FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ここ7日間のエネルギーはさらに特別な強さを感じます

2009年03月05日
ここ1,2年は習慣のようになりましたが、毎朝のように湯船につかりながら瞑想をしています。今朝は3時半頃に起床してパソコンを開きメールを読んだりメールを書いたりした後、4時少し過ぎた頃からお風呂に入っていつものように瞑想をしました。私は夕方にもお風呂に入りますが、夕方のお風呂は、肉体の汚れを落とすことや邪気の浄化や霊的エネルギーの調整をメインの目的としています。

今朝はお風呂で瞑想していると、ブログに書く内容が文章となって頭の中に流れてきました。私は時々、瞑想中や車の運転中や散歩している時などに文章が流れてくることがあります。そんな時、すぐ書ける状況だとすぐに書き残すようにしていますが、ほとんどの場合は、数時間から数日経ってから書く結果となっています。私は、瞑想中などに流れてきた文章の内容を覚えようとしてはいませんが、ブログを書きたいというわくわく感の中で書き始めてから、「この内容は今朝流れてきた内容だ!」と思いだすことが多いので、頭に流れて来た時は、すぐに書きこもうとしたりメモしたりしなくても、ブログに書いて公開する必要のある内容のみが、こうして必要な時に必要な内容をインスピレーションとして伝えてくれるということを私は信頼しています。

地球のアセンションが近づくにつれて、地球を見守り応援してくれているたくさんの高次の宇宙のみなさんや天界や神界や仏界など、たくさんの高次のみなさんが、地球がアセンションするために必要な高次のエネルギーに合わせて、たくさんのメッセージも送ってくださっていることを実感しています。そんなありがたいメッセージの中の多くは、私の個人的な必要性に応じて受けとり実生活で生かしていると感じていますが、できるだけ多くのみなさんと共有して共感した方が良いと感じる事や、どなたかが必要としている内容であることを私が伝えることによってよりポジティブになることなどといった内容などの、私以外のみなさんにも必要であることに関しては、こうしてブログに書いたり個人的なことはメールでお知らせしたりしていると私は感じていますし、このようなお仕事が私のお役目の1つであると感じています。

このようなメッセージを含めたすべてのインスピレーションによって与えていただいた高次からの情報を「個人的なこと」と「ブログに記載すること」とに振り分けをする最終的な選択は、私自身の自己責任の中ですべて意識的に行っているわけですが、最良の選択をするためのインスピレーションは、ガイドスピリットやメッセージやインスピレーションを与えてくださったみなさんが感覚的に教えてくれるので、私はよりスムーズな流れの中でわくわく感に従った選択をするだけで良いのです。

このような多次元的であり高次のみなさんと共存している状況を、とても心地よいありがたいことであると感じてから、たぶん数年ほどの時間が過ぎたかと思いますが、3次元の世の自己の顕在意識をベースとして、他次元的な意識や潜在意識や与えていただくインスピレーションなどといったスピリチュアルな意識も、すべての意識をより統合して、センターである1つの自己意識として捉えるように努めている私自身を、特にここ最近は強く感じています。

このように意識を統合して捉えようとしていることも、実際には思考によっての見解による意図的なことではなく、わくわく感に従った直感による選択を続けてきた結果として、現時点における私自身の意識の状況を見つめ直した結果としての見解が、このような状況に至っているということです。

そんな中でも私は、高次の存在からいただいたメッセージを、高次の存在の名前を示したり状況を示したりすることがより最良であると感じたような場合や、守護霊様や前世などのリーディングを行う時などの、意識を分離する必要がある場合には、あえて意識を分離して情報を得るように、より意識的に行っています。でも、多くのインスピレーションは、まるで自分の思考やマスコミや知人の言葉や本やブログなどにより、3次元的な状況の中から得られた見解や情報として、とてもスムーズに意識の中で受け止められるように配慮されている中で、より自己解決を行うために自然な形でいただけるものであると感じています。

そもそも、地球上に存在している全ての人は高次の存在に守護されていますし、上記のような状況でさまざまなポジティブなエネルギーやインスピレーションを与えていただきながら存在しています。ですから、本来は自分自身の得た情報すべてを必要性に応じて選別して識別し、ポジティブに受容したことを自分自身の実生活に活用して魂を高めることに努めれば、すべてが個々の転生した目的を果たすための道をよりスムーズに歩み続けることができるのです。

霊的能力の高い人は、そういった高次からのインスピレーションを、より意識的に分離したり、より意識的に問答したりすることによって得た知識を伝えるお役目を果たしているだけであって、本来はその人自身の波動やカルマの状況に応じて、必要なすべての情報を多次元的に受けとっているというのが現状なのです。

ですから、そのように分離して認識する必要性があるものに関しては、自らの現状がそのように分離する力が発揮できていないと感じていたり信頼するに至っていたりしていないような状況である場合には、自らの自己責任によってより直感的に信頼できると選択したアドバーザーに対して、その分離した見解をアドバイスとか参考にする情報として与えていただければ良いということです。

情報の受け取り方に関しまして、これまでにも同様なことを繰り返しブログやメールや書籍などを通してお伝えしてきたことでもありますが、たとえ信頼しているアドバイザーや教師やマスターと感じている人からの情報であっても、書籍やブログやマスコミやインスピレーションと感じることなどといった自分以外から伝えられたと感じるすべての情報に対しても、「ポジティブに受容できることは意識に取り入れて実生活に生かせるようにし、ネガティブに感じることは参考にしつつも意識からは削除し、どちらともいえないことは保留にしておく」といた感じで、よりナチュラルに自らの直感に従って捉える事が大切であるということです。

また、私は人や物事に対して、スピリチュアルな角度や3次元的な角度から、根本である真実をよりシンプルに識別して認識するように努めていますが、他人や物事をジャッジするようなことはできるだけ行わないように意識しています。

自分自身が受け取った情報に対して、誰が言ったことなのか、どのような立場の人が言ったことなのか、どのような機関が発した情報なのか、どれだけ多くの方が信頼している情報なのか、他人がどのように思っているのか、高級霊から与えられたインスピレーションなのか低級霊からなのか…などなど、その出所がどのような状況であるのかというジャッジを行うことよりも識別することを大切にして、情報の発信元を識別して認識したことも参考にしつつ、最終的には与えられた情報を、自分自身の自己責任の中で自由意思によって選別し、いかによりポジティブなものとして受容することができて、その先の実生活でよりポジティブに活用することができるかどうかということが、最も重要なことになると私は認識しています。
スポンサーサイト



スピリチュアル