03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

明日香の巨石・石造物の旅 ~後編~

2016年09月25日
✿現在、9月の月末の大祓いのご依頼を承っています。9月30日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

明日香の巨石・石造物の旅 ~前編~からの続きです。

DSC00603_convert_20160923052934.jpg

前編でニビルのアヌンナキの話をなぜしたのかといいますと、明日香はアヌンナキの街ともいえるような場所といわれているからです。ちなみに、前編も後編も、Project Vegaに書かれている内容を参考にしていますが、私自身、今の時点ではとても信頼できると感じている内容です。

DSC00568_convert_20160925190424.jpg

ニビルの王アヌの長男のエンキも、明日香に関係していました。有名な「亀石」はエンキのシンボルだそうです。今回、そう意識してしみじみと見させていただきましたが、なんともおっとりとしていて親近感のあるやさしさのようなものが伝わってきますし、この地にゆったりとしてくつろいでいるようにも感じました。

DSC00617_convert_20160925190756.jpg

また、酒船石の近くにある「亀形石造物」は1999年に発見されたようですが、天皇祭祀に関わる場所であったとか、身を清める場所であったとか、いろいろと考えられているようですけれども、この水を溜める場所が親しみの感じる亀の形をしていることから、ここもエンキに関係している場所なのかも・・・と思いました。

DSC00605_convert_20160923053012.jpg

ちなみに、酒船石は生命の樹に基づいているともいわれていますが、やはりとても神秘的でパワフルなエネルギーを感じます。

DSC00551_convert_20160925190018.jpg

「猿石」と呼ばれている、吉備姫皇女王墓内にある4体の石造物は、それぞれに愛称がつけられているようで、山王権現(右手前)と女(左奥)

DSC00553_convert_20160925190057.jpg

そして僧(手前)と男(奥)と呼ばれているようです。

551_convert_20160925185838.jpg

この女と名付けられている爬虫類のような顔をしていて乳房がある石造物はイナンナのようです。イナンナは、人間の形でも世界各地に土偶などに残されていますが、このように爬虫類の容姿の像も残されているようです。

イナンナ以外の3体がだれかはよくわかりませんけれども、アヌンナキであることは確かなように思いますし、姿かたちからして男性であると思いますが、4体共通して感じることは、みなさん、とても表情が和やかで幸せそうに感じられるということです。明日香の地を、きっとニビルの神々は、とてもお気に召されたのでしょう。だから、こうして、穏やかな表情の自分たちの石造を、後々にまで残したのだと思います。

DSC00586_convert_20160923052746.jpg

ちなみに、アヌンナキは、すがすがしい場所に「スカ」とか「スガ」とかという地名を付けたそうですが、そこに「ア」や「ナ」も加えたようで、「ア」を加えたのが「アスカ」 、「ナ」を加えたのが「ナスカ」、私の住んでいる出雲の国にある須賀神社も、がすがすがしい場所と感じたことから「スガ」と付けられたようです。

DSC00589_convert_20160923052833.jpg

石舞台は、教科書では蘇我氏のお墓であると教えられてきましたが、実際には、世界各地にあるアヌンナキの神々とつながるためのドルメンであるようです。

DSC00599_convert_20160925190703.jpg

アヌンナキの身長は、人間よりもずっと高かったようですが(3~4mとか、もっと高かったとかといわれています)、この内部への出入り口の高さからすると、その中に入れる人の身長の高さが伺えます。

DSC00597_convert_20160925190607.jpg

また、内部の写真を妻と共に撮影しましたが、青白い光が差し込んでいるところが印象的でしたので、次にその光をアップして撮影しました。

DSC00596_convert_20160925190511.jpg

この淡く青いい光に焦点を合わせて感じてみると、そんなに嫌な気配はしなかったものの、心地よいとか美しいとかというものではなく、幻想的でちょっと神秘的な感じでもありましたが、メッセージのようなものは伝わってきませんでしたし、この独特な雰囲気がはっきりとは何なのかはよくわかりませんでしたけれど、何か古い歴史の重みのようなものを感じる光でした。

DSC00567_convert_20160925190336.jpg

鬼の俎(まないた)、そして鬼の雪隠(せっちん)と呼ばれている巨石の石造物は、やはりその作られた目的はいろいろと考えられているようですが、私にはどの説もピンときません。ただいえることは、これだけの巨石を動かして持ち運ぶことも、石の削り方の見事さも、当時の地球人類の技術では難しいだろうということで、やはりニビルの神々の手によって作られたものであることがわかります。

DSC00564_convert_20160925190251.jpg

それにしても明日香路の景色はとても素晴らしく、所々で立ち止まっては写真を撮影して楽しみました。私の大好きな彼岸花もたくさん咲いていて、田畑の緑と赤い花の色合いや雰囲気とが見事に調和して、和の彩の美しさを楽しませていただきました。彼岸花を見ると、何か胸の奥がキュンとして温かい気持ちになります。

DSC00575_convert_20160925193605.jpg

さらにこの日は、初代天皇である神武天皇の祭られている橿原神宮へと参拝して、その後、近くにあるホテルへと向かい1日を終えました。

DSC00652_convert_20160925193653.jpg


☆何かポジティブに感じていただける内容がありましたら、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願い致します!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、9月の月末の大祓いのご依頼を承っています。9月30日(金)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スポンサーサイト
スピリチュアル