FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

インディゴチルドレン

2012年02月20日
以下の内容は、今から約4年前に、「インディゴチルドレン」と検索をして開いた、どなたかの掲載されたホームページの内容です。管理人様も著者も不明でしたがちょっと極論的ではありますけれど、とても分かりやすい内容でしたので、2008年2月9日に当ブログに掲載した内容です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「インディゴ チルドレン」

魂の色がインディゴ(深い藍色)の子ども達が地球に降り立って今地球のために活動しています。
この子供たちに共通して見られる魂の色から、新しい光を放つこの子供たちは、“インディゴチルドレン”と呼ばれるようなりました。

両目の中間部の眉間に位置する「第3の目」と呼ばれるエネルギーセンターの色を表し、霊的な透視力を秘めたこのインディゴブルーの魂の色の子供達は、高次元とつながる新しい時代の幕開けを告げるメッセンジャーです。

この魂のグループは、パイオニア的なものたちはすでに古くから地球上に転生し始めていましたが(宮沢賢治もインディゴチルドレンだったといわれています)、特にインディゴが急激に増え始めたのは1970年代後半からで、各々が大きな使命を持って生まれてきました。 (タエヌもインディゴの性質を持ち合わせていると自負しています)

その目的は新しい社会の創造です。

しかし、その創造のためには一度現在あるシステムに対して破壊をもたらさなくてはいけません。
社会秩序、教育、また社会システムで、 既に不必要となった古い考え、古いシステムを塗り替えるために、戦士のような気質 をもって、この地球にやってきました。

「新しい変化」を起こすために、そして「変化を迎えるため」にやってきた魂のグループです。
そんな戦士のようなインディゴチルドレンですが、とても繊細で、優しく愛情溢れる、素晴らしい個性の光を放つ魂のグループです。

インディゴチルドレンの特徴としては、

自分の感情や情熱を内側にしまうことができない、強い意志を持つインディゴチルドレンは、尊厳を持って生まれてきました。

エネルギーがパワフルで繊細です。

家族や学校、そして友達に理解されないことから傷つき、その感情を爆発させるか、自分のフィーリングを飲み込んで、心の内側へと自分を閉じ込めてゆきます。

とても敏感なインディゴチルドレンは、周りの人々の感情を繊細に感知します。

人の気持ちを察する直観力に優れ、助けが必要な仲間には、心底から解決方法を考える手助けができる、よき理解者でもある優しさ溢れる愛情を持っています。人の心の痛みにとても敏感で、助けになるようなアドバイスを探すために、相談ごとに耳を傾けます。

賢く、クリエイティブなのですが、規定が多い生活の中では、その才能を発揮することができないことがあるようです。 しかし、一人の時、また自由な時間の中で、内に秘める持ち味のセンスを発揮した時には、驚くような芸術、そして天才的な素晴らしい創造力を発揮し、周りを驚かせたりするのもインディゴの特徴です。
自由な空間の中から、自分のペースで、本来の持ち味、才能を発揮します。

学校などでは、いたずら描きをしては、のらりくらりとした態度で先生の話を殆ど聞いていないこともあります。
自分の強い意志で行動するインディゴチルドレンは、不必要なこと、無意味だと知っていることに対して、耳を傾けませんし、動こうともしません。

愛の目で地球を見るインディゴチルドレンは、ひどい扱いをされている世界の子供たち、また地球に共存する動物たちに、残酷な扱いをしていることに対して、とても深い悲しみと、怒りを感じています・・・。

また自然は自分の一部で、植物、動物たちをとても可愛がり、深くつながりコミュニケートする事は、インディゴにとっては自然なことなのです。

直感力に優れいているインディゴは「嘘発見器」的な、鋭い感性を持っていますので、周りの嘘には敏感です。
誰かが嘘をついている時には、インディゴは即座に見抜きます。

また相手が心から真実を話していない時、理解していない時にも、即座に感知します。

真実を正直に話してくれることを望み、誠実な対応を受けていないときなども敏感に見抜きます。

インディゴは理解されない悲しみ、そしてぶつけどころのない感情を、爆発的な形で表現したり、逆に内側へどんどん閉じこもってゆき、自分の心の中に埋めて、その苦しみを自己治療し、周りからの理解を諦め、自分だけの世界に閉じこもることもあります。

個性的で、自由なソウルのインディゴチルドレンは、ADD(注意欠陥障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)として、診断されることもあります。

