FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

レイキ等ヒーリングについて

2010年12月30日
*下記の内容は、2010年5月30日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

レイキの伝授を行う際には
必ずレイキ特有のシンボルとマントラを
レイキティチャーである私は使っています。

また自己ヒーリングや他者へのヒーリングの際にも
以前は必ず1回1回シンボルを描いて
マントラを唱えてから行っていましたが

最近は常にシンボルとマントラとは
すでに繋がっている状態であることを信頼していますし
あらゆるヒーリングテクニックも混ぜて行っていますし
さらにエネルギーの高まりも感じていますので

特にレイキのシンボルやマントラを
毎回マメに使用するということにはこだわらず
その都度の必要なエネルギーを受けてめぐらすように
その時のインスピレーションや直感に従って
ヒーリングを行っています。

でも妻atumiの場合は
レイキヒーリングが基本であり
ベースでもあるので

常にレイキのシンボルとマントラを用いて
ヒーリングを行っていますし
必要に応じて他の方法も混合して
ヒーリングを行っています。


私はレイキのシンボルもマントラも
とてもパワフルで有効であると感じていますし
レイキの伝授を受けてから何年間も
ほぼ毎日シンボルとマントラを用いて
ヒーリングをしてきていたので

しっかりとつながっていることを感じて信頼し
私自身は最近ヒーリングではマメに使用してはいませんが
妻は毎回使用する必要を感じて行っているわけで

人それぞれの必要性や信頼度や動機・目的によっても
その時点でのヒーラーとしての状況によっても
その時のエネルギーの状況によっても

シンボルとマントラの必要性や
レイキ自体の捉え方や用い方も
人それぞれ違ってくるのだと私は認識しています。


またヒーリングを受ける動機も
ヒーリングによってもたらされる効果も
人によって様々です。

それでも全体的な傾向として
スピリチュアルな目覚めを
さらに促進させるような結果に至る場合が
とても増えてきていることは確かですので

総合的に捉えてみると
スピリチュアルなエネルギーを
それなりに意識している人たちは

アセンションに向けて
ポジティブな方向へと
さらに早足で歩んでいることが認識できます。

そしてここ最近の
さらなる急激なエネルギーの高まりによって
このような傾向はより強まっていることも感じます。


時々レイキの伝授を受けた方が良いのかどうかとか
レイキヒーラーになれるかどうかといったようなご質問を
受けることがありましたが

私はその都度
そのご質問者から認識できる(感じられる)状況によって
人によってはレイキの伝授をお受けすることをお勧めすることもありますが
人によってはその時点で独自で行っているような
オリジナルなやり方を続けることをお勧めするようなこともあります。

でも本来は自分自身の直感である
わくわく感に従うことが最良のことなので

どのような情報に触れても
アドバイスを受けたとしても
最終的にはあらゆることを参考にしつつも
自己の内で感じるわくわくに従うことをお勧めしています。


本来すべての人は
宇宙エネルギーや地球のエネルギーと
深くしっかりとつながっていますし

魂や内在する神仏や
守護のあらゆる存在からのエネルギーも受けて
今こうして地球上に人として存在しています。

ですからそのようなことを信頼し
それら無限のエネルギーを信頼して
自分なりに適した方法で意識的に取り入れるようにすれば

さらなる健康や活力を手にすることができますし
自己へも他者へも意識的に
ヒーリングを行うことができるのです。

ただしまだ今の時点のように
アセンションを果たして
黄金時代を迎える直前である

ネガティブなエネルギーと
ポジティブなエネルギーの
2極化した中でのギャップの大きい中にある
現段階のような地球上では

人々は肉体的にも違和感や苦痛などを感じたり
感情や気持ちや思考などの顕在意識でも
ネガティブになってしまうことがあって
ポジティブになりきれない状況にもなるような場合があるわけでして

ポジティブな状況へと改善するためには
直感的に必要に感じわくわく感じるような
ヒーリングテクニックを得ることも大切だとも感じますし

スピリチュアルなエネルギーを使い
少しでもポジティブにしてくれそうだと感じるような
ヒーラーがいたとしらなら

強く依存しすぎないようにすることを意識し
過信しないように意識しつつも
信頼と愛を持って依頼をすることは
時には必要であると思います。

また、依頼を受けたヒーラーは
自己責任を強く持ち
自由意思の中で選択をして
ヒーリングもしくは伝授することを
受け入れると決めた際には

愛からくる動機の中にあれば
少しでもお役に立ちたいという気持ちを抱いて
全力を挙げて尽力すべきですし

それがヒーラーにとっての
お役目を果たす絶好の時であり
幸福感や充実感を得ることができるはずなのです。


強く依存をしすぎたり
過干渉をしすぎたりするのは
ネガティブなことではありますが

実際には人々も
全宇宙のあらゆるものも
すべてがほどよく依存し合って
調和されて存在しているのです。

*上記の内容は、2010年5月30日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《1日1回ワンクリックずつのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。》
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スポンサーサイト



バックナンバー改訂版