FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

宇宙連合からのメッセージ

2007年10月03日

待つとはいっても、ネガティブな思いを持って待つということと、わくわくしながら楽しみに待つということでは、大きな違いがあるわけです。あなたの、今の待つという行為は、準備をするという言葉が一番あてはまるのでしょうか。待っている間、波動がどんどん上がっていき、今、こうして波動が合ったところで私とつながることができました。このたびもどうぞよろしくお願いします。

足音を立てるように、刻一刻と近づいてきているアセンションの時が、音としても強く感じられるようになってきましたね。先日お伝えしたように、ここ4、5日の音、つまり波動がまた大きく変わったということでの気づきは、できる人とそうでない人とが、極端に分かれているということになります。まあ、できたからといって波動が高いとかすごいこととかというわけではなくて、今回のこの宇宙エネルギーの質は、特定の人が感知して得ることにより、それも陰陽の調和をもたらすということになるからであります。

ですから、その一種独特の強い波動を感じ、全身で浴びながら得ることを選択して取り入れたあなたがたご夫妻は、それはそれでのお役目を果たすためでありますが、いつものようにそれが何かということを詮索する必要もないし、理解しようとしなくてもよいということになります。そして、わかったほうが良い時にはわかるわけですから、そんないつもの感じで受け止めてください。

どんどんあからさまに世に示されるようになってきた、政治という世界での不可思議といえる道理の中での出来事が、より具体的に、より世界規模という大きなものとして表出してきました。もう、すでに日本のみのレベルで言えば、こんなにもわかりやすいほど目に見えて魔の存在も幼い魂の強いエゴで凝り固まっているという皆さん方も、くっきりと浮き出されて世に示されているということで、ぜひ根本のみをシンプルに受け止めることによりご理解いただけるとうれしいと、タエヌ共々強く思っている次第であります。そんな中、政治や政府そして政治家を決して批判してはいけません。批判する心が生じることにより、怒り、不安、心配などといったネガティブな感情を抱いて波動を下げてしまったら、それこそ魔の思うつぼです。とにかく、淡々と事実の真意のみをみ続けて、理解し受容してください。かといって、すべての出来事に対して凝視する必要も分析しようとする必要もありません。ネガティブに受容しそうになった時のみ、ポジティブに受容するためにはそのような作業が必要になります。

何も、政治や政府というものだけが、そういった対象になるわけではありませんが、三次元の世において、政治家本人も人類の多くも、何か一つ高い所に位置している存在として政治家や政治の事実をとらえているようですが、実際はそうでないということ。そういった事実がこの地球の人間社会の今の世には、たくさんある中の代表例であるということなのです。そして、常時マスコミによって取り上げられているために、その動きも状況もわかりやすくなっているということなのです。当然、マスコミ事態も政治の世界に似ているので、同様にそのままマスコミの情報を鵜呑みにするというわけではなく、その報じられ方から、何をどのように受容するかということが大切になってくるというわけです。

今、多くなってきているこの宇宙エネルギーの中の一つに、こういった魔とか闇の世界とかという、とてつもなくネガティブで荒々しい音(波動)を持っている者たちと、それぞれの人のお役目に応じて戦うという使命をお持ちになられた方に対して、必要であるポジティブなエネルギーが向けられています。まあ、戦うとはいってもみなさんがイメージしている戦いとは違う部分が多いわけですが、一言で意味を言い表せば「正しい道を歩み続ける」ということです。正しい道を歩み続け、身をもって指し示すことができれば、それは多くの人々にとっての励みになり手本になり参考になり、さらなる魂の向上に結びついていくのです。

だから、この前の日記にも書いたとおり、身を置く場所や行動がとても重要になってくるのです。そういったお役目がわかっている人々は、わかっているのでしたら実行する義務があります。このような、素敵なアセンションする瞬間を味わえるという体験を目の前にして輪廻転生してきたわけですから、責任はとても重大であるということになります。

今、こうしてこのたびのメッセージを降ろすに至った経緯は、宇宙連合という言葉で日本のみなさま方にはすでに認識されている方もいらっしゃいますが、そこからの複数の宇宙人のメッセージであるということを書き加えておきます。複数とはいっても宇宙連合ともいえるし、宇宙の高次元の者すべてからといっても過言ではない、一つの神からのメッセージととらえてもよろしいと思います。ありがとうございました。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)