FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

野外コンサート

2009年04月06日
昨日は家でゆっくりとした休日を過ごそうとしましたが、グミ(長女中1)が「どこかに行こうよ~!」と何度も言ってきて、やたらとどこかに行きたがっていたのに、10時頃ということで我が家が出かけるにはいつもより遅めの中途半端な時間に言い出したのですぐには行き場所が決まらなかったのですが、結局は広場でお弁当を食べることを目的に、車で30分ほど行った所にある大多喜県民の森に行ってきました。

桜祭りの最中でしたが、芝生の大きな広場は比較的にすいていて、備え付けの木でできたテーブルとイスは幾つも空いていたので、到着してすぐに家族6人みんなで弁当を広げて食べました。ちょうど食べ終わった頃、芝生の広場の真ん中でmokaという名の習志野から来たバンドがライブを行うという放送があったので、グミと一緒にライブを聴きに行ってみました。ボーカル兼キーボードの女性と男性2人のバンドでしたが、ボーカルのかわいらしくて透き通るような歌声に、すぐに私はグググーっと引き込まれてしまい、30分ほどのミニライブでしたが素敵な歌と雰囲気と演奏の魅力を十分に満喫して幸せな気分になりました。途中からシュー(長男高1仮名)とアマンダ(次女小3仮名)も加わって聴きましたが、県民の森の自然と曲とがマッチして、思わぬ偶然(必然…)の素晴らしいライブ鑑賞ができて本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。また、このmokaというバンドは、いすみ市を走るいすみ鉄道にちなんだ「黄色い列車」という曲のCDを昨年に発売したようですが、限定1000枚は売り切れとのこと。私はこの日に初めて知ったバンドでしたが、すでにいすみ市では知れていたバンドのようです。私はmokaのちょっとしたファンになってしまい、昨日は帰宅後にホームページやボーカルのmaruさんのブログを探して読みました。

実は、昨日に私はmokaに感激したのと並行して、ひとつの理想のビジョンが浮かび、時間が経つにつれてそのわくわく感が大きくなり具体的なイメージもより出来上がってきていて、今の時点ではたまらないほどの大きなわくわくとなったことがあります。それは、私も野外(野外ではなくてもいいのですが、気の滞っていない所)でコンサートを開きたいという願いです。私は高校生の頃からオリジナル曲(150曲ほどあります)を作ったり、個人でもバンドでも小さなコンサートを開いたりしていた経験がありましたが、なんだか久しぶりに人前で歌いたいし語りたいと昨日から強く願うようになりました。もうここ何年もほとんどギターは弾いていませんし、曲も久しく作っていませんし、6,7年ほど前に町内のカラオケ大会で歌って以来(あの時は歌のうまい友人と2人であずさ2号を歌い、最優秀賞に選ばれ商品券1万円をゲットしました)人の前ではほとんど歌っていないのですが、ギター演奏はヘタクソなので他の人に頼んだとしても、曲はまたいくらでも作れるような気がしますし、スピリチュアルトークを交えながらオリジナル曲が歌えたらどんなに最高だろう…!という願いが湧き上がっています。これは自己満足とかエゴの世界による願望かもしれませんが、いつか石垣島に移住することができたら・・・野外コンサートを開きたいという、また1つの願望であり理想であることが加わったので、さらにわくわくしています。
スポンサーサイト



日記