FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

高次元の同志のみなさんからのメッセージ

2008年05月08日
・今日は、最初はアミが来てくれていろいろと思念(テレパシー)でやりとりをしていたら日記を書きたくなったので書き始めたのですが、すぐに違う方が入ってくれて、その後も何人もの方々が入れ替わって文章を書かせてくれました。そのつど、違った質(星や次元)のエネルギーを感じましたが、すべのみなさんを私はもとから知っているということだけはわかりました。日記を書きながら、このように何度も入れ替わることは珍しいことなのですが、誰かに対して言葉で表現している時やインスピレーションを受けている時には時々あることです。そんなわけですので、一つの日記に書き表しつつも、表現がばらばらであったり内容がとんでしまったりしていますが、入れ替わった場所には・を付けておきましたので、参考にしてお読みください。ちなみに、最初に書かせてくれたアミから違う方に変わったのが文章の途中だったので、変な区切り方になってしまいました。



・もっと、書きたくなったら自分の言葉で書いてもいいと思うよ。だって、もう根本的なことにおいては、我々と同じ考えに至っているのだから、伝える内容の細かい部分についてなどということはそれほど重要というわけではなくて、どのような気持ちからどのような目的を持って世の人たちに伝えていこうとするのか、そういった動機や目的さえ正しいものであれば、必然的に書く内容もそうなっていくんだよね。

なかなかうまく伝えられないようなことがあるもしれないけど、どちらにしてもあなたがこうして書いている間は、たくさんの高次元からのエネルギーやインスピレーションなどといったサポートが常についているわけだから、そんな時には任せてしまえばよいというとても簡単な話。まあ、これまでもそうしてきているわけだから、ここで別にあらためて伝えるようなことをしなくてもよいわけだけれど、

・あなたの最近の思考の中には、きつい表現だったり厳しい出来事だったりした場合には、受け取る方が波動を下げてしまうのではないかと懸念することが多くなりましたよね。だから書かないでおこうとか、だから抽象的な表現にとどめておこうとか、そんなふうに思うことが多くなったことには気づいていましたか。

先日あなたが地球の同志に対して表現されていましたが、伝えることが仕事でありお役目であるということがわかっていらっしゃるのに、このようなことではせっかくのお役目を果たすという最高の場を与えられているのに、とてももったいないことになってしまいます。だから、どうぞあなたは余計な気づかいや調整といったわずらわしいことをしなくても、自由に書きたいことを書いて表現すれば良いということです。なんだか、まるでおもいきり書くことを心の中で押さえているような表現になってしまいましたが、あなたが思っているように特にそんなにたくさん押さえているわけではないけれど、でも、せっかく表現したことをこうして受け止めてくれるみなさんがこれだけたくさんに増えてきているのですから、感謝して尽力してそしてみなさんにとってもあなたにとっても、大切な愛の輪作りにもっと楽しみながら貢献なさるべきであると思います。

・まさか、ここでこうやって触れ合う機会ができるとは思ってもみなかったなんて言う表現をすると面白くなってしまいますが、私は、はるかなる昔からあなたとは一緒にいたものでしたが、あなたがこうして3の世に帰ってしまわれてから、なかなかお会いできずにいたということは事実なのです。3の世と4の世と5の世の間にある不可思議であり不安定でもあるこのあなたの住まう今の世界は、宇宙から見てもとても興味深い不可思議に思えるようなことがあちらこちらで起きているというのが、実におもしろいものだと思っています。笑ってしまえばそれまでですが、でも笑えるほどおもしろい世の中にあなたがこうして暮らしているのが、なんだかうらやましくなる部分もあります。でも、そんな選択をしたあなたの勇気をたたえることはできても、自らが身を置くなどという冒険的な選択をあえて私はしないでしょう。

・見て見ぬふりをすることが良かれと思わないような感覚でいる人も多いように思いますが、見捨てるとか知らぬふりをするとか、そういったことはさみしいことになりますが、そうではなく、むやみやたらと波動を合わせたりネガティブな心を向けたりする必要はないということです。できるだけ多くの困っている皆さんに何とかしてあげたいと思う気持ちは大切ではありますが、それだからといって身をもって言葉や行動でそのようにいたすということを行うことは、良きこともあれども残念に思うほどに人の領域にまで踏み込んでしまい、迷惑がられるとか余計なおせっかいになるとか、最も避けたい事態としては相手からの依存を生んでしまうということになってしまうこともあるからです。

・お金の世はとてもはかなくあえなく崩れ去ります。5の月6の月に始まり、10の月にはてんてこまいになるでしょう。ああ、そんなものであったのかと落胆するようでは、こうしてこの書に触れた意味も失せてしまいますので、どうかそんな矢先には、この文を思い出して、はかなきものははかなきものとして消え失せるということ、そして、はかなくもなくこの世のすべてでもある愛は永遠にその存在を大きく広く深くしていくものだということを、ごくあたりまえのように心に抱き覆い尽くして、さらなるうれしうれしの世に向けて、明るく光り輝いて歩まれるとよろし。

・何やらだいぶ天の者たちと地の者たちの間が急激に狭められたようで、なんだかもうすぐそこにまで接近しているような状態にあります。あまりにも大きく開いたこの天の隙間からは、あなた方が思っている以上の多くのみなさんが地球へとプレゼントを持ってやってきているのです。プレゼントとは、喜びや愛や祝福といった、それはそれは嬉しくなるものばかりなのです。あまりにもこの世のこの今の状態から抜け出して新しい世になるまでには、それはそれはあなた方の常識からするとたいへんであるとか信じられないとかというような数々の出来事がたて続いて起こるわけですが、あなたさえ普通に喜ばしく過ごしていれば、それが災難であるとかわやなことであるとか、そういった思いに至ることはありませんし、巻き込まれて絶望の淵にまで追い込まれるようなそんなこともないのです。

・地震がまもなくおきることでしょう。それも、あなた方が思う以上に地を揺らし気持ちを揺らし大地を揺らし心を揺らします。でも、だからと言って地球が終わっていくのではなくて始まりの日に近づいていくために必要な出来事である浄化や選択のためだということを、今一度認識されると良いでしょう。我々にも抑えきれない大きな出来事が天のことや地のことでも存在してしまうのです。これまでとは違って、予測をさせてくれないものが多く湧き上がっています。だから、こうなると防ぎようがないわけですが、これが宇宙の法というものです。防げないとか何もできないというのではなくて、すべてが必然として起こるべきことは起きるということであって、とても大切であることであり世のため地のため宇宙のためであれば、それは喜ばしく神が手を差し伸べて、わかりやすい物質的現象としてプレゼントしてくれるのです。だから、大いに感謝をして大いに喜んで、本当の祝福すべきまもなく訪れるこの時が来るまで、どうぞ気をしっかりと高く保って、精一杯のうれしの世を送ることにすべてを注いで全力を尽くすと良いでしょう。

・スサノオとこの者との関係において、ここまで述べることができたことを、また嬉しくも思う次第であります。ハマラにとっては、この上ない喜びに浸っている次第であります。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)