09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

タエヌ家の食生活

2013年07月24日
❀現在、7月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末7月31日に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

昨年末2012年12月初旬頃から、私にはこれまで以上にたくさんの真実の情報が入ってくるようになりました。政治や経済に関すること、教育、食品や食生活、マスコミに関することなど、隠蔽されている様々な情報やこれまで常識と教えられてきたことの偽りの事実や真実など、私は知るにつれて驚きとわくわくを味わいながらも、知る必要ができた必然に感謝しつつ、ポジティブに感じて実生活に活用したいと識別したことを、わくわく感に従ってさまざまな場面で取り入れるようにしました。

中でも、実生活を送る上でこれまでも大切にしていた食事面に関しては、ここ半年間でいろいろと変わりましたので、我が家の健康維持や食生活に関しまして、以下に紹介したいと思います。


まずは我が家の食事時間に関して紹介します。我が家の睡眠や食事の時間等の生活リズムは、平日と土日祝祭日にも季節にもほぼ関係なく、少なくとも石垣島に移住してからの約3年4か月間は、常に安定したリズムで実生活を送ってきました。

起床時間は私が4時台~5時頃、妻や長女と次女は5時半前後、3女は6時頃でして、6時20分を目安に家族で朝食を食べ始めます。(長男は週5~6日は、4時少し前に起床して4時半頃には観光施設に出勤していますので、朝食と昼食は別の場合が多いです)昼食は11時半~12時頃に食べ、夕食は午後6時を目安に食べています。(学校の部活がある時は長女の夕食が1時間ほど遅くなることがあります)夜は家族みんな9時までには就寝していますので、比較的に早寝早起きの生活を送っています。このように、ほぼ毎日、基本的に我が家の食事は同じ時間帯に食べるようにしています。

昨年末頃までの我が家の食生活においては、私なりに食材選びや味付けなどにさまざまなこだわりをもって、より良い食材を使うようにしたり、健康に留意した家族に合ったおいしい食事作りを心がけて作るようにしたりしていましたが、さらにここ約半年の間に、徐々に、そして結果的には総合的に大きく変わりました。

その‘大きく変わった食事’に関することとは、「遺伝子組み換え食品」「食品添加物」「白砂糖類・人工甘味料」をできる限り使用しない事、「電子レンジ」を使用しない事を、特に重点的に努めるようにしたことです。

先日の当ブログにて紹介いたしましたが、電子レンジを使用しないように努めることは、当初はたいへんな事と思っていましたし、しばらくは「極力使わないように努めよう…」という程度の意識でしかありませんでしたが、電子レンジを使うことによるネガティブさを知り、それを妻や子どもたちにも伝えることによって、結果的にはすぐに家族ぐるみで実践するに至り、あっという間に「電子レンジをまったく使わない生活」が実現しました。
*詳細はこちら⇒「それでも電子レンジを使いますか?」

その代りに、オーブンや蒸し器が活躍していますし、再調理をする際には煮直したり焼き直したり早めに冷蔵庫から出して常温にしたりして対応しています。ひと手間もふた手間もかかるのですが、実際に料理はレンジを使うよりもおいしくて安全ですし、これを習慣にしてしまうと、それほど大変でも苦でもなくできるようになっています。

白砂糖に関しては、珈琲や紅茶にグラニュー糖を入れていたものを使い切り、調理に使ったりしていた白砂糖を使い切った後、最初は三温糖に変えました。でも、色いろと調べてみると、この三温糖もいくつもの問題があることを知り、きび糖や粗荒糖に変えました。でも、きび糖をコーヒーや紅茶に使っても美味しく飲めますので全く問題はありませんし、料理の味も白砂糖に比べると口に残る味があっさりとしていて美味しく感じましたので、健康面や安全面に加えて、味の面でも変えてよかったと思っています。あと甘味をつける際には、もともとオリゴ糖や黒糖、日本酒やみりんも使っていたのですが、それらはそのまま併用して使用しています。

油や麺類や小麦粉、あとは醤油や塩やみそなどの調味料類やマヨネーズやドレッシングなども見直しました。2月頃に知人からメールで送っていただいた遺伝子組み換え食品などを使った食さない方がよいリストに入っていた油類に、私の使っている3~4種類の調理用の油全てが含まれていて、いつかお金に余裕ができたら食材全体を見直そう…と思って先延ばしにしていた気持ちがすっとび、今すぐにできる食材から改善していこうと切り替えることにしました。その結果、問題のある食材すべてを使い切った後、少しずつ食材をより安全なものに切り替えていきました。

調理用の油は北海道産の菜種油をメインに、国産の大豆油やごま油、あとは麻の油やオリーブオイルを使うようになりました。小麦粉(強力粉や薄力粉)は北海道産や熊本県産の国産小麦粉、みそや醤油やみりんやごま油や酢は国産の食材を使い手作りで熟成させたもの、そばは国産そば粉と小麦粉を使用した物、うどんもソーメンも香川県産小麦粉を使用して香川で作った物、ソースやケチャップやマヨネーズ、ジャムや麦茶など、できるかぎり国産で安全性が高くて白砂糖や化学添加物不使用の物を使うようにしました。ドレッシングは自家製を基本にしました。

また、もともと我が家ではここ5~6年は魚介類と卵以外の生肉を調理していなかったのですが、時々、ハムやベーコンといった加工肉を料理に使っていたのも一切やめたので、さらにベジタリアンになりました。また、白米もほとんど使用しなくなり、今はほぼ完全に玄米食になりましたが、家族みんなの評判は良好です。我が家で玄米を食べ始めたのはやはり今年に入ってからですが、最初の頃は白米と混ぜたり時々は白米を食べたりもしていました。でも、玄米は普通に食してもおにぎりやチャーハンなどにしてもおいしいので、ここひと月くらいは酢飯以外のお米はすべて玄米を使うようになりました。

