FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

自動書記というもの

2007年03月08日

今日は、突然の高次元の方々からの訪問、そして日記に書き残したいというご要望に心から感謝しました。

ただ、本当にこの高次元の方のエネルギーは強くて、私の中に入ってくれている間は意識がもうろうとしてきたり頭がぐわんぐわんしたり、時間が長いと結構しんどくなります。さらに、宇宙の方の場合は、地球の方とは違った独特のエネルギーがあるので、これも長い時間はきつくなってきます。守護霊様や地球の神様仏様の場合は、わりと普段から入っていただいているので慣れてきましたが、それでも数時間に及ぶと疲れてきてしまいます。

今日の日記の書き込みに要した時間は、ハマラのメッセージは約55分。シューリエは約20分。自分としては信じられないくらい多い量の文章を、あっという間に書き上げていくということ、本人の意識はただただ画面や手元を見ているだけで、思考回路は100あるうちの20くらいの状態。読み返す必要はほとんどなく、単語は頭に残るけど、内容はだいたいわかるかな、程度。今日の内容は、書き終わって読んだあと、自分の責任のもとでこんな内容を日記に書いてみなさんに読んでもらうって、ちょっと恥ずかしいかも、なんて思ってしまいました。ただ、この感覚って、本当に面白いんです。なんか、自分であって自分でないけど、やっぱり自分。そんな感じです。疲れちゃうけど、なんだかとても快感! なんです。
スポンサーサイト



スピリチュアル