FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

心穏やかにあり続けていると ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月31日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージ方です。見せてくれた映像は、街中を立派な刀を差して歩く20歳の頃の守護霊様の映像ですが、江戸幕府に仕える武士の中流に位置するような身分だったとのことです。

この方は武道の中でも剣術の腕はかなり高かったようです。守護霊様は人を痛めつけるためではなく、自らの命を守るための護身術を主な目的として剣術を身につけていたようですし、またそのためには精神的な修養も必要で、不動の精神や相手の気を察すること、相手を思いやり、相手の立場に立って物事を見つめる大切さなどを、この剣術からも武士道からも学ばれていたとのことで、戦うことは好まずとも自らの身を守り、家族や縁者の身を守り、精神性を高め人々や住んでいる地を愛する精神を養っていたとのことです。

また神道も重んじていたようで、自宅の敷地には小さな祠を建て、分霊いただいたものを祀り、毎日欠かさず拝んでいたとのことです。目に見えぬ存在をもあることを知り崇め感謝することによって、神や先祖を大事にし、またご加護という恩恵も受けていることに感謝していたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「自分自身が心穏やかに在り続けていると、周りの者たちも心穏やかなものが集まり、心乱れている者たちも心穏やかになっていくものです。穏やかな心で辺りを見渡すと、花の色がとても優しく美しく感じたり、空がまぶしく青く透き通っていつも以上にさわやかに感じたり、何気ない風景も癒しを感じたりするものです。

あなたの心の在り方ひとつで世の中はいくらでも穏やかに感じられ、またあなたのまわりに穏やかなものを引き寄せ、より一層穏やかになっていくものなのです。

でもその逆のことも言えまして、あなたが辛く苦しい心の在り方で辛く苦しいことを選択し続けていると、必然的に同じようなものを引き寄せてしまい、あなたの周囲は重くネガティブなものが多くなってしまいます。また、見える景色も、感じられることも重く狭い範囲で狭い了見でしか見えなくなり、何か曇っているように見えてしまうものなのです。

あなたが厳しいと感じているものは、決して世の中のせいでも他の人のせいでもなく、根本的にはあなた自身が選んだこと、あなたが招いたことなのです。ですからあなたが厳しいとか苦しいとか、ネガティブに感じたことがあったら、それを他のせいにするのではなく、まずは自分の内側を見つめ直し、あなたの内側である心の在り方や感情意識といったものを見つめ直してみてください。そして、あなたの自由意思に基づいて選択していることをもう一度捉え直してください。

他のもののせいにしているうちは問題が解決することはなく、たとえ問題が解決したように感じられても、またあなたの心の在り方や選択の仕方がそのまま変わらなければ同じようなことを繰り返してしまいます。ですから何か改善したいと感じるような事やネガティブに感じるようなことがあった場合には、まずはあなた自身を見つめ直し、とことんまで反省し、そしてあなた自身の中で改善すべき点を見出して改善するように努めてください。

それをもっともっと厳格に、すべてはあなた自身の人生はあなた自身が作り出していることを、あなたの選択次第であることを、強く心に抱いてそう信頼して改善するようにして下さい。

病気というものも一つのサインであり、薬や何らかの治療により病気が一時的に改善されたとしても、やはりあなた自身の波動が心の在り方が自由意思による選択がポジティブになりきれず改善されず、同じようなことを選択していれば、またあなたに何かがあると他のもののせいにするようなことが続いていれば、結局は同じような病気や怪我などといったあなたの肉体やガイドスピリッツからのサインが送られ、あなたの気付きを待ち望んでいるのです。

そんな私の言葉を信頼できるのでしたら、どうかこの先にあなたの明るい未来を、あなた自身の心を明るくすることで、あなたの自由意思に基づいて築いてください。人生は生きている限りはあきらめるようなものではなく、生きている限りは自分の人生に責任をもって在り続けるべきです。

それは、身体が不自由であろうとも精神的にどのような状態であろうとも、すべては自分自身が選び招いたことなのですから、今この時点のあなたに責任を持ち、よりポジティブに在り続けるよう、あなた自身により大きな愛を向けて、あなたの周囲の大切な人たちにもより大きな愛をめぐらせて、この先の未来に希望を抱いて在り続けることが、あなたにとっての魂向上のための今の大きな責任ともいえることなのです。あなたの魂向上のための今世の人生の道は、生きている限りは続いているのです。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」









スポンサーサイト



守護霊様からのメッセージ

愛でいてください ~高次元の存在からのメッセージ~

2020年08月30日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まず、あなたにお伝えしたいことは、「あなたが、今、こうして生き続けているという、そのこと自体に大きな価値があるということを自覚してください。」ということです。

あなたは地球上で何度も生まれ変わり、たくさんの輪廻転生した数々の過去世がありますが、過去世の中で自分自身で自らの命を絶ったこともあり、今世ではそのカルマの解消として、あなた自身があなた自身の意志でこの地球上の世の中で、より長く生き続けるという選択をするということが、大きな今世での魂の目的の一つであるということを自覚してください。

つまり、あなたが、今、こうしてあなたの意志で今ここに生き続けていること自体が、今世で、今、この時代に転生してきた一つの大きな目的を果たしていることになっているのです。

あなたがこの暮らしを進めていくうえで、あなたの身近な家族とはあらゆる面でサポートし合い、分かち合い、お互いに気を遣い助け合いながら生きているわけですが、その中であなたが愛を送り、そしてあなたは愛を得ることができ、その愛の巡りというものがあなたの家族の中でより大きければ大きいほど、その愛の光エネルギーはあなたの家族内だけではなく、地球全体にも宇宙にも波及し、全宇宙の光の一部になって、より高い神のようになるための貢献をしているのです。

ですから、あなたが生き続けることだけでも、そしてあなたの周囲の人たちとより多くの愛を巡らせあうということだけでも、あなたはこの地球にとって、そして宇宙にとって、大事な大きな光の巡りという仕事を果たしていることになるのです。

仕事という言葉は、今のこの日本における物理世界では、主に金銭を得るために何かを行うこという意味合いで使われることが多いわけですが、本来、仕事とは‘人のためにすること’全般を指すものでもあり、それは人のためばかりではなく、‘世のため地球のため宇宙のためにすることもすべて’仕事ということなわけで、何も金銭を得ることにこだわる必要は、本来はないのです。

ただ、今あなたが生きている現在のこの地球上の世界では、お金はどうしても必要なわけですから、その仕事をした結果の報酬として与えてもらうことがそれなりに大切にされているわけですが、宇宙の視点で見れば、本当はそのようなお金という報酬は大したものではなく、それよりもどれだけ大きな愛を巡らせているのか、どのような純粋な愛を持って物事を行っているのか、そういった動機・目的や、その本人自身のその大きな愛のある意志というものが大切になっていくわけです。

