FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スターチルドレンたち

2009年03月11日
昨日の夕食時に、グミ(小6長女仮名)が私に向かってこんな話をしてきました。

国語の時間に幸せな状況のことを表現している詩を題材としている授業を受けている時、担任の先生が「私も今までに一度だけ幸せを感じたことがある。それは、子どもの頃に自転車に乗りながら夕陽を見て美しいと思った時だった…」と話していたそうです。この担任教師は、児童に対する体罰やいじめともいえるようなネガティブな暴言などを頻繁に行っているために、児童から見放されているかわいそうなベテラン女性教師ですが、授業においてもこのような子どもにとっては不可思議とも感じられる表現は多々あるようです。

グミはいつものようにさらりと聞き流したようですが、授業が終わった後の休み時間に、グミの友人しーちゃん(仮名)から「さっきの先生の話聞いた~!?一度しか幸せを感じたことがないって言い切っていたけど、私だってこれまでに何度も幸せを感じたことがあるよ~。グミはどう思う?」と話しかけられたそうです。

そこでグミはこう答えたそうです。「私は今こうしてしーちゃんと話をしていることだけでも幸せに感じているよ~。だって、こうして出会うことができて一緒にいるから話ができているわけだし、生きていられること自体も幸せだと思っているから、あらゆることを幸せだと感じているよ!」

「パパ~…私は普通にいつも思っていることを話しただけなんだけど、しーちゃんからは《グミってなんだかすごいんだね~》って、なんだか変な顔をしながら言われちゃった…。でも、こういったことって普通にみんなが感じていることじゃないのかな~?」とグミは私に対して真顔で質問してきました。

✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄ ✩ ☄


私のブログを最近になって発見して読み始めてくれたという高校受験を終えたばかりの女の子から、2日ほど前にメールをいただきました。メールの内容は、私の日記に対して共感してくれていることや、実生活におけるご自身の状況に関することでした。

私がいただいたメールを通して感じたことは、実生活における意識や食生活などにおけるスピリチュアルな目覚めが、ご家族の中でもこの女の子が突出して進んでいるために、家族や周囲の友達に感じるがままにスピリチュアルな話をしても「変わった子」と思われてしまうようです。また、メールに書いてくれた文章の一部ををそのまま転載しますと、「去年から今年にかけてからというものの、何だか意味もなくわくわくした気持ちでいまして・・・」「空耳なのかも知れませんが、この前なんかは喋ってもいない友達の声が聞こえてきたんです!そういう現象が面白くて、余計にわくわくです(^ω^*)」「日記の発見は、私も必然的な出会いだと思います!思いたいです!(このような事を家族や友達に話すとおかしな子だと思われてしまいます・・・)」

私はなんだかとても嬉しくなり、私なりに感じたことをメールでお知らせしましたが、私にとってはこのようなメールをいただいて「ブログを書き続けていて良かった~!」と、またあらためて大きな喜びを与えていただきました。

メールをくれた女の子にしてもグミにしても、スターチルドレンたちがこうして様々な状況の中で順調に光の道を歩み続けて霊的に成長を進め、ナチュラルな感覚の中でそれぞれの状況に合わせて表現したり調和させたりしている状況は、ほんのごく一部の代表例ということになるのでしょうが、地球にとっても宇宙にとっても素晴らしい状況であると私は感じています。

*この内容をメールでお知らせして事前に読んでいただき確認したところ、ブログで公開することを快諾してくれました。「同じ事が話せる人がいて、嬉しいです。」と返信メールに書いてくれました。
スポンサーサイト



スピリチュアル