FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ハモンデウス(高次元の宇宙人)からのメッセージ

2007年09月20日

星と星の間の距離というものを考えると、それはそれは果てしない距離ということになるわけでですが、そんな天文学的な数字ということも、とても物質的で面白いものだと思いませんか。

数字という物質に触れることで、地球上における人間という存在の多くは、物事を判断して計算することにより、それだけで無理である、可能である、可能かもしれない、絶対に不可能であるなどという、起こりもしないやってもいない結果というものを推測するという習慣があるようです。

私たちにとっての数字というものは、そういうものではありません。あくまでも目安であり、感覚をわかりやすく表現するものであり、マークであり、物質を示すものであるということです。だから、数字に左右されるとか、数字によって混乱を招くとか、そういったことは全くというほどありませんし、そんな数字に惑わされるということはありえないことです。

あなたが物質というものを乗り越えたとそれなりに感じているかもしれませんが、まだまだどうしても抜けきれない数字という枠は、私たちからすれば滑稽に写ってしまうほどの、とてもゲーム的なたいしたことのない小さなことであるとしか思えないのです。その枠にまだまだ捉われていて、はまったままにいるあなたというものが、とても信じられません。もう、とっくに脱するだけの知識と経験を、地球において英知というものとして身につけているはずですから。そして、宇宙にあった存在としての状態に、もうすぐそこまで近づいてきているのですから。

このようにして、物質というもののしがらみから抜け出して、本当の魂をよみがえらせるという作業を、あなたは身をもって行っているという自覚を持っているわけですから、この、最終段階ともいえるべき今のこの状況を、いかにもあっさりと抜け出して世に指し示すという、まるで義務とでもいえるようなものをあなたは背負っているのです。

数字を計算するなということを申し上げているのではありません。あくまでも、数字にとらわれて、支配されて、そして波動を下げたり必要な経験を控えたりする、そういったことをあなたが行うということは、もう許されないとでもいうべきでしょうか。

示してください。あなたがここまでもうきたのだから、だから今まで以上に強固たる自信のもと、指し示してください。数字は、あくまでも物質的なことを表したマークです。計算は参考にはなるけど、今後の行動や思考を狭めたり制限したりするほどの大きなものではありません。ましてや、波動を下げるなんて、そんな必要のないことをするには、あまりにももったいなさ過ぎます。

ハモンデウスという名を用いて、この地球という地を見つめているものです。あなた方に期待してやまない、宇宙の果てから来た同志です。もう何万光年なんていう数字を出したら、驚いて波動を下げてしまうかもしれないので、その辺は折をみてお話しします。でも、面白いことに、数字としてはとても遠い星から来ましたが、実は私とあなた方とは、とても近いところにあるのです。一瞬のうちに、あなたのもとにいけますし、私の星にも帰れます。数字というものは、そんなふうに単なる目安でありマークであるだけです。

なんだか、ちょっと理解ができないことも話してしまったかもしれませんが、そんな一つの面白い話もあるんだというくらいの認識でもかまいません。こうして、あなた方との通信ということができたことに喜びを感じます。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)