08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

「アーシング」のお勧め! その2

2016年10月23日
✿現在、10月の月末の大祓いのご依頼を承っています。10月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にてタエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

8月に当ブログ「アーシングのお勧め!」でアーシングに関しての記事を掲載しましたが、その後も毎日、私はアーシングを1日最低約30分間続けています。ほとんどは、我が家の庭や畑でのアーシングですが、時々は出先でアーシングもしています。

今月は出雲に用事で行くことが何度もあったので、そのたびに少しどこかで寄り道もしていますが、稲佐の浜や出雲大社は、今月だけでも3回も行く機会に恵まれました。

DSC02381_convert_20161022160632.jpg

一昨日の20日(木)も、出雲市街地に行って用事を済ませてから昼食を食べた後、ポカポカ陽気の中、30~40分ほど、一緒に行った妻とグミ(長女・20歳)と3人で裸足になって稲佐の浜にてアーシングをしました。

DSC02384_convert_20161022160732.jpg

稲佐の浜の足の踏み心地は、柔らかくてまったりとした快感を味わえるので、心地良くて大好きです。参拝者や観光客も行き来しますが、誰一人、私たちのことは気にしないようなそぶりをしていますし、裸足になるような人はいませんでしたが、そんなことはお構いなしに、3人それぞれがアーシングのひとときを楽しんでいました。

DSC02397_convert_20161022160808.jpg

昨日21日(金)は、チャネリング&癒しを受けに三瓶山の麓の高原に行きました。気温が10度ほどに下がっていて、風も強かったために、一緒に行った妻とグミはアーシングはちょっと…ということで、ウォーキングやジョギングなどを楽しんでいましたが、私は裸足になって草原でアーシングを楽しみました。

DSC02400_convert_20161022160851.jpg

砂浜とは違って、草原の踏み心地は、また独特の快感が味わえます。踏むことを許してくれた植物たちからは、たくさんの気(エネルギー)と高い波動を与えてもらいつつ、地球とつながり癒しを受ける事ができますので、とても活力がわいてきますしチャネリングにも最適です。

DSC02403_convert_20161022160937.jpg

暖かい季節からアーシングを始めましたので、これから冬を迎えて雪が降った時など、どのように実践し続けるのかがちょっとした課題になりそうです。まあとにかく、やれる時にやれるところまでやり続けていようと思っています。

DSC00542_convert_20161022173604.jpg

上の写真は、約1か月前の9月22日の午前9時頃に、私がアーシングしていたら妻と娘たちも次々と庭に出てきて、アーシングしながら読書や瞑想に励みだしたので、記念に撮影した画像です。この日はとても心地良い気候でしたので、このまま1時間近くアーシングをしていました。

我が家の娘たちは、1週間の疲れがたまっている週末の午前中や、人ごみの中に外出した後などの邪気の浄化や気力回復のためにアーシングを活用することが多いようです。私と妻は日々の生活の中で毎日実践し続けていますが、効果として感じられることは、すっきりする、身体が活性化する、身体が軽くなったように感じるなど、主に、朝、実践していますが、一日をより快活にさわやかに送るためには有効であると感じています。また、パソコンに長時間向かった後やチャネリングした後などの疲れが出てきたような時にアーシングをすると、気力回復や癒しに最適です!

庭のようなスペースのない方は、毎日アーシングするのは難しいかもしれませんが、公園や広場や出かけ先などで、機会があるごとに実践するのも良いでしょう。また、室内でアーシングするためのアーシングシートやマットなどのグッズもいろいろと販売されていますので、室内で実践することも可能です。また、裸足になるのはちょっと…という場合でも、樹木に手のひらを当てるだけでもアーシングになります。とにかく、できる時にできるやり方でとにかく実践されることをお勧めします!

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

以下の内容は、zeraniumの掲示板http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/earthing-9651.htmlより転載しました。

不調を癒す<<地球大地の未解明>>パワー  book『アーシング』  ヒカルランド (クリントン・オーバー(創始者)、スティーブン・T・シナトラ、マーティン・ズッカー)より抜粋

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが立っている足元の大地は、食物や水など、必要なすべての糧を与えてくれています。それだけでなく地球の表面である大地は、私たちが歩いたり、座ったり、走ったり、泳いだり、遊んだりする場を与えてくれます。そして実はここにはあなたが考えてもいなかった、さらに不思議な何か素晴らしいものがあり、それが提供されているのです。ずばり、それは、ヒーリングパワー、癒しのパワーなのです。それも実に素晴らしいパワーなのです。