インディゴの到着枠より先で、このインディゴチルドレンの特徴に当てはまる人 は、1978年以前に到着しているパイオニアグループのインディゴ チルドレンです。

1950年から1960年代に到着したインディゴ チルドレンは、情報を集め、大きなグループとして後に到着するインディゴ チルドレンを迎え入れるために、「基礎固め」のために、一足先に到着したグループです。

「ライトワーカー」の中には、こうしたインディゴ チルドレンのパイオニアたちが、多く存在します。
それらのほとんどは、社会に適応できなくて死んでいくか、または天才として世の人に認められるかどちらかでした。

アルバート・アインシュタイン、日本では野口秀雄や宮沢賢治が、インディゴでした。
このような天才児が今現在たくさん生まれています。

また、インディゴには「ピュア(純潔)インディゴ」という魂の色全てがインディゴと、他の色が混ざっているインディゴ、または半分半分や、他の色にインディゴが少しだけという人もいます。

ピュアインディゴの場合は、エネルギーが非常にパワフルで放つパワーが半端ではありません。
何とか社会と折り合いを付けれているインディゴは、他の色も混ざっている場合もあります。
(個人の魂の色についての情報は、DNAリーディング、チャネリング等で調べることが可能です)

沢山の新しい変化を起こすために、メッセージを持ってやって来たインディゴ チルドレン。

私たちの古い考え、そして固着観念で、このすばらしい子供たちの理解を誤っていませんか。

年齢の枠をはずして、「光(ソール)」として、また 親子の枠をはずして、「メッセンジャー」として霊的に理解してみませんか。

この子供たちを通して、我々は沢山のメッセージを受け取り、日々学んでいます。

不必要になった私たちの思考の枠に、このインディゴ チルドレンを閉じ込めて理解することで、沢山のインディゴたちが、本来の大きな目的と力を失い始めています・・・。

もしあなたがインディゴであったら、

大切な目的をもってやって来たことを思い出してください。
インディゴは誰でもひとつの天才性を持ってこの地球に来ています。
あなたはいろんな形で、この地球を平和で包み込むために、目的を持ってやってきた魂であることをもう一度、思い出してください。
時折押しつぶされそうになるときがあったり、何の意味も見出せなくなるときがあるかも知れません
そんな時には、沢山の力があなたを支えていることを感じてください。
地球は、あなたの愛と行動を見守り、感謝の意を示しています。
くじけずに、どんな形でも、自分を信じてあなたの愛と真実を、表現していってください
未来の鍵を握る、インディゴたち・・・。
あなたの真実が新しい地球の未来を切り開いていきます。

そしてもし、あなたがインディゴを見守っていたら、

そのままのインディゴを受け入れ、ありのままの美しさに気づいてあげてください。
インディゴたちは、あなたの新しい理解の扉を開け、あなたの人間的、霊的成長を助けるためにやってきました。
素晴らしい目的を持った光の存在、インディゴ  チルドレンを見守りましょう

インディゴは肉体的な人生経験が浅く、過去生をあまり経験していない人も多くいます。
ピュアインディゴの場合は過去生を一度も体験することなく生まれてくるもので、現実的なことには非常に不器用です。
それは、先に生まれてきた人が上手く導いていくことが必要です。

彼らに今までの古いパターンを当てはめないでください。
社会がこうだからとか、みんなこうしている、こうしたら幸せになる等々、全てが幻想です。
不安から、古い枠の中にインディゴ チルドレンを閉じ込めないように、彼らの送るメッセージに耳を傾けて。
地球の変化に大きく関わるメッセンジャー・・そんなインディゴに出会えたことを、祝福して、一緒に成長し続けましょう。

ある方は、ADHD(注意欠陥・他動性障害)と、レッテルを貼られる子供たちのタイトルを
A・Attension
D・Dialed into a 
H・Higher
D・Dimension
「注意がより高次元な世界とつながっている」

と理解する略であると伝えています。
この高次元とつながるインディゴたちは、私た ちの成長を助ける重要なメッセージを届けています。
そして我々が次元を上昇させ、 新しい成長の時期を迎えていること

そして高次元とつながる理解と成長が必要に なっていること、そしてまた、その準備ができたことを示しているのだと思います。

高次元のメッセージを伝える、そして変化を起こそうとする子供たち。

地球の変化に大きく貢献するインディゴ チルドレン。


インディゴ チルドレンに愛を込めて☆


☆よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

スポンサーサイト



バックナンバー改訂版