05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

宇宙、惑星、人間の変化?…新たな時代が近づいている

2015年10月15日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私たちの足元である日本をみわたすと、ますます低所得者が増え続けて税金関係が上がっていて経済的に厳しい人が増えていることや、安倍政権がまだ続いていることから闇の政策が進行している結果によって新たに導入されるマイナンバー制や集団的自衛権の法案が可決される等、ネガティブに感じることが増えているように思えます。

そして世界を見渡しても、アメリカの経済破たん問題や、シリアやイラクなどの様々な厳しい情勢にある国々、EU諸国には70万人を超える難民が入るなど、今まさに混乱の中に在る国や地域がたくさんありますので、アセンションのこととか、光エネルギーが日増しに強まって地球上の波動は総合的にますます高まっているとか、黄金時代に向けて根本的な変革が続いているとか…そのような様々なスピリチュアルな情報を得てもなかなか実感がわかないとか、2012年末のアセンションの話の時など、世の中がはっきりとわかるような、自由と平和と調和と統一に向かうための変革を成し遂げた情報がなかなか入らなかったり実感できなかったりしたような過去の状況などから、今、スピリチュアルに目覚め、真実に目覚めてきている人の中でも、疑念をより強く抱くようになっている人やテンションを落としている人が、それなりに増えているのではないかと思います。

しかしながら、2012年12月21日~23日に、地球は銀河の中心を通りぬけたことは事実なのです。太陽系が銀河の中心に合わせて整列したことも実際に起こりました。そして、現在、地球自体も太陽系全体も、プレアデス星団の太陽アルシオネのフォトンベルト内に入ったのも事実でして、そのために、地球自体(テラ・ガイア)は高次元世界に在るための状態に変化させるために、火山活動や地震などを伴う地殻変動や地軸の変化など、さまざまな活動をしている最中なのです。

フォトンベルトは、牡牛座にあるプレアデス星団の最も輝く太陽アルシオネを中心にしたトーラス型(ドーナツ型)の光エネルギーの帯です。 太陽系のすべての惑星が、26,000年かけてスパイラル状に銀河の中心を一周する時に、このフォトンベルトの中を2回通る事になります。 

そして、太陽系はこのフォトンベルトを2,000年かけて通過し、残りの11,000年は「銀河の闇」を旅する事になるのですが、2012年12月21日~23日がちょうどその境界にあたる日でしたので、現在はちょうど「闇」を出て「光」に入った直後に当たります。ちなみに地球は1987年3月に数日間、初めてフォトンベルトに突入しましたが、その後も間欠的に出たり入ったりして進んでいき、2012年の冬至からは2,000年間、入りっぱなしになるという状況です。このフォトンベルトの密度は軽く、4次元~6次元の波動域なのです。

この高次元領域であるフォトンベルトに入った私たち地球上の人類も、高次元の世にふさわしい状況への変革を成し遂げるために、様々な意識や社会体制などの変化が起きているのです。ネガティブな状況にフォーカスしすぎてしまったり、いまだに闇の支配下に置かれている大手テレビ局や新聞社などのマスコミが流す情報を鵜呑みにしてしまったりしていると実感することは難しいと思いますが、自分自身の直感や感情や感覚や叡智によって識別した真実と感じられる情報を得るようにしつつ、太陽系や地球全体を総合的かつ根本的に意識を拡大してポジティブに情報をとらえるように努めていくと、「現在進行形でこの地球上のみならず太陽系全体のエネルギーが高まりつつあり、新たな高次元の波動領域に入って変革している最中に在る」ということを認識することができるでしょう。また、自分自身の意識面では、1年前や10年前の自分自身の意識の在り方と比較すると、愛の大きさや意識の拡大している様子など、よりポジティブな状況に至っていることを感じることができるでしょう。