今のこの世間の中でいわれている常識とか良識といったようなものは、それはそれで一つの参考にしつつも、人それぞれ個性があり違っているように、本来は人間の生き方もすべてが違うわけですし、考え方もこの人生を歩むための目的もその価値観も何もかもが人それぞれそれなりに違っていて何も問題はないのです。

それよりも、人と同じようなことをしようとか、人と比べようとかすること自体がネガティブな要素の多い結果が生じやすいわけでして、皆それぞれの目的があり、皆それぞれ魂がその目的意識を持って、今世にこうして転生してきているのです。

最初に申し上げましたとおり、あなたは、今、こうしてあなた自身の意志で生き続けていること、ただそれだけでも大きな価値があるのです。そして、今、こうして存在し続けていて、あなたがやりたいと思うこと、やった方が良いと思うこと、やるべきと思うことを、ただただその目の前に現れる状況を、このようなことを自分の意志でよりポジティブと思うことを選択し続けていれば、ただそうして生き続けていればそれでよいのです。

あなたが神様や仏様やご先祖様というものを意識して、何気なく心を傾けるだけでも、高次元領域に存在するあなたの周りで沢山見守っている多くの高級守護先祖霊団といわれる守護霊の霊団も、あなたを常に守ってくれている守護の神仏も、また、この地球上や宇宙に存在するあらゆる天使や神々も、ただ心を向け意識するだけで、すぐにその意志とつながることができるのです。

そして、たとえお墓の前で手を合わせて拝むようなことをしなくても、あなたがただ椅子に座り、ご先祖様に心を傾け感謝の気持ちを述べるだけでも、その感謝という大いなる愛はご先祖様につながり、そしてご先祖様が喜び、あなたに愛を返してくれて愛の巡りができるのです。

それと同じように、あなたが守護霊様を意識したり神様や仏様や天使などを心の中で意識し、例えば感謝の言葉を伝えたり、お礼をしたりすれば、それが確実に高次元のスピリットに伝わり、そしてまた愛の巡りができ、すべてはあなたに大きな光エネルギーとして返ってくるのです。

ですから、本来は物質であるお墓も仏壇も神棚もあってもなくても、それは特に関係なく、あなた自身の心というのが最も大切で、そのような存在にどれだけ意識を傾けるか、どれだけ愛を大きく抱くのか、愛、つまり感謝や慈しみの念をどれだけ巡らせるのか、ということが重要になっていくのです。

あなたの持つその優しさは、これはとても大きな愛の巡りを呼んでいて、あなたが人に優しく接するだけでも、あなたは愛の光を送るという、癒しを実践するという仕事を行っていることになるのです。もちろんそれは言葉がけもそうですし、さりげない行動一つ、ほんの些細な手助け一つをとっても、これは一つの大きな仕事をしていることになっているのです。

愛でいてください。とにかくあなたは生き続けて、より大きな愛を巡らせるようにしてください。あなた自身がそれなりにポジティブに実生活を送ることが許されるような状況であれば、あなたはその中で生き続けること、そして、より大きな愛を巡らせることだけに集中して、よりポジティブに在り続けてください


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

感情をしっかりと味わってください ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月29日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀から18世紀の頃にかけて、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様は書道家としてかなり名の知れている方のようですが、書道に加えて水墨画を描いたり俳句を詠んだりすることも優れていたようで、その書道と絵と俳句を合わせた作品が特に評判が高かったようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「やるせない気持ちになった時は、自分の気持ちを打ち消そうとしたり捨て去ろうとしたりせず、その湧き上がってくるやるせないと感じるような気持ちとそのまま向き合うようにしてください。同じようにネガティブに感じる気持ち、感情、思考も、まずはしっかりと自分の中に湧き上がったものを素直に認識して味わってあげてください。

一通り味わったならば、そのままでいるとネガティブなまま心にしまい込み、いずれまた表面にあらわれてくるので、あなたの元来持っている癒しの力がここで必要になります。あなたは人に優しくしたり親切にしたりするような大きな愛を向けるように、あなたはあなた自身にももっと大きな愛を向けて癒してあげてください。癒すとは心を平穏にすること、安らぎを与えること、そしてバランスを整え調和を保つことも含まれます。

ネガティブな思考や感情を抑え込もうとしたり捨て去ろうとしたりしても、それが内側に溜まり溜まって、いずれは外側に爆発するような形で出てしまいます。もうそれはあなたの経験上、十分承知をしていることだと思います。そんな経験からも、今申し上げた通り、しっかりとどんな感情でもどんな思考でもまず受け止めて、そして癒すべきものはあなたなりにあなた自身に愛を向け感謝に変えたり、許しに変えたり、安心に変えたりして、過去のものを学びや善き経験として捉え、今、そしてこの先の未来に向けて生かすようにしてください。

あなたの過去の経験で、失敗したと感じたことは二度と繰り返さないよう意識し、素晴らしいと感じたことは更によリポジティブに感じるように光を当て、これまでの経験や学びに無駄なものは何一つなく、すべてはあなたの魂成長のために糧となっていますので、今一度それを改めて意識して、今そしてこの先に生かすようにしてください。

言葉の遊びも絵も真剣に取り組み過ぎると、それは時には息苦しいものになったり、追いつめられるようなものになったりと、その人の気の持ち方で、精神を圧迫するようなネガティブなものになることもあります。特に締め切りや、しなければならないという焦りなど自分で制限を作ってしまうと、よりネガティブになりやすくなります。

俳句は単なる言葉遊びで、書道は文字に親しみ楽しんで書くもの、水彩画はお絵かきをするだけのことで、実際は幼い子どもたちもそういった表現方法を覚えれば、だれでも自由気ままに遊び心満載でわくわくに応じて楽しんで行うものです。それを大人になるにつれて何らかの制限やプレッシャーをかけることにより、楽しく軽やかでナチュラルなものを、あえて難しく息苦しく重いものにしてしまっているのです。

あなたにもそのようなことが思い浮かべるとたくさんあるはずですので、そんな事に気がついたら徐々に解放してあげて、あなたをもっともっとナチュラルで自由な生き方に道を修正することが、今からこの先に魂を向上させるためには必要なこととなるでしょう。

あなた自身があなたをもっと許し、あなたに感謝し、あなたを開放し、あなた自身に優しくより大きな愛を向けるようになるにつれて、あなたの家族や周囲の人との関係も違ってくるはずです。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





守護霊様からのメッセージ

霊的な進歩・成長をするために

2020年08月28日
「霊的な進歩・成長するためには、何に取り組めばよいか」ということに関しましては、大切なこととして意識して実行してほしい、次の3つの項目を挙げることができるます。

