FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

自分が今在る位置

2011年08月15日
DSC04457_convert_20110815114117.jpg
~8月15日AM9時半頃に撮影~
今日の午前中に街へと買い出しに行く途中、少し遠まわりをして御神崎へ行ってエネルギー充電&浄化をしてきました。


石垣島は離島とはいっても比較的に大きい島でして
石垣島の面積と東京都23区全部を合わせた面積と比較すると
3分の1よりも少し広いくらいの大きさがありますし、
私の生まれ育った東京都足立区の約4倍の面積です。

ですから石垣島の中で暮らしていくうちに
‘離島に住んでいる’という感覚が薄れてきて
本州の「小さな地方都市から少し離れた海沿いの集落」
で暮らしているというような感覚になってきています。

石垣島で暮らし始めてから約1年5ヶ月になりますが
住む以前にイメージしていた離島の暮らしと
ちょと違う感じのこともいろいろとあって

気候や言葉や環境の違いはあっても
不便にはほとんど感じることがないような
これまでの生活の延長といった感じで
とても普通に暮らしているように感じています。

もちろん‘ないものねだり’をしたら、
ネガティブに感じることはいろいろとあるでしょうけれど…

DSC04458_convert_20110815114327.jpg
~御神崎下の独特な雰囲気の海の色~

そんな感じではありますが
あるいくつかの場面に接すると
「やっぱりすごく遠くにいるんだな~」と
しみじみと実感して独特なわくわく感がわき上がります。

そのように感じる機会の最も多い場面は
‘全国版の天気予報をテレビで見た時’です。

日本地図がテレビの画面に出ると
ついついこれまでの習慣で
千葉県に目を向けることもありますが

気づいて石垣島に目を動かす際に
最も目印になる場所は台湾でして
その近くに小さな点のように描かれた
石垣島を見つけています。

石垣島から台湾までの距離は約270km
沖縄本島の那覇までは約410kmですし
地図上では沖縄本島すらも小さく見えますので
目印は台湾になっているのです。

ちなみに石垣島は直線距離にして、
大阪からは約1600km、東京から約2000km、
稚内からは約2800kmも離れているようです。

次に多い機会は‘以前よく行っていた場所を思い出して、
その場所を近く感じたり、行きたいと思ったりした時’です。

たとえば以前よく参拝していた香取神宮や鹿島神宮や
産土神社の大宮氷川神社に行きたいと思ったり
富士山が見たいと思ったりしたような時や

家族の会話の中で千葉に住んでいた頃の
近所のお店や学校などの思い出話をした時などに

「あっそっか~、あの時はすぐにでも行けた場所が
今は飛行機に乗って、ん~万円かかるし
何時間もかけて行かないとな~…」と思うと、
やっぱり遠くにいることをあらためて実感します。

島の中にいて島の暮らしに慣れるにつれて
今、私たちが住んでいるこの場所が中心であるために
過去はどんどん遠のいていきます。

でも過去の経験はとても貴重であり
過去があったからこそ今のポジティブさがあり
大切な学びの場でもあったので
思い出は大事にして扱っています。

またその時点ではたいへんな苦労や苦難と感じたような
過去の様々な状況を乗り越えてきたからこそ
今の幸せを実感できていると自負してもいます。

今、私のいる場所を日本全土の地図の中で捉えてみると
その位置は本州と比較するととても離れた南にあり
北から南まで約3000kmもある日本の国の長さも実感できます。

DSC04460_convert_20110815114510.jpg
~御神崎から見渡せるイリオモテヤマネコの生息地としても知られている西表島~
西表島は八重山諸島の中では最も大きい島(石垣島の約1.3倍の面積で、青森県八戸市よりも少し小さい広さ)です。人口は石垣島約4万5千人に対して、西表島は2千数百人と少なく、石垣島以上に大自然のあふれている島です。石垣島の離島ターミナルから高速フェリーに乗れば40分ほどで渡ることができますが、まだ私は一度も行ったことがありません。今年の秋には西表島に行って、ジャングルの中の温泉に入ったり滝を見たりしてきたいと願っています!


今在る場の中に入り込み過ぎたり固執したりし過ぎてしまうと
ちょっとわからなくなるようなことがあっても
広く見渡して今の位置を確認してみた時に
あらためて今の自分の存在している位置を認識することができます。

今の自分の波動がどのような状況であるのかとか
自分なりに修養を重ねてきたつもりでいるけど
実際にも本当に自分の波動が高まり魂は向上しているのか…?

そんなふうに疑問が生じた際には
まずは自分自身の過去を思い出して
過去の自分と今の自分を比較してみると分かりやすいでしょう。

そして今の自分を内観することと合わせて
離れたところから客観的に自分というものを捉えてみると
自分自身の位置や大きさがわかりやすいでしょう。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





スポンサーサイト



日記