05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

宇宙協定『NESARA』 ~知っておくべき真相~

2015年09月12日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

以下の内容は1年以上前に当ブログで掲載した内容ですので、それなりに時間が経過したものではありますが、今一度、再掲する必要を感じたのでご参考ください。この内容は、zeraniumさんのブログより転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<宇宙協定『NESARA』>

*下記の内容は『宇宙人の伝言』『宇宙人の告白』 田村珠芳著 TO文庫  より抜粋して引用しました。


   皆さんは”NESARA”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
   NESARAとは、National Economic Security And Reformation Act の略で、「国民経済安全保障改革法」と呼ばれる宇宙協定のことです。

   これは1998年に決められたもので、月に基地を置いている銀河連邦(80星系団)と、地球上の同盟者たち主にアメリカなどですが、その間で決められました。その目的は地球社会の統一と、宇宙銀河系社会への参加を準備するための星間協定です。

   宇宙銀河連邦は地球上の主要国政府に対し、このままでは地球が破滅してしまうことや、そのために地球を救う方法として、すでにアメリカが持っている宇宙テクノロジーと銀河連邦が持っている各種のテクノロジーを、人類全体で使う必要があることを挙げており、人類の意識を現在の3次元的なものから5次元へと上げることを求めています。そのために銀河連邦は全面的な支援を約束し、銀河連邦を構成している異星人の存在の情報を公開し、同連邦が持っている宇宙テクノロジーを地球上で公表するようアメリカ政府に迫りました。

   この協定は2000年3月9日、アメリカ議会において秘かに可決(取り決められ)、10月10日には当時のクリントン大統領によって署名され、承認されました。しかし米国最高裁判所は協定を一般に公布することなく、外部には決して漏らさぬように緘口令(かんこうれい)を敷いたことで、それは現在まで秘密にされています。

   NESARAが一般に公布され施行されると、当然、これまでアメリカ政府が世界中で行なってきた数々の行為が明らかににされ、一部の富裕層に支配されてきたアメリカの政策も変わらざるを得なくなるわけで、その影響で世界中に平和が訪れるといわれています。

   つまりNESARAとは、宇宙銀河連邦から「このままでは地球は死んでしまう。どうするつもりなのか?」と迫られて、アメリカの当時のクリントン大統領が差し出した契約書なのです。地球最大の巨大軍事大国であるアメリカが、銀河連邦から迫られて自ら実行すると決めたことが、NESARAに述べられている一つ一つの約束なのです。

   アメリカのNASAやエリア51には、すでに宇宙の人々が来て新しい技術を教えており、本来なら2000年にも新しい文明へ向けてシフトができる計画でした。しかしクリントン元大統領に続くブッシュやチェイニーなどが、そうした改革がもたらす自分たちへの不利のために抵抗し続けてきたのです。それが発表されればアメリカには大変動が起きることがわかっていたので、厳しい報道禁止令によって維持されてきました。

   しかし2000年6月に、それがアメリカ海軍情報部から流出したのです。
   その後、国際司法裁判所はNESARAを承認し、182の国々がアメリカ政府の作ったNESARAの契約を守り、支持することを決定しました。そしてまずアメリカ国内においてNESARA宣言を施行し、他の国々がアメリカのリードに従うということになっていたのです。そしてアメリカ政府が銀河連盟から迫られて作った改革の約束『NESARA』は、2001年9月11日午前10時に発表されることになりました。

   ところが当日の9月11日の午前8時50分、ニューヨークのワールド貿易センタービルで同時多発テロといわれる大惨事が起きたのです。そのために当然、NESARAの発表は延期されることになりました。さらに10月には米軍による、アフガニスタン侵攻が決定され、ブッシュ大統領はNESARAの約束を回避するために、必死で戦争へと突入していったのです。当日の9月11日のNESARA発表と同時に、米国内では銀行システムが変えられる手はずになっていたのです。しかしワールド貿易センタービルの崩壊により、すべてが延期になりました。

   そして2002年10月14日には、それまでの多くの報道禁止令は解除になり、それ以後、米国中のラジオやテレビのトークショーは、こうした情報を大々的に報じるようになりました。しかし2003年になっても政府はNESARAの公表を行なわないばかりか、ブッシュ大統領はイラク戦争まで始めたのです。彼ら闇の首脳は発表を回避するために必死であり、実は全世界を破壊するために核兵器を使おうとしていたのです。

