05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

頑張ることは素晴らしいことです!

2017年04月07日
☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

1年ほど前の話になりますが、
当時、中学校に通う次女に対して、

朝の出がけに長女がこんなことを言たことから、
私がその後にいろいろと話をしたことを
ふと思い出しましたので書かせていただきます。

その日の朝、長女は登校する次女に対して
「いってらっしゃい!‘頑張ってね~’(^^♪。」
と、言った後に訂正するように

「あっ…間違えた。頑張らない方がいいんだ。」
と、独り言のように呟いて

「‘頑張らなくてもいいよ~’!」
と大きな声で言い直していました。


いつの頃からでしょうか。
世間では時々、「頑張らなくてもいいんだよ」とか
「本来、頑張るということは良くない言葉だ」

というような言われ方をする人が
時々いらっしゃる事が伝わってきます。

長女は、そんな話をどこかで聞いて感化され、
こんなことを言ったようです。

そもそも‘頑張る’という言葉の意味は何でしょうか。
Webの辞書で調べてみると次のように書いてあります。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

大辞林 第三版の解説

がんばる【頑張る】

( 動ラ五[四] ) 〔「我がに張る」または「眼がん張る」の転という。「頑張る」は当て字〕

①あることをなしとげようと,困難に耐えて努力する。
「 - ・って店を持とう」 「負けるな,-・れ」

② 自分の意見を強く押し通す。我を張る。
「ただ一人反対意見を述べて-・る」

③ある場所を占めて,動こうとしない。
「入口には守衛が-・っている」
[可能] がんばれる

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

何かを成し遂げようと、困難に耐えること。
そして、自分の意見(意思)を押し通すことは、
時にはとても大切になることです。

もちろん、常にこんなことをし続けていたら
それはもちろん疲労困ぱいになってしまいますし、
不調和を起こしてしまうこともあるでしょう。

でも、たとえば当時中学校に通っていたの次女のように
義務教育の学校においては競争や評価や比較を多々受けて
時間や行動などを管理されるなどの
ネガティブな要素の多い場所へ行くにあたっては

‘困難に耐えて努力する’ことも、
‘自分の意見(意思)を強く押し通すこと’も、

毎日のように何かしらの場面で
それなりに必要となる機会がでてくるでしょう。

長女に、そのような話をした後に

「だから、やっぱり中学校へ通う妹に
‘頑張ってね~‼’と言って送り出すことは
普通にポジティブなことだとパパは思うよ!」

と、私は長女に伝えて締めくくりました。


私たちが現在住んでいる地球上には、
闇の存在の力は弱まっているとはいっても
まだまだ影響力は大きいために

しくまれた自由の中にあり
あらゆる面で監視され続けていて
経済や政治などの社会の体制自体も
改善すべきことが山のようにあり、

ネガティブな要素のエネルギーが
まだたくさん残っているのが事実です。

ですから、今のこの社会で生きている人は
個々によって度合いは違うものの
さまざまな管理・支配を受けていて
時間や経済に縛られているわけでして

この社会をよりポジティブに生き抜くためには
私たちにとって「頑張る」必要が生じる場面は
多かれ少なかれ毎日のように訪れていると
そう感じている人も少なくはないでしょう。

だから本来はみんな「頑張る必要がある」のです。
私はそう強く思っています。

でもあの頃の長女のように「頑張らなくてもいいよ!」
というような言葉を使っている人の気持もよくわかります。

きっと、‘頑張る’という言葉の意味を誇張して
「頑張りすぎて無理をする」と捉えているのだと思います。

ですからきっと「無理をしなくてもいいよ」
「頑張りすぎなくてもいいよ!」

そういうような意味合いで
使っているのだと思います。

長女にはこうも言いました。

「‘頑張らなくてもいいよ!’と言われても
なんだかわくわくしないし、元気も出ないように感じない?

逆に‘頑張ってね!’と言われて悪い気がするかい?
むしろ励まされて元気が出るような言葉に感じないかい⁉

頑張って!と伝える人の気持ちに
励ましや慈しみなどの愛のポジティブな思いが乗っていれば

その言葉の波動はさらに高まり
とてもパワフルな波動の高い
励ましや元気づけの言霊になるんだよ。」

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

それではこの内容の締めに、
「無理をする」という言葉の意味を調べていたら
次のようなWebサイトでの内容を見つけたので
以下に紹介いたします。

人生の教科書Happy Life Style https://happylifestyle.com/11710より転載させていただきました。

≪「頑張る」と「無理をする」は、違う。≫

頑張ることは、素晴らしいことです。

全力を尽くせば、ベストな結果が得られるでしょう。

頑張れば報われます。

頑張るからこそ、見合った結果が得られます。

勉強なり、スポーツなり、仕事なり、まず頑張ることが基本です。

しかし、頑張ろうとして、気づけば、無理をしている状態になっている人がいます。

「頑張る」と「無理をする」は、似ていますが、違います。

頑張るとは「ベストを尽くすこと」です。

無理をするとは「ベストを越えて、尽くすこと」です。

ベストを越えているのでは、もうベストではありません。

無理をすると、自分に無理な負荷がかかります。

肉体的にも精神的にもダメージが大きくなり、かえって結果が悪くなるのです。

あなたの今の努力は、いかがですか。

たしかに頑張るのは大切ですが、無理になるのはよくありません。

無理をしない程度に、頑張ることが大切なのです。


☆今回の内容を少しでもポジティブに受け止めて下さった方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエhttps://taenu1.amebaownd.com/
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」








スポンサーサイト
バックナンバー改訂版