03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

出雲国巡り&地球寒冷化や温暖化や気候変動の真実

2016年12月21日
出雲国巡り その10 ~揖夜神社~

シリーズ「出雲国巡り」では、出雲国(島根県出雲市・松江市・雲南市・奥出雲町・安来市・飯南町等)に鎮座してる神社を中心に、パワースポットや名所をご紹介いたします。

DSC00968_convert_20161220192826.jpg

日本書紀や出雲風土記にも記されていて、古事記に記載されている黄泉の国との境にある「伊賦夜坂(いぶやざか)と記されている黄泉比良坂の伝承地からも近い、松江市東出雲町に鎮座します揖夜(いや)神社へと、昨日紹介しました神魂神社の次に参拝してきました。

DSC00971_convert_20161220192932.jpg

鳥居をくぐり山門を通って御本殿周辺の開けた空間に入ると、ピリッと引き締まるような歴史の深みや荘厳さが感じられ、素晴らしい御神気に包まれました。

DSC00973_convert_20161220193006.jpg

ご拝殿にはこの写真のように立派な注連縄があります。揖夜神社の主祭神は、神魂神社と同じイザナミノミコトです。揖夜神社は熊野大社とともに出雲地区で最も古いとされている神社です。

DSC00976_convert_20161220193042.jpg

「古事記」に、「黄泉の国(死者の国)との境である『黄泉比良坂(よもつひらさか)」は、 『出雲国の伊賦夜(いふや)坂である』」との記述があり、この地周辺を「黄泉の国の入り口」とする伝承が残っていますが、神社の南東約1kmの地の平賀字神子谷には、「黄泉比良坂」の伝承地とされる石碑や千引の岩があります。

DSC00970_convert_20161220192900.jpg

✿現在、2016年の年末の大祓いのご依頼を承っています。今回は年末の特別企画としまして12月30日(金)・31日(土)の2日間連続で(料金は通常の月末大祓い1日分と同じ2日間分合計で1件2,500円です)、今年一年間の邪気払いや浄化&来年に向けてのエネルギ-充電を目的とした大祓いを、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《出雲国巡り&地球寒冷化や温暖化や気候変動の真実》

地球温暖化‼ ミニ氷河期・地球寒冷化‼ 気候変動‼ などと称して、地球上がどんどんカオス状態になっていき、ますますひどいハリケーンや嵐や干ばつが起こり、島々が沈み、海岸が沈下し、都市は水没し、地球が恐ろしい結末に向かっているとして、各国政府や企業などの1%支配層は、マスコミや公式発表や教育などを通して、民衆を驚かして、恐怖心や不安感をあおっています。

また、私たち市民が排出したCO2のせいで、地球の気候が温暖化したと嘘の情報を流すことによって、私たち一般市民のせいにして罪悪感をうえつけようとしています。

そしてそれらの対策と称して、政府や役人や大企業などの1%支配層がさらなる私たち一般市民への監視体制を強めたり、増税を課せたり、規制を増やしたりして、私たちの実生活をよりネガティブ化し、より低く重い波動の中に閉じ込めたままにして、私たち地球市民個々の覚醒やDNAの回復やアセンションを妨害しようとしています。

本当は、地球上の気候は、私たちが排出しているCO2が原因で地球温暖化に向かっているわけではありません。そもそも、地球温暖化、ということ自体がもう無理のある嘘だということに多くの人々が気づいているはずです。

では、地球はミニ氷河期に向かって寒冷化しているのでしょうか?それとも、地球上の気候はますます乱れてきていて、地球上はカオス化していき、私たち地球人類の住みにくい環境になっていくのでしょうか…?

