FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

シューリエからのメッセージ

2008年05月27日
デンプを保育所に送りに行って帰宅した妻が私の横に座って、今日の予定を話しましたが、電気がはしった様なようなびりびりした強い感覚を感じると言ってエネルギー過多による咳をしながら、話が終わるとさっさと立ち上がってどこかに行ってしまいました。

次の瞬間、私はなんだかこうして文章が書きたくなったのでパソコンに向かいました。




何だかこうして、このように愛する地球を見つめていると、その愛にあふれるみなさんの輝きをいとおしく感じて、シリウスの心から発する愛による光で包みこんでいたいという思いでいっぱいになりました。あなたにこうして、私自身の強い波動というものを直接向けることができるようになったのも、あなたの何ものをも愛するという思いがあなたの愛の大きさを育み、地球の愛と一体化して肉体的にも愛の大きさに耐えられるほどの成長をしたということが、今こうしてつながりより深い領域からのメッセージを伝えることができるということにいたり、その幸福感でいっぱいになりました。

シリウスから送られるメッセージの中でも、シリウス本体からのメッセージということに関しては、なかなか届けられる状態ではなかったことから、これまではダイレクトに届けることを差し控えざるを得なかった状況でした。それが、今、こうしてあなたのもとに直接届けることができたということは、私たちにとってはなんとも喜ばしい事態であるということを、再三ながら感謝申し上げたい次第であります。

あろうことに、あなた方の住まうこの地球の世には、いくつもの試練というべきものが存在していると教え込まれてきたあなた方は、自らをその試練の波の中に陥れて、そんな試練という必要もない中でもがいてしまうという選択をしてきました。

例えば、あなたもそんな表現をした経験をお持ちですが、試練を乗り越えたからこそ人に対して人生論を語ったりカウンセリングやヒーリングができるようになるという考えもまったく同じことでして、別にそのような経験を今の世にて好き好んで経験する必要は、本当はまったくないことでもあります。

それでも、自由意思によって選択したことにはそれなりに重要な意義があり、全ての事柄に関して必要性は十分にあるわけですから、これまでの選択が間違っていたとか無駄であったとか、そういったことではありません。

ですから、こうして今、自分の存在が地球上に在るということが、結果として無駄ではなかったという証拠にもなるわけですから、存在していられることに感謝して、存在できているということから自分は地球にとっても宇宙にとっても必要とされている存在であるということを認識して、さらに今の混沌としているようで素晴らしく目覚めていっている地球上のすべての魂たちのエネルギーの中で、自分もその一員としていられることを誇りに思っていただきたいと強く希望します。

あなた方の、我々宇宙の存在に対する感覚は、もう、それなりに実感するに至らなくても否定することなく受け入れる状態にあるという事実が、とても嬉しく感じています。残念ながら、3次元的な宇宙人としてとらえるように仕組んだための情報操作がされていて、あなたにとっての素晴らしき祖国である日本の政府という存在が、宇宙からの侵略の防衛についてということを世に示していますが、これも波動の法則としてとらえ方が違ってくるわけですから、今こうして私のメッセージに触れているみなさんにはたいした影響を与えていませんが、このような情報に情緒を強く動かしてしまう方々にとっては、真実に目覚めてほしいと切に願う次第であります。それでも、このようなことを政府という中心となって世の中を動かしていると思いこまされている機関が、こうして本格的な会議の中で決定してマスコミを通して世に示すことにより、宇宙の生命体の存在が示されたという事実は大いに歓迎すべきことであるし、これもひとつの今の世だからこそ必要な、宇宙の大きなアセンションに向けての動きの中の一つであるということになります。

浅はかな捉え方で結構ですが、今、私がこうしてメッセージを伝えている背景には、タエヌとの深いつながりの元、さらにタエヌが深くつながっていることからこうして波動を合わせてつながっている皆さんに対して、急を要する事実を伝えたいという目的があるからです。

それは、宇宙による塵があなた方の住まう地球の表面を覆ってしまうために、しばらくの間、気象が乱れてしまう状態が続きそうだという情報を伝えたいからです。もう、すでに始まっていることでもありますが、大気が乱れたり太陽や月の光がさえぎられてしまったりするために、どうしても日照時間の不足や雨や風が多くなるという状態が増えるということです。さらに、その不足分を補うために、太陽や月が地を照らす時には、地球全体がこれまで以上にエネルギーを吸収しようとしするために、気温の上昇や光線の強い状況が起きてしまうということになります。それでももちろん、この現象の真実にはまったくネガティブなことはなくて、陰陽の調和のため、地球の浄化のため、地球のエネルギー増幅のため、そして、まもなく迎えようとしているアセンションという素晴らしき輝ける状況になるために、必要な出来事ということであります。

何事もシンプルにポジティブに受容してみてください。何事も根本を見つめるようにしてください。何事も必要であることと認識してみてください。余計なことはありません。余分なことはありません。ネガティブなことはありません。怖いこと、恐れること、心配に思うこと、そんなことは一切ありません。

宇宙を信頼してください。地球自体を信頼してください。そして、あなた方個々の素晴らしい魂を信頼してください。必要なことの中には、一見ネガティブに思われることは多々あります。でも、それはすべてが物質的な3次元的な観点により捉える事から生じるネガティブな情緒です。なるようになっていくなかで、どうせなら素敵な方向に進みたいと願い、自分自身の波動を高めるという、ただ、そんなシンプルなことを意識して実生活を送るようにすること、それだけで輝かしい夢の世界にアセンションすることができるのです。

だから、もしも太陽や月の光が差し込まないような薄暗い状況になったとしても、あなたがたの光明による愛の光を輝かし続けてください。そして、世の中にたくさんの光の輪が広がりますように、光の手と手を結んで宇宙の光の輪にどんどん溶け込んでいってください。そんなある時、ふと気がついたら、あなた方と私たちは、しっかりと手をつないで同じ光の輪の中にあることを実感して、友として同じ道を歩んでいることに喜び勇むことでしょう。そして、さらなる光の輪の広がりを求めて、宇宙の果てまで愛を広げることに終始する在り方を選択することでしょう。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)