FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

心・波動・気と身体

2008年01月16日
10年ほど前の私の身体は、あちこちが結構しんどい状態でした。25歳の頃に椎間板ヘルニア左坐骨神経痛により一週間ほど歩行も厳しい状態を経験してからずっと続いていた腰痛は、30歳になった頃には椎間板障害という診断をされて「あなたは一生この腰痛とつきあっていくことになります。うまくつきあえるように、できるだけ痛みのでないようにしてください」と医者に言われて、軟骨がほとんどなくなっていて骨と骨がくっつくようになっているレントゲン写真を見せられました。調子の良いときには痛みや違和感は感じないのですが、寝起きは厳しい状態になることが多く、腰が痛かったり思いベルトをしたような状態になったりしてなかなか動くことができないということは、日常茶飯でした。あの頃は、この腰痛のために職場を休んだり早退することが何度もありましたが、それなのにおもしろいことには、釣りをしているとき、ゴルフをしているとき、マラソンをしているときや練習をしているときなどといった、自分の楽しみをしているときには腰痛により中断したり予定を取りやめたりした記憶はありません。フルマラソンやハーフマラソンといった過酷といわれる競技でも腰痛で棄権したことは一度もなく、フルもハーフも毎年のように参加していました。

子どもの頃からアレルギー体質でして、皮膚が荒れやすかったり、くしゃみや鼻水花づまりがひどくてアレルギー性鼻炎と診断されて、頻繁に耳鼻科に通っていました。大人になってからは花粉症と診断されて、薬が効いているかかり初めの頃はまだいいのですが、薬が効かなくなってくると何ヶ月も鼻が詰まった状態が続いたり、目のかゆみやのどの痛みも慢性的な感じで続くこともありました。感想肌もひどいもので、スキンクリームを一日に何度も塗らないと手はすぐに切り裂けるし、唇も何箇所も割れていてリップクリームを頻繁に塗りつつもすぐに割れてしまうような状態でした。

頭痛は日常的に頻繁に起こるという、いわゆる頭痛持ちでしたので、頭痛薬を常に携帯していました。また、高熱を発することも年に数回ほどはあったので、解熱剤は常に用意していましたし、少しでも具合が悪くなると風邪薬を服用していました。

寝違えたと思われる、首や肩近辺の痛みはよくありました。特に肩周辺の多少の痛みは、常時あったようなものでした。

胃腸の調子もかんばしくなかったので、胃腸薬も手放せませんでした。他には大腸にポリープができて手術を受けて摘出したり、尿道結石により何度も猛烈な痛みに襲われて病院に行くことが3回ほどあったり、突発性難聴と診断されたり脳の異常がみられると総合病院を紹介されたり水虫も出てきたり・・・etc

かといって、私を知っている周囲の方々は、きっとそれほど厳しい身体の状態にある病的なイメージを持ってはいなかったと思いますし、本人も「仕方のないこと」と認識して、苦痛に思いつつも自分自身の特質と思って受け入れていたために、それでも五体満足でいられて家族がいていくつもの趣味を楽しみ職場に勤務できることに満足をしていたと思います。

ここまでは、み~んな過去のお話です。今でも、時々あの頃のことを思い出しますが、そういえばそんなだったんだな~と、なつかしい思い出と化してしまいました。

30歳代中ころから徐々に改善され、5年ほど前から急速に改善してきて、ここ数年はほとんど上記のすべての症状がなくなり、特にここ一年はまったくなくなったと表現することができるに至りました。

例えば腰痛のことですが、私が椎間板障害と診断された病院とまったく同じ病院にて4年半ほど前にレントゲンを撮影してもらって検診を受けたとき「異常なし」との結果が報告されました。えっ!と事実を疑いつつ、もう一度結果を聞いたけど同じ答えでした。

花粉症は体内にたまった花粉が許容量を超えたときに発する症状であるというような説を唱えるマスコミの番組や記事を何度も触れましたが、私は何も治療していないし住居も変わっていません。でも、今はまったくといってよいほどそのような症状はありません。妻も同様に花粉症だったのですが今は大丈夫です。頭痛薬も胃腸薬も風邪薬もここ5年以上、まったく服用していません。妻も同様です。まったく必要がなくなりました。

スキンクリームは時々使用しますが、手や唇が荒れてしまうこともなくなって、切れることもまったくなくなりました。胃腸の調子が悪くなり薬を服用しなければと思う状態もまったくなくなりました。寝違えたと思うような痛みもまったくありません。

本当にあの頃はたいへんだったな~となつかしく思い出として感じるほど、現段階での身体の状態でお腹のぽっこりとした出っ張りが気になる以外は何も問題を感じません。

と、ここまで書いたら時間が来てしまいました。別に、以前はきつい身体だったのに今は平気だよ~という自慢話をしようと思って書いているのではありません。ここまでは、私の状況についという一つの事例でもある序文となります。

本題は、心・波動・気(エネルギー)と体の関係と、体が表現してくれていることについての答えの聞き方と、体の不調を緩和もしくは改善するための方法などといった、私が特にここ数年間において高次元の地球や宇宙のスピリットのみなさんを中心に学ばせていただいた体の健康についての中間報告をしようと思っているということです。なんだか、本当に書きたいことはまだ何も書いていないのになんですが…

続きは後ほど・・・


1日目  10:20現在  88.6kg  30.4%
スポンサーサイト



スピリチュアル