FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

宮護(みやもり)からのメッセージ

2007年03月01日

ひと月ほど前のこと、車を運転していたら、平安時代に「宮護」という御宮を護る仕事をしていたというスピリットからの突然のご挨拶をいただきました。その内容と宮護からのメッセージを要約して書きます。
        ☆       ☆
平安時代に、都の中でも御宮と呼ばれる天皇家や都の政治の重鎮の方々が住まわれていた中心地がありました。この御宮は、悪の人々や魔から護るために出入り口を1カ所にしていましたが、そこを護るのがこの宮護の役目でした。

私に挨拶してくれたこのスピリットは、強い魔との戦いに敗れて亡くなった方でした。霊界に帰った後、ご自身の魂の宮護としての能力を高めるために、地球でいうアイーダという星に行きました。このアイーダには、魔を倒したり寄せつけないようにしたりするための特殊な霊力を身につけている方がたくさんいたからです。そこで修行をして、また、同志をたくさん得て地球に戻ってきたとのこと。そして、この霊力を使って人のためにお役に立ちたいとのことでした。

今日のニュースでも、ある殺人を犯した人が「悪魔に言われた」と公言したことが話題になっています。兄弟や親子同士の殺し合いをはじめ、最近、人間が犯す犯罪としては信じられないことが頻繁に起きています。これは魔の仕業です。現在、波動が高まっている半面、魔の力も強くなってきていますが、結局は罪を犯すか否かは人間しだい。魔と波動が合わなければ関係ないし、魔のささやきや指示があっても従わなければ大丈夫。ただし、このような重大事件のみならず、ほんのささいなことから魔が入り込み、知らず知らずのうちに魔に侵されているということも増えてきています。

先日の日記にも書きましたが、波動が高いか、もしくは長く下がらなければ、魔の影響を受けることはあまりありません。でも、そういった負の力も増大しているということを「ちょっと意識するだけ」でも大きく違ってきます。

コミュニティーのみなさんの背後には、宮護のみなさまがいつでも待機してくれている状態になっています。もし、何か厳しい状況になったり心がネガティブな状況から抜け出せなかったり、そんな状態をポジティブな状態に改善したいときにでも、心の中で「宮護のみなさん、どうか私に(他の知人の名前を唱えてもその知人に力を与えてくれます)お力をください」というようなことを唱えるだけで、お力をいただけます。お願いをしてあまり状況が変わらないと感じる場合があるかもしれませんが、だめもとで(宮護に失礼な言い方ですが……)お願いしても構いません。そして、もし事態が良い状況になったとしたら、宮護に感謝の思念を送れば、それが宮護にとって人のお役に立てたという充実感となり喜びとなって、また次も護っていただけるようになります。

また、レイキなど、ヒーリングテクニックを身につけている方は、ヒーリングを行う際に宮護のお力をいただいて合わせることにより、効果を高めることができます。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)