   この本からあなたは、永続する癒しの力について学ぶでしょう。
   そしてこれは、好奇心旺盛な何人かの人々による、たゆまぬ努力の末に導かれた驚くべき大発見の結果なのです。この信じがたいパワー源に接続することにより、驚くべき結果を手にした世界中の人々の例を、あなたは知ることになります。

   そうした人々とは、自己免疫疾患が劇的に回復した元弁護士や、糖尿病を患い、麻痺していた足の感覚を取り戻したオーストラリアの医者、事故による後遺症から25年間歩けなかったのが、足が動くようになったアラスカ在住の人など、母なる大地につながることによって、さまざまな疾患の苦しみから解放された大勢の人々です。

   できるならば、草地や砂利など、土や砂の上、あるいはコンクリートでもかまわないので裸足で大地に立ちながら、この本を読んでください。このようにして改めて地球に、大地につながることを、私たちは”アーシング(earthing)”あるいは”グラウンディング(graunding)”と呼ぶことにします。

古来、人間は大地とつながることで電気エネルギーを充填してきた

   遠い昔から、人間は土の上を歩き、立ったり、座ったり、そこで眠ったりして大地に直接接することで、自然のエネルギーである電気的エネルギーを身体に充電してきました。それは簡単に言えば、地球の自然な表面電荷に接続する生活を意味しています。それはすなわち、大地に素足で立つことであり、グラウンディングすることによって体のあらゆる炎症を自然に消し、防止する方法なのです。

   それは私たちの健康維持に大きな意味があります。
   つまり慢性疾患を含む、成人病や老化現象などの予防に、このエネルギーの影響が大きく働き、私たちの健康を維持してくれるからです。「だけど、誰もが地球上に住んでいるんじゃないの?」とあなたは考えるでしょう。その通りで、私たちはみな地球上に暮らしています。しかし私たちのほとんどは、もはや土という大地に直接触れることのない生活をするようになりました。

   古来、私たち人間は地球の大地に直接触れながら生活して来ました。
   つまり、私たちの肉体の皮膚は、直接大地と触れ合っていたのです。裸足で歩き、じかに地面の上に寝ていました。こうして常に私たちは、地球の自然エネルギーである癒しのエネルギーと、絶えず接続された状態で生きていました。

   ところが今日の私たちは、ほとんどが地球の大地とは切り離された状態の中で生活し、仕事をしています。非伝導性の靴底の、合成加工の靴を履き、カーペットが敷かれた床を歩き、さらに床から離れたベッドで眠ります。土の上で生活することはなく、野外でもめったに裸足になることはありません。

   こうして私たちは地球から切り離された結果、人間には地球のエネルギーが欠乏することになりました。その結果が、私たちの身体の慢性的な炎症であり、免疫不全やさまざまな健康障害が大人や子どもたちの間で激増することになりました。さまざまな炎症から身を守ってくれる、地球の大地の電気的な関わりを、私たちは失ってしまったのです。

   アーシングは、地球と切り離された私たちにシンプルな癒しを提供してくれます。家や会社にいるときでも裸足で外を歩いたり、外で寝たり、あるいは室内専用に設計された伝導性装置をつけて、家の中でリラックスしたり仕事をするという簡単な方法もあります。外であっても家の中であっても、地球の自然な表面の電荷に再びつながることにより、身体に自然な電気状態を回復させることができます。

   本書にはどのように身体を地球に接続させ、継続的にその状態を保つかについてと、それによって起きる一般的な効果について記録しています。たとえば次のような効果です。

◎ さまざまな炎症の急速な軽減
◎ 慢性的な痛みの急速な軽減、または除去
◎ 細胞と組織に不可欠な、酸素と栄養を促す血流の劇的な改善
◎ ストレスの軽減
◎ エネルギーの増大
◎ 睡眠の改善
◎ 怪我や手術の治癒の加速化

   アーシングは、あなたの健康を改善するための最も自然で安全な方法です。
   それはきわめてシンプルでありながら、驚くほどの効果が期待できます。これは治療方法というよりは、私たち人間が遥かな遠い昔に失ってしまった、本来の自然の豊かさを取り戻すことなのです。アーシングは、健康に関するさまざまな問題を解決してくれる、私たちに必要な地球とのつながりなのです。