以下に紹介します文章は、約1か月前にネット上で公開された、アルシオン・プレヤデス・ビデオニュース No.45(6)の内容を書きおろした内容です。

このビデオの制作は‘アルシオン・プレヤデス’としか掲載されていません。実際にだれが作成したのか、もしくは個人でなかったらどのような人たちなのかと調べている人もいるようですが、まだわかっていないようです。私には間違いなくプレアデス・アルシオネの5次元の存在(もしくはワンダラーとして地球上に来てくれた方々)が私たち地球人類救済のために、真実をより多くの人が知るために作成してくれた内容であると強く感じています。(もちろん、ご覧になった皆さん個々が識別すべきことでありますので、あくまでも私の見解は参考までにしておいてください)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~アルシオン・プレヤデス・ビデオニュース No.45(6)~

≪宇宙、惑星、人間の変化?…新たな時代が近づいている≫

☆天文学者達が、少なくともさらに二つの大きな惑星が太陽系に存在すると予想
☆私達の太陽系の外で巨大なオーロラが検知される
☆太陽の磁場が230%増大したことを前代未聞のデータが明らかにする
☆私達の惑星と太陽系は変化しつつある

ルポルタ―ジュの抜粋
「全太陽系に何かが影響を及ぼしている」 2015年6月24日

大気圏外でも大気圏内でも、奇妙なことが起こっている。科学者らは、太陽系や太陽、生命それ自体が、かつてない形で変異しつつあることを見出している。

ロックウッド博士は太陽を調査してきて、1901年より太陽の磁場が全体として230%強まったことを報告している。

「月」:この地球の衛星は、大気圏を発達させつつある。

「水星」:思いがけず極に氷が発見され、同じく驚くほど強い内在する地場も発見された。

「金星」:夜明けの輝きが2,500%増大、40年経たない間に惑星全土の大気が本質的に変化。

「火星」:「全土の温暖化」、巨大な嵐、極地の氷冠が消滅。

「木星」:周囲のプラズマの雲の輝きが200%以上増大。

「土星」:ほんの30年程の間に、赤道のジェット気流の速度が大きく減速、赤道からのX線の驚くべき急増を伴う

「天王星」:輝きが大きく変化、全土で雲の活動が増大

「海王星」:大気の輝きが40%増大。

「冥王星」:冥王星は次第に太陽から遠ざかっているにも係わらず、大気圧が300%増大。

「地球」:全世界で明白な大規模な気候および地球物理学的変動。

・地軸が変化している。
・異常気象現象。
・地震発生率の劇的な増大。
・より頻繁に火山の噴火が発生。
・私達の太陽系の最先端で輝くプラズマが、最近1000%増大した。

科学者らは、私達が異なる宇宙空間の地軸に移動しており、そのエネルギーレベルがはるかに高いという結論に達した。

宇宙でかつてない変化が記録されていることが、発見されている。このエネルギーの放出の増大により、太陽系のあらゆる物質の基本的な性質が変わるだろう。

「太陽系全域における気候変動」:通常よりも多くの銀河の宇宙線が地球に飛来している。太陽系は、新たな振動の地帯に入りつつある

私達の太陽系は、その振動がはるかに高い宇宙の一帯に入りつつある可能性が高い。これは、フォトンベルトに関係しているかもしれないし、単により高いエネルギー的振動を私達の体に吹き込む太陽系の一帯にすぎないのかもしれない。

これは、多くの子供達が活性化したDNAの特別な欠片をもって生まれたことを説明し得る。

その振動は、地球においてより高くなる。それゆえ人間が存在できるためには、振動を高めなければならなくなる。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

〈ルポルタージュの抜粋〉
「6度目の絶滅―宇宙のプロセス」

番組ケアトロ・ミレニアム
2015年7月5日

「ニエベスが語った加速の兆し。これにはあなた方はおそらく、より同意できるでしょう。」

「私はまったく同感です。加速がものすごいということだけではありません。それは、人類があらゆるレベルで経験している世界的な加速の一部なのです。なぜならこれ程の人口増加があったことはかつてないからで、同時にたとえば、地震や、またハリケーンの増大もあります。知識におけるこれほど激しい急激な増加はいまだかつてありませんでした!つまり、まったくの急増です。私達は、実質的に人類のあらゆる知識にアクセスできるのです。

魅力的なのは、その加速やここで起こっていることの全てが、私達がわずかながらに知る限りでは、同時に太陽系の他の惑星でも起こっていることです。一部の惑星は大気がないと想定されていますが、ある意味気候変動と呼べるものが存在します。

