FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

高次元の宇宙のみなさんが地球人を応援して支援してくれる理由

2007年04月19日
簡単にいいますと、無償の愛に包まれた家族と同じであるということです。つまり、理想の家族像の親子関係と同じであるということになります。

子どもが生まれたら、親は子どもが安心して成長できるようにと、子どもが育つために適した環境を、成長に合わせて整えていきます。子どもにわからないことがあったら、教えたり手本を見せたりします。そして、成長を喜びます。危険を察知したら守ります。時には叱ることもあります。無償の愛の中、見返りは求めません。ただただ、自立に向けて成長していく姿が幸福感となって返ってきます。親は子に経験や環境や物質や愛などを与えているだけではなく、常に与えつつも与えてもらっているという関係でいます。だから、そんな家族は幸せを分かち合えます。

地球を応援して支援してくれている宇宙の高次元のみなさんに共通していえることは、ご本人も家族や親類も、そして生まれ育った星の住人も、すべてが愛にあふれて幸せであるから、今度は宇宙にまで目を向けて、そのあふれる愛を与えてくれているということです。高次元の愛で包まれた星は、並行して文明もとても高いので、このようなことが可能になるのです。そして、みなさんは宇宙のみんなが家族であると思っていて、またそれが当たり前のこと、当然のことと思っています。

子どもが生まれたときに、すぐに歩けないことや話ができないことを馬鹿にする親はいません。歩けない生まれたての赤ちゃんを、無理やり歩かせたり立たせたりもしません。ある程度の基準となる発達段階がわかっているし、愛があるからです。同様に、高次元のみなさんは決して地球をさげすんで見たりばかにしたりはしていません。また、できないことを強要することも教え込もうとすることもありません。いろいろなことを教えてくれたり学ばせてくれたりしても、成長するかどうかは地球人の自由意志を尊重してくれます。さらに、発達段階をわかっているので、地球が今どの段階で、どのように成長すればどのような結果になるかもだいたいの予測がついています。だから無理はさせませんが、成長するための次に行うべきことを教えてくれるのです。

宇宙のみなさんも地球人も、本当は純粋な無償の愛で結ばれた家族であり友人でもあります。ただ、残念なことに、今、もしも空飛ぶ円盤がたくさん飛んできて宇宙人が地上に降りてきたら……まさに大パニックとなります。ある国では攻撃するかもしれないし、逃げ惑う人もたくさんいることでしょう。

この先にどうなるか、わかっていることの一つに、このような宇宙のみなさんは愛にあふれているという存在であることが、理解できた地球人が増えれば増えるほど、UFOの目撃情報が増えてきたり、個人や特定の小集団や国家の秘密組織としてコンタクトをとったりするだけの今の状態から、少しずつオープンになって、より多くの人が宇宙のみなさんとコンタクトがとれるようになるということは、そんなに先の話ではないということです。
スポンサーサイト



スピリチュアル