FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

バシャール(エササニ星)からのメッセージ

2007年05月11日

あー、うれしいなあ。またこうして入ってくれて、と思ってくださったあなたの気持ちがとてもうれしく思います。まあ、入るといっても物質的次元の入り込むというものではなくて、思念とかエネルギーとかといったそういうスピリチュアルといわれるものが入るわけですから、入るという意味は入り込むとは違うのです。

まあ、今の世の中を見ておりますと、盛んに行われているのが暴動とか争いとかといったエゴのぶつかり合いというものでしょうか。本当に私たちからしたら、人間ってなんでこんなことをするのだろう、違う素敵な選択する道があれこれたくさん用意されているのにと思ってしまいます。まさか、こんなことが、という事態になってみて振り返ってもすでに遅いという物質的事実になってからでは手遅れなのです。面白いことに、あなたが昨日会った方もそうですが、思念がこの世を動かしているということをまだまだ意識していないということがとても多いという現状は、なんでもっとわかってもらえないのかなあと思ってしまいます。

まあ、私も物質がメインのように思っている社会で生きていた時には同様に思っていたのだから、わからないでもないですが、今こうしてスピリットといわれる立場からあなた方地球人類をみていると、なんとも滑稽にも思えるのです。だって、目の前に、これだけ素敵な選択肢がたくさんあるのに、あえて物質優先で短期的な見方で、さらに保身とか計算とか結果というものとかを求め過ぎて、本当に必要であり根本であり愛である宇宙の法のもとの選択をしないということが多いのですから。

究極という状況になればなるほど、窮地に追い込まれたと思えば思うほど、うわべでの物質的尺度で人間が物事を考えての選択をしても、これはしょせん、たかがしれていること。本当は、真実とか根本とかそういったものを変えるとか良いものにするとかといった選択を、そういう状態でこそするべきであるというのは、宇宙の法のもと、当たり前であるとわれわれは思って行動しています。だから、あなたのとった今日の選択したことや行動は間違っていないのです。先延ばしとか計算上とかといったことではなく、よくいうメリットというかわくわくというか、そういったものを優先しての選択なわけですから、自信を持って正々堂々と自分の行ったこの選択したこと、決断して実行したことを正しいことと思ってくれてよいのです。示してください。どんどん、あとを行く人のために、あなたが身をもってこの先も示してください。

私たちはわくわくしながらあなたの行く先を見守って応援しています。今日、あなたのとった行動の中で、特に私が褒めたいと思ったのは、とことん考えたあげく、わかっている物質的計算や事実を、それはそれとして記憶にとどめつつ、その中で無の境地を作り出し、最終的判断は感覚に任せたということ、それを瞑想だとか神棚や仏壇にすがってではなく、さりげない状態のまま行うことができたということは、本当に素晴らしいことなのです。特別に行うということもこれはこれで必要なことでもありますが、日常の中で、まるで習慣化されているように無の境地に自分を引き入れてそちらの方向から選択し、行動や考えに移すということは、本当に自分でも自分を褒めてよいことなのです。

あなたは、昨日もあなたの前にいる人は自分の映し出しだから、目の前に引き寄せられるものも出来事も、あなたの波動が呼んでいるもの。だからやはり映し出しであると言っておられましたが、まさにそのとおりです。まあ、別に当たり前のことだから特別にここで述べても仕方ないことではありますが、あなたが今日、身を持ってさらに実感してくれたということは、先を行くものとしてとても良い経験をされたなあという、私なりの感想を伝えたくなりました。

あなたがよく娘に言っておりますが、わくわくすることを選択するということの意味が、履き違えられていることもあるので、言葉って難しいなあと感じます。わくわくすることを選択するには、二つの条件があります。一つは、基本的な生活習慣の中で行うということ。これは、最低限のことと捉えてください。それともう一つは、人や物事との最低限の調和の中で選択することです。わくわくを選択したつもり、ということがやはり本当のわくわくという言葉を使って私が示してきたものとは、ちょっと違う選択をする場面のほうが、この世の人をみていると多いことが、残念だなあというか、表現してわかってもらうって難しいことだなあと思っています。

もちろん、私のいうわくわくというものを正しく理解して選択してくれている方もたくさんいるので、そちらのほうのうれしいという幸せであるという気持ちのほうでいっぱいであるということですが、残念だなあという気持ちもあるということです。

私がこのたび地球のアセンションのお手伝いをしているのには、個人的なセッションと集団としてのセッションとの二つの目的があります。今日、ここまで述べた内容は、同時に行ったセッションですので、この方に個人的に述べつつもみなさんを意識したものやその逆のものもあますが、あとはどう受け止めていただくかはみなさんにお任せいたします。

このような場を設けていただき、私の言葉を書き表してくれたこと、そしてお読みいただけたことに深く感謝いたします。ありがとうございました。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)