FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

雨よ降れ~!!

2008年08月07日
小6の長女が、8月の2日から4日まで、2泊3日で友人宅2件に一泊ずつのお泊りに一人で行ってきました。友人宅は、3月まで住んでいた家の近くにありまして、5年間単学級だったために、5年間ずっとクラスメイトだった友達に会うために、一人で計画して実行に移しました。電車を乗り継いで、片道2時間半ほどの道のりでしたが、まったく臆することなく計画して実際にも無事に実行しました。そして、どうやらこの3日間では思い出を語り合いともに過ごす満足した時間ではなかったようで、結局は昨日と一昨日の1泊2日で、今度は友達2人が我が家に泊まりに来てくれました。2人ともとても素直ないい子たちでして、私たち家族とともに、海水浴を楽しんだり食事をしたり観光名所に行ったりして過ごしたり、3人でたっぷりと長女の部屋で過ごして、語り合ったり何やら楽しんだりしていたようです。

私や妻にとっては、行動的にはさほど気を使うわけでもなく過ごしていたつもりでしたが、なんといってもまだ小学生である大事な娘さん2人を2日間預かったわけですから、エネルギー的にはずいぶんと気を使っていたようで、こうしてブログを書き込もうとする気力はわいてきませんでした。それにしても、長女を含めて3人とも元気に過ごすことができたし、それなりにひと夏の思い出ができたと思うので、そんな姿をみていただけでポジティブな充足感を得ることができました。でも、長女が一泊している日の朝に次女のアマンダ(小2仮名)が寝起き直後に、転出する際にもらった1年生の時の色紙を手にして、寝っ転がりながらしばらくの間ずっと眺めていたのが印象的でした。きっと本当はアマンダも長女と一緒に、昨年度の級友に会いに行きたかったのだろうなあと思いました。

それにしても雨が全く降りません。何度も天気予報では傘マークが出たり、夕方には雷雨があるかもしれないという情報が入ったりしているのにもかかわらず、少なくとも子どもたちが夏休みに入ってからは、小雨が降ったことは2度ほどありましたが、ほんのわずかなおしめり程度でして、植物が潤うほどの雨はまったく降りません。今日も、つい先ほどまではゴロゴロとその気に感じさせるような音が北の方向から響いていましたが、今はセミの声と前の梨畑で作業している機械の音が聞こえるだけです。私は、今日こそは雨が降るように強く念じています。今日は、雨を降らしたいのです。朝から、心から願っています。よく、天気予報を見ていると「明日は雨が降る心配があります。」とか、「夕立ちの恐れがあります。」などといた、心配とか恐れとかといった、個人的な勝手であるネガティブな情緒を加えたアナウンスを耳にすることがよくありますが、私にとっては恵みであり必要な雨でありますし、もちろん雨に対する思いは人それぞれであるわけですから、せっかくのたくさんの方に届く電波を使って放送する中だけでも、せめて私的なネガティブな感情による低い波動は流さない方が良いのではないかと思っています。まあ、あまり大したことではないのですが~…。

ん~・・・とにかく暑いし畑の土はカラカラだし~雨よ降れ~~!!
スポンサーサイト



日記