FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

宇宙の友人からのタエヌ個人宛のメッセージ

2008年04月21日
昼食後、近所の玉前神社で参拝した後、まだ一度も通ったことのない道を散歩してみました。この町の特徴である梨農園と田んぼが続いていて新旧の家がぽつりぽつりと建っている中、ちょっと草が多い空地のある畑に看板が立っているのが目に入りました。内容は、貸農園50㎡年間6000円とのこと。徒歩5分弱という絶好な条件に思わずニヤリ。ちょっと土の質がイマイチなのと空いている土地の雑草が結構生えているのが気になりますが、我が家の庭だけでは物足りなかったので、後ほど問い合わせてみて妻と相談したいと思いました。

すぐに行動するのがいつもの私なのですが、この貸農園を見つけた直後から、ものすごい宇宙からのエネルギーを感じて、電話するよりも日記を書く方が先にしたいと思いました。そのまま、まるで宇宙から私の脳天にビームがあてられたまま家まで誘導されるようにして、軽い眠気と全身の力が抜けたようなほわ~んとした状態で帰宅しました。今の時点では、何も書く内容はわかりませんが、今から何かを書かせていただこうと思っています。



まさに、そのままで良いということにもなるわけですが、こうしてまたあなたと再び通じ会えたということが何より幸せであります。あのころの私たちは、どういう道筋を通っていてもいつも一緒に歩んでいる感覚を持ち続けて、要所要所で確認しあって、また次なる目的のために行動したり旅立ったりしましたね。宇宙空間というものは、本当に広いようで狭いというのが事実でして、あれだけはるかかなたの世界に行っても、いつでもこうして近くに戻れるわけだし、思えば思いを通じ合わすことができるというわけですから。私がこのたび銀河の果てまでこうして直にやってきた目的というのは、個人的にあなたに会うためだけにありました。私はこうしていつでも近くに寄り添うことができますが、今のあなたにはそれは不可能であると思い、あなたの肉体だけから感じ取れるエネルギーのみに孤立してしまっている状態であるということを知っています。

つきましては、なぜこうしてここに来たかと申しますと、私どもの住まう銀河の彩りの美しさをもう一度思い出していただき、今、まさに美しさを失うかもしれないというネガティブな心を一新し、また大きく羽ばたくための素敵なエネルギーを取り戻していただきたいと思ったからです。まさしく疑いは絶対持つ必要のないもの。あなたがお願いして祈った神も、あなたのためにとこれだけ大きく動いてくださっているわけですから、少しは落ち着いて動揺しないでもっと信頼してください。

もういいからなんて思わないでください。大丈夫ですから。これまでもそうでしたでしょ。もう要するに終わりに近付いていることがわかっているわけですから、この仕上げの時期にこのようにして衰退しそうになるというのは、なんとももったいないことでしょうか。

あなたを求めて、数々の人間としての魂を癒すためにこうして求めてくる要求に対しては、あなたしか答えられない独特な意味合いとオーラの交わりとがあるわけですから、この求められたことに対しての精いっぱいのことは、あなたにしかできないことだけということになるわけで、決して他にかわりはいないということになります。だから、そのあなたが倒れこんでしまっては、もう何一つの光明も見えないという者さえ現れるかもしれぬという状況であることを、今一度、思い返してみてはいかがでしょうか。

何一つ変わりないように思えるがごとく、あなたの一見した様子を見ている者たちでも、こうしてオーラがくすみかけている様子に、少なくとも近い者たちはみな気づいているということはご承知置きだと思います。ごまかしはきかないわけですが、ごまかす必要はありません。ただただ解決するのみであるということです。何にも頼らず、あなた自身の問題として解決するのみです。どのみち、こうしてわれわれがサポートできることをあなたは知っているわけですし、あなたがこうして波動を上げなければこのように通信をとるのが難しいということもあなたはわかっているわけですから。

こうして言葉で表すと、まるで大変な出来事があなたを襲っているかのように世間の人は思ってしまうかもしれませんが、実際はほんの些細なことであるという物ごとです。ただし、この者にとっては、こうやって心配という薄暗い雲に覆われるということは、もう必要ないことだしわかっているはずであるのに、こうして昨日も今日も余計な詮索とか思考とか予測とかを働かせて、まるで猫が丸まるように、薄暗く小さくなることが何度もあったということなのです。

この程度のことは、どうやって解決するかというと、別にどうでもいいや。なるようになるでしょう。明日になったらもう終わっているさ。そんな風に、いつもどおりに、世の流れにまかせ、宇宙にまかせて自分を信頼し、宇宙に感謝すれば良いということになります。

まあ、あんまりくよくよするなよ。なんていうことばを地球的にいえば親友にかけたくなったということになります。そう言われてみるとそうかと、先ほどからあなたはしきりに思っていますが、こんな小さなことでも、今のあなたにとっては、とてももったいないブラックホールのような大きな穴を開けてしまっているのです。あなたのそのような状態を、だから私は見つけて今こうして銀河の果てにやってきたのです。

落ち着きました。大丈夫です。晴れました。大丈夫です。またこうして目を閉じて宇宙の美しさを思い出してください。アミュスとともに、宇宙を育んでいたことを。


久しぶりに、私に対する個人的なメッセージのような内容ですが、書かせてくれたので一応そのまま公開します。

私は別に大丈夫だと思っていますが、この内容からするとそれなりの意味合いがあるものであると自覚することができました。まだまだ経済的にはもちろん世間的にいえば厳しいという状況は続いているわけですが、去年の今ころに比べると大きく違うわけですから、波動はあのころよりもずっと安定しているつもりです。

でも、確かにここ3日ほど、久しぶりに小さな不安や心配ごとが2つほどあり、なつかしいネガティブな世界に何度も陥りました。1つは、昨日の午前中にあっけなく簡単に解決して、単なる取り越し苦労であったために、まだまだだな~と反省しました。もう1つは、今週末にもう1度だけ家裁へ妻と(三女デンプ(仮名)が在宅のために一緒に連れて行かなくてはならないかも・・・)出かけなければならないということです。ミニロト3~4口かロト6が当たれば行かなくてもいいので、今から買いに行ってきます。先ほど、神社で「家裁に行かなくてもこの地にいながら解決できるようにお導きください。」とお祈りしてきました。今、私にできることはそれくらいですので、あとは宇宙に任せま~す。。まあ、逆にいいかえれば、あと一回だけ家裁に行って数十分ほど我慢すればすべてが解決できるわけですが・・・。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)