FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

我が家のサンタクロース

2007年12月25日
「サンタクロースはクリスマスになるとプレゼントを届けてくれる神様または神様的な人。トナカイが引くそりに乗って移動する、白いひげをたくわえている年配で男性の姿をしている。」キリスト教や関連する宗教の信者がどう教えられているかはわかりませんが、日本人のわりと多くの子どもたちは、サンタクロースって何?と聞くと、こんな感じのイメージを話すのではないかと思います。

我が家の子どもたちも、保育園で教えてもらった歌「あわてんぼうのサンタクロース」の歌詞にでてくる「ゆかいなおひげのおじいさん」とか、普段テレビや絵本や街角などで目にするサンタクロースをイメージしていて、良い子に対しては、お願いしたプレゼントを知らぬ間に届けてくれるやさしい神様だと思っています。我が家では、ほしい物を思い浮かべるか、またはお店に行ってほしいおもちゃの前に行き、パパまたはママと一緒に心の中(または小声)でサンタさんに向けてお願いすると、願いがかなってクリスマスまたはイブにプレゼントが届く…かもよ!?ということになっています。これは、子どもたち4人において十数年に渡っての行事になっています。

この時期になると、子どもたちの中で「サンタクロースはいるかいないか」または「信じるか信じないか」ということが、あちらこちらで話題になっているようです。小5の長女の話では、今年もクラスにてそんな話題になったとき、3分の1の子がサンタはいないまたは信じていない、逆に3分の2の子はいるまたは信じているということになったそうです。

うちの長女も、サンタクロースというクリスマスになるとプレゼントを届けてくれる神様が「いる」「信じている」という仲間に入っています。しかし、昨年までと比べると、今年の状況は、娘にとってのサンタクロースの存在というものが大きく変わったクリスマスとなりました。

1週間ほど前のこと。私が娘に対してサンタクロースに関する話をした内容です。

「サンタクロースは実際にいる。我が家の子どもたちに夢やプレゼントも与えてくれている。でも、神様が人間のような形になって実際にプレゼントを持ってきて、我が家に配ってくれるかといったら、これは違う。世の中の子どもたちが抱いたイメージや思いというものがプラスのエネルギーの塊になって作り上げられた神様が、長女や多くの人が信じているサンタクロースである。そして、その神様の使い手となりプレゼントを実際に買って、夢や希望や愛を乗せて子どもたちに渡すという役割を担ったのが、我が家ではパパとママである。だから、サンタクロースはいるけど、人間のような物質として存在するのではなく、長女の知っている神様や仏様や守護霊さまのような存在として「いる」ということになる。だから、信じている人にはサンタはいるけど、信じていない人にはサンタがいないということになる。」

つまり、キリスト教という宗教のわくにそれほど関係のない者にとってのサンタクロースとは、簡単に言えば、サンタクロースの存在を信じている子どもたちのイメージやエネルギーによって作られた神様であるということになります。そして、その使いとしての担い手として3次元の世において実行するのが、子どもたちを愛する大人たちであるということになるということです。

この話は、去年中学1年になった長男にも伝えました。物質として実在すると信じきっていた長男でしたので、ちょっとショックだったようですが、わりとすんなりと納得していました。長女も長男以上に、サンタの物質的存在を信じ込んでいましたし、友達にもこれまでの経験から絶対に存在しているということを豪語していたようですが、本来の状況が分かった方が良いという段階に長男よりちょっと早く育ったという私の判断により、実際の真実の話を聞かされました。ちょっと驚いたような表情も見せましたが、話を聞き終わったときには長男よりも淡々としていて「なんだ。そういうことだったのか。」と一言。すべて納得できた~という感じでした。

我が家のサンタクロースは、24日にプレゼントを届けてくれます。去年のサンタは玄関のチャイムを鳴らしてくれて、長女が「どちらさまですか?」と受話器を取ると、初のサンタの担い手になった長男が小声で「メリークリスマス」と言って立ち去りました。長女はびっくりして妹2人と共に玄関の戸を開けるとそこにはプレゼントが~!長女は、サンタさんの声を始めて聞いたと大喜び。かなり興奮しながら何度も繰り返し話していました。

