FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

「大和の国」日本

2007年04月29日

「大和の国」日本に私は住んでいる。地球における大和(ルビ・だいわ)の中心が日本である。「大和の国」つまり大調和の国である。

人との調和。自然との調和。あらゆる生き物との調和。地球との調和。あらゆる魂との調和。神との調和。宇宙との調和。

その中心として宇宙の大いなる神の計画のもと、日本は成長し続けてきた。この先、何が起ころうとも、この地球全体の大調和のためであると認識してほしい。そして、日本が中心であり世界を引っ張っていくということも意識してほしい。

物の価値感覚はますます大和(ルビ・だいわ)の世にふさわしい状態へと変わっていく。それでも、地球独自のシステムであるお金という制度は、この先何十年かは続くであろう。ただし、今、多くの人が持っているような豊かさの象徴とかエゴを乗せたりとかというような価値感覚ではなく、物を交換するために便利なシステムであるということからである。

人々の意識が、物質とスピリチュアルな感覚のバランスが五分五分になっていく。これも、急激にそうなる人もいれば、徐々になっていく人もいる。

地球上の物質も人を含めた生物すべても、この次元が上がるにふさわしいものだけが残ることができる。これは、決してネガティブなものではない。必然であり必要なことなのである。恐がる必要も取り越し苦労をする必要もない。ただ、世の中が急激に変化していくということを知識の一つとして持ち意識すること、そして、今までのように前向きにわくわくしたことを選択するということをより意識するということ。世の中にどのようなことが起きても、どんな事実が起きたかということはなくて、どう受け止めるかが大事であるということ。つまり、次元が上がってより大和の世に向かっていく過程において、宇宙の中での地球自体が、人間のために地球のために宇宙のために仕事をしているということ。そんな感謝の気持ちをもって受け止めてほしい。


スポンサーサイト



スピリチュアル