大地とのつながりであるエネルギーが断たれるとき、不都合が起きてくる

   私たちは誰もが、地球という電気的な惑星に生きており、電気的な機能を備えています。それは肉体の何兆億個もの細胞が、生化学的に反応するプログラムによって、絶えずエネルギーを送受信しているダイナミックな電気回路の集合体であることです。それにより、あなたの心臓や脳、神経系統、筋肉や免疫システムなどが、体内の電気的働きによって活動しています。そして実際に、あなたのいかなる動きや態度、思考であれ、あらゆる行動が体内の電気によって引き起こされており、活気づけられているのです。

   ですが今日のように、科学が発達した時代であるのに、私たち現代人のほとんどの人が、自らの生体電気についてまったく知らず、気づいていません。特に肉体と地球との間に起きている、電気的エネルギー的な関係においてそうなのです。そういうことは学校でも教えられることはないので、私たちは地球からほとんど切り離されてしまったことに気づくことはありません。私たちの社会において、人々は本来の電気的ツールを失っていると云えます。

   素足で、末端神経が集中している足裏を大地に着けることはめったにありません。合成の底でできた靴を履き、断熱材でできたベッドに寝ています。近代生活をしている私たちのほとんどが、地球の表面から切り離されています。ですが、切り離されたことによって、ひょっとするとあなたは必要のない痛みに悩まされているかもしれません。それは必要のない苦しみであるかもしれないのです。

   それはちゃんと接続できていない電球にたとえられます。
   点滅していたり、弱く光っていて、あるいはまったく点かなくなった電球と同じです。そして多くの人々が、そのような状態の中で生活し続けています。

   本書は、母なる地球の自然の周波数と、その源に継続的に繋がることで、いかに私たちの健康が維持され、癒されるかについて、初めて書かれた本だと私たちは信じています。

   地球と切り離されているほど身体は攻撃を受けやすく、順調に機能せず、炎症に関する疾病に冒されやすくなります。また老化のプロセスが早くなります。私たちが語る地球の自然の周波数とは、”自由電子”と呼ばれている素粒子の動きによって生じるエネルギー波のことです。ですが電子は目で確認されたことはないのですが、蜂の巣を想像してください。蜂の巣の周辺でブンブン飛び交う蜂は、ちょうどエネルギーに満ちた原子雲の周りを飛び交う電子にたとえられます。

   最近では、太陽の周りの軌道を回っている諸惑星も電子にたとえられることがあります。原子核はプラス電荷の陽子と、電荷がない中性子からなり、電子は負電荷を帯びていますが、地球表面に自然な負電荷を与えるのがこれらの電子です。降雨や毎分数千回にも及ぶ落雷の自然現象によって、地球の表面は無限かつ永続的に負電荷が供給されていると、科学は事実を伝えています。

   地球の地面とのつながりを保持することによって、身体は自然にそのような負電荷を帯びた電子でチャージされます。よってこうしたアーシングをすることによって自動的に電子を吸収し、身体の電気的バランスを取り戻すことができます。すなわち慢性の炎症や、多くの病気の原因となっている酸化したフリーラジカル(不対電子を持つ原子)を中和し、身体を自然な電気状態に保つことができます。これがアーシングを裏付ける理論です。

「裸足革命」

   みなさんはアーシングによって、「健康と活力が以前とはまったく変わってしまった」という素晴らしい実例に出会うことでしょう。たとえば、重度の多発性硬化症(MS)に冒されていた36歳の女性は、アーシングを実践したことで健康を改善しました。彼女は嬉しさのあまり外へ出て、近所の人々に聞こえるような大声で叫んだのです。「みんなグラウンディングしましょう!」 彼女は”裸足革命”を提唱しています。

   もう1人の女性は、ひどい交通事故に遭い、その後負傷の痛みと炎症、疲労感と不眠症に5年間を過ごしてきました。その間、さまざまな医療や専門家を訪ね、治療方法を試しましたがまったく改善しませんでした。あるとき彼女は、ふと思いつき、「草の上に寝転んだり、砂浜を裸足で歩きたい」と思いついたのです。そして地面で寝ることを試み初めて数ヶ月後、それまで消えることのなかった痛みや疲労感、そして不眠症が消えてしまったのです。

不調を癒す<<地球大地の未解明>>パワー     
book『アーシング』  ヒカルランド 抜粋 
クリントン・オーバー(創始者) スティーブン・T・シナトラ マーティン・ズッカー

☆この「アーシング」の情報を広めた方が良いように感じられる方、当ブログを応援してくださる方は、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをどうぞよろしくお願い致します!
 ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
https://taenu1.amebaownd.com/

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スポンサーサイト
スピリチュアル