   こうなっては銀河連邦は介入せざるを得ません。
   そして核戦争は回避された結果、核爆発も起きませんでした。今後も核戦争が起きることはありません。ブッシュやチェイニー、ポールソンなどの仲間は必死に抵抗しましたが、前イギリスブレア首相や前世界銀行総裁ウォルフォウィッツ、アメリカ政府の高級官僚たちも任期前に退任届けを出して辞任したのです。

   現在ネット上で公開されているNESARAの内容です。

① 違法な銀行業務と政府活動に由来するクレジットカード負債、抵当その他の銀行負債を免除します。
② 所得税を廃止します。
③ IRS国税庁を廃止します。重要でない「新しい品目のみ」政府の消費税収入として均一な比率で課税対象にします。

④ 高齢者の収入を増やします。
⑤ 合衆国憲法を本来の状態に戻します。
⑥ NESARAの発表後、120日以内に新しい大統領と議員を選出します。

⑦ 選挙をモニターすることで、特別利益団体の違法な選挙活動を防止します。
⑧ 金、銀、プラチナ、貴金属に裏打ちされた新しい米国財務省通貨「レインボー通貨」を発行します。
⑨ 我々のすべての法廷と法律問題に対し元の憲法を適用します。

⑩ 憲法にふさわしい新しいアメリカ財務省銀行システムを始めます。
⑪ 連邦準備制度を廃止します。
⑫ 金融財政に関するプライバシーを元に戻します。

⑬ すべての裁判官と弁護士を憲法の精神にのっとって再教育します。
⑭ 世界中で展開されている米国政府のあらゆる攻撃的な軍事行動をやめさせます。
⑮ 世界中のあらゆるところで平和を確立します。

⑯ 何十年間に渡り蓄積された莫大な富を、世界的な繁栄のために再分配する最初の一歩を始めます。
⑰ 人道的な目的のために巨額の資金を放出します。
⑱ 代替エネルギー装置のような新しい技術を公開できるようにします。

   こうした内容も銀河連邦からの要求に迫られて、何度も作り直されたものなのです。
   できるだけ早くNESARA宣言をしてほしいものですが、そのためにはアメリカが崩壊することによって、新しいアメリカが生まれるしかありません。そして、そうしたアメリカに隷属している日本も当然、官僚組織が崩れることが条件のようです。アメリカではすでに250行にのぼる銀行が倒産していますが、日本でも当然同じことが起きてくるわけで、すでにその渦中にあります。

<NESARAの公表を渋る米国政府>

   地球人類と宇宙銀河連邦が結んだ宇宙協定NESARAですが、その発表はいつなのかという質問をよく受けます。それはアメリカ政府を牛耳るイルミナティ次第なのですが、いずれにしても公式に締結した条約なので時間の問題であろうと思います。

 <銀河連邦の予定表>

   ① NESARAの発表。
   ② レインボー通貨の発行と世界統一政府の樹立。
   ③ ファーストコンタクトと公式親交。

   ④ 平和と安全宣言。
   ⑤ 宇宙情報の公開と環境浄化。
   ⑥ 地球人研修と宇宙テクノロジー技術指導。

   ⑦ 自然科学と社会科学研修。
   ⑧ 意識科学と波動調整。
   ⑨ 政府と宗教と金融の廃止。

   ⑩ 宇宙との交流が始まる。

 <闇の政府イルミナティが行なおうとしている予定表>

   ① アメリカドルの大暴落とドル崩壊。
      新しい通貨AMEROの発行。
      この通貨はアメリカ、カナダ、メキシコ共通通貨とする。
      ヨーロッパEUROと、東アジア共通通貨元とで世界の80%をカバーする。

   ② NESARA宣言を利用してアメリカは軍隊を引き上げ、中東を混乱に陥れる。
   ③ 世界規模で全宗教を崩壊させる。

   ④ 国連による世界単一政府を樹立する。
      地球をヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、ユーラシア、オセアニア、東アジア、
     極東アジアの7つのグループに分けて統治し、人間牧場の完成。
宇宙人情報を公開し、宇宙人が攻めて来るので地球人は一つにまとまる必要が
      あるとして地球政府を作る。

   ⑤ 地球人類に番号をつけて管理する。
*まもなく日本でも始まろうとしているマイナンバー制がこのことです。闇の計画を、安倍総理が闇に忠実に従って実行いしょうとしていることです。

  この両方の予定表は似ている流れがあるようでいて、闇の政府はNESARAで条約したことを少しずつずらして、自分たちの望み通りに持っていこうとしていることがよくわかります。彼らは諦めてはおらず、スキあらば何とかして地球を自分たちの手に握ろうとしているのです。