一つは、あなた自身の見解として自分自身を評価した際に、欠点であると感じること、特にその中でも「改善すべき欠点であると感じるようなことのすべてを改善するように努める必要がある」ということです。

あなた自身が改善すべき欠点であると、今の時点で自覚していること全てが、あなたが今の時点で分かっている、今世においてあなた自身が魂を成長させるための課題であると、イコールで結ぶことができるのです。

例えば性格的なことであっても、例えば思い癖のようなものであっても、また悪習慣のようなものになって身についてしまったものであっても、すべてはあなた自身の意志さえあれば、必ず改善できることばかりでありますので、すべてはあなた自身の問題であると捉えることができるのです。

そのあなた自身の問題をしっかりと問題視し、真正面から向き合って改善して習慣として身につけるには、なかなか難しかったり時間がかかったりすることもあるとは思いますが、それでもずっと意志を曲げずに持ち続けてさえいれば必ず改善することができ、それに伴ってあなたの波動は高まり、霊的な成長につながるものです。

もう一つは、もっと「許せるようになる」ことです。これは世の中に対しても他人に対してもそうですが、自分に対しても同じことです。もっと心を寛大に持って、怒りやイライラや焦りといったようなネガティブな波動を発するような、感情や思考の揺れをできるだけ少なくするように努め、そのように感じた時は無理に感情や思考を押し込めたり、振り払ったりする必要はありませんが、そのようなネガティブな感情や思考を感じた時にまずはしっかりと受け止め、受け止めた後に、それを許しに変えるよう努力すればよいのです。

許しとは愛であり、愛の光をもって浄化をすれば必ずすべてを許すことができるようになります。これは自分のことも同様で、自分にあまり厳しくせず、時には緩やかに見てあげたり、自分のちょっとした欠点に感じるようなことも大らかに見てあげたりして、自分をもっと愛することができればそれが許しにつながります。もちろん甘やかしと許しとは同じ部分もありますが違った部分もありまして、自分への愛により、それなりに厳格に押し通す必要があることもありますが、でもやはり許す心も必要になるのです。

そして3つ目は、あらゆることに「感謝をする」ことです。あなたが今こうしてこの地球上で普通に生きていることにおいて、産んでくれた両親に感謝ですし、こうして常に癒して見守ってくれている守護の存在や宇宙や地球や、あらゆるあなたにご縁のある魂にもすべてが感謝であります。

たとえあなたがおもしろくないと感じる出来事に遭遇したとしても、それはあなたの魂を成長するための学びとなる機会を与えてくれたことになるので、やはり感謝です。あなたに対してきついことを言った人も、あなたとなかなか打ち解けることができなかった人も、すべてはあなたにとって学びとなり貴重な経験をさせてくれたことになりますので、やはり感謝なのです。

人はごく普通に生きている中で、普通に生きていることの素晴らしさをつい忘れがちになってしまいます。それでも、苦難や苦境に陥ってそこから脱して、また普通の生活ができるようになった時、その素晴らしさやありがたさを身にしみて感じ、感謝の気持ちもより大きくなる、そんな機会がよく与えられます。でもその時に感謝が足りないと、また同じことを繰り返し同じような学びをする結果に至る場合が多いのです。

これまでに申し上げましたようなこの3つの点、つまり「欠点と感じることを改善するように努めること」「許すこと」そして「感謝をすること」この3点を、これまで以上に、より強く意識され、日々の実生活を送るようにするだけでも、あなた自身、徐々にそしてスムーズに霊的な進歩・成長が必ず起こります。

これはあなた自身が、ある時ステップアップした際に気づく場合もありますが、あなたの周りの人が気づく場合もあります。いずれにしてもあなた自身がこの3つの点を、今まで以上に意識して実生活を送って修養することにより、魂は向上することに間違いありません。

この3つの内容に加えて、スピリチュアルなワークの中で、今のあなたに最も必要なワークは「瞑想」です。よりリラックスしてより落ち着いた環境において、それなりに心が安らぎ静まるまで瞑想ができる時間を、できるだけ取るように努めてみてください。

瞑想は、ただただ静かに自分自身の呼吸を意識して座っているだけでも構いません。またさまざまな瞑想のやり方があるので、あなたがピンとくるようなワクワクするようなやり方を見つけ、それに従ってみるのも良いでしょう。あなた自身、この瞑想によって得られるものは、あなたが思うよりも大きなものがあって、時々はしていてあまりよくわからないこともあることでしょうし、集中できないこともあるでしょうけれども、それでもやはりあなたにとって、今、瞑想はとても大切なことですので、焦らず、また特に何かを強く求めようとはせず、ただただ静かによりリラックスして瞑想してみてください。

また、瞑想をしているときに自分の心を無にしなければならないという固定観念を強く持ってしまう場合もありますが、それは手放してください。あなた自身の心の会話はとても大切です。その心の会話の中に、あなた自身の思考に交えて、霊界や天界などの高次元界から様々なインスピレーションを送られたり、新たなハイヤーセルフ・魂から送られてくるものも合わさりますので、瞑想している間、心の中に浮かんでくるものすべてをそのままあなたなりに受け止めてください。

あと一つ、ワークとして必要なことは、ほどよく体を動かすことは続けてください。つまり、それなりに軽いスポーツは続けて行い、自然治癒力や免疫力を高めたり、肉体を活性化させたりすることはとても大切なことです。肉体をより活性化させておくと、肉体の波動が高まりよりインスピレーションを受け取りやすくなり、よりリラックスしやすくもなるのです。

そして、波動がより高くなるにつれて、その時点の波動に見合ったインスピレーションや直感や思考などの中から、何かしらの「わくわく感じること!」つまり、‘やりたいこと!’‘やった方が良いと感じること!’‘やるべきと感じること!’が湧き上がってきますので、そのわくわく感のナビゲーションに従って、その道を歩む選択をすることで、さらなる魂向上の道を歩むことができるのです。

霊的な進歩・成長は、一夜にして成るものではなく、こつこつと積み重ねていくことが大事です。ただし、あるところまで成長すると、一気に開花をしたり、それまでできなかったことができるようになったりするなど、突然の目覚めが訪れる場合もあります。そのようなことはあまり期待するものではありませんが、でもそのようなことも一つの望みとして抱きつつ、あなたなりにマイペースで、魂成長の道をこつこつと歩み続けてみてください。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

水の癒し ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月27日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、16世紀の頃、中国で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様とつながった時に見せてくれた映像は、滝の裏側にある洞窟のような薄暗い所で、あぐら座で瞑想している守護霊様のお姿です。

