FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

空を飛ぶ夢

2009年07月22日
先日私のブログをお読みいただいている方からいただいたメールに返信したところ、「今日タエヌさんからメールいただいて、さらにすごくワクワクしました♪ときどき、夢で空を飛ぶ夢をみますが、そのワクワクに匹敵します~。」とあたたかいお言葉のご返信をいただきました。私はその文章を読ませていただくと同時に、とてもわくわくしました。というのは、私も空を飛ぶ夢を見ることのわくわく感を味わっているからです。たぶんこれまでに、家族以外にはそのような空を飛ぶ夢のことを話していないようにも感じましたが、今、なんとなく書きたいと感じましたので軽~く短くまとめて書いてみます。


私は時々空を飛ぶ夢を見ます。子どものころから何度も見てきましたが、特にここ数年は増えてきましたが、今年に入ったころからは、週に1度くらいは夢で空を飛んでいるかと感じるくらい、頻繁に夢に見るようになっています。

空を飛ぶのは、飛行機とか宇宙船とかに乗って飛ぶのではなくて、いつも自分自身が空を飛んでいるのです。でも、自分の感覚としては、空を飛ぶというよりは、空を泳いでいるような感じです。かといて、水の中を泳ぐほどの抵抗はなく、もっと軽い抵抗を感じながら、自由に泳ぐスピードも方向も調整できます。一気に上に行きたいときには、平泳ぎをするように手を大きく動かすと上昇しますし、緩やかに上昇したいときや下降したいときや同じような高さを保って飛びたいときには、スーパーマンが空を飛ぶように体をまっすぐにして体の重心や手のひらの向きを調整したり思ったりすれば、意のままに飛ぶことができます。

よくあるパターンは、だれかに追いかけられていて逃げているときとか、高い所に立っていて下に降りたいときとか、早く目的地に行きたいときと思った時などに「ああそっか。空を飛べばいいんだ!」と、ついつい空を飛べることを忘れていて、それを思い出して飛ぶといった場面です。

先日見た夢は、まるでアンパンマンのように、歩いている3人の知人と話しながら自分だけはその歩くペースに合わせながら空を飛んでいました。ビルの隙間を縫うようにして飛んだこともあります。その他、様々な場面で私は自由自在に飛んでいるのです。

このような夢がどのような意味があるのかを深く考えたことはありませんが、空を飛ぶ夢を見るときには自分自身の波動が高く安定していると感じている時であることや、夢を見たあとにはとても安らかな感覚でわくわくする気分の中で目覚めることができているので、私にとっては素晴らしい出来事であるのだろうと感じています。





スポンサーサイト



スピリチュアル