FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今できること、今したいこと、今すべきことを、今すぐに尽力する

2013年06月24日
DSC04300+(3)_convert_20130623201547.jpg
昨日23日(日)の午前中に、自宅から4~5km離れた所にある、一部の人から‘水晶の浜’と呼ばれているヤマバレーの川の河口周辺まで行き、atumi(妻)とアマンダ(次女仮名中1)とデンプ(3女仮名小4)と4人で水晶を探しに行きました。この写真は。水晶の浜へと続く‘秘密のジャングル崖道’の入り口です。

水晶の浜周辺は、娘たちの通う小学校や中学校の学区内でもある近場です。でも集落からは少し離れていて、釣り人やビーチで遊ぶ人や水晶採取をする人を時々見かけますが、ビーチ周辺から見える民家はなく、あまり人が訪れない隠れた名所的なビーチです。

DSC04302+(3)_convert_20130623201253.jpg
水晶の浜に行くには、秘密のジャングル崖道を通る必要がありますが、この浜に通じる道は、この道1本のみのようです。足元を確かめながら、一歩一歩慎重に進んでいきます。

DSC04305+(3)_convert_20130623201827.jpg
結構急な下り道を下りていきます。足元にはオカヤドカリがたくさんいましたが、ちょこまか歩いて逃げたり貝殻の中に隠れて転がったりしている様子がかわいらしかったです。

DSC04331+(3)_convert_20130623201541.jpg
こうしてちょっとした探検気分を味わった後に到着した水晶の浜です。

DSC04320+(3)_convert_20130623201811.jpg
この景色は、海を背にして山側を撮影した写真です。ヤマバレー川(正式な名称はわかりません)は、於茂登山系の山から流れ込んでいる湧水でできた川で、於茂登山系の山々は主に花崗岩でできていることから、この川の流れに乗って運ばれてきた花崗岩に含まれている水晶などが、川の河口である水晶の浜周辺に流れ着いてきているようです。

DSC04324+(3)_convert_20130623201832.jpg
この水晶の浜の白砂の中からも水晶を採集することはできますが、浅瀬の川の中に入って移植ごてとふるいを使って探した方が探しやすく感じますし、湧水でできている川の水は冷たくて足を入れているだけでも涼むので、到着するなりそれぞれがその日にポイントとして選んだ場所に行って、川の水に足を入れながら水晶探しを始めました。アマンダは、川が山間から浜に流れ込んでいる際にある大きな岩付近をポイントとして選んで探していました。

DSC04328+(3)_convert_20130623201622.jpg
デンプはアマンダよりも50mほど海寄りの川岸周辺で、妻はその反対岸周辺で探していました。私は二人の間あたりで、川の中央の流れが強くて大きな岩がある周辺にたまっている砂利の中から探しました。

DSC04337+(3)_convert_20130623201846.jpg
ひとしきり水晶探しに没頭した後、みんなで採集した水晶を見せ合いながら、水筒の麦茶を飲みながら団らんをしました。この日の最高気温は32度を超えて、日差しも強い暑い中での作業でしたが、それぞれがそれなりに満足できる水晶を探すことができました。

DSC04366+(3)_convert_20130623201914.jpg
この水晶は、この日に私が採集した水晶です。

DSC04374+(3)_convert_20130623201735.jpg
私が約2年前に、初めてこの浜に訪れた時、最初に採集した水晶です。透明度はイマイチですが、形が良く強いエネルギーも感じるので、この水晶が一番のお気に入りです。


❀現在、6月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末6月30日に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻tumiによって実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」


☆以下は本題の「今できること、今したいこと、今すべきことを、今すぐに尽力する」の内容です。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

誰かと話をしたり、本を読んでいたり、
ぼーっとしていたり、瞑想をしたり、
何気なくインスピレーションを受け取ったりしている中で

ふと、何か大切なことに気づいたり、何かが分かったり、
何かをしたいと感じてわくわくしたりしたような場合には、

その湧き上がってきたことが
ハイヤーセルフや高次元の存在から与えられた
直感やインスピレーションである可能性が高いので

その気づきや感じたことや分かったことの中から
心で識別してポジティブに感じることは
それなりに大切に受け止めることをお勧めします。

そして、その中でも何かをしたいとか、
何かを改善したいとかという思いが
それなりに強く湧き上がってきたとしたら

今すぐにでも思いをめぐらせ
予定をたてたり具体的なイメージをしたり

今できることの中から今すぐにでも
行動できることは行動に移したりするなど、

少しずつ、無理なく
「今すぐにでもできることから始めていくこと」
をお勧めします。


極端に何かを変えようとしたり
何かを高望みしすぎて求めようとしたりすると、

理想が高くなりすぎてしまって
挫折しやすくなったり

そのギャップの大きさから
心身の不調和が生じやすくなったりして

その直感やインスピレーションを生かし切れず
ネガティブに感じるような結果的になりやすいでしょう。

また、今に焦点を合わせながら
時々、過去の思い出の旅をすることも
それなりに続けていくことでしょうけれども、

過去世もこれまでの経験も、
すべてが「今」の自分自身の
意識の持ち方や実生活などの在り方に
凝縮されていますので、

あまり過去にこだわりすぎず、
そして自分探しややりたいこと探しに没頭し過ぎず
ほどよくわくわく感に乗して継続しつつも、

「今できること、今したいこと、今すべきこと」に尽力し
今ある環境の中で尽力することを大切にして

今ある人間関係すべてにおいて
より多くの愛をめぐらせるように努めて

理想は高く広く大きく抱いて
どんどんふくらませつつも

足元である実生活の中で
今できることやすべきことから
よりポジティブに実行するように努めることをお勧めします。

そしてもちろん、常に心の中には
「愛」をより強く抱き続けて
愛をより多くめぐらせることが大切ですから、

人とのあいさつや言葉遣いなどの
最低限の礼儀や調和を大切にすることや

基本的生活習慣の中でも
特に食事や睡眠に気を配るなどして
自己への愛もめぐらせ、

自分にも人にも
地球環境にもすべてにおいても、

今、この瞬間から身の回りのすべてに対して、
よりポジティブにより愛をめぐらせより調和を求めて
自分なりに、今に尽力すると良いでしょう。

今、世間では「今でしょ!」
という言葉が流行しています。

この言葉が流行している理由は
「今」に焦点を合わせる必要性が
これまで以上に強まっていることや

ますます多くの人々が
目覚め始めたり目覚めが進んだりしていく中で

直感やインスピレーションからも
たくさんの人々が感じ取っている

今に焦点を合わせることの大切さや
今できること、今したいこと、今すべきことを、
今すぐにでも尽力すべきであるという

そんな意識とが一致しているためであると
私はそう捉えてこの言葉の流行を嬉しく感じています。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」







スポンサーサイト



スピリチュアル