FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

私の行ってきた‘プチ修行’ その1 ~禁煙~

2009年08月04日
私が完全に禁煙してから6年8ケ月経ちます。実際には、妻と出会った頃の20年ほど前(私は26歳、7学年下の妻は20歳になったばかりの頃でした)に完全に禁煙をしようとして妻と約束したのですが、結局、誘惑に負けてしまい失敗しました。それでもその後は妻に禁煙できなかったことを言えずに、妻に隠れながら喫煙をしつつも、常に禁煙をしたいと思っていたので、何度も禁煙しようとしたのですが長続きしませんでした。

先日の日記に書きましたが、私は7年前の7月にレイキの伝授を受けて以来、知人で必要としてくれる方に対してレイキヒーリングを続けたり、守護霊様や前世やオーラなどのスピリチュアルな世界が見えたり(感じたり)していくうちに、教員を辞してレイキティチャーとなりたいと強く願うようになりました。その思いが強くなってしっかりと自覚した時、私は完全禁煙を決意しました。

完全に禁煙をする大きな理由は3つありましたが、1つは妻に対して隠し事をするというネガティブなことなくすため。1つはヒーリングを行う方が煙草の匂いが嫌な方がいらした場合には不快な思いをさせてしまうため。1つは自身の身体をより健康に保つためでした。そして、2002年12月6日朝6時30分に、当時勤務していた小学校の喫煙場所で最後の1本を吸った後、一緒に喫煙していた同僚に禁煙宣言をすると無理だと笑われましたが…結果としてはあれ以来、今の時点まで禁煙を続けています。私はこの最後の1本を吸い終わった後に、自らの意識の中で次のような誓いの言葉を唱えました。

「もしこの先、1本でも自分の意思によって煙草を吸ってしまったら、ヒーラーとしての道をやめます。」

実際、その後は何度も誘惑に負けそうになったこともありましたし、禁煙後の数年間は週に1,2度の割合で、‘煙草を吸っちゃった夢’を見ました。いつもこの夢はリアルな感じでしたので、そんな夢を見た後、その都度起きて夢だと知ってホッと一安心していたことを懐かしく思い出しました。そして、まだこの誓いを守っているために…ヒーラーとしての仕事を含めて、私は今のお仕事をこうして続けることができています。















スポンサーサイト



日記