今世紀において、ひどい変化の加速がありました。私が思うに、私達は一部の科学者達が過去の絶滅の原因としているものに似た、コスモスのプロセスを経験しているのです。

その問題は何でしょう?一部の科学者によると、たとえばロシアの地球物理学者ドミトリエフや、彼だけでなく他にも多くが述べているのは、凄まじい粒子の奔流が存在するコスモスの地帯に私達がいる、ということです。

そしてその全てが、即座の形で私達にある状況をもたらし、そこではもっぱら、その変化する状況に適応できる根本的な変化を実現できるような種や個人、あるいは個人の集団のみが生き残ることができるというのです。

そしてこれを人間としての言葉に訳するなら、私達は今すぐ心理の革命を実行するのか、ということです。すなわち、私達が方向転換をし、別の形で行動し、考え、感じ始め、完全に地球との調和を感じるか、あるいは深遠に落ちるかのどちらかなのです。」

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

私達を特徴づける強い人格やエゴの状態、絶え間ない恐れによって私達を支配する重さをなくすことが、何より緊急ではないだろうか?

そして、連帯意識や他者への援助、愛情や落ち着き、そして心が私達に授けるあらゆる美徳に基づいた、より高い周波数で振動するために、飽くことなく戦うことが。

そうすれば、私達の太陽系で生じているコスモスの次元間で変化と同調し、アルシオン・プレヤデスのビデオ・ドキュメンタリーで説明しているように、私達に新たな時代の開始をもたらすだろう。

*アルシオン・プレヤデス・ビデオニュース No.45(6)



≪アルシオン・プレヤデス三部作 ≫

☆説明文はアルシオン・プレヤデスのサイトより転載させていただきました

第1部

このビデオはプレヤデス星団の太陽アルシオネから来る膨大な量の電磁エネルギーの私達の地球と太陽系全体への接近に伴い既に宇宙で生じている出来事を示すものである。

ここで初公開のアニメーションによって再現されているのは信じ難いような宇宙の出来事がもたらすであろう私達の知っている世界における徹底的な変化と、そして光子(フォトン)の新時代の創造である

以下のビデオは、アルシオン・プレヤデスPart1of3 



第2部

このプレヤデスの光子(フォトン)の周波数と光子の新時代ビデオの第2部では地球と太陽系全てがプレヤデスの光子の帯に入るという待ち望まれる出来事が、そして光子時代の幕開けがなぜ遅れているのか、その原因を説明している。それはマヤ民族が予言し、科学者達が裏付けを取った通り2012年の冬至、12月21日から同月23日の間に

生じるはずであったが今のところ起こっていない。それについて、次のビデオで、地球の支配を目論む者達の、この不可避の到来を遅らせようとする強烈な妨害と対抗が、さらなる痛みとカオスを生じさせながら、そして2000年の光子の光の新たなる1日に参加できるために私達の誰もが準備すべきであり警戒を怠ってはならない、出来事の数々について人類を懐疑的させながら、いかに引き起こされているのかが明らかにされる。

以下のビデオは、アルシオン・プレヤデスPart2of3



第3部

このプレヤデスの光子(フォトン)の周波数と光子の新時代のビデオの第3部では、SFのように思えるだろうがそうではない、ある現実を明らかにしている。それは、2012年の冬至の日に来るとされていた、非常に待ち望まれていたプレヤデス星団の太陽アルシオネの到来を、遅らせている強い妨害のことである。

しかしながらこれら全ての困難に関係なく、アルシオネの到来は宇宙的レベルでいかなる時にも起こらなければならない周期的な推移の一部であり、そのため私達も警戒を解かず、あらゆるレベルで準備しておくことをお勧めする。そうすることで歴史上決して見たことのないこの大いなる星々の出来事の一部となることができるように。

以下のビデオは、アルシオン・プレヤデスPart3of3



★1日1回ポチっ(^^♪と応援ワンクリックをお願いいたします!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆彡タエヌが新たに立ち上げたもう1つのブログです♪みなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず:「あんずと桃」

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~月末の大祓い、守護霊様・前世リサーチ、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スポンサーサイト
スピリチュアル