09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

魂向上のための最適な道を歩むために

2016年08月01日
昨日に続きまして、タエヌ家の家族の一員であるペットの中でも5羽の鳥たちを紹介します。タエヌ家の朝は、4時台にタエヌと妻とアマンダ(次女)が起床します。アマンダは漫画を描いたり自分の好きなことをやったりしています。私と妻は朝食や娘たちの弁当作りを主にしながら、私はメールやブログのチェックをしています。

DSC00188_convert_20160801065020.jpg

5時50分を目安に、家族全員が集合して朝食を食べ始めますが、平日も休み中も同じ時間帯に食べます。そして、6時20分頃~40分頃までの間、鳥たちの放鳥タイムとなります。早朝に出かけるとか何か特別なことがない限り、周年を通してタエヌ家の朝は、こんな感じで始まります。

DSC00160_convert_20160801064444.jpg

桜文鳥の「ひふみ」です。4歳8か月になりました。鳥たち5羽の中で最も強い女帝でして、ひふみが接近するとみんな逃げ出します。でも、人間には結構甘えん坊ちゃんで愛嬌があり、撫でられると尻尾をぶるぶるさせて喜ぶこともあります。

DSC00167_convert_20160801064616.jpg

白文長の「ひふな」です。3歳8か月です。ちょっとおこりん坊なところがありますが、可愛いしぐさでとても美しい子です。人にも鳥たちにも威嚇をすることもありますが、ひふなよりも強いひふみやさくらちゃんに対しては弱気です。ちなみにうちの子たちは、文鳥は♀で、インコ3羽は♂のようです。

DSC00178_convert_20160801064704.jpg

セキセイインコの「ぷーた」です。3歳2ヶ月です。おしゃべりが上手で、昔話や挨拶などができますし、何曲かの持ち歌もあります。とてもひょうきんな子で、いろいろと笑わせてくれます。とても惚れっぽい性格をしていて、鳥たちにも人間にもべたべたしてきます。

DSC00164_convert_20160801064535.jpg

コザクラインコの「さくらちゃん」です。他の鳥たちよりもひと回り大型で、飛ぶ姿にも迫力を感じます。とても強い性格をしていますが、人間にはよく甘えて‘ラブバード‘とも呼ばれています。我が家では、女帝のひふみにはかなわないようで、何度かひふみに攻撃を受けたこともあり、近くに来るとそそくさと飛んで逃げます。

DSC00195_convert_20160801064749.jpg

最後に紹介しますのは、セキセイインコの「らむねちゃん」です。他の子たちは石垣島のペットショップから我が家に来ましたが、らむねちゃんだけは出雲のペッツパークから行きました。2歳1か月です。とてもマイペースな子で個性的です。ぷーたと大の仲良しで、よくいちゃついていますが、気分が乗らない時は、ぷーたが近づいてきても追い払ったり飛び立って自分の籠の中に戻ったりするときもあります。

写真はすべて今朝の放鳥の時間に撮影しました。なかなか思った通りにうまく撮影できない感じで、鳥たちのかわいらしさがイマイチ表現できなかったようにも感じます。アマンダ(次女・仮名)のブログ「ヤチヨチヨチヨhttp://ameblo.jp/123tyan/には、たくさんの鳥たちの写真と日々の様子が掲載されていますので、よろしかったらバックナンバーも含めてご覧くださいませ。自作の漫画も連載しています。また、高校生ランキングに参加していて、現在3位でがんばっていますので、ポチッと投票もしていただけると励みになりますしありがたいです。

