FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

マシュー君への質問

2009年04月09日
☆以下は、2009年4月 6日と8日付の森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に掲載されていた内容です。とても興味深い内容ですので抜粋して転載いたします。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 

さて、このブログの読者の方々からマシュー君への質問をたくさん頂いていました。アメリカから帰ってから翌日沖縄旅行にでてしまい、そのことへの返事がすっかり遅くなってしまったことをお詫びします。それらをお母さんのスージーさんに先月訊いて来たのですが、もちろん限られた時間内でのことで、すべてというわけにはいきませんでした。それでも最後の晩、台所のテーブルに座って、ハーブティーを飲みながらほとんど徹夜して答えてもらいました。(スージーさんつきあってくれてありがとうございます)質問には基本的にスージーさん自身が応えましたが、なにか確認する必要があるとマシュー君がすぐその疑問に対して反応してくれるという具合で、実際は私とお母さんとマシュー君という不思議な会話になりました。

質問/答えは順不同になりますが、今日から順々に書いて行こうと思います。


Q.NESARAについて:

これが法案として提出された理由は、宇宙の存在たちと地球の人間たちが共同で造ったプランを地球上に種まきするために、人々が理解できるようなかたちで最も影響力ある国であるアメリカの議会が選ばれたからです。ところが、それを公表させまいとする様々な妨害があってその内容が一般に知らされていません。でも、実際の話、NESARAの本当のプランはあまりにも壮大であり、NESARA議案はそのほんの政治的な一面に過ぎません。そのプランとは地球が”黄金時代”へ復帰するアセンション・マスタープランであって、そのために宇宙からの支援があるというものです。そんなことは議案には書けませんからね。NESARA議案の本来の目的は、まず地球人類にそのことを気づかせることでした。その意味ではすでにその目的を果たしています。さらにもっと重要なことは、NESARAの本来のプランは今まさに世界で実行されていることです。それは、いま起きつつある世界の変革を見れば明らかでしょう。ですから、NESARAがテレビで公式発表されることはありませんし、その必要性もないのです。

Q.宇宙母船の出現延期について:

宇宙船は現在地球上空に待機していますが、その姿を隠しているために私たちには見えません。昨年予告した10月14日の出現がなかったのは、それを妨害しようとする者たちによる衝突で地球人の犠牲者を含む過大な影響が引き起こされる危険があったからです。アメリカ政府と軍はそのことを知っています。今、巨大UFOが現われたら、政府はこれぞとばかり宇宙人が攻めて来たと言って、”戒厳令”を布き、危険分子(私たち?)たちを逮捕し強制収容所に入れるでしょう。すでにアメリカ国内には多数の巨大な収容所が建設されていますし、日本もそうですが、ますます警察国家の傾向が強まっていることも事実です。

北朝鮮の人工衛星ミサイル(?)発射実験に過剰に反応する日本政府とそれに翻弄される国民を見れば、その背後にある意図が見えますね。家庭内から国家間に到るまで、あるゆるレベルで争いを助長させようというエネルギーと意図が渦巻いています。そのパワーに負けないしっかりしたこころと明晰な目を持つようにしたいですね。

Q.2012年までにアセンションが達成しなかったら:

2012年のアセンションは確定していることです。アセンションは1940年代からほぼ70年も続いています。そして現在も続いています。地球の行き着く先はすでに決定されています。

かずさんの個人的な相談にはマシュー君は答えられませんが、すべての事は最適なタイミングで起きて来ます。それはその人の経験と学習に必要があるからで、たとえ私たちの目に辛い、苦しいことに見えても、それらは生前の魂レベルで合意したことかもしれません。それが本当に自分で選んだことなのか、それはそれぞれのこころに訊いてみるしかありません。そして、その答えは常にそこにあるし、またそこにしかないのです。

Q.これからのお金との付き合い方について:

もちろん賢い使い方が望まれます。今私たちは世界で新しい金融、商業、貨幣システムへと進化しているところです。その詳しいことは分かりませんが、中でも世界の貨幣単位が貴金属をベースにした本位制に統一変換することで、経済そのものの意味が変わってくるでしょう。大事なことは、そのことで恐れを抱かないことです。

Q.オバマはどこまで知り、計画を立てているのでしょう:

彼はアメリカが抱えている様々な重要課題を、賢明に、間違いなく経済問題として捉えています。医療や教育、インフラ整備、新エネルギー開発などへの支出は必要ですし、それらはすべてお互いに関連し合っています。オバマは、それらの分野に必要とされる対策について、まったく明瞭なビジョンを持っています。確かに現在議会では反対勢力と対峙していますが、それは彼らがイルミナティのメンバーやその影響を受けている議員たちだからです。しかし、地球がさらに高い波動領域に入って行くにつれ、これらの人間たちにも光が満ちあふれ、やがてはオバマと協力して行くことになるでしょう。また腐敗と欺瞞が明るみになるにつれ、真理が明らかになるでしょう。それはアメリカだけでなく、世界中の腐敗した政府や指導者たちにも言えます。それと供に覚醒した世界中の草の根レベルでの運動が盛り上がり、市民の安寧をこころから願う、新しい真理に目覚めた指導者を押し立てて行くことでしょう。それが世界を一つにするのです。

Q.「集団ストーカー」について:

この方は実際に被害者の立場で苦しんでいるようです。私自身はこのことは知りませんでしたし、スージーさんもGang StalkerやOrganized Stalkerという言葉は知りませんでした。でもそのような事実があることは知っていました。同様な被害者を救う組織がアメリカにはあるそうです。個々のケースは違うのでなにが原因かは特定できません。もしそれが闇の影響であると思ったのなら、キリストの光に保護を求めるといいそうです。そのやり方は以前のメッセージに書いてあるのでそれを参照して下さい。

この問題には、プログラムされたこころ、いわゆるマインドコントロールという可能性も高いようです。私は半信半疑で聞いていましたが、どうやら一部の人間たちは非常にその方面でのテクノロジー開発に成果(?)をあげていて、実際に犠牲者が私のまわりにも最近増えて来ていることも事実です。マシュー君はHAARPがその発信元だと断言していますが・・・・

Q.”自分の使命がわからない”ことについて:

マシュー君のメッセージ(17)を読んでみて下さい。特に以下の部分が参考になります。

20. 人生での使命を知らなくても心配することはありません。地球人で魂の合意を知っているのはむしろ一握りの人たちだけです。ただ内なる声に従うこと・・それが意識への魂からのメッセージです・・それが自然と自分の使命に導いてくれます。時が来れば、これは人にもよりますが、最も自分が必要とされ、最もやりがいのある場所が分かるでしょう。その時には、その目的を成し遂げる自信を持つでしょう。今起きている変化の中で自分が何か重要な役割を果たさなければいけないのではないかと思わないでください・・あなたたち一人ひとりが重要です。他の人たちに比べて,自分は充分貢献していないと思うかもしれません。でも、魂のレベルであるがままの自分でいることだけで、自分ではそうしていることを意識して気づいていないかもしれませんが、あなたたちは自己の使命を果たしています。そして、あなたたちが人生で関わるすべての人たちに光を送っているのです。

ライトワーカーでも本来の使命を忘れて闇に傾いている人たちも大勢いるようです。日本人だけでなくすべての人類が大きな使命を担っているのですね。ですから、日本にもきっと素晴らしいリーダーがそのうち出現するでしょう。実際、昨年出会った民主党の若手議員(40代でしょう)たちは素晴らしい開けた見識と実践力を持っていました。今は古株の上層幹部たちに抑えられていますが、このような若い議員たちがかならずそのうち表に出て来ることでしょう。

これ以外にも、たくさんの方から同様な内容の質問がありましたが、自己の心の座である魂に耳を傾けることに尽きるようです。だいじなことは分析しようと思わないことです。ホ・オポノポノも言っているように、私たちのような肉体を持ったエネルギー体のレベルでは、所詮意識レベルで知り得ることなどたかが知れているそうです。1千万ビットの情報が瞬間瞬間私たちは受け取っているはずなのですが、顕在意識レベルで実際に認識できる量はたったの10ビットくらいだそうです。つまり、現実世界のほとんどは私たちの意識外を通り過ぎて行っていることになります。そのすべては潜在意識に入るそうです。だから、そこからのメッセージである直感(インスピレーション)に従うことが重要なのです。
スポンサーサイト



マシュー君のメッセージ