滝の水の音が聞こえてくる中、その音が耳の中から消えて静かに感じるようになった時に、ふと自分の体から浮き上がる感覚になり、そしてその後は意の向くままにこの世界を浮遊し、高次元領域に行って桃源郷のような世界を見たり、光り輝く人の話を聞いたりすることができたとのことです。

守護霊様は、このように深い瞑想をすることによって高次元に魂で旅行し、そこで得た様々な啓示や、この先の予知やこの先に訪れるだろう地球の未来の姿などを知ることで、自らの叡智や悟りも開いていましたが、それらことに聞く耳を持つより多くの人々に伝えることが自分の使命に感じて、時々こうして瞑想をして得たことを縁ある人々に伝えていたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「川のせせらぎの音、大きな滝の響き渡るような音、小さな滝の雨粒がしたたれ落ちるような優しい音など、水の音から発されるこの軽い波動は、人の心を癒し優しく温かい気持ちにさせてくれるものです。あなたにとって、水はとても大切なものであるわけですから、人一倍、より体にとって良いと感じる水を摂取するように努めるとよいです。

ただ水を多めに飲むだけで、そしてその水がより波動の高い、より純粋な自然の育んだきれいな水であれば、あなたの心身はより浄化され、どのような食べ物でお腹が満たされても、そして栄養が摂取できても、この良い水から与えられる栄養とエネルギーは、今のあなたがよりポジティブになるためには、助けになってくれます。

より良い水をとることはあなたにとっては助けになってくれるものです。そして水を飲む、摂取するという事ばかりではなく、清らかな水の流れる音を聞くだけでも、その波動はあなたの波動を和らげ癒し高めてくれるのです。

自然の川や海や滝の水が流れる音を聞くのがもちろん理想的ではありますが、それが難しかったら何かの映像でもよいですし、録音した音でもよいですし、人工的に作り上げた水の流れる音でもよいです。心がめげた時、苦しい時、辛い時などのネガティブな感情が強い時には、この水を飲むことや水の音を聞く事、水を見て触れる事、そんなことをするだけで、癒しの効果を得られることでしょう。

人はそれぞれ今の世に転生するにあたって、魂の時に、この転生する自分自身の人生の青写真をある程度描いて生まれてくるものです。あなたの描いた青写真は、本来はそれほど厳しいものではなく、あなたの魂を向上させるために自らが選んだそれなりに幸せに生きられるものなのです。そしてあなたはその自らが選んだ青写真に沿った道を歩んでいるわけですし、今もなお、あなたが決めた人生の青写真を着々と歩み続けているのです。

ただし、あなたの一つ一つの感情の表出や、あなた自身に対してもあなた以外に対しても行ってきた行動や与えてきた言葉などの選択が、あまりポジティブでないと感じられるようなことがそれなりにあり、それを悔やんではいてもすぐさま改善しようとするとか、後になって気付いてもその気付いたことをあえて持ち出して改善しようとしたりするとかといった、反省しそれを改善するための努力というものを少しばかり怠ってしまうことがあったために、それがカルマとなってあなたにとって厳しいと感じるような現実を招いてしまっているのです。

でも安心してください。先ほど言いましたように、あなたは自分で予定した人生の青写真を今、順調に歩んでいるのです。あなたは自分自身の魂の向上のために、この道を歩むことを選択してきましたし、この先もあなたなりの一生懸命生きることで魂はますます向上していくのです。その示準となるのは、今、あなたはここにこうして存在していることであり、今生きているだけで、それだけで十分と言えるのです。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






守護霊様からのメッセージ

あなたは様々な才能があり開花させるために生きている ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月25日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、まるでひな壇に飾られている三人官女のようなお姿をして、何人かのやはり同じ身分の同年代の女性もその場に座られているお姿です。

守護霊様は、天皇家にほど近いご親類だったとのことです。ですからこの見せてくれた映像も皇室における正式な何かの儀式をされているところとのことですが、皇室に伝わる古神道にまつわる儀式のようです。

神事をつかさどる神主さんが発する言葉に合わせて礼をしたり、手を差し出したりしていますが、守護霊様はいつもこのような古神道に基づく儀式(神事)の際には、普段は見られないような様々な光景を目にしていたとのことです。

と言いますのは、この神事において祝詞やマントラを読み上げると、異次元の世界のようなものにふっと自分が入り込むようなトランス状態になり、そこでの美しく素敵な光景や、言葉ではないけれども心に残るメッセージのようなものをいただけたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「あなたは時折、ふと湧き上がってくる直感に従うことで、思わぬ得をしたり、良いと感じる思いをしたりしたことがあるはずです。

それはあなたの潜在意識で、私たち高次元界に存在する守護の者たちのインスピレーションを受け取って、それを健在意識でも認識して取り入れ、実践したことによる成果でありますので、そのあなた自身の霊的能力を活用したことを、どうか誇りに思ってください。

自分には大した能力がないとか、そんなことができるわけがないとかというように、まるでふたをするかのようにご自身の才能や可能性やもともとから持ち合わせている力を封印してしまう人がこの世の中にはよく存在しております。

それはその人自身の、あなた自身の思い込みでもあり、また幼い頃から受けてきた教育や、社会の闇からの仕組まれた誘導がそのようにさせているものであって、本当はもっと、あなたはさまざまな才能があり、それを開花させるために今こうして生きているわけです。

あなたが理想に思うことや、願うことはすべてが、本来、叶うものであると信頼するようにしてください。無理だと蓋をせず、できることから行うようにしてください。

そしてあなた自身が、理想に思うことや願うことは、あなたの魂からきているものであり、今世で、もしくは来世になるかもしれませんが、いずれにしても必ず、理想や願望を持ち続けている限り、実現するものであるということを信頼してください。

夢に見るようなことも同じです。夢だからできたのではなく、本当にできるから夢に見たものであり、夢での実践は別のタイムライン、もしくはパラレルワールドでの実践でもありますので、それがポジティブなことであなたの願うことでしたら、そのようになれるということを信頼して思い続けてください。

そして実現してほしくないと願うことに対しては、あなたにとってそれを強く思えば思うほど、それが願いのエネルギーになって実現してしまう可能性が高くなりますので、嫌なことはあまり思い出さないようにした方がよいでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

守護霊様からのメッセージ

癒しの手のひら・レイキ

2020年08月24日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


癒しのエネルギーが多く出る手には、五感で認識できるような特徴的な現象が見られることがあります。

以下、に示す現象は、手のひらから癒しのエネルギーがたくさん出ている人には必ず見られる現象というわけではないので、下記のような状況にならないからエネルギーがあまり出ていないというわけではありませんが、もし下記のような現象が表れるようでしたら、あなたの手のひらからは、癒しのエネルギーがたくさん放出されているであろうということを認識されて、より意識的に、より有効に手のひらをご活用されることをお勧めします。

