FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

シリウスより愛をこめて ~その4~

2011年02月23日
*以下の内容は、2008年11月14日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あなた方が知識として理解している以上に、魂の関係も、肉体におけるDNAも、とても複雑にできています。しかし、そのおおもとをたどれば、全てが一つに結ばれているのです。とてもシンプルなのです。これは、宇宙における基本的な真実でもあります。

あなた方は、よく個人的なカルマを意識しますが、これは自己の顕在意識によってもコントロールできるカルマだと感じているからだと思いますが、実際は他の者のカルマや波動の影響もそれなりに大きく受けていると理解してください。つまり、カルマの法則は、もっと大きな範囲の中で完璧にめぐっているのです。

アセンションに向けて地球上のネガティブなカルマのすべては清算され、ネガティブなめぐりはなくなるために、アセンションした地球は新しい世に入り、その先何万年もの間の地球の愛に満ちた幸せな世が約束されるのです。そのために、今、地球上では最後の仕上げとなるカルマの清算が行われているのです。

カルマというのはポジティブなものもネガティブなものも、すべてが完璧にめぐります。そして、4次元以上の高次元の世では、ネガティブなカルマは存在しないのです。ネガティブなカルマを作り上げるものすべては、4次元以上の高次元の世には存在することができないのです。ポジティブなカルマ、つまり愛に満ち溢れたカルマのみがめぐるのです。

しかし、宇宙全体レベルでいえば、高次元の世においてポジティブなカルマのみがめぐっているための調和として、次元が低くなればなるほどネガティブなカルマが多くめぐっている状態になっています。実はそんなカルマの法則が宇宙全体の調和の中ではめぐっているのです。つまり、全宇宙を通しての陰陽の調和が成されているということなのです。

今の地球の世において、着実にネガティブなカルマは減少しています。そして、ポジティブなカルマが多くなってきています。しかも、あなた方が3次元的な世の中の現象として実感している以上に、根本的な観点やエネルギーのレベルでは、大きく変容しているのです。

たとえば、あなた個人のカルマがどんどん光り輝く愛に満ち溢れるものになり、たくさんの愛をめぐらせることによって、周囲の人やご縁のある人、そして周囲の物質や場のエネルギーも、光を与えることによって波動を高めてカルマをよりポジティブなものに変えることができるのです。逆に、あなたがネガティブなことを選択して波動を落とせば、周囲の状況までもがネガティブな闇の影響を受けてしまうのです。

あなたはあなただけの個人として成り立っているのではありません。地球上、そして宇宙のすべてのものが根本的につながっているのです。

あなたが輝けば地球も輝きます。あなたがネガティブなことを選択すれば、地球全体にもそのカルマがいきわたります。あなたはあなたなりの立場において自己責任をより強く持って、より愛をめぐらせることができれば、地球はそのカルマによってさらに輝きます。一人一人のエネルギーの力は大きいのです。あなたは、地球全体の波動に影響をもたらしているのです。あなたのカルマは地球全体の波動を左右させるのです。

そして、もしあなたの波動がネガティブなものが多くて波動を下げることを選択し続けてしまうと、アセンションする時が近づくにつれて地球の波動とは合わなくなっていき、地球上ではネガティブなカルマをポジティブなカルマへと清算することが不可能になるために、地球を離れて他の惑星の3次元の世において、めぐらせてしまっているカルマを清算する目的で転生するようになる確率は増します。全宇宙において波動の法則とカルマの法則は完璧に働くのです。逆にいえば、波動を高めて地球のアセンションに貢献して地球と共にアセンションすることができれば、あなたのその後の何万年もの至福の時が約束されるのです。

*上記のメッセージは、2008年11月14日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわくひとりごと☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。ここには、たわいもないようなことや、ちょっとした気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、気の向くままにさらりと書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







スポンサーサイト



バックナンバー改訂版