   アメリカのNESARA宣言に続いて、大国は次々とNESARA宣言を行ないます。
   日本もアメリカに続きます。NESARAは平和宣言なので、各国々は国外派兵の軍隊を引き揚げます。テロも戦争も、資金を出す国や軍隊がいなくなればなくすることができるのです。つまり戦争と軍隊は、武器や爆薬を売る人と買う人がいて成り立っているのです。

   憲法は正常な憲法に戻ります。
   それはアメリカも日本も同じです。アメリカではすでに、グラミン銀行のアメリカ版を設置することが決まっています。グラミン銀行とは、バングラデシュにある貧困向け融資機関のことで、日本でもすでに金融庁が決めています。グラミン銀行とは、無利子、無担保の銀行のことです。

   変わるということには多くの確執が伴うものですが、地球人類は宇宙社会への参加を認め、そのために手を差し伸べてくれている宇宙の人々の存在を認め、彼らがすでに手にしている高度な宇宙技術を利用することで、平和で豊かな宇宙のメンバーとして楽しく生活できるようになるのです。

   NESARAはないとか、NESARA的なものがあるだけだという人がいます。
   NESARAはないといいながら、なぜNESARAの偽物が出回っているのでしょうか。本物があるからこそ、それをコピーして作り変えたものが 出回っているわけです。単なるNESARA的なものでも、少し作り変えたものでも、今の現実よりはよほど良いといえるのではないでしょうか。

   NESARAの細部は次々と決まっています。

   所得税や国税、その他の税を廃止し、贅沢品にのみ売上税と販売税をかける。
   市民に必要な食糧や医薬品、リサイクル品には課税しない。
   タバコ、アルコールの値段は、今の30倍くらいになるでしょう。
   すでにタバコ1箱1200円くらいの国もあります。

   電気、ガスなどのエネルギーは無料になります。
   保険も、死亡保険などは禁止になります。入院、介護、長生きのための保険のみが認められます。銀行も無担保、無利子の銀行だけになります。

   NESARAが発表されると、全国民に向けてテレビ放送されます。
   テレビ局のスタッフたちは、その時に備えています。しかしまた以前の9・11のような事件が起こされると、すべての計画は狂ってきます。私たちは彼らに騙されないようにしなければなりません。マスコミの報道は彼らの手の内にあることを忘れてはいけません。

   UFOでやってくる宇宙の人々が人類を攻撃したりすることはありません。
   もしそういうことがあるとすれば、そのUFOはアメリカ製のはずです。彼らはすでにUFOに似せて作った宇宙船を2000機ほど持っています。UFO情報は、NESARA宣言後に公表され、公式訪問はテレビ中継が行なわれます。それまでに暗黒の秘密組織を一掃しなければなりません。

<宇宙人のジャーナリスト>

   2007年6月11日にインターネットで、クリストファー・ストーリーという人が、「世界の悪人、262人」というのを発表したことがありました。驚いたことに、この一覧の中にシティ・バンクグループのトップ、チャールス・プリンス(現英国皇太子)が載っていました。この人はその後のサブプライム問題でクビになりました。驚くのはそれだけではなくそこには、2人の日本人の名前が載っていたのです。1人は福井俊彦氏(元日銀総裁)で、もう一人は大手銀行関係者です。ここに名前が載っていた人は、その後のサブプライム問題以降、かなりの人数が更迭されたり退任するなどして交替しました。

   クリストファー・ストーリーという人は、2000年以降急に表に出て来たイギリスのジャーナリストです。しかし彼はどうして急に有名になったのでしょうか。実はこの人は、銀河連邦からやって来た人で、彼は2万5000人の宇宙の人々を連れて地球にやってきたのです。そして各銀行や証券会社などのそういうところに、インターネットのプログラマーやIT技術者として配置しました。そして彼らが必要な情報をとっては、みながクリストファー・ストーリーのところに送っているのです。

   それで、すでに知っていると思いますが、2007年1月1日から世界の100余りの中央銀行が、50万円までしか預金を下ろせず、10万円までしか送金できないシステムが世界的に導入されましたが、これはクリストファー・ストーリーが仕組んだことだったのです。これによりマネー・ロンダリング、つまり不正な闇金を資金洗浄することを阻止し、お金の支配による世界を終わらせるために行なったのです。

   では何のためにお金の世界を終わらせる必要があるのでしょうか。
   なぜならお金がある限り、人間は3次元の世界から抜け出すことはできからです。

*上記の内容は『宇宙人の伝言』『宇宙人の告白』 田村珠芳著 TO文庫  より抜粋して引用しました。

                           
☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」








スポンサーサイト
スピリチュアル