(1)まず左右どちらか片方の手のひらを開いて表面を見てください。その際に、両足を床に着けつようにしてください。

(2)手のひらを開く際には力を入れて広げて開くのではなく、力を抜いて開いた状態を保つようにしてください。その際、5本の指が軽く内側に曲がっている感じになります。

(3)1~2分間、じっと手のひらを見つめ続けていてください。その際に力を入れて凝視する必要はないので、手のひらの表面を、軽い気持ちで観察する感じが良いです。(このことで、実際にはリラックスした状態で手のひらをフォーカスすることになるために、気が集中します)

(4)1~2分の間に以下のような現象のすべてではなくても「いくつかの現象」が見られたり感じられたりしましたら、あなたの手のひらからはたくさんの癒しのエネルギーが出ていると確信してよいでしょう。(★は特によく見られる現象です)

★手のひら全体の色(赤み・黄色み・黒み)が濃くなる。(赤くなる人が多いです)

★手のひらに白い斑点のような模様が出てくる。

★手のひら全体がもわっと温かく感じる。

☆手のひら全体がむくれたような感じになる。

☆手のひらがびりびりしたりちくちくしたりする感じがする。

☆もう片方の手のひらも同じような感じになったり、身体全体が温かくなったように感じたりする。

以上ですが、ひとつの目安としてお試しください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

≪レイキについて≫

「人はだれでもヒーリングすることができる能力を持ち合わせています。」それは、意識していなくても働いてくれる自然治癒力や免疫力もありますが、癒しのエネルギーや言霊や真言を活用したり、波動・エネルギーを高め自然治癒力や免疫力をより高めたり、手のひらを当てたりさすったりすることなどによって、意識的にヒーリングをすることで、その能力をより有効に活用することができるのです。

また、人はだれでも宇宙エネルギーとつながっています。そして、宇宙エネルギーの多大なる恩恵を受けているからこそ、今こうして私たちは生きているのです。

私が実践しているレイキの伝授では、このようにすべての人が持ち合わせているヒーリングの能力をより高めたり活用したりするための実践方法をお伝えしています。

そのためには、宇宙エネルギーとのパイプをより強く深くしっかりとつなげ、宇宙エネルギーをより強く信頼して活用する必要があるために、アチューンメントという宇宙エネルギーと周波数を合わせ同調させる、エネルギー伝授を行っています。

また、伝授を受けていただいた直後には、すぐにでもヒーラーとして活動できますよう、テキスト・解説DVDを使って様々なヒーリングの実践方法も紹介しています。

レイキの主な特徴の1つとして挙げられていますが、レイキの伝授を受けていただければ、すぐにでもレイキヒーリングを実践するヒーラーになることができるのです。

ちなみに、このこと以外にも、レイキの特徴とされている主な事柄は以下の通りです。

○修業・訓練をしなくても久にそのパワーが失われることがありません。
・波動をより高め、愛をより大きく抱きながらヒーリングを実践し続ければ、そのパワーはより高まります。

○ヒーリング中に強力な注意集中が不要です。
・読書をしながら、音楽を聴きながら、就寝時に布団に入って寝ながらのヒーリングなども有効です。

○氣を入れたり、抜いたりする必要がありません(自動調整)。
・手を当てているだけで、エネルギーが自動調整されます。

○相手の邪氣を受けにくいテクニックです。
・宇宙エネルギーをヒーラーが自分自身に取り込みながらヒーリングを行うために、ある程度の邪気をガードしたり浄化したりすることができます。

○時間・空間を超えた遠隔ヒーリングができます(セカンド・ディグリー以上)。
・この遠隔ヒーリングを魅力に感じられる方が多くいらっしゃいますが、シンボルとマントラを得て実践方法さえマスターすれば、どなたでもできるようになります。

○レイキは他のテクニックと併用できます(氣功・ヒーリング・瞑想等)。
・これまで他のテクニックを身に着けている方は併用できますし、真言やアフォーメーションなどを使うことで、ヒーリングのパワーがより高まめることもできます。

○レイキは信じようが信じまいが、必要に応じてエネルギーが流れます。
・信仰不要。また、いかなる宗教ともレイキは関係ありません。

○レイキはあなたが持っている素晴らしい本質を向上させます。
・人によては、直感力やインスピレーションを受け取り力などの霊的能力がより大きく開花したり、波動・エネルギーにより敏感になったりする人もいます。


私タエヌは、レイキヒーラーになってから17年目、ティーチャーになってから15年目になりますが、様々な実践を積んでいく中で、レイキの素晴らしさを強く信頼し、レイキヒーリングをあらゆる場面で活用していますし、これまでに約300人の方に伝授させていただく機会を与えていただきました。

現在、ご要望を頂いた際には直接お会いしての対面式の伝授をお受けしてはおりますが、ご自宅に居ながら伝授をお受けいただける遠隔伝授を中心に行っています。また、ヒーリングも同様に、遠隔ヒーリングを中心に行っているために、ホームページには「遠隔レイキ伝授」と「遠隔スピリチュアルヒーリング]という項目でご依頼を承っています。

ご自身の健康維持は、ご自身の力で。また、御家族や知人のヒーリングにも、レイキは有効にご活用いただけるものと期待できます。タエヌのレイキ伝授に関しまして、詳しくはホームページ「レイキ遠隔伝授」を、ヒーリングは「遠隔スピリチュアルヒーリング」をご覧くださいませ。

もし直感的にでもピンときましたら、ご依頼いただければ当方なりに尽力させていただきます‼


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

経験したことすべてに感謝  ~守護霊様からのメッセージ~ 

2020年08月23日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、15世紀から16世紀にかけて、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、白銀色に輝くオーラに包まれて、最初は女性に見えるほど、やわらかくて美しく優しい雰囲気やエネルギーに溢れる方で、まるで観音様のような弥勒菩薩様のようなおっとりとしたお顔立ちで合掌していらっしゃるお姿です。この方は、由緒あるお寺様のご住職をされていたようで、仏教を深く信仰されていた方です。守護霊様は男性でありながら、女性性の美しさや美的センスや優しさや芯の強さといったものも大きく持ち合わせていて、男性性と女性性がまさに統合したような方だったようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「太陽からいただく陽のエネルギーは本当に素晴らしいもので、心の奥底から癒し温めてくれて活力を与えてくれます。特に、心が塞くなりそうになった時や疲れた時、もやもやして内に閉じこもりそうになった時には、朝の日の光をただただ浴びるだけで癒しとなり活力となるものです。