そして、今年は長女がチャイムを鳴らすという役割を担いました。妹2人は大喜びで玄関を開けて、玄関先に置かれたプレゼントに感激していました。小1のアマンダ(次女の仮名)は、すぐさま道路に出てあたりを見渡したり空を見上げたりしてサンタを探したけど会えずにちょっとがっかり。でも、ず~っとほしかったプレゼントを手にしたので大満足でした。ちなみに、三女で4歳のデンプ(仮名)は、ほしかったキティーちゃんのケーキ作りセットに加えて、誕生日のプレゼントでもらいそこねた「ゆめひよこ」も届けてもらってご満悦。もちろん、長女も長男もサンタの担い手としての役割を果たしつつも、サンタを信じている我が家においての子どもという立場である特権として、ほしいプレゼントはもらえるので、やっぱり大満足。

昨日のサンタさんは、我が家にとっては記録的な早さとなる、午前8時頃にやってきました。子どもたちは、思わぬ速さに大喜びでしたが、なぜこんなに早かったかというと、サンタの担い手であるパパが、早く子どもたちの喜ぶ顔が見たくて、待ちきれずに急きょ実行したためです。

我が家では、神様や仏様は常に崇めているので、家族みんなが神棚やお仏壇を通して崇めたり、神社やお寺に参拝に行ったりするのも習慣となっていますし、そういった窓口である物質がなくても、強く意識しています。ちなみに、昨日もプレゼントが届けられた後に電車と徒歩にて、家族で香取神宮に行きました。でも、キリスト教やそれに関連する宗教ということに対しては、あまり興味はありませんし、信仰はしていません。そんな中、キリスト教から発しているといわれているこのクリスマスという行事を、それなりに毎年、特別な行事として待ちわびて演出して家族みんなで楽しんでいます。

このクリスマスという行事は、我が家にとってはひとつのキリスト教という宗教的なものとは離れていて、世の中の多くの子どもたちや人々によって、ポジティブなエネルギーの塊となって存在しているサンタクロースという神的な存在や、クリスマスという行事を、ひとつの楽しいイベントとして楽しんでいるということだけです。きっと、日本ではそういった方が多いかもしれませんが、我が家もそんな感じです。まあ、あまり宗教的な意味合いにはこだわらずに、道理に適っていることでありそれなりの意味合いがわかって認めていれば、わくわくしちゃうことは大いに楽しんじゃうということが基本ということでしょうか。。


○サンタクロースの由来

4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教(主教)、キリスト教の教父聖ニコラウスの伝説が起源である。

「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。靴下の中にプレゼントを入れる風習も、ここから来ている。その後、1822年にニューヨークの神学者クレメント・クラーク・ムーアが病身の子供のために作った詩「聖ニコラウスの訪問」がきっかけとなり、このサンタクロース物語は全米中に広まった。

また、ニコラウスは学問の守護聖人として崇められており、アリウス異端と戦った偉大な教父でもあった。教会では聖人として列聖されているため、「聖(セント)・ニコラウス」という呼称が使われる。これをオランダ語にすると「シンタクラース」である。オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったようだ。

正教会系の国では、サンタクロースは厳密に「奇蹟者」の称号をもつ聖人たる聖ニコラオス(聖ニコライ)であり、聖ニコラオスの祝日は12月6日である(聖名祝日の項目を参照)。子供たちがこの日に枕元に靴下を吊るしておくと、翌朝に入っているのはお菓子である。クリスマスである12月25日は聖体礼儀に行く日で、プレゼントはない。また、ユリウス暦を採用している正教会(ロシア正教会など)のクリスマスは、現行の暦に換算すると1月7日である(現在、ユリウス暦とグレゴリオ暦の間には13日の差がある)。

~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照~
スポンサーサイト



日記