05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

意識の解放感・質問と答え:バシャール

2015年09月18日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

以下の内容はNEW SEED 2015 ・ One Personalより転載させていただきました。

≪意識の解放感≫

ハイヤーマインドやガイドからのメッセージがスンナリ貴方へ届く瞬間はたいがい、特別な事を考えていない時でしょうと、バシャールは話しています。詰まり、忙しく考えを巡らして思考を駆使している時よりも、あまり考え込まずに日々の仕事を熟している時、例えばお皿を洗っている時や、歯を磨いている時、草むしりやら掃除をしている時、白昼夢でぼんやりしている時は、言わば、瞑想中のような状態です。こういった意識の狭間に、貴方のハイヤーマインドやガイドはインスピレーションを挟み込んで貴方とコミュニケーションを取ろうとしているというわけなのです。

日々の生活に疲れてしまっていると、例え大して考えずに出来る事柄でも意識が収縮して不快感が伴います。しかし、意識がニュートラルで空っぽの状態の時、貴方は意識の”箱”を開け放ち、エネルギーを受け取る体勢でいる事を意味しています。そして意識の”箱”の蓋が、いよいよ大きく開けられた瞬間、貴方は文字通り大きな”開放感”を味わい、エネルギーの流れを時下に感じる事が出来るのだと、バシャールは話します。

貴方が感じる心の”開放感”は、チャクラが開いた事を意味していると、バシャールは話します。体のチャクラはエネルギーの渦で、私達が考えている以上の働きを持っていると話します。いずれにせよ、チャクラのどの部分が閉じていて開いているのか、という事は然程重要ではなく、貴方の”意識”が受け取る体勢でいるのか、ニュートラルな状態で瞑想状態でいるのか、という事がハイヤーマインドからのメッセージを受け取る重要な鍵となるのです。物事を複雑にして考えるのではなく、貴方の”心”に戻って飽くまでもシンプルに捉えてゆきましょうと、バシャールは話しています。


≪質問と答え≫

貴方のハイヤーマインドは、何に対しても”答え”を瞬時に与えてくれています。ここで理解して欲しい事は、”答え”は質問が発生したと同時に与えられるという事を覚えておいて下さいと、バシャールは話します。しかし多くの場合、貴方の波動が答えを受け取れるだけの波動域に達していない事が殆どなので、貴方の波動を上昇させて、”答え”をきちんと受け取る必要があるというわけなのです(答えが存在する波動は、質問が存在する波動の少し上です)。

質問と答えの波動のギャップを縮めてゆきましょうと、バシャールは話します。バシャールが住む高次元の世界では、質問と答えのギャップが殆ど無いので、瞬時に答えを”知る”事が出来ると、話します。そしてバシャール曰く、波動のギャップを縮めるのは、貴方の”視点”を変える事で達成出来ると話します。

貴方のハイヤーマインドは非物質界にフォーカスするもう一人の貴方であり、貴方そのものです。見晴らしの良い高台から貴方の質問に答え、瞬時に与えてくれています。貴方が掴む事の出来ない”答え”はそもそも始めから貴方の意識に質問として提示される事はありません。貴方が乗り越えられない”山”は、始めから貴方の目の前に現れる事は無いのです。

貴方のハイヤーマインドは、貴方以上に”答え”を掴む事の出来る波動域に貴方が有るか無いかをしっかりと認識しています。ですから、貴方に”鍵”を見つけ出す為の道のりを教えてくれたり、”道のり”を探し出す方法を教えてくれたりと、”答え”に少しでも近づけるよう貴方にメッセージを送ってくれているのです。

☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」







スポンサーサイト
NEW SEED 2015 ・ One Personal