過去の経験はすべてがあなたにとって必要で、今のこのあなた自身の成長したこの姿に、その過去の経験や学びがすべて反映されていて今のあなたがあるわけですから、やはり過去のどのような経験も感謝すべきことであり、あなたの選んだ素晴らしい必然の学びの経験でもあるのです。夢のように過ぎ去った過去を追いすぎて、過去のしがらみに捕らわれてネガティブな渦中にある自分に気付いたとき、そんなふうに捉えるようにしてみてください。

人に対する許しの気持ちと同じくらい、あなたがあなた自身を許す気持ちを大きく抱くことも必要で、あなたはそれほど実際にはネガティブな要素が無かったとしても、あなた自身があなたを許さずにいるネガティブな思いが膨らんでしまうことがありますが、そんな時は人を許すように、あなた自身をもっと許してあげてもよい時もあります。

自分に厳しくすることももちろん必要ではありますが、あまり厳しすぎるとそれはそれで自分内の不調和を起こすことがありますので、何もかも厳格にあった方が良いという訳ではなく、そんなに重要ではないと感じる事に対しては、もっとゆるくしてよいと自分を許すことも必要でしょう。

今この世に存在しているあなたには明日の希望があり、またその先々の希望もあるわけですから、生きていることは本当に素晴らしい事なのです。この肉体を持って今こうして今この地球上に存在しているわけですから、いつこの肉体から離れるとか、この肉体に何か欠陥があるとかそういったことを気にしすぎて焦点を合わせるよりも、この麗しき肉体を持ち合わせて今ここに生き続けているというだけでもとても奇跡的であり、有難いことであり、神様仏様のご加護を強く受け生きているという多大なる感謝をすべきことでもあるわけです。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」



守護霊様からのメッセージ

歴史はもう繰り返さない ~プレアデスからのメッセージ~

2020年08月22日
✿現在、8月の月末の大祓いのご依頼を承っています。8月31日(月)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759


≪歴史はもう繰り返さない ~プレアデスからのメッセージ~≫

あなたが、もし、深い闇の中の洞窟に迷い込んだとき、さらに奥深い闇の道が続いていたとしたら、あなたはさらに奥深くまで行くことを望みますか?きっとそれでも、出口を捜すために奥深く進むべきだと感じた場合には、出口を求めてさらに奥深く歩いて行くでしょう。そして、ある所にさしかかったとき、大きな道が開けていましたが、一方では細く不安定ながらも光が差し込む道が見えたとした場合、あなたは光を求めて光のさしこむ道を歩むことでしょう。道は険しく、時には通ることが困難なほど狭くても、あなたは壁を崩したり底を掘ったりしてでも、光を頼りに突き進む道を選択するでしょう。

そして、まばゆい光の差し込む出口を見つけて洞窟から外に出られた時、それまでの暗闇にいた恐怖も不安もすべてが過去の出来事となって忘れ去り、「今」こうして光の世界にいることができている喜びのみを大いに味わうことでしょう。それまでの間を暗闇でネガティブな思いをしたため、余計に光の中にいられことの嬉しさや、恐怖や不安などといったネガティブな感情から解放されたポジティブさとが、これまで以上に強く実感できることができるでしょう。

あなた方地球人類として今存在している多くの方は、そんな経験をするために物理世界の地球を選んで転生してきました。しかも、まもなく闇から脱して光のみの世界になる黄金時代の時を迎えるという、この素晴らしい時代への転生を望み、神から選ばれて転生することができた栄誉ある魂なのです。ただし、地球上のすべてのものと共に光の世へと向かうためには、あなた個人が、闇から脱して光の存在として羽ばたく必要があるのです。これは、あなた方個々のレベルの問題でもあるのです。

個々のレベルの問題とはいっても、光の道へ進むには個々のレベルのみではとても難しいこととなります。なにしろ、物理世界の地球の世には、あなたという個の魂以外にも、果てしない数のたくさんの魂が存在するために、その魂たちとの調和を重んじることが光の道へと進むための基本的なこととなるからです。

ここでいう魂とは、地球上に存在する魂すべてを指します。もちろん人間やそれ以外の生物にも魂が宿っています。水にも菌類にも、すべての生きとし生ける物には魂が宿っているのです。地球自体も生命体なので魂が宿っているのです。

あなた方が、普段何気なくしてしまう環境破壊は、地球という魂との不調和を引き起こします。逆に、ちょっとした環境に対する気遣いは調和を深めます。すべての魂はあなたとの調和を望んでいますので、あなたもすべての魂と調和を図るように努めることが大切なこととなります。地球レベルにおいても宇宙レベルにおいても、基本的であり根本的なことは、お互いに調和を求めあっているということなのです。

カルマの法則は完璧に働いています。あなたがしたこと全てはあなたに返ってきます。そして、このカルマとは、全宇宙レベルにおいてつながっている魂や波動レベルにおいてのことなので、例えば環境破壊をしたから自分の住んでいる土地の環境が破壊されるというようなほぼ同じ出来事がカルマとして返ってくるというだけの意味ではなくて、同じような低い波動の出来事やエネルギーなどといった、波動レベルや魂レベルにおけるカルマとして返ってくるのです。

ですから、低い波動のカルマを多くの魂たちとの間で引き起こした場合、同じように多くの魂から、同じような低い波動のものを返されてしまい、自分自身が経験するようになるということなのです。つまり、物質的に認識できる出来事がそのまま返ってくるのだけではなく、同じ波動の質の出来事が返ってくるということなのです。

もちろん、ポジティブなカルマを多く生じれば、同じような質のポジティブなカルマとして返ってきます。愛多く、より深い調和を保ち、慈しみの心を持ってあらゆる魂やすべてのものに接するようにすれば、そのポジティブなカルマのすべてはあなたに返ってきて、あなたはさらなる幸福感を味わうことができるのです。

ただし、それが物質的に恵まれるとか、形としてはっきりと分かるかどうかはケースバイケースということになります。すべては、魂や波動のレベルが基本となるので、たとえ物理的には恵まれていないと感じたとしても、本当の意味の幸せというものを味わった時、この多次元的である喜びを至福の喜びとして感じることができるのです。

今、世の中は緩やかに動いているようで、波動やエネルギーレベルにおける実際は、とても大きくものすごい速さで変化し続けています。これまでにもこういったメッセージには何度も触れてきたかとは思いますが、またここ最近にきてさらに急激な変化をしているというのが事実なのです。

そんな中、物理的にわかりやすい現象としては、まだ追いついていない事象が多くあるので、あまり強く実感することができていない方が多いことでしょう。でも、世の中の全体的な動きを総合的に捉えてみると、多くの方も理解できるだろうと感じています。

