FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今日も楽しい一日でありますように!

2008年07月06日
昨日のこと。スーパーで地元産のきゅうりが5本入り1袋148円で販売していました。形がまっすぐにそろっていて色つやも良く、おいしそうでした。ところが、その近くの棚には、バラ売りで1本48円のキュウリが売っていました。まっすぐに形のそろったきゅうりでしたが、色つやは落ちるし大きさもやや小ぶり。なのに単価は1.5倍以上。産地を見たら岩手産…??地元でこんなにおいしい野菜がたくさん育てられているのに、わざわざ時間と労力と燃料を使って遠方から運び込むなんて、なんだかおもしろいなあと思いました。まあ、食品関係でこういった物はたくさんありますが、近所のそこらじゅうの畑に新鮮な状態でたくさん育っているきゅうりを毎日のように見ているだけに、昨日は余計にその不可思議さを感じてしまいました。

やはり昨日のこと。しゅごキャラという子供向けのアニメを見終わった後、10時ちょっとすぎに家を出て、近くにある海岸で海水浴をしてきました。今の家に引っ越ししてきてからは海へと頻繁に行っていますが、水着を着て浮き輪を持っての本格的に海水浴を楽しんだのは初めてでした。海の家が2件ほど建っていたけど営業はしていない様子からみると、海開きなるものはまだのようですが、浜辺にはサーファーに混ざって我が家のように子連れで海水浴を楽しむ家族が10家族ほどいました。水は少し冷たかったのですが、約3時間の海水浴でアマンダ(次女小2仮名)もデンプ(三女5歳仮名)もご満悦でした。帰り際に2人とも、もっと遊んでいたいと渋っていましたが、ここは家から近いからまた明日にでも来ようと思えばすぐに来られる旨を伝えると、あっさりと引き上げることを決めてくれました。私もそうですが、この地に住んで3カ月以上経つのに、海で遊ぶのは特別なこと…というような感覚が抜けません。以前の住まいでは、海好きだけど海までは距離が離れていたので、遊びに行くとなると一日がかりになるし、そう頻繁にはいくことができませんでした。増してや昨年は経済的にも秋には車がなかったという物質的なことでもそうでしたが、海で遊ぶ機会はほとんどありませんでした。でも今年の夏は、気軽に大いに海水浴が楽しめそうなので、子どもたちと同様にわくわくしちゃいます。

我が家から数分ほど歩いた場所に、ほたるの生息地があります。昨日も一昨日も、暗くなってからみんなでほたるを見に行きました。数十匹くらいはいたでしょうか。真っ暗闇の中に光る蛍の幻想的な輝きは、心をときめかせてくれました。この季節の田舎ならではの感動を味わい、あらためてこの地の素晴らしさ感じて感謝しました。

先ほど朝風呂につかっていた時、ふと書き表したくなったことがあります。それは、我が家では保険というものに、もし何かネガティブなことがあったら…ということを想定した目的では、何も加入していないということです。ただし、違う目的で加入することを強いられた、貸家を借りる際の火災保険とか車の自賠責保険とかは入っていますが、これは動機が生活に必要な家とか車とかといった物を得るためには、日本の法律という条件で必要とされているために加入させられたということなので、危機管理のための目的とは違います。もちろん、国民健康保険という、いざという時の備えとして最低限加入することは当然であるように思われていたものにも加入していません。

移転の手続きの中で、市役所の何人かの職員から国民保険に加入することを勧められました。その都度私たちは「必要を感じないので加入する意思はありません。」と伝えてきましたが「心配だ~不安だ~」と私たちの意思とは逆のことを、なぜか一生懸命に私たちがネガティブな情緒を湧き上がらせるようにするためのことをいろいろと伝えてくれますが、私たちは、何一つネガティブな情緒は湧きあがりませんでした。そして、私たちのためになるだろうというお気持ちで伝えてくれるそのご好意に対しては感謝していましたので「参考にさせていただきます。ありがとうございます。」と告げましたが、実際に参考にはさせていただいたけれど、結論はまったく変える気持ちにはなりませんでした。また、役所の違う課の職員は、まるで私を叱りつけるように、ある手続きが進まなくなるから入りなさいとか、国民保険に入るのは当然だとかと言ってきましたが、入らなければいけないかと聞くと私の意思で決めて良いというのです。あまりにもしつこく考えを押し付けようとするので「あなたのご説教はもう結構ですので手続きを進めてください。」ということを淡々として伝え続けましたが、結果的には保険証がなくてもまったく関係なく手続きはすべて終了しました。

もちろん、必要を感じたら加入するかもしれませんし、制度に反対しているというようなネガティブな理由もないので、他のことと同様にわくわくすることを選択した結果ということになります。2月までは妻が公務員だった関係上から、義務として加入していましたが、ここ4年ほどを振り返ってみると、医者にはほとんど行っていないために、保険書を使用する機会はほんのわずかでしたし、ここ1年ではまったく使用していないと思います。国民保険に加入した際に支払うお金は国民のためにも使われているのでしょうから、保険書を使わないからといって無駄にはなっていないのでしょうが、私たち家族にはお金の豊富も余裕もほとんどないので、今の段階では物質を分配することとは違った形で社会に貢献するように努めています。もちろん、もし今後何らかの形で物質的に豊富になり分配できるようになったら、世のため人のために喜んで分配するつもりでいますが、保険に加入するか否かは別問題であると思っています。

ここのところ毎日3時台に目が覚めるので、さらに早起きとなっています。今朝も3時40分起床。妻は5時ころに起床し5時20分には息子が部活の大会があるために起きてきました。まもなく3人娘も起床していつものようににぎやかな朝を迎えそうです。

今日も楽しい1日でありますように!
スポンサーサイト



日記