FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アマンダの読書感想文「アミ 3度目の約束」

2014年09月04日
これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方、当ブログを応援してくださっている方は、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

DSC07280+(3)_convert_20140904073452.jpg
~掲載した2枚の写真は今朝撮影したアマンダです~

我が家の中学2年生の次女アマンダ(仮名)は、クリスタルチルドレンとインディゴを併せ持ったタイプの娘でして、自らも宇宙人と自覚しているように、多くの地球人と比べると、独特な感性や個性があります。

アマンダとは、日常的にスピリチュアルな話をよくします。というより、そのような観点で物事や世の中を捉えるのが我が家にとっては普通になってきいるので、波動・エネルギーについてや宇宙の法則や前世について、今の世の中のシステムの問題点やさまざまな真実や闇の存在(カバール・イルミナティなど)の関わりなどの話が、特別な話としてではなく、ごく日常的な会話の一部になっています。

そんなアマンダが、夏休みの宿題の速諸感想文に「アミ 3度目の約束」を選択しました。感想文は8月の初旬に書き終えて新学期初めには学校へ提出しましたが、清書をしてコンクールに出すとのことで、昨日、清書する宿題が出たとのことで、下書きの感想文を持って帰ってきたので、妻と私とで初めて内容を読ませてもらいました。

その内容に、我が子ながらよくできていると感じましたし、アマンダのライトワーカーとしての仕事をこのようなかたちでも遂行しているのだと感じて嬉しくなりましたので、今回、本人が照れながらも快諾してくれたことから、当ブログに掲載することにしました。

DSC07272+(3)_convert_20140904063647.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「愛は大切」と、アミは言います。愛は忘れてはならない、宇宙で1番強い存在だと。私の読んだ「アミ 3度目の約束」は「アミ 小さな宇宙人」「帰ってきたアミ」の続編です。

主人公・ペドゥリートは宇宙人のアミーゴ・アミに出会い、UFOに乗って様々な星を訪れ、色々な星や宇宙人に出会ううちに、自分にとって、宇宙にとって大切なものを知っていきます。そして、別の星の人間であるビンカに出会い、ペドゥリートとビンカは恋に落ちます。2人はツインソウルなのです。2人はどんどんひかれあい、地球で一緒に住みたいと思っていきます。アミもそうできることを望んでいます。でも、ビンカのおじさんや警察等により、事態はそう簡単には進みません。次々と困難を乗り越えていくアミとペドゥリート、ビンカ達。最後にはみんなの夢がかない、アミとまた出会う約束をするお話しです。

アミは、宇宙人と言っても、よく映画にあるような、怖い宇宙人ではありません。とても優しい宇宙人です。本当は優しい宇宙人も沢山いるのですが、沢山の人の手により「宇宙人は怖い存在」みたいになってしまったのです。

この本を読んで心に残った言葉は、「よろこび、健康なユーモア、楽天主義、希望、責任、悪意のない魂、信念、許し、隣人へのたすけ、本物の愛などが、ますます必要不可欠なものになっていき、それが人類にとって、そして1人ひとりにとって、高い水準の存在へ移るのに必要なエネルギーになる」「恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離を置くことが必要」「羨望、利己主義、暴力、物質主義、人の不幸を望むこと、(知的、感情的、物質的、性的なことにたいする)無責任、恩知らず、不きげん、それからぼくたちのすべての宗教が、そのおきての中でいましめていること」です。普段わかっていても、言葉にできないことはあると思います。それをこの本では、しっかりとわかりやすい言葉で書いています。

心に残ったシーンは『いま思えばかわいそうなことをした。いてもたってもいられなくて、小さな宇宙人のことを思いやってあげられなかったんだ…。
「どうしたらいいの!アミ」
「知らないよ!」
僕の背中にさむけが走った。アミはたしかに神じゃないんだ…ぼくはあのときになってようやく実感していた。そう、アミにだってうまくいかないときがある。』というところです。

アミは宇宙人で、考えつかないようなすごいことが色々できるし、沢山のことを教えてくれるけれど、神ではありません。うまくいかない時は、人間にも宇宙人にもあるのだなと思いました。でも、アミのようにポジティブな感情を保っていれば、地球の退屈な人生をおくっている人よりずっと良いことが起こりやすいのだと思います。

この本は、アミや愛などの存在をより多くの人に伝えるためにと、ペドゥリートが書いたということになっています。ペドゥリートは、最初は普通の人間でしたが、アミやビンカ達を通して沢山のことを学んでいきます。ほとんどの人が、自分にとっても宇宙にとってもいい存在になりたいと思うのではないでしょうか。でも、やらない方がいいと思っていても、やってしまうことはあると思います。

ペドゥリートは、そんなことを少しでも減らそうと頑張ります。少しずつ頑張れば、時間をどんなにかけても変わっていけることは確かだと思います。突然の変化もありますが、少しずつ変わっていくことの方が多いと思います。なので、全然焦る必要などないのです。

それと、決して人と比べる必要はありません。勝つ人がいたら負ける人がいます。上の人がいたら下の人がいます。自分のエゴが果たせたら、それでいいとは私は全然思いません。でも、エゴと権力だけを味方に生きている人もいます。それはそれでいいのかもしれませんが、本当にそんな人生は、楽しいのでしょうか。

私もアミのように、良い宇宙人になりたいと思います。アミとは違うやり方でも、いつか自分で沢山の人を救いたいです。そのために、時間をかけて、ゆっくりと地道に変わっていきたいです。本当は、誰だって良い人になれるのではないでしょうか。ただ、自分で気づかないか、気づいていてもあきらめている人が沢山いるなのだと思います。

私は愛の大切さや本当の強さ、優しさなどを沢山の人にわかってもらえたら嬉しいです。そのために、日常の中でのできごとを、アミのように観られるようになりたいです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最後から2段落目の‘私もアミのように、良い宇宙人になりたいと思います’の文章を、国語の先生に「‘良い宇宙人’ではなく‘良い人’に描き直すように」と添削されたそうですが、アマンダは「書き直す必要はない!」と言い張っていまして、良い宇宙人になりたい…と書いたままで提出するそうです(^・^)

ちなみに‘アマンダ’という名は、私がアトランティスの時代にタエヌと名のって存在していた頃、今と同じように娘として縁を結び、アマンダという名前だったと、7年ほど前に私の過去世の記憶として思い出したので、ブログ上ではそう呼んでいます。

☆ライトワーカー‘アマンダ’への応援ワンクリックをお願いします!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿タエヌのもう1つのブログ:ちょっぴりスピリチュアル☆奥出雲暮らし☆ 

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」








スポンサーサイト



スピリチュアル