市販されている御菓子類はほとんど買わなくなり、クッキーやちんすこうなどを、上記の食材を使って娘たちが手作りで作ったもの(休みの日に長女を中心にたくさんの量をまとめて作っています)を食べたり、時々お土産などで頂いたものを食して満足しています。また、飲み物は国産の麦茶を中心にしていますが、ジュース類は100%りんごのしぼり汁でできている砂糖や添加物不使用のリンゴジュースを青森県の農家から直接購入したり、愛媛から取り寄せたみかん・伊予かん100%ジュースを飲んでいます。また、このジュースを凍らせたり、石垣島産のパイナップルを凍らせたりしてアイスキャンディーとして食していますが、これも家族には好評です。

石垣島では、なかなかこれらの食材は手に入れにくいために、いくつかの食材は通販で購入していますが、まとめて購入すると送料が無料だったリ、さらに会員になると1割引きで購入できたりするので、日本最南端八重山諸島の中にある島ではありますが、比較的容易に希望する食材が手に入っています。(私は主に長崎にある‘自然館’というお店の通販を利用しています)また、これらの食材の購入費は少し高くつくようになりましたが、市販されているお菓子やアイスやジュースはほとんど買わなくなった分安く上がっていますし、以前はがばがば毎日飲んでいた飲酒を私がほぼ止めたため、結果的には我が家全体の食費は以前とほとんど変わらずに、これだけの良い食材を揃えることができています。

また、米や野菜や果物類や魚介類などの主食は、石垣島では新鮮で良い物が安く手に入りやすいので、それらの地元の食材をできるだけ多く活用して、地元である石垣島のパワーフードをいただいてエネルギー源にしています。自分自身が最も多く身を置く土地で作られる食材には、地元のエネルギーがたくさん詰まっているために、地産地消はそういった意味でもポジティブなことでありまして、自分にとってはパワーフードとなります。ただし、地元では得られない食材は他に求めるわけですが、私なりに他に求める食材も、ここまで書きましたような感じで、よりポジティブな食材を得るようにしています。

食品関係の情報は、私の管理しているもう1つのブログ「ハピネスのブログ」の食事・食品のカテゴリー等に掲載してありますので、よろしかったらご参考くださいませ。

食事をより安心してポジティブな気持ちで食することができるだけで、気分も体もより軽やかになることを実感しています。また、子どもたちの関心も予想以上に高く、私がいつも食事をする直前や食事中に食材を紹介する話をよくしますが、以前よりもさらに耳をよく傾けるようになり、食材に関する質問を受けることも増えています。

あと、2週間ほど前に知人から麻製品(うちわやしゃもじや炭など)を色いろとプレゼントしていただきましたが、食材としては麻の実や麻オイルや麻入りパスタなどをいただきまして、これがすべてとても美味しくて栄養も豊富ですから、麻の食材を食べているだけで波動が高まっていることを実感できます。

そんな感じで、我が家の食事はよりポジティブな物に改善するように努めたところ、より体は軽く心も軽くなり、より健康になったことを家族一同実感しています。でも、子どもたちは学校給食では牛乳や白砂糖や食品添加物を使ったものや哺乳類の肉などの様々なカルフード(ネガティブな食事)をとっていますが、その中で子どもたちなりにうまく調整をしているようで、受け付けないものは食さない事を選択したり、カルフードとはわかっていても食べたいと感じる物は普通に食したりしながら、自分の中で無理せず周囲との不調和を起こさないように留意して、うまくバランスを保って食事をしているようです。

またこれは、食事がよりポジティブになったためなのか、肉体にエネルギーがより吸収されるようになったのか、肉体がクリスタル基盤へと移行しているためなのか、食事の全体量が少なくても満足するようになりましたし、胃腸の調子も体調もより優れていることを実感しています。そして、もっと減らしたいと願っていた体重も、特に意識はしていないのに少しずつ着実に減少してくれていて、妻も私もここ半年で「勝手にダイエット」された効果が体重の数値にはっきりと出ているので、これもわくわくする楽しみの1つとなっています。ちなみに、私はここ半年で約5kg減りましたが、現在175cmで74kgありますので、もう5kgくらい減らせたら良いと願っています。

あと、私は食事をする際に「腹6分目」を心がけるようになりました。以前は満腹になるまで食することで満足していましたし、ここ数年は腹8分目を心がけていましたが、最も心地よいのは腹6分目であることを今は実感しているので実践しています。

また、冬場や春先は、何度か3日間断食や1日半の小断食をやりましたが、これも健康促進に効果的だったと感じています。でも、石垣島では5月下旬頃~10月上旬頃までは、ほぼ毎日30度を超える気温を記録していますが、このような暑い時期に断食はちょっと避けたいと感じているので、また涼しくなってわくわく感じたら断食をしてみようと思っています。
*過去の記事⇒「断食・少食による健康法 ~タエヌ家の健康法⑤~

食生活に関する意識が、上記のようにそれなりに大きく変わったのはここ半年ほど、そして実際に食材をいろいろと入れ替えたのはここ数か月ですが、今はこの状況がとても心地よいために、この先も経済状況(ギリギリで暮らしています…)と相談しながら、気がついてできることからさらに改善していき、ポジティブに感じることは続けていこうと思っています。

以上、現時点でのタエヌ家の食生活に関しまして、思いつくままに紹介させていただきましたがご参考くださいませ。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」








スポンサーサイト
スピリチュアル