FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

なんとなく書きたいと感じたこと。

2009年04月12日
私はブログに何かの内容を書いて掲載したいという感覚は、思考におけるものではなくて、直感やインスピレーションといったものから感じるような、感覚的なわくわく感に従っているのが常であります。ここ1週間ほども、もちろんそんないつもの感覚で書いていましたし、書き終えた直後に読も返してみても、特に問題は何も感じないので、いつものようにとてもポジティブな気分でブログに公開しています。しかし、1日ほど経ってから読み返してみると、私の今の時点における知識や思っていることとの間に、小さなギャップのようなことや違和感のようなものがあるように思えたり、意味がわかりづらいと思えたりとか、このような内容をブログに載せる必要があるのかとか、いくつかの内容に関しましてsのようなネガティブな思考が働くことが続いています。でも、私は思考よりも直感やインスピレーションを信頼するよう意識しているので、書いている最中や書いた直後のポジティブな感覚を信頼し、そのまま掲載した状態にしていますが、何度か内容を消去しようとか大幅に修正しようとかといった思考が大きく働いていたということも事実です。

でも、やっぱり、それは私がすることではなくて、お読みいただいた皆さんが違和感とか必要ないとかと感じられましたら、私のブログを読まないようにするとか、読んだ内容を参考にはしても受け入れないようにしてくださるとかといったような対処をされれば良いだけの話ですので、どうか、私のブログをお読みいただく際には、ポジティブに受容できることはご活用いただき、よく分からないような事や何も感じられないようなことは保留にしていただき、受け入れられないような事や逆説とか信頼していることとは違うことが書いているとかといったようにネガティブに感じられるようなことに関しましては、受容せずに削除するようにしていただくといったように、よりナチュラルな感覚の中でブログをお読みいただければ幸いに感じています。

ちなみに、特に、どなたかからメール等でご指摘をいただいたわけでもないのですが、この内容も直感的に書きたくなったのでかいたものです。

話は変わりますが、先日、ブログにコメント欄を入れてコメントをお受けしようと思い、コメント欄を設けてみました。しかし、その少し後に入ったコメントが、手当たり次第にコメント欄に入れている感じの、なんとも波動の低いエッチな商売のようでして悪質に感じられるような内容のものだったので、すぐに消去し、コメント欄も削除しました。私としては、できるだけ私のブログの波動をそれなりに普通以上の状態に保ちたいと常に願っているのですが、コメント欄にこのような感じの低い波動の物を入れられるだけで、そうとも知らずにコメントを開いた瞬間に低いエネルギーが伝わってきて、第3チャクラ(みぞおち辺り)にグッと邪気が入り込んできました。もし、私以外の方が開いてしまっても、感覚的には違っていたとしても、同じように低いエネルギーを受けてしまうことは事実です。

こういった内容のものを入れられたら、そんなコメントは削除して、私の承認した内容のみを公開すれば良いだけの話でもあるのですが、結果的には今のままの状態の方がよりシンプルな状態で、より波動は保てるのではないかと感じたので、結局このままの状態にしました。

ところで、なぜ、このようにコメント欄を開設したいと感じたかといいますと、先日の「野外コンサート」と題した日記に載せましたが、mokaというバンドに感激して、ボーカルのmaruさんのブログを読んだら、そのわくわく感からコメントを入れたいと強く思い、普段はそんなふうにブログを探して読んだり、ましてやコメントを入れたりするようなことはしていないのに、なんともドキドキしながらわくわく感のこもったコメントを入れてしまいました。私はその時、コメントを入れただけで、とてもすっきりしましたし、返答はそれほど期待せず、今の思いを伝えたということだけでも満足しました。ところが、次のブログにご返答をいただき再度感激。この時に、私もコメント欄を開設しておけば、私のブログをお読みいただき、何らかの思いを抱いてくださって、ご質問やご感想等をお寄せいただけるような窓口を開いておくことは必要なのではないか、と思いました。でも、結果的には、そんな訳でして、コメント欄は開設しないことに決めましたが…。

それでも、もし何かを私に伝えたいと感じられたりとか、ご質問やご相談事、また、何かたわいもないことと思われるようなことや些細なことであると感じられるようなことでも、何でも結構ですので、私のホームページのアセンションスペースシューリエの各ページにある「お申し込み・お問い合わせ」のアドレスにメールをいただきましたら、ありがたくメールを読ませていただきます。また、ご質問やご相談等に関しましては、以前はホームページに掲載して有料でお受けしていましたが、今は特に設けていません。でも「料金に関しましては、いただけるか否か、またもしいただける場合には金額の設定に関しましても、すべてはご依頼者様にお任せいたします。もし謝礼としてお金をいただけるようでしたら、下記のいずれかの口座へお振込みいただけますようお願いいたします。」という文章と振込先の銀行口座の情報をを添えて、ご相談事やご質問を読ませていただき私なりに伝えたいと感じたことを、返信したいと思っています。ただし、すぐに返信できるかどうかは都合によってわかりませんので、返信するまでの間、お待たせしてしまう可能性が高いのですが、それでもよろしければ、お気が向きましたら、どうぞお気軽にメールいただければと思っています。

あらためまして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。







スポンサーサイト



スピリチュアル