FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

比較や評価を気にしすぎないように ~守護霊様からのメッセージ~

2018年08月08日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

14世紀から15世紀にかけて、日本で女性として転生していた方です。公家の中でもかなり身分の高い家で生まれ育ったようで、幼い頃から常に何人かの付き人のような人がいて、遊ぶお相手をしたり身の回りのお世話をしたりしている様子を見せてくれました。女の子ながら、幼い頃はとてもやんちゃでいたずら好きでいろいろなものに興味を示し、お付きの人はひやひやする場面が何度もあったようです。小さな虫や草花が好きでお話をしたりすぐに手にとってみたり、匂いを嗅いだりと、自然とのコミュニケーションを楽しんでいたようです。

次に見せてくれた映像は、20歳の頃の映像ですが、まるで三十六歌仙の伊勢のような、豪華絢爛な着物姿で座っている様子を見せてくれました。どちらかというと質素な衣服や質素な生活を好んでいたようですが、公家の娘として人様にお会いする時や、その立場で催し物に参加する時にはそれなりに豪華な衣装を着て身だしなみを整える必要があり、言われるがままされるがままに任せていたようです。しかし、豪華すぎるそのような催しを行うたびに、無駄な贅沢をしすぎているような感じがして、本来はもっと質素でよいものではないかと感じるようなこともしばしばあったようです。でも、それを口に出したり表現したりするようなことはせずに、公家の女性として不調和を起こさないよう、その場に合わせたふるまいをして無難に務めあげていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「表面をそれなりに整えることは、出会う人に対しても、その場の波動を乱さないことにとっても、それなりに必要で、その周囲の環境や会う人や集団に合わせて、それなりにおしゃれをしたり身だしなみを整えたりすることは、必要最低限は意識して行うことがポジティブなことといえるでしょう。でも、過剰に気にしすぎたり、外見ばかり着飾ったりすることに強くとらわれる必要はありません。

接したり話をしたりする相手によって、自分自身の話し方が変わるとか、雰囲気が変わるとか、感情面が変わるとか、そういったことが今のこの3次元世界では、様々な波動エネルギーを持ち合わせている人同士が交わるわけですから、相手の波動によって自分自身もそれなりに変化することは当然なわけですから、会う人や集団や環境によってそれなりにあなた自身の態度が変わったり、ある人の前では笑顔をいっぱい出せるのに、ある人の前ではなかなか明るくなれない自分がいたりするなど、違う自分に気づいても、やはり特にネガティブに思感じる必要はなく、波動やエネルギーに敏感であるあなたにとっては、その波動やエネルギーを感じて直感的に自分自身を合わせて変えるようなことは、必然的なことであるといえるでしょう。

そんな中で大切にすべきことは、できる限りあなた自身の心をしっかりと保ち、軸をぶらさないようにして、周りに合わせたり流されたりしているとわかっていてもいなくても、最低限譲れないものや常に大切にすべきと思っていることなどはしっかりと抱き続けて、そういった大切な部分を崩さないようにしながらうまくやっていく必要があります。

見ず知らずの人に声をかけたり、あまり面識のない人と時間を多く共にして話をする機会があったりするようなときに、それでもその場をそれなりにうまく会話をして和やかな雰囲気を醸し出したり、スムーズにコミュニケーションを図ったりすることが得意である人もいれば、そうではなくなかなか話せだせなかったり、つい黙り込んでしまったりする人もいるわけで、それはそれぞれの個性からくるものであるわけですから、どちらが良い悪いということは決してなく、そんな時にもあまり余計な気を遣わず、より自分らしく自分がこれでよいだろうと思ったことを常に基準として在り続けていればよいわけです。

人は幼い頃から家族においても学校教育においても、そして世の中に出ても人同士と比較され評価を受け続けて育ってきているうちに、いつの間にか人と比べられることも評価されることも当たり前のように受け入れている人が多くあります。でも本来は、人それぞれしっかりとした個性を持ち、自分自身の考え方や直感的なものや、在り方や波動によって、その自分内の価値基準をしっかりと持っているものなわけですから、本来は人と比較することも評価を気にすることも必要がないのです。

ただ、今、このような世の中が出来上がっていて、あなたもその中でずっと暮らしているわけですから、それなりにそのようなことを考えるのは仕方がないことではありますけれども、あまりにも評価を気にしすぎたり人と比べてネガティブになってしまったりしたような場合には、このような人間本来の在り方を思い出し、もっと自分自身の価値観を大切にしたり、自分自身がよりナチュラルにより自分らしく在り続けることを大切にしようと心がけていけば、この先よりポジティブな人生を歩むことができるはずです。」


☆今回のメッセージを少しでもポジティブに感じていただけた方、当ブログを応援してくださっている方は、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをどうぞよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

スピリチュアルランキング

☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スポンサーサイト
バックナンバー改訂版