実際には、それは違うと断言しても良いでしょう。地球は、次の光の世に向かっての変革期を迎えているのは事実ですが、4次元そして5次元世界(第4密度)に向かって、とてもポジティブな状況に至るために変化し続けているのです。そもそも、地球は誕生以来46億年間、常に宇宙の中における大調和の基に変化し続けているので、変化することは特別なことではありません。

以下は、上記内容に関連した、アルシオン・プレヤデス ビデオニュースNo.58より、約10分間の動画のインタビュー形式の内容を抜粋して文字起こしをしましたので、1つの真実の情報としてご参考くださいませ。

《インタビューの抜粋》

「気候変動は、主権の喪失やより多くの支配を民衆が受け入れるよう誘導する」~G.エドワード・グリフィンを迎えて~ 2016年11月11日

リッチ・アレン(英国のインターネットアナウンサー):「パリ協定と気温の上昇について、これほど話されているのは、どうしたことでしょうか?主流メディアが過剰に放送しているようですが、その理由は何でしょうか?」

G.エドワード・グリフィン(米国の映画製作者・講演者・作家):「これは嘘です。これは起こっていません。少なくとも、言われてる通りではありません。もし起こっているとすれば、疑いなく、人間が生み出したものではないでしょう。

少し前には、あらゆるニュースやテレビ番組が、『地球寒冷化について、新たな氷河期に備えなければならない』と述べていました。それは起こっていません。

そして今や、地球温暖化について話し始めています。ですが実際には、それは起こっていません。最も、それが話され続けてはいますが。

彼らにとって、地球温暖化の名前を変えなければならなかったことは、きわめて厄介でした。彼らはこう述べたのです。『これを温暖化と呼ぶのをやめよう。なぜなら人々は、それが温暖化ではないとわかっているからだ。気候変動と呼ぼう!』そうすれば、もう少しうまく操地球が恐ろしい結末に向かっているとして、民衆を死ぬほど驚かすことができればれます。気候は常に変動するからです!

では、気候変動はどうなっているでしょうか?気候変動とは悪化のことだと、彼らは私たちに信じさせたがっています。ハリケーンや嵐、干ばつなどが悪化すると。ですが、データはそれを裏付けていません。これは嘘です。真っ赤な噓なのです!

もし、地球が恐ろしい結末に向かっているとして、民衆を死ぬほど驚かすことができれば、つまりすべての島々が沈み、海岸が沈下し、都市は水没し、干ばつがあり、だれもが餓死もしくは渇死するだろう、といったひどいことを聞くなら、民衆は大人しくなり、過酷な解決策のすべてを受け入れるしかないと思うでしょう。

その解決策とされるものは、この神話をでっちあげた、嘘をついている人たち自身が人々に提供するものです。彼らの解決策は、常に同じものです。さらなる政府、増税、さらなる規制、さらなる私たちに対する監視、私たちが『悪者』で、巨大な炭素の影響を残しているというものです。

彼らはこう言います。『あなた方が問題なのだから、我々があなた方をコントロールする。あなた方のライフスタイルはあまりにも高くつく。』まさにそこが、要点なのです。

それらの政治家たちや、公的資金にかかわる者たちは皆、途方もない利益を、でっち上げられた地球温暖化、もしくは気候変動の産業から得ています。すべては、彼らの儲けや、人類に対する支配を中心に回っています。

これがその動機であり、この嘘の背後にあるものなのです。あらゆる経済と、この地球上の人間一人一人の私生活の世界的な支配を、彼らは切望しているのです。

この嘘もしくは地球温暖化という脅しの策略は、民衆にすべてを受け入れさせ、それが自分たちのためだと思わせるよう仕向けるために、最も都合の良い口実の一つなのです。そういうことです。すべては心理学なのです!

もし彼らが私地球が恐ろしい結末に向かっているとして、民衆を死ぬほど驚かすことができればたちのマインドを征服し、黒は白であり、白は紫だと思いこませることができたなら、もし地球が温暖化しつつあり、私たちの子供や孫たちにとって終わりが近づいているのだと私たちに思い込ませるのなら、そうすれば私たちに罪悪感を感じさせるでしょう。そして私たちは確実にシステムに協力し、言われる通りのことを行い、もっと良い人になるでしょう。」

リッチ・アレン(アナウンサー):「現在状況をコントロールしている異常者たちが、次のように言い出す時が来るかもしれないと、あなたは懸念していますか?『もはや気候変動を否定することを違法とする、あるいはこれを否定する者たちを厳しく罰する時が来ている』と。あなたの意見をお聞かせください。」

G・エドワード・グリフィン:「もはやその時が来ています。学校制度では、教科書が許可されなくなるでしょう。その次の段階では、このことが授業中に議論すらできなくなります。

