FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

あー夏休み

2009年08月27日
10日ほどブログは夏休み…という感じでお休みしていましたが、私自身はその間もいつもの通りに元気でして、睡眠時間は6~7時間は最低キープして朝も3~5時には起床し、食欲は旺盛なので少し控え気味にとるようにし、子どもたちともよく遊び海水浴(8月だけで5、6回行きました)や海釣りに何度も出かけ、アセンションスペースのご依頼をいただいたお仕事は、私なりにわくわくした中で尽力して行うなど、とても充実した日々を過ごしていました。また、初夏から休んでいた庭の10坪ほどのスペースも秋の野菜作りに向けてここ1週間で草刈りをして耕して石灰や元肥を捲いたりして、更地がすっかりと普通の畑に変わりました。

でも、私にとっては本来は最もわくわくしていることであるタエヌのスピリチュアル日記を書いて公開することだけは、しっかりと夏休みをとっていました。実際には、時間的に余裕がまったくなかったわけではなかったので、何度も書きたいと思いましたが、思考によって書きたいと思ってもなかなかパソコンで文字を打とうという気にはなれず、いつものように、心の奥から湧きあがる独特なスピリチュアル的なわくわく感が出てくるまで待っていました。しかし結果的には、時間はあっても霊力や気力はあまり余裕がなかったようですし、きっと私自身が休む必要もあったでしょうし、こうしてお休みすることもポジティブな意味もあってのことだろうというような感覚もあったので、いつものように無理をして書くようなことはしないで、夏休みをとっていました。

それにしても、ここのところのエネルギーは半端じゃなく強すぎて、精神的にも肉体的にも、平静を保ちそれなりの高い波動を長い時間キープするのが難しく感じることもあります。こんな時、よくデンプ(3女6歳仮名)は鼻血をだします。しかも、ものすごいたくさんの量の鼻血が両鼻から出ます。特に寝起きによく出ます。昨日の朝と深夜と今朝もたくさんの鼻血をだしていましたが、今朝も数分後にはぴたりと止まり、慣れた感じで平然とした顔で鼻に差し込んだティッシュをとって朝食をモリモリと食べていました。

まもなく学校の夏休みが終わるために、我が家の小中学生たちは宿題を終わらすために、楽しい時間をなんとか割くようにして時間をとり、勉学に励んでいますが、こんなにたくさんの宿題を半強制的にやらせる必要って本当にあるのかな~といつもながらに感じてしまいます。特に、アマンダ(小3次女仮名)のようにマイペースでのんびり屋で要領は良いとはいえない感じで、自分自身のやりたいことであふれている子にとっては、自分のためにもなるだろうとはわかっていても、やりたいとは感じない内容が多く、学校の教師から望んでもいないのに課題を出されてやらされているという要素の強い宿題というやっかいものは、実際には夏休み中では唯一のネガティブなものとなっているようです。これは、アマンダよりはずっとあらゆることを要領よくこなすグミ(長女仮名中1)も、やらされている感が強いのでネガティブに感じる部分に関しては同じことのようです。イエスマンのシュー(長男高1仮名)はやってあたりまえであるとポジティブに受け止めているようですが…。

ちなみに、来年小学生になるデンプは、アマンダ姉(ねえ)に追いつくんだと張り切って、突然漢字ワークを買ってくれと言いだし、8月初めに買った1年生用の漢字ワークを、すでに今日の時点では半分以上を終わらせて、そのほとんどの漢字の読み書きができるようになりました。やたらと字を丁寧に書き真剣な表情で自主的に楽しんで学習しているデンプと、やらされて仕方なくやっている感じの姉2人との目の輝きの違いはおもしろいほどですが、先週には2年生の漢字ワークまでも買ってきて、すでに何ページかの学習を終えて漢字を楽しんで覚えているデンプに対し、グミ姉(ねえ)は「すごいよデンプは~。私なんか漢字の学習はぜんぜん面白くないのに~…いつか抜かれる~!」と嬉しそうに言っていますし、「早く抜かしていいよ~。でも計算は抜かさせないからね~!」と、変な競争意識(?)みたいなわくわく感や応援する感じが子どもたちの中で湧きあがってきているようで、親として見ていおもしろいです。

