FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2つの新聞記事 ~石垣島ダイアリー~

2010年10月14日
32010年10月14日(木)

曇り時々雨

最高気温 30.3度
最低気温 26.3度

2010年10月13日(水)

曇り時々晴れ

最高気温 30.6度
最低気温 26.7度

DSC03297_convert_20101014091311.jpg
~八重山毎日新聞 10月13日の記事を写真に写しました。前列右から2番目がデンプ、右後ろがアマンダです~


石垣島は八重山諸島の中にあって
石垣島以外の有人の島は竹富島・小浜島・黒島・新城島
西表島・鳩間島・波照間島・由布島・与那国島があります。

八重山諸島の総面積は約600k㎡ですので
東京都の総面積の7分の2ほどの大きさですが
人口は約53,000人です。

この八重山地域において
発行部数が約16,000部の
八重山毎日新聞がありますが

約12ページの新聞で
全国版も地方版のニュースも
それなりに充実していますので
4月の中頃から宅配してもらって愛読しています。

このような地方紙ではありますが
新聞の紙面の写真に2日間連続で
我が子たちの写真が掲載されました。

DSC03299_convert_20101014091519.jpg
~上の写真をアップにしました~

昨日13日の記事では
自宅賃貸マンションの大屋さんのご家族が
100歳になられましたが

小学生たちが長寿を祝福しに
ご自宅を訪問した様子が記事になり
大きなカラー写真と共に紙面に掲載されました。

この日の帰宅後に
デンプ(3女仮名小1)もアマンダ(次女仮名小4)も
100歳のおじいちゃんの家に行ったことを話してくれた中で

口をそろえるようにして
「100歳なのにとても元気だった!」
「明るい人だった!」
「部屋の中がかっこよかった!」
などと感激して嬉しそうに話してくれました。

新聞の記事にも児童達の
感激した言葉が書かれていましたが
「ぼくも長生きしていろいろなことがしたい」とか

お会いできたことで
「これで100歳まで長生きできるかもしれない」
とかと感想を口々に言っていたようで

100歳のおじいちゃんの
ポジティブな波動やエネルギーに触れて
愛の大きな8人の児童は活力をいただき
大いに癒されたようでした。

ちなみにこの方のご自宅は学校の目の前でもあり
自宅マンションの隣でもありますので
私も100歳のおじいちゃんを時々見かけていましたが

子どもたちの話を聞くまでは
まさか100歳の長寿とは思えないほど
とても元気でしたし
いつも輝いていました。

DSC03303_convert_20101014092206.jpg
~10月14日に掲載されました。3人の子の真中の横顔がデンプです。ちなみにデンプは石垣島に来てからわずか半年ちょっとなのに、新聞に写真が掲載されたのは私が知っているだけでも3紙にわたってすでに7回目。アマンダは3回目です。ちなみにシューとグミは1回ずつ、妻は2回写真が掲載されましたし、絵画コンクール入賞とか陸上大会の入賞の記録もデンプとシューがフルネーム入りで掲載されました。石垣島の人口は約43,000人と少ない中ではありますが、こうして掲載していただくことは素敵な必然を頂いていると深く感謝していますし、実際に今のところは嬉しい記事ばかりですので、見るたびに波動も高まっています。(家族の中ではタエヌの写真だけがまだ一度も掲載されていませんが~…)~


今日14日の記事は
昨日の小学校の郊外学習の様子を
新聞記者やNHKの撮影も入って行われたものです。

アマンダもデンプも「大豆を使って何かを作る」
としか知っていなかったですし
家庭には学校から詳細を知らされてくれていなかったので
てっきり調理を野外でするだけなのかと思っていましたら…

来月1日に打ち上げ予定の
スペースシャトル「ディスカバリー」に
小浜大豆という八重山の地大豆を乗せて
国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟に
打ち上げられることになっているそうですが

その小浜大豆を使っての
豆腐作りや味噌作りをしたり
小浜大豆の植え付け作業を行ったり
宇宙規模の話などを聞いたりしたそうです。

会場には大学生の方々や農園の方や
主催した宮坂醸造(み子ちゃんで有名な神州一味噌の醸造会社)
の関係者や‘み子ちゃん’の着ぐるみを着た人や
全国宇宙大豆プロジェクトを行っている
(株)リバネスの代表取締役なども参加した
それなりに大きなイベントだったようです。

前回の石垣島ダイアリーで
アマンダの撮影したシーサーの写真を掲載しましたが
今回のイベントが開催されたのは
川平観光農園というこのシーサーのある場所ですので
自宅からは徒歩5分程度の近い場所です。

子どもたちは帰宅後に
大はしゃぎでこのイベントに関して
たくさんの話をしてくれましたが

このような世界規模の宇宙プロジェクトの1つに参加させていただき
宇宙がさらに身近に感じられたようですし
素敵な経験がでたようで本当に良かったと思いました。

でもアマンダが言うには
味噌作りをしている時に
何人かのカメラマンやNHKのTVカメラに囲まれた際に

とても重い波動を感じて(本人は強い邪気と言っていました)
息苦しくなって気持ち悪くなったとのことでしたが

デンプを見たら楽しそうにはしゃいで作っているので
デンプは大丈夫なんだな~と思ったとも言っていました。

ちなみにたぶんいつかNHKでも放送されるのでしょうけど
今の時点ではその情報が全く入っていませんのでわかりませんが
わたっからぜひ放送を見たいと思っています。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/











スポンサーサイト



日記