09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

波動が「高い」「低い」とは? その1 ~思考によって識別するための観点~

2016年07月03日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「波動が高い(軽い・穏やか)」「波動が低い(重い・荒い)」とはどのような状態であるのかということを、大きく分けて2つの観点から捉えるようにすると、思考の中でわかりやすく認識できると思います。

その2つの観点の中の1つは、「愛がどれだけめぐっているのか」ということ、そしてもう1つは「わくわくの中に在るのかどうか」ということです。

最初に、この「愛がどれだけめぐっているのか」という観点について述べてみます。

愛を大きく分けると、自己愛と他への愛との2つに分けることができます。自己愛が大きく強くポジティブにめぐると、自分自身の肉体を大切にして体に良い食事をとったり、睡眠や休息などをとって疲れを極力緩和させようとしたり、趣味や憩いの時間を大切にしたり、自分自身のやりたいことややるべきことを優先したりするなど、自分がより健康でより前向きに過ごせるように留意して実生活を送るように努めることでしょう。

また、他への愛が大きく強くポジティブにめぐると、周囲の人々との調和を重んじて、より謙虚でよりやさしくなれるでしょうし、おもてなしやあいさつを大切にしたりして、より良い人間関係を築きやすくなるでしょう。

また、あらゆる生物や地球環境や宇宙など、物質的存在や目に見えぬ存在に対しても、すべてに対して慈しみや感謝の愛の心をめぐらせていると、同様に、自分以外のあらゆるものとの関係がよりポジティブにめぐることでしょう。

ただし、自己愛が強すぎてしまって自分本位になりすぎたり自己愛が強すぎてエゴに変化したりしてしまうと、周囲との不調和が生じやすくなります。エゴとは愛とは反対で、とてもネガティブな波動を発します。

また、他への愛が強すぎてしまうと、人に対して嫉妬の気持ちを強くむけたり束縛をしたり、相手に過干渉をしすぎてしまって有難迷惑になったり、相手の学びを損ねる結果になったりすることがあります。これでは、やはり周囲の人との不調和が生じたり、自分の意識の中にもネガティブな意識がめぐったりしてしまい、低い(重い・荒い)波動が発してめぐってしまいます。

ですから、個人のめぐらせる愛にはバランスの良さも大切なのです。そして、バランス良くより強く大きくめぐっていれば、必然的に高い波動が発されてめぐります。

*「愛のバランス」については以下の記事をご参考ください。
http://mfhqc9393.blog65.fc2.com/blog-entry-2205.html

次に「わくわくの中に在るのかどうか」という観点に関しても述べてみます。

私のブログ内やここでいう「わくわく」とは、自分のやりたいことをやっている、自分のやるべきことをやっている、自分らしく生きている、そういった自分自身のナチュラルな感覚に従い、よりポジティブに感じる選択をして実行している状態であるそのポジティブな中で発している波動は、とても高くて軽やかであります。

逆に、自分のやりたくないことをしかたなくやっている、本当の自分の意思に従わずに自分らしくない在り方を選択し続けている、やるべきことを後回しにしたりやらずにいたりして違ったことを優先にやり続けているといったような場合には、必然的に心の中がわくわくする感覚が薄く、ネガティブに感じることが多くなるために、低くて重い波動が発されやすくなります。

また、思考や感情が不安や心配ごとや怒りがめぐっていたり恐怖や悲しみやイライラなどのネガティブな状況の中にあっては、わくわくすることを選択し続けることは難しいでしょう。そして、ネガティブな感情や思考の中に在る時も、波動が低い(重い・荒い)状況になってしまいますし、その状態が続いて気持ちが落ち込めば落ち込むほど、その波動の低い度合いも強まります。

逆に、楽天的でいる事や前向きでいる事、喜びやわくわくや楽しみや気持ちの軽やかな時など、よりポジティブな意識の中に在ることで、より高い次元の意識をめぐらせていれば、直感(魂意識・宇宙意識)や高次からのインスピレーションも受け取りやすくなり、思考や想像がポジティブにめぐりやすくもなるために波動はより高まっていきます。

*「わくわくを選択すること」に関しては下記の記事をご参考ください
http://mfhqc9393.blog65.fc2.com/blog-entry-2193.html

この、「愛のめぐり」と「わくわく感」とが、より自分の中にも周囲との関係の中でもより強く多くめぐれば、必然的に波動は高まり、魂は向上していきます。これが、波動の高い状態と低い状態を、思考によって識別できる観点においての根本的な在り方や状況の差であると私は捉えています。

*波動が「高い」「低い」とは?その2‘~感覚的に識別する観点~に関しての記事は、明日掲載します。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スポンサーサイト
バックナンバー改訂版