まっ、こんな感じでみんなで充実した日々を送っています。






10日ほどブログは夏休み…という感じでお休みしていましたが、私自身はその間もいつもの通りに元気でして、睡眠時間は6~7時間は最低キープして朝も3~5時には起床し、食欲は旺盛なので少し控え気味にとるようにし、子どもたちともよく遊び海水浴(8月だけで5、6回行きました)や海釣りに何度も出かけ、アセンションスペースのご依頼をいただいたお仕事は、私なりにわくわくした中で尽力して行うなど、とても充実した日々を過ごしていました。また、初夏から休んでいた庭の10坪ほどのスペースも秋の野菜作りに向けてここ1週間で草刈りをして耕して石灰や元肥を捲いたりして、更地がすっかりと普通の畑に変わりました。

でも、私にとっては本来は最もわくわくしていることであるタエヌのスピリチュアル日記を書いて公開することだけは、しっかりと夏休みをとっていました。実際には、時間的に余裕がまったくなかったわけではなかったので、何度も書きたいと思いましたが、思考によって書きたいと思ってもなかなかパソコンで文字を打とうという気にはなれず、いつものように、心の奥から湧きあがる独特なスピリチュアル的なわくわく感が出てくるまで待っていました。しかし結果的には、時間はあっても霊力や気力はあまり余裕がなかったようですし、きっと私自身が休む必要もあったでしょうし、こうしてお休みすることもポジティブな意味もあってのことだろうというような感覚もあったので、いつものように無理をして書くようなことはしないで、夏休みをとっていました。

それにしても、ここのところのエネルギーは半端じゃなく強すぎて、精神的にも肉体的にも、平静を保ちそれなりの高い波動を長い時間キープするのが難しく感じることもあります。こんな時、よくデンプ(3女6歳仮名)は鼻血をだします。しかも、ものすごいたくさんの量の鼻血が両鼻から出ます。特に寝起きによく出ます。昨日の朝と深夜と今朝もたくさんの鼻血をだしていましたが、今朝も数分後にはぴたりと止まり、慣れた感じで平然とした顔で鼻に差し込んだティッシュをとって朝食をモリモリと食べていました。

まもなく学校の夏休みが終わるために、我が家の小中学生たちは宿題を終わらすために、楽しい時間をなんとか割くようにして時間をとり、勉学に励んでいますが、こんなにたくさんの宿題を半強制的にやらせる必要って本当にあるのかな~といつもながらに感じてしまいます。特に、アマンダ(小3次女仮名)のようにマイペースでのんびり屋で容量は良いとはいえない感じで、自分自身のやりたいことであふれている子にとっては、自分のためにもなるだろうとはわかっていても、やりたいとは感じない内容が多く、学校の教師から望んでもいないのに課題を出されてやらされているという要素の強い宿題というやっかいものは、実際には夏休み中では唯一のネガティブなものとなっているようです。これは、アマンダよりはずっとあらゆることを要領よくこなすグミ(長女仮名中1)も、やらされている感が強いのでネガティブに感じる部分に関しては同じことのようです。イエスマンのシュー(長男高1仮名)はやってあたりまえであるとポジティブに受け止めているようですが…。

ちなみに、来年小学生になるデンプは、アマンダ姉(ねえ)に追いつくんだと張り切って、突然漢字ワークを買ってくれと言いだし、8月初めに買った1年生用の漢字ワークを、すでに今日の時点では半分以上を終わらせて、そのほとんどの漢字の読み書きができるようになりました。やたらと字を丁寧に書き真剣な表情で自主的に楽しんで学習しているデンプと、やらされて仕方なくやっている感じの姉2人との目の輝きの違いはおもしろいほどですが、先週には2年生の漢字ワークまでも買ってきて、すでに何ページかの学習を終えて漢字を楽しんで覚えているデンプに対し、グミ姉(ねえ)は「すごいよデンプは~。私なんか漢字の学習はぜんぜん面白くないのに~…いつか抜かれる~!」と嬉しそうに言っていますし、「早く抜かしていいよ~。でも計算は抜かさせないからね~!」と、変な競争意識(?)みたいなわくわく感や応援する感じが子どもたちの中で湧きあがってきているようで、親として見ていおもしろいです。

まっ、こんな感じでみんなで充実した日々を送っています。





スポンサーサイト



日記