FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アセンションに向けての変換作業

2008年06月23日
最近私は心の中にしまいこんでいたネガティブな気持ちで受容してしまっている今世における過去の経験を、ふとした時に思い出すことが多くなりました。時々思い出していた経験もありますが、中には忘れかけていたことや忘れようと意図して心の奥に隠していたこともありました。

寝起き間近の記憶に残る夢、朝すっきりと目覚めた直後、湯船につかってゆったりとしている時、ワインを飲みながらくつろいでいる時…

インスピレーションがわいてくるときや高次元のみなさんからメッセージをいただくときのように、何の脈絡もなくふと湧き上がってくるのです。

受容した際にネガティブな波動であった、映像や言葉などの過去のそのような経験は、湧き上がってきたときには受容してしまいこんだ当時のままですので、思い出すのが嫌になってしまうことが多くあります。

でも、いつもその記憶をたどったり当時の情緒を鮮明に思い出したりした直後、無意識のような状態の中で自己解決が開始されます。


これまでの経験の中で、何一つネガティブである無駄な経験はありません。すべてが自己成長に向けての必然的な経験であります。

その時の自分自身のネガティブな波動により、ネガティブのままで受容している経験は、ポジティブに変えて受容したほうがより必然を生かし自己成長のために役立てることができるのです。ここで表現した自己解決とは、そんな変換作業のことです。


最初は無意識や潜在意識から始まった変換作業は、やがて顕在意識に移行されます。顕在意識に移行された時、自分自身の波動が高い状態にあれば、過去の経験の中でも取り返しがつかないと思っていたネガティブな経験でさえ、おもしろいくらいにすぐに変換作業は完了します。

時にはポジティブに心の中へと溶け込んで良き思い出と化したり…

時には繰り返してはいけないという教訓として今後に生かしていくことを確認したり…

時には思念や想念によって謝罪したり愛を送ったり…

顕在意識の表面に湧き出すたびに、まるでバブルのようにはじけて浄化していきます。そして、浄化して高い波動に変換したカルマは昇華したので、すべてがもう2度とネガティブなカルマとして潜在意識はもとより顕在意識上にも表れることはないのです。

私は特にここ数ヶ月間、この変換作業が急ピッチで進められていることを実感しています。そして、表面に湧き出てくるネガティブな状態で受容していた経験が、なんだかだんだんとても浅はかなことやネガティブな質がそれほど低くないものが多くなってきましたし、量も減ってきました。ですから、私のこの変換作業も終わりに近付いていることを感じています。

そして、今あらためて思っていることは、自分のみならず、これまで以上にできるだけ多くの皆さんのネガティブな過去の経験(ここでいう過去の経験とは、今世におけるつい最近の経験からずっと遡った過去性の経験までのすべてを含みます。)をポジティブに変換する作業を、私なりに尽力してサポートしていくというお役目を果たすことに、さらなるわくわく感が強まっているということです。

そしてもちろん平行して、できるだけ多くのみなさんがこの先をよりポジティブな実生活を送るために、自分自身の実生活を大切にしつつ、私なりのお役目の範囲内においてより尽力させていただくということに関してもとてもわくわくしていますし、今のスピリチュアルなお仕事をしていることに対して、おおいなる喜びを感じています。


スピリチュアルな観点において、過去のカルマのすべてをポジティブに受容できるようになったとき、この先の経験もすべてをポジティブに受容できるようになります。そして、その瞬間、その人自身が人間としてアセンションできたことになるでしょう。
スポンサーサイト



スピリチュアル