思われる人の良さそうな銀行員は、きっと解せなかっただろう。

何よりも、私自身がたんたんとして話をしている姿には驚いているようだった。だって、私自身は、何も怖くないし不安も心配もしていないから。どんなに数字を出されたりこの世的な計算をされて、ほらたいへんだと言われても、私はすでにわかっていることばかりだから、驚きもあわてることもしない。やっぱり、たんたんとして、ちょっと冷めている。

銀行員と応接室のような所で話している最中、私を冷静に見つめるもう一人の私がいた。「この人、本当に平静を保っている。言葉や思考だけではなくて、本当にここまでの域に到達したんだなあ」って。。

朝9時から1時間ほど話をした後、銀行を出て車で家に帰った。家に戻る途中の車中で、弱い自分がちょっとだけ顔を出した。そして、一瞬だけ泣いちゃった。。やっぱり家族の想い出がつまっているから。。。でも、すぐにこの心配とか不安とかといった取り越し苦労から脱して、家に着くなり約40分の長風呂で一気に浄化させた。とりあえず、まだ最低でも1ヶ月半は自由に住むことがこの世の規則では許されているらしいから。。今、こうして住んでいられるので「この先どうなるのかな・・」という心配や不安といったネガティブな気持ちはすべて取り越し苦労だからいらない。だって、物質的なことのみだから、いろいろとネガティブなことを考えたとしても、たとえば今日宝くじを買って大当たりしたら解決しちゃうんだから。。だから、取り越し苦労はせず、ひとつ先までのことを考えて想定し、わくわくすることを選択しながら自分のできる範囲の努力をし続け、あとは目の前のことをひとつひとつ解決するといった「今」を最大限に考えればよい。

今日は庭のあんずを収穫しちゃおう。。これが、今、一番したいこと。アマンダ(小1の娘の仮名)といっしょにあんずを漬ける準備をして楽しもうかな。。それにしても・・

とってもいー天気だ!
スポンサーサイト



日記