06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

タエヌ家の紹介~家族構成と移住について~

2015年11月13日
☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

DSC09150_convert_20151112123745.jpg
~一昨日の朝に撮影しました自宅前に見える小山の紅葉~

当ブログは「日記」と題しているにもかかわらず、最近は日記を書いていないことに気づきました。

今年の3月までは、スピリチュアルな内容も掲載しつつ、タエヌ家の実生活や身近なできこと、旅したことや神社参拝したこと等、日記としての内容も掲載していました。また、私自身や家族のことを掲載することで、何らかの参考にしていただき、ポジティブに感じられたことはご活用いただくことで、よりポジティブな実生活を送るためのお役に立てれば良いなぁと思い、気の向くままに掲載していました。

今年の3月以来、ここ約8か月間も家族のことや日記を書かなくなったことには、特に理由はありません。ただ、石垣島で約1年間別々に暮らしていた長男と長女の2人が奥出雲に来て、今のように、もともとのように家族6人全員で一緒に暮らすことになった頃から、生活がちょっと落ち着いてきてから書こう…と思ってから、いつもまにか書かなくなっていたという感じです。

そんな中、今のタエヌ家の暮らしぶりや、実生活をよりポジティブに送るために実践していること等、いろいろと書いてみたいとわくわく感が湧きあがってきたので、今日からしばらくの間、書き綴り連載したいと思います。

DSC09151_convert_20151112123907.jpg
~自宅前を流れる亀嵩川と紅葉の景色~

そこで、まずあらためましてタエヌ家の家族構成の紹介と、タエヌ家は何度か引っ越しをしてきましたので引っ越しに関しての概略を書きたいと思います。

タエヌ(51歳・仮名・男)は東京都足立区出身、6歳半年下の妻atumi(仮名)は千葉県出身で、2人とも千葉県の公立学校の教職員をしているときに知り合い、平成4年に結婚しました。私が28歳で妻が21歳の時のことです。

タエヌ家には、現在4人の子どもたちがいて同居しています。長男シュー(仮名・21歳)は観光施設でアルバイトをしています。長女グミ(仮名19歳)は今年の春に高校を卒業して、今は洋菓子店でアルバイトをしていますが、ケーキ屋で働くことは幼い頃からの夢でした。次女アマンダ(仮名・中3)は約7km離れた中学校に、3女デンプ(仮名・小6)は約3km離れた小学校にそれぞれ通っていて、今年度で卒業します。

結婚当初は千葉県印西市の教員住宅を借りて住んでいて、長男・長女が生まれてから一軒家を同市内に購入して引っ越しました。その後、次女と3女も誕生しましたが、3女が誕生してまもなく、私タエヌは約15年間勤務していた千葉県の教員を辞職して、田舎町の駅前のビルの一室を借りてヒーリングルームとパワーストーンのショップを開きました。約3年間で店を閉めて、その後は今のような形で、ホームページを通してご依頼を受けつつ、おもに自宅で仕事をするようになりました。

DSC00432_convert_20090505135920.jpg
~2008年頃 いすみ市の海岸にて~

妻も2008年2月に教育公務員を辞職して私の仕事を手伝うようになりましたので、職場である学校の通勤圏内に在住しなくても良い環境が出来上がりました。そこで、よりポジティブに感じる環境を求めてわくわく感に従い、私の子どもの頃からの念願だった「海に近い場所」と「自然の多い環境」を求めて貸家を探し、2008年の3月末頃に千葉県いすみ市に良い物件を見つけたので引っ越しをしました。外房の海岸まで約3kmの近場で、田んぼと小高い丘に囲まれた田舎町で、庭や畑を借りて野菜を育てたり海岸でチャネリングをしたりして、自然の中で暮らすことの楽しさや心地良さを満喫していていました。

2007+aki+023_convert_20090122135720.jpg
~いすみ市の自宅の庭で収穫したミニトマト デンプ5歳、アマンダ8歳の頃~

そして、やはりわくわく感に従い、2010年4月当初には、日本最南端の八重山諸島にある沖縄県の石垣島に引っ越しをしました。高台にある賃貸マンションですが、窓からは東シナ海や周辺の山々が一望できて、ビーチまでは徒歩10分の距離にある素晴らしい環境でした。この時は、長男シューは新高校2年生、長女グミは新中学2年生、次女アマンダは新小学4年生、3女デンプは新小学1年生に上がる年でしたので、学校が変わることに関しては、いろいろとありましたが、子どもたちは島の子どもたちの中に、それなりにうまく溶け込んでいくことができました。

DSC03524+(3)_convert_20130327052800.jpg

DSC02994+(3)_convert_20130105112421.jpg

約4年間住んでいた石垣島には、本当はそのまま定住するつもりでいましたが、2013年には、島を離れ出雲の国に行くべきと感じるいろいろな出来事が起こりまして、結果的には2014年3月に島を出て内地に戻ることにしました。その際、当時高校3年生だったグミが卒業するまでの1年間は島に残りることになり、シューも島に残って2人でアパートを借りて暮らしていましたが、二人にとっては自立に向けての貴重な経験と学びになった1年間となりました。

DSC01530+(3)_convert_20120910200654.jpg
~とても明るく大きな宇宙船を2度見せてくれた、当時の自宅だった賃貸マンション前の東シナ海の海と空~

2013年に石垣島で経験した‘いろいろな出来事’の中で最も印象的な出来事は、家族6人の目の前で、複数の宇宙船が約50分間の航空ショーを繰り広げて見せてくれたことと、その宇宙船の見えたビーチで受け取った出雲の神々やアンドロメダからのメッセージでした。このあたりのことは、宇宙船の画像と共に、当時の当ブログで掲載しました。

DSC08219+(3)_convert_20150106054605.jpg
~出雲大社の鳥居近くにて妻atumiとデンプ~

千葉から石垣島に移住する際には、4トンコンテナ2つと2トンのコンテナ1つの、計10トンの大荷物の引っ越しでした。しかし、石垣島を出る際にはタンスやテーブルなどを島のリサイクルショップに出したり必要な人に差し上げたり不要なものは処分したりして、トラックに載せるような大きな身の周りの物はすべて手放したので、引っ越しには引っ越し用の業者は頼まず、すべてゆうパックにて段ボールで郵送しましたので、かなり身軽になっての引っ越しとなりました。

DSC08152+(3)_convert_20141219074458.jpg
~昨年冬の自宅の雪景色と登校時のアマンダ~

そして、現在住んでいる島根県仁多郡奥出雲町に引っ越して、アマンダとデンプと妻と4人で築約100年の古民家を借りて暮らし始めました。今年の春2015年3月にはグミとシューも加わって6人家族がそろい、11月の今現在も奥出雲の地にて暮らしています。

奥出雲町に移住してから早1年8か月ほど経ちましたが、美しい景色、清らかな水、様々な大地の恵み、そしてやわらかな波動と温かく愛多き奥出雲町の皆様に囲まれて、私たち家族はとても幸せに過ごさせていただいています(^^♪

DSC09156+(2)_convert_20151112124033.jpg


★今回からまた再び、わくわく感に従って日々の出来事や家族のこと身近なことも書き綴ろうと思っているタエヌに、1日1回ポチっ(^^♪と応援ワンクリックをお願いいたします!    

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆アセンションスペースシューリエ
~月末の大祓い、守護霊様・前世リサーチ、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

☆彡タエヌが新たに立ち上げたもう1つのブログです♪みなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スポンサーサイト
スピリチュアル