FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

出雲の旅の思い出

2011年08月14日
私は過去世において、出雲大社様にて巫女をしていたことがあると感じています。初めてそう感じたのは、今から6~7年ほど前だったと思います。しかし、その時点では今世においては出雲大社様に一度も参拝したことがなかったのですが、どうにも強烈なわくわくが止まらなくなったので、そのような過去世を思い出してすぐに、直感的で突発的に(家族の了承を得て)、3泊4日の一人旅で出雲大社様へと参拝に出かけ、出雲の国の寺社巡りもしてきました。そして、出雲大社様へはじめて参拝してご祈祷を受けた際に、巫女様が目の前で舞をご披露してくださった時には、涙が止まらなくなるほど感激してしまい、胸がギュッと締め付けられるようになり、魂が大喜びしている感覚が強く伝わってきましたし、今、こうして思い出しただけでもジュワーっと心が温かくなり、目頭が熱くなる次第です。

その後に家族6人でも2泊3日で出雲の国を訪れましたので、今回紹介します2年前の4月に行ったデンプ(3女仮名小2)との2人旅は、3回目の出雲の国の旅となりました。

私はこれまでに、出雲の国で参拝した寺社は、出雲大社、須佐神社、熊野大社、佐太神社、神魂神社、須我神社、八重垣神社、美保神社、日御碕神社、一畑寺(目のお薬師様・一畑薬師)、立久恵峡の五百羅漢・霊光寺などです。どの寺社も素晴らしい所でしたので、上記の寺社は2度以上訪れています。

また、出雲の国は食べ物もとてもとてもおいしいです!有名どころでは、荒木屋さんのおそばは最高でした。毎回、必ず訪れる平田の木綿街道にある300年ほどの歴史を誇る來間屋生姜糖本舗の生姜糖と抹茶糖は、いつもたくさんお土産で買っていきますが、味はもちろん美味しいですし、このお店のおかみさんや若だんなや若おかみさんのお人柄も最高でして、いろいろなお話をしてきましたが、とても楽しい気分に浸ることができました。出西生姜の独特なまろやかな味(今頃は新生姜の時期でしょうか…)、出雲のこってりとした甘い醤油(石垣島では手に入りません…)など、思い出すだけでも幸せな気分になります。

私の大~好きなさやこさんが、今、里帰りで出雲の国にいらっしゃるようです。これまでにも何度か紹介させていただきましたが、私の愛読しているさやこさんのブログを読んでいて、特にここ数日間は出雲の国のことをいろいろと思いだしていました。

さやこさんのブログ⇒「さやこのお部屋」

タエヌのお勧め⇒「占い師になったお友達のお話(前編)」
  ↓
「占い師になったお友達のお話(後編)」

などなど、ぜひ、バックナンバーもお読みくださいませ♪

スピリチュアルで美しくエレガントに生きる宇宙人的インディゴ&クリスタル地球人さやこワールドの魅力満載です!

私は、今、一番行きたい所は?と聞かれたら、迷いなく「出雲の国」と言いますし、実際に娘に聞かれた時もそう答えました。出雲の国の中で一番行きたい所は?と聞かれると「出雲大社様」と答えます。そんな出雲の国を2泊3日でデンプと2人で旅をした、2年前の4月21日~23日の様子を過去に当ブログで掲載しましたが、再度ここで転載したくなりました。あの時は、鳥取県の境港にある‘水木しげるロード’も行きましたが、まだゲゲゲの女房が放映される前でしたので、人かげはまばらで、ゆったりと妖怪たちとの触れ合いを楽しんできました。

*下記の内容は、209年4月24日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

予定通りに21日(火)から2泊3日で出雲の国へデンプ(3女仮名5歳)と2人で行ってきました。

DSCN0210_convert_20090424081632.jpg
羽田空港ロビー内の噴水 ~撮影者 デンプ~

1日目は予定通りに午後3時半頃には出雲空港に飛行機が到着して、4時頃にはレンタカーに乗り、須佐温泉にあるゆかり館に向かいました。ゆかり館は、3年半ほど前に江原啓之さんの出演した旅番組で紹介されて以来ずっとあこがれていた旅館でしたが、今回は2泊とも予約できました。テレビ放映された少し後に予約しようとしましたが、予約いっぱいであきらめましたので、3年半越しの願いが叶いました。ゆかり館に宿泊して感じたことは、夕食の料理は最高に美味しくて感動!サービスも良く、内風呂付きで清潔感ある部屋で、料金もお手頃、とにかく最高の気分でくつろげました。

DSC00365_convert_20090424081002.jpg
須佐神社正面


ゆかり館から数百メートルの所には須佐神社があります。これまでに2度参拝に訪れたことがありましたが、私にとっては心和む大好きな神社です。須佐神社は、出雲国風土記にも登場する由緒ある古社ですが、全国に数多くある須佐之男命(スサノオノミコト)ゆかりの神社の中で唯一、御魂をお祭りしている神社です。御本殿は島根県の文化財に指定されており、出雲大社とともに代表的な大社造りの建物です。

f/h/mfhqc9393/DSC00367_convert_20090424093122.jpg" target="_blank">DSC00367_convert_20090424093122.jpg
御本殿


今回はこの須佐神社には、到着した夕方と翌朝と帰る日の朝とで計3回参拝することができました。参拝するたびに素晴らしいご神気をいただき感激しましたが、帰る日の朝の3回目の参拝の時は、デンプが大喜びで感動した出来事がありました。