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

今この時点では、
あなたが選択していることすべてにおいて、

つまりお金を得るためのお仕事にしても、
実生活のあなた自身の在り方にしても、
何気ないような人とのおつきあいに関しても、

この今の実生活において経験しているすべてのことを
総合的・全般的かつ根本的に振り返ってみて

あなたながよりポジティブに在り続けるように努めていて
実際にも以前の自分に比べると
多少なりとも波動が高まっているだろうと感じられるようでしたら

今、その時点では、あなたのその在り方によって、
周囲に光エネルギーや高い波動をめぐらせているために

世のため人のため地球のため宇宙のためにも
実際には貢献しているといえるでしょう。

兎角、何かメインで行動していること、
特に金銭を得るための仕事として努力していることが
何をしているのかといったことが重視されがちですが、

人として魂を向上させるためにも、
あらゆるものへの貢献をするためにも、
実際に最も重要なのは

その人自身の在り方全般が、
その人にとっていかにポジティブに感じられるのか、
わくわく感に従って実生活を送っているのか
実際にもいかに波動が高まっているのか、

そして結果的に愛のエネルギーである光エネルギーを
自分内でも他へもどれだけ多くめぐらせているのかが
魂向上のためにも宇宙にとっても重要でありますので、

つまり、あなたが‘メインの仕事’として何をしているのか、
という、ある意味1つの部分的なことに強く捉われすぎる必要はなく、

長い時間を費やして努力をしていることとして
それなりに強めに意識はしていたとしても、

実際には‘あなた自身のすべての在り方’において
どれだけわくわくの波動の中に在って
どれだけ愛をめぐらせているのかが重要なのです。

そして、そういった人としての在り方全般において、
あなた自身がそれなりにポジティブであるだろうと
多少なりとも感じているのでしたら、

魂向上のための道を
それなりに順調に歩んででいるだろうということになりますし、

もしあまりそう感じられないという事でしたら、
今以上にポジティブな在り方であるように
気づいた時点からすぐに意識的に努めていくことが大切なのです。

そしてその先に、あなた自身の過去に比べると
その時点の方がよりポジティブに感じられてきたときには、
それなりに順調な道を歩み始めていると捉えてよいでしょう。

ただし、魂向上のための道は果てしなく続いていて
上には上があり、どこまで行ってもゴールが見えないほど、
愛の道は気高く長く常に上に向かって続いているのです。

ですから、今その時点で満足しきってしまったり、
自分が高い所にまで到達したと感じて高飛車になったり
波動が低いと感じるような人たちを蔑んでみたりしていては

せっかく努力し続けて長い時間をかけ
それなりに高い所まで登ってきたのに、

優越感に浸ったり人に対して蔑無心をめぐらせたりして
さまざまなエゴを発してめぐらせてしまったり
不道理なことを続けたり大きな不調和を起こしてしまったりすると

あなた自身が、時には周囲の人をも巻き込んで
谷底に落ちるように一気に急降下して、
あっという間に波動は下がってしまうのです。

そして、いったん谷底に落ちてしまうと、
また元の場所に上りつめてもどるには
たくさんの努力と時間を要する場合が多いのです。

愛をめぐらせて波動を高め
魂をそれなりに向上させるためには
努力と時間を要して徐々に登っていくものですが

落ちていくには努力も時間もいらないので、
大きな不調和を起こしたり何か強いネガティブなことをしたりすれば
一瞬にしてそれまで積み重ねてきた努力は水の泡となり
低い波動の谷底へと落ちていってしまうのです。

ですから、魂が向上すればするほど、
スピリチュアルに目覚めて宇宙の叡智を得れば得るほど、
あなた自身の在り方の責任はますます重く強くなっていき

向上心を持ち続けてより高い所を目指して、
さらなる波動を高めるための道を歩み続ける必要があるのです。

その魂向上のために最適な道は
その時点でのあなたの波動の高さによって
波動の法則に伴いあなたの波動状況に見合ったことを招き、
その時点での必要なお役目・使命に基づき、

宇宙が用意してくれた道を、
あなた自身の直感を中心とした
あなた自身の高い波動の意識が感知して認識できるので、

そのような高次元からのインスピレーションや
自己の魂・ハイヤーセルフからくる直感を
より明確に受け止め続けるためにも、

あなた自身の波動を常により高くするように努め、
かつ、より波動が低くならないようにも努め続ける必要があって、

実際にもそのように日々の生活を送り続けていけば、
ごくナチュラルな感覚の中で湧き上がる意思に従って
よりわくわく感じることを選択し続けてさえいれば、

必然的に今その時点での
あなたにとって魂向上のために最適である道へと、
結果的に導かれていくものなのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」



スポンサーサイト
バックナンバー改訂版