FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

急激なエネルギーの高まり ~続編~

2009年10月24日
昨日に掲載しました「急激なエネルギーの高まり」の記事に関連したこととして、急激に増加しているエネルギーが、心身に及ぼす影響の実例とその対処法に関しまして記載されている、2009年6月19日に当ブログの内容を要約して転載いたします。


知人からのメールでいただいたご質問です。

Q.今月に入ってから段々体調がおかしくなって、ここ10日間は両耳は気圧でも上がったような感覚があって、モアーンとこもった感覚があり煩わしく、最近はフラフラとふらつく事もあり、疲れかとゆっくり休んでみたり、睡眠を沢山とったりしてるのですが、少しも良くならないのです。単なる運動不足かな?とか色々考えました。

もしかしてチャクラのバランスが悪いのかも知れないと思い、タエヌさんに遠隔ヒーリングをお願いしたいなぁと思いたったわけです。本当は自分の力で治したいと思ってきましたが、どうも上手く出来てないようです。

でもこのままもう少し様子を見てからにした方が宜しいでしょうか?
点滴打てば治るのかなあ~とかも考えるのですが、食欲はあるし、体もさほど疲れも溜め込んでないと思うんです。良いアドバイスをお願いします。


A.これは私も妻も感じていることで、今朝も妻と話をしたばかりですし、今月に入ってから何度も話をしていたことでもあるのですが、ここ2、3週間の地球上に降り注ぐ宇宙エネルギーの状況はさらにものすごい勢いで強さが加速しているように感じます。私も妻も、結構肉体的にも精神的にもその影響を受けていることを感じていて、お知らせいただいたことと同じような「耳のふさがったような状態」は数日前に起こりましたし、食欲がないようで食べるとたくさん食べたりとか、腹が急にくだったりとか、いつも以上に頭がごんごんと痛むような感じがしたり押されているような感じがするとか、熱っぽいのに計測すると平熱であるとか(妻はエネルギー過多の時はよく目まいや立ちくらみがすると言っています)・・・ずっとではなくて、突然そんな症状が表れて、すぐに消えることもあれば、しばらく続くこともあり、かといって少しは不快ですが耐えられないとかおもいきり嫌になるとかというわけではないなどなど・・・というのは、プラスのエネルギーが強くなった時の特徴的な状態でもあります。プラスのエネルギーを強く受けたための不調和は、体や心がうまく調和してなじめば、消えるかもしくは違和感が小さくなっていきます。これまでに、ここ数年の間に、何度もこのようなエネルギー過多による心身の不調和を経験してきましたが、今回の場合はその中でも特別と言えるほど、エネルギーの増加のすごさを感じています。


以下は私のブログに載せました最新のマシュー君のメッセージに、このことに関連する内容がありましたので転載しますのでご参考下さい。


アセンションのプロセスでは高い波動が様々な影響を与えるので、読者の皆さんが気になるようなものを言いましょう。疲労感、衰弱感、言いようのない不安感、集中力不足、物忘れ、躁鬱的症状、普段にない短気や怒りの爆発、目のかすみ、消化不良、”頭に虫がいる”ような感覚(ピーとかシャーとかというような耳鳴りのような音がする)です。もし、これらが、そしてもっと多くの種類の肉体的、感情的そして精神的な反応があることは疑いないことですが、束の間に一時的にもつづいたり、繰り返されることがあったら、それらは広まっているエネルギーにからだが自然に順応しようとしているのであって、治療の必要性はありません。それらの症状に対するベストの対応ということでは・・そして、どんな病気に対する最良の防衛力である健全な免疫システムの維持には・・健全なライフスタイルを生きることに尽きます。睡眠をよくとり、よい水をたくさん飲み、栄養のある食べ物を食べ、毎日運動し、できるかぎりストレスあることを避け、そして静かに回復する時間を過ごすことです。けれども、もしからだの状態がますます悪化し、それが長引くようであったら、波動変化によるものだろうと思わずに、信頼できる医療関係者に相談してください。それで内臓に異常がないことが分かれば安心するでしょう。そしてもし治療を必要とするような状態であれば、適切な処置を受ければいいのです。



☆《にほんブログ村》と《人気ブログランキング》に参加しています。よろしければ‘1日に2か所へ1クリックずつ’のご協力よろしくお願いいたします!
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆当ブログをより多くの皆様にお読みいただき、波動をより高めるために、少しでもお役にたつことができれば幸いであると願っています☆











スポンサーサイト



バックナンバー改訂版