その出来事とは、帰り仕度を済ませて宿から出ると小雨が降っていたので、近距離ですが車で神社まで移動しました。でも、須佐さまの駐車場に着いたとたんにぴたりと雨が止み、雨雲が厚く薄暗い中で参拝しました。ご本殿で礼拝した後に、デンプがこどもおみくじをひくと「めぐみのあめに、ひのひかり、かみさまほんとに ありがとう、みんなすくすくそだちます、」と最初に書かれていてデンプは声を出して読みましたが、そのお言葉をデンプが読み終わった瞬間、突然陽の光が差し込んできました。空を見上げると、境内の近くだけ陽が射していて、周囲は雨雲が覆った状態でした。デンプは感激して「あめにひのひかり…書いてある通りだ~!」と大声を出して私と一緒にはしゃぎました。下の写真は、その少し後に撮りました。

DSC00398_convert_20090424100648.jpg
社務所前


出雲大社には2日目と3日目の午前中に参拝しました。2日目の午前中にはご祈祷をしていただきましたが、百人ほどいた中で私とデンプは1番にご拝殿に入り、最前列の真ん中に座ってご祈祷を受けました。やはり今回も、巫女様が鈴を鳴らしながら太鼓と笛の音に合わせて舞を行っている間中涙があふれてしまいましたが、私にとっては大社様におけるこの時にしか味わえない感激!?感動!?なつかしさ・・・どのように表現したらよいのか言葉がぴたりと当てはまりませんが、魂が熱くなり身も心も何もかもが喜んでいることを感じました。ちなみに、巫女様のお姿はうちの長女グミ(中一仮名)によく似ていて、デンプも「グミお姉ちゃんそっくりだった」と言っていました。グミのヘアースタイルは普段からいつも巫女様そのものですが、顔までも良く似ていました。

DSC00368_convert_20090424080756.jpg
出雲大社 (改修工事をしていました)

2日目の出雲大社でご祈祷を受けた後、私にとっては出雲の国に来た楽しみのひつとつである平田の木綿街道に立ち寄って、300年ほどの歴史を誇る來間屋生姜糖本舗で私の大好きな生姜糖と抹茶糖をお土産に買ったり、斜め前のお店でしょうゆソフトクリームを食べたりした後、車で1時間ほどかけて移動して、デンプの楽しみにしていた鳥取県の境港にある水木しげるロードに行きました。そこでは、猫娘と写真を撮ったり、たくさんの妖怪の像を見たりお店を見たりして、昼食時間も含めて約2時間ほど妖怪たちの中で楽しく過ごしました。

DSC00392_convert_20090424081358.jpg

ゆずりんさん(仮名)という私の知人から教えていただいたのですが、境港から旅館に向かう途中で島根県に入ってすぐの所にある「大根島の牡丹」が素敵であるとのことでしたので、行ってきました。実は私もデンプも、これまでに牡丹の花をじっくりと見たことはなかったのですが、ゆずりんさんのお庭に咲いている見事な牡丹の花のお写真を拝見して、ぜひ見たいと感じたので、急きょ前日になってから旅行の日程に入れました。

DSCN0214_convert_20090424135321.jpg
~撮影者 デンプ~


出雲大社にも牡丹の花が咲いている場所があり、デンプは綺麗だと感激して花をしみじみ見たり香りを楽しんだりしていましたが、大根島にはあちこちで牡丹の花が咲き乱れていて、「わ~!きれい~!この島ではたくさんの人が牡丹を育てているんだね~!」と感激していました。そこで、牡丹園に入園することにして園内を散策しましたが、デンプは何度も「すごい!」という言葉を発して、何枚もの写真を撮影しました。ちなみに、今回の旅のチケットをプレゼントしてくださった方が、デンプの芸術性の才能(?)を伸ばすためにデジカメもプレゼントしてくださったので、マイデジカメを持っての旅行でした。

DSCN0216_convert_20090424082147.jpg
牡丹と目玉おやじ ~撮影者 デンプ~


3日目は午後1時半発の飛行機に乗るため、午前中のみ出雲の国にいましたが、出雲大社を参拝したあと、日御碕神社へ参拝して、日御碕灯台近くやうみねこの繁殖地として知られている経島を見に行き、今回の旅を終えました。

DSC00415_convert_20090424082835.jpg
日御碕灯台近く


今回の旅は、経済的にはある意味後先を考えずの強行的な旅だったので、直前まで行くかどうかの多少の迷いもありましたが、行くと完全に決めてから旅を終えるまで、とにかく何もかもがスムーズに事が運びましたので、行くことは必要なことであったと実感しています。また、私自身が楽しみ感動することの多い旅でしたが、デンプも「あ~楽しかった!」と何度も言っているほど、本当に楽しみ充実していたようで、親としては嬉しいかぎりです。

DSCN0211_convert_20090424081726.jpg
ゆかり館1日目の夕食のデザートに出たロールケーキを1口食べたら中のクリームがハート型に・・・すかさずカメラを取り出して撮影  ~撮影者 デンプ~


精神的にもエネルギー的にも物質的にも、たくさんのみなさまからいただきましたサポートによって、今回の旅が実現したことを強く感じ、深く感謝している次第です。今回の旅にて、たくさんたくさんいただいてきたご神気などのあらゆるエネルギーを活力にして、この先もあらゆるわくわくすることに対し、人のため世のため地球のため宇宙のためにと、私なりに尽力し努めていきたいと思っています。

DSC00409_convert_20090424160712.jpg

日御碕神社

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スポンサーサイト



バックナンバー改訂版