FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポーツについて

2007年04月29日

私は、これまでスポーツは競い合うことが楽しみのひとつであった。でも、ここ数年の楽しみ方は、大きく変わっていった。

いろいろとスポーツをやってきたが、たぶん今一番好きでそこそこに上達してきているのが「ゴルフ」である。

7.8年ほど前、スコアーが100の壁を破り90台に突入した頃、ゴルフの練習中も本を読んでいても、頻繁に悟り(?)があった。わかったー!と思ってメモったり練習で繰り返したり・・なかなか身につかなくてまた考える。それがおもしろかった。

数年ほど前にスコアーが80台に突入した頃、練習量はそれ以前より減ってはいたし、悟りはほとんどなくなった。でも、とてもシンプルな気づきはたくさんあった。そして、プロのプレーをテレビや実際に見に行って、イメージを膨らますイメージトレーニングが増えた。70台を出した時は、全身の力が抜けている感覚で、ぞれなのに飛距離は抜群。ドライバーで300ヤード近く飛ぶこともあった。でも、イメージやメンタルな部分は延びたが、練習量が劣るために一度崩れだすとスウィングの調整が難しくなることはよくあった。すごい時は、アウト35、イン53で計88という極端なスコアーを出した時もあった。

2年ほど前に気づいたこと。ゴルフって精神修行・・かな。スコアーが乱れだすと精神面も乱れだす。そのとき急にわくわくする。自分がそれをどう対処するのかがおもしろい。逆によいスコアーが続くと、どう維持するのかがおもしろい。気がつくと、一緒に回っている人のスコアーが全く気にならない。競争心はなく、自分との戦いであり自己満足の世界になっている。

私はバレーボールや野球もそこそこにやってきたが、チームを組んでのスポーツは、チームのみんなと調和し合い共鳴しひとつのことをみんなで喜び合うのが楽しい。マラソンもゴルフに似ている。自分の充実感を求めている。

スポーツって本来は競うものではなく、自分を高めるものである。体力もそうだが精神力も調和もわくわく感も。最近、特に自分がスポーツで楽しんでいる時に、そう強く思うようになってきた。

反面、スポーツ観戦ではこの次元的な勝負という楽しみ方もしている。巨人が勝てば大喜び。桃子ちゃんが優勝した時には感激の涙(女子ゴルフ)。真央ちゃんもミキティーも・・。
スポンサーサイト



日記