経済的な不安定さ、政治のあいまいさ、教育の在り方に対する多くの疑問点、政治家、警察官、教育者などの公的に信頼されるべき立場の人々が連日のように報じられている信用失墜行為の数々、様々な異常ともいえるネガティブな事件、地球レベルでの環境の変化などなど…ひとつひとつをとってみると過去にも経験したようなこともあるので、過去の出来事に当てはめることによって不安を解消したり総合的レベルで捉えようとしたりすることをしない場合が多いようですが、こういった変化が同時に起きているという過去の歴史はないのです。

歴史は繰り返されるという言葉がありますが、実は、この先の地球上における歴史は、過去の地球上の歴史とは当てはまらないこと、つまり繰り返さないことが多々出てきます。

たとえば、世界大恐慌という過去の経験のように、いつかは過去の出来事となり安定するだろうという金融市場の目測は、もはや通じなくなっていくのです。つまり、不平等である経済のシステムは崩壊し、ごく一部の金銭的に富める者が物質を独占して、多くの人が飢餓や貧困にあえぐ時代は、もうまもなく去っていくのです。みな、物質的に平等に分配される時代になっていくのです。

たとえば、日本における義務教育のように、競争や画一性や制限などといた、個よりも集団を重視するような教育の基本的なこととされていることは、もはや崩れていき、個を重視して自由な環境の中で、子どもたちの望み通りに伸び伸びとしたポジティブな状態で教育を受けることができるようになるのです。

他にも、地球温暖化は地球の気候の平均化のことですので、地球人類レベルのみが引き起こした出来事ではありません。地球自体が、地球全体の気候を生物が住みやすくするために平均化しているというとてもポジティブなことなのです。

また、各国における政府という存在は、もはや人の物質的な富が平等になっていき、軍事力の必要がない平和な世になっていき、国とか人種とかといった差別や区別や仕切りがなくなっていくにつれて、必要がなくなっていくのです。

人が人を裁く必要はありません。すべてはカルマによって成されます。波動が合ってその場にいることを選択すればどの場にでも存在することができるのです。つまり、地球上にて黄金時代を迎えることができるように波動を高めることができて、地球に存在することを望めば、地球という素晴らしい光の世界に存在し続けることができるのです。しかし、波動があまりにも合わなくなってしまった場合には、波動の法則が働いて、存在すべき領域へとその魂を移動させるようになるのです。

そんな時代が、すぐそこまで近づいてきているのです。だから、過去の歴史の中でも、ネガティブな状態へと戻る歴史は、もはや繰り返さないのです。それが、黄金時代に向かうことにつながっていくのです。

あなた方が長年、真実と思いこんでいたことが、実は闇であったり薄暗い状態であったりしていたことに気づき、真の光を差し込み真実の光を照らすことが、ますます増えていく時代が訪れているのです。これまでは、それがごくわずかな出来事であったのが、地球全体のレベルにおいて、根本的なすべてのことにおける状況に対して、光を照らして闇をなくすことができる時がやってきているのです。

そして、より多くの人たちが目覚めて気づくにつれて、地球人類の集合意識が高まれば高まるほど、その高い波動によって、今こうしてますます増大している宇宙からふりそそいでいる光エネルギーを、より多く受け取ることができるのです。そして、地球人類の個々にできることを行動に移すことによって、さらに波動は高まっていくのです。大きく変革する時が、今、まさに訪れようとしているのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」


バックナンバー改訂版

千里の道も一歩から ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月21日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、日本で男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。身分は中流階級の武士で、藩侯に忠実に従って藩のために、様々なことに尽力していたとのことです。そして、次に大切にしていたのは、家族という小さなお城だったとのことで、家族の藩主である自分がしっかりしていないと、慕ってくれる妻や子どもたちや下働きの人たちも安心して生活することができないし、身につけるべき様々な事柄もおろそかになってしまうと常に考えていたとのことです。ですから、武士として必要最低限なしつけや習慣を完ぺきにこなすことはもちろんのこと、常に修養を心掛け、自分にできる様々な精神的な修養を行ったとのことです。

中でも力を入れたのは禅をくむことで、その瞑想中に自らの改善すべき心の在り方や反省すべき事柄が浮かんでくることがよくあり、その都度しっかりと向き合って心の中の調整をしたり、その後の行動や生活習慣の中で改善したりして、自らの欠点をより早く習慣にして改善するように努めていたとのことです。

また、人に対して謙虚でありながらも、常に自分の意思をしっかりと持ち、男として武士として常に芯は強くあり続けるように努めつつも、言葉遣いや表面的なところで威張り散らすよりも、誠実さや謙虚さを大事にしていたので、周囲からは穏やかな人格であると、よく言われたとのことでした。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「質実剛健という言葉をあなたに捧げます。あなたの本質は、この言葉の通りで飾り気がなく、誠実で真面目な方で、女性性特有の強さを持ち、とてもたくましい魂の持ち主であります。

そして、これまでの魂の様々な学びから、それなりに大きな愛の光を抱いているにあたり、あなたの持つ愛の大きさからくる謙虚さや優しさや感謝の気持ちや慈しみは、それがあなたから発する大いなる愛の光となって人を癒す、とても強大な光を持ち合わせているのです。

ただし、あなたが今世を生きているうちに、この3次元世界特有の様々な低い波動の影響を受け、様々な世間の荒波にもまれているうちに、その謙虚さや優しさが少し変換してしまい、心の弱さや自信のなさ、ごく控えめでありすぎたり、自分の持つこの強大な愛の光の癒しに自信が持てなかったりしてしまっているのです。

どうぞ本来のご自身の力を、大いに信頼してください!そして、あなた自身が自分自身への信頼と自信を取り戻し、これまでに過去世で何度かその強い光を大いに生かして生きてきたように、人を癒したり人のために尽くしたりしつつも、自分自身がとても幸せであると自覚するような人生を送れるように努め、とても前向きに自分の意思で自分の道を歩んでいると、堂々と言えるような、そんな在り方をあらためて目指すようしてください。

‘千里の道も一歩から’という言葉がありますが、ある日突然、人に対して大いなる癒しができるようになるわけでなく、人をヒーリングしリーディングしたりチャネリングしたりすることが突然できるようになるわけではありません。

目の前の事に尽力し、目の前の人や物事に対して愛を反映することによって、こつこつと積み重ねた経験により、あなた自身が少しずつあなたらしさを発揮するにあたってできるようになることで、そして実際に、あなたはもうすでに人を癒し、元気にして、より波動を高めてより幸せになるためのサポートを実際にしているのです。