もしある先生が地球温暖化を疑問視する内容を定義するなら、その仕事を失い、刑務所に入れられかねません。すでに今それが起こっています。

新たな戦いは認識の戦いです。私たちは、本当であることについての自らの認識に応じて行動します。誰もがそうしており、そうしていたし、常にそうするでしょう。

唯一の問題は、認識にはその土台となるものが必要なことです。もしその認識が作り話に基づくなら、私たちは困ったことになります。もし真実に基づくなら、私たちがこの地球上にいる間に正しいことを行う、より良い機会を手にすることでしょう。」

☆以下は、パトリック・ムーア(カナダの科学者、グリーンピース共同創設者)へのインタビューの内容を文字起こししました。

「46億年前に地球が形成されて以来、気候は絶えず変動してきました。では、地球温暖化を騒ぎ立てる人の言う『大元凶』のCO2についてはどうでしょう?この枠組みの中に、どのようにあてはまりますか?

私たちが考えるほど、容易ではありません!気温のレベルとCO2は、強い相関関係を示していません。何億年という長い期間の中ではしばしば、これらは全く同期していません。

大気中のCO2の濃度以外にも、多くの要素がかかわっていることが判っています。例えば太陽の周囲をめぐる地球の楕円形の軌道の形態及び規模、太陽の活動、そして地軸のぐらつきもしくは傾きの度合いがそうです。

新聞の見出しが告げることとは反対に、最近20年間の傾向は、変動していません。その一方で、人間が算出するCO2の放出量は、かつてないほどに多くなっています。人間が原因であるCO2の放出量の約25%は、『明確な温暖化がなかった』この時期に算出されました。

何が私たちを待ち受けているのでしょうか?気温上昇の傾向が続くでしょうか?変動のない状態が長い間続くでしょうか、それとも気温は下がり始めるでしょうか?

誰にもわかりません!最大最速のコンピューターでさえも。気候の予測は、地球で最も複雑のシステムの一つです。何千もの要素が絡んでおり、その多くを私たちは理解していません。何ら正確でもない科学なのです。

今後60年間の気象、気候あるいはその他のことを私たちが予測できると示唆するのは、おそらく傲慢なのです。この科学は、確立されたものではありません。議論は終わっていません。気候は常に変化します。これまでそうだったしこれからもそうでしょう。」

*上記内容は、アルシオン・プレヤデス ビデオニュースNo.58の動画の一部内容を文字起こししました。

気候の予測に関しまして、私たちに予測不可能な多くの要因が存在することを認めるどころか、「気候変動」が人類によって引き起こされたという科学自体が疑問視されることに私たちが気づいて疑問を呈したのならば、私たちは逮捕されたり迫害されたりすることになるのでしょうか…。(実際にすでにそのような話はすすんでいるようです)

操作する1%支配層や、人々に誤情報を流すマスコミや「公式の科学」に、私たち一般市民はいともたやすくだまされたままでいないためにも、各個人が徹底的に真実の情報を得るようにして真実を知ることはは、極めて有益で重要なことであるということです。


☆今朝の5時現在、ブログランキングは24位とたいへん低迷しています。読者様の10人の中のおひとりくらいの10%の方が投票してくださるだけでも、かなり順位が上がり、このブログをより多くの方にお読みいただける機会が増えることと思います。引き続きブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆年末大感謝セール中☆
パワーストーン&ブレスレット全商品40%OFF!
タエヌのHP パーストーンの販売

タエヌのスピリチュアル日記は、おかげさまで掲載を開始してから間もなく10周年を迎えようとしています。これだけ長く続けてこられたのも、読者の皆様がいてくださるおかげだと思い、深く感謝しております。

つきましては、タエヌのブログやホームページをご覧いただいている皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、アセンションスペースシューリエのホームページで販売しておりますパワーストーン&ブレスレットを、年末の27日までの期間限定で、全商品4割引きのご奉仕価格にて特価販売をさせていただくことになりました。

よろしかったら、当ホームページをご覧くださいませ。ご注文を心よりお待ちしております。
パワーストーンの販売ホームページ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエhttps://taenu1.amebaownd.com/
~守護霊様・前世リサーチ、年末の大祓い(2日間)、シューリエ1日・合宿セミナー、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売(40%割引中‼)、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」



スポンサーサイト
スピリチュアル