FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

卑弥呼からのメッセージ

2008年05月27日
ありがとう。ありがとうって、そんな渦中に埋もれて、もうすべてが有り難く思えていると感じた時、すべてがその信頼をもとに、愛を広げることになっていくのです。

あまりにも無理やり感謝するということを提言されたり実行しようとしたりしても、これは無理ということや制限といったことなどの、ネガティブな低い波動が生じてしまうために好ましい状況ではないことになります。それでも、素晴らしきこの言霊である「ありがとう」というエネルギーを使うのでしたら、それはそれは宇宙からもたくさんの高い波動のエネルギーがいただけるわけですし、何よりも肉体と心がポジティブに反応して受け取れるわけですから、とても素晴らしいことになります。

あなた方日本語を使っている素晴らしい文化の中に暮らしている皆さんは、私のころに意識して伝えた言霊もそうですし、その後にも増え続けた美しいパワフルな言霊もそうですが、言霊のアマをもっと大切にして過ごすだけでも、これは大きな影響力を持っているために、それなりに生きている中での感覚を左右していくことになっています。

また、本を読むこともそうです。音楽や耳に入ってくる音を聞くこともそうです。別に自分や周囲の人が発する言葉によらず、そういった音に対して、どんな音を選択するかということも言霊を発したり聞いたりすることを選択することと同様で、重要になっていきます。

もちろん、気持ち、心、つまり顕在意識はとても大切なものです。そして、その顕在意識の持ち方により、言霊も音も選択することが多くなるわけですから、より高い波動であることが理想的であります。でも、なかなかそのように高い波動を感じられるような状態を保つことが難しかったり、低い波動から立ち直ることが難しくなっていたりする場合もあるわけですら、言霊と顕在意識とが一致しなくてはいけないとかその必要があるかといったら、必ずしもそうではないこともあるわけです。

何を申し上げたいのかといいますと、もしも顕在意識の波動が下がってしまった場合でも、言霊や音を発したり聞いたりすることを選択する際に、できるだけ波動の高いものを選択することにより、顕在意識の波動を高めるということを意識的に行うことは道理にかなった、一つの素晴らしいテクニックでもあると認識してくださいということです。つまり、心がネガティブであっても、表面的である言葉や音をよりポジティブにすることによって、心の波動を高めて実生活をよりポジティブに送ることができるということです。

ただし、このテクニックには裏がない方が好ましいです。つまり、表面の言霊により人をだますとかエゴを果たすためとかといった、目的が波動の低いものがあっては逆効果になります。あくまでも、純粋に自分自身の波動を高めるためにこのテクニックを用いるということが絶対的な条件となります。

私がこのたびタエヌを通してこのようなメッセージを伝えたことには、ひとつの動機があります。タエヌはこのような内容を、以前から何人ものみなさんに伝えてきたわけですから、ひとつの確認になるわけですが、それよりも、今の時点で、このメッセージをどうしても必要としていて、このメッセージによってまたひとつ大きな目覚めをするという方々がいらっしゃるということです。

素敵な言葉、素敵な音、つまりみなさんにとって心安らぐ理想とする素敵な環境に在ることをできるだけ多く選択して、実生活を送っていただきたいと願っています。

また、こうして世にメッセージを送ることができたことを心より感謝しています。ありがとうございました。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)