ただ、それをあなたは自分に自信が持てない分そう感じることが乏しく、自覚をしていないだけであって、あなたの愛の光はもうすでに多大なる影響を及ぼしているのです。

それでもあなたは、それをあまり感じられず、もっともっと自分自身の光を輝かせ、生かしたいと思うというのはなぜかというと、それはあなた自身が自分の本当の力に目覚めておらず、自分の愛に自信を持ち、自分自身をもっと信頼して愛することが、まだそれほどできているといえる状態ではないことからです。

人はこうなりたいと願うことやイメージすることは、必ず順調に波動を高めていけばその願いは叶うことであります。特にそれが、世のため人のためになることで、より愛を必要にすることでしたら、波動を高めれば必ずできることです。だからイメージすることができるのです。

それを信頼し、今できることからどんどんはじめ、基本は自分自身がより幸せになり、より波動を高めること。そして自分が輝くにつれて周囲の人も巻き込んで、また周囲の人が幸せになることをサポートすることによって、さらに自分も幸せになるという正の循環ができるのです。

それは決して金銭を得て、それを仕事として専念することだけで成り立つわけではありません。あからさまにチャネリングをしたり霊能力を発揮したりして金銭を稼ぎ生業にしている人もごく一部にはいらっしゃいますが、多くの人はそうではなく、日常生活のごく普通の時にご縁のある人に対して、また自分の家族に対して、その自分自身の無償の愛を巡らせることによって成り立たせるわけです。

ライトワーカーの仕事は、ごくさりげない愛の仕事から成り立つわけです。あなたもライトワーカーの一人として、これからも自分の愛に自信を持ち、自分の愛の強さを信頼し、よりあなたらしくあなたらしいやり方で愛をめぐらせ続けてください。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

守護霊様からのメッセージ

タエヌの自己紹介

2020年08月20日
タエヌの自己紹介

タエヌは東京都足立区出身。1964年(昭和39年)辰年2月11日生まれ。現在56歳。身長は約173㎝。現在の体重は約75kg。みずがめ座で血液型はO型。6歳半下(昭和45年8月生まれ)の妻と26歳になる息子1人と、高2・19歳・24歳の娘たち3人の家族6人で、奥出雲町の築約100年の古民家で暮らしています。

20歳の頃までは足立区に住み、学生時代の途中から千葉市にて1人暮らしを始めましたが、一時期は足立区の実家にもどるものの、結婚してから約18年間は千葉県民として落ち着き、千葉県印西市(16年間)といすみ市(2年間)に在住。2010年4月1日より沖縄県の石垣島川平に約4年間在住し、2014年3月に島根県の仁多郡奥出雲町に移住して現在に至ります。

《小・中学生の頃》

友達と遊ぶこと大好き。スポーツ大好き。学校大好き。リーダーシップをとることが多く、わりと活発な少年でした。

でも、その半面、気は弱いほうで、時々なよなよもじもじ…。暗い所や人けのない所が怖くて、何かの気配によく怯えていました。

人ごみの中、特に都会のデパートに行ったり地下鉄に乗ったりした後、激しい頭痛や発熱におそわれることしばしば…。この時は、それが何を意味していたかわかりませんでしたが、憑依体質のためであったと、後になって気づきました。

《高校3年生の時》

初めて金縛りを経験。燃えていた体育系の部活(卓球部)を引退し、いくつもの趣味(ギター,作詞・作曲,化石採集,サイクリングなど)も控えて、受験勉強にそこそこ励みつつ、寝不足が続いていた時でした。今は全くありませんが、30代中頃までの金縛り経験は100回を超えていると思います。他にも、幽体離脱、ラップ音を聞く、未成仏霊を見たり話し声や足音を聞いたり乗っかられたり腕や足を引っ張られたりする…などの霊体験をしました。怖さもありましたが、とにかく嫌で嫌でたまりませんでした。

《20代前半》

学生時代は、アルバイト(コンビニ・ミスドー・すかいらーく・ジョナサン・アンケート調査・引っ越し業者等)に遊びにスポーツ(バレー部に所属)にと、大いに楽しむ毎日。はめをはずすこともしばしば。

最初に就職して社員として働いたのは、24時間営業のレストラン。学生時代もレストランに就職してからの約2年半の間も、不規則な生活が続きました。

24歳の時、大きな悩みを持った中、本気で自殺を決意して大好きな京都・和歌山へ…。結局は新幹線の中で改心し、傷心を癒して、逃げずに現実に立ち向かうことを決意する新たなる旅立ちになり、レストランも辞職しました。この頃も、時々ではありましたが、金縛り・ラップ音をはじめとした心霊現象を経験し続けましたが、10代の頃はほとんど深夜だったのに、昼夜問わず起こるようになりました。

《20代中・後半》

私はもともと、教員になることを目指していたことから、教育関係の職に就くことに決め、昭和63年から平成元年にかけては船橋市の中学校で、平成元年途中からは産休補助教員として浦安市の小学校で3年生の担任として教師の仕事を始めました。

平成2年(26歳の時)には千葉県公立学校の教員採用試験に合格して正式に採用されて、教育公務員として勤務開始。その後、平成16年に辞職するまでの間、小学校及び特別支援学校の教員を約15年間務めました。

平成4年に7歳年下の妻atumi(当時21歳)と結婚。ゴルフ、バレーボール、フルマラソン、草野球、釣りに熱帯魚飼育など、趣味も生活も充実していました。

しかしその半面、競輪やパチンコなどのギャンブルにはまって妻に大迷惑をかけたり、短気なところがでたり、心配・不安症などによって強くネガティブになったりすることもありました。そんな中、頭痛・腰痛・アレルギー(特に花粉症)などで薬が手放せない日々を送っていました。

この頃になると、金縛りは減ってきて年に数回程度になりましたが、日常的に霊を見たり感じたりするようになり、心霊現象を引き起こしている未成仏霊が訴えていることや未成仏霊の状況、何かを感じる場所の霊的状況などもわかるようになってきました。

《30代半ば》

子どもを三人授かり、父親としての自覚が出てきたのか、不規則な生活は極端に減ってきて、現在のような早寝早起きの習慣が身についてきました。職場では子どもたちや職員や保護者とも順調で充実した日々を過ごしていましたが、一時期、担任していた一人の子どもの保護者との始めての大きなトラブルがありました。結果的には私の示した状況に収まりましたが、半年くらい続いたこの状況の中で鬱状態になり、初めて精神科で診療を受けて、もらった薬を2回飲みました。

これまで以上に、この頃はよく未成仏霊を見ましたし、霊的状況がさらにわかるようになりました。お酒を飲んでいる時、酔いつぶれているわけでもないのに、時々一瞬意識を失い、自分が思ってもいない言葉を発することがあり、不調和を起こすこともありました。当時はまだ、私が憑依体質であり、未成仏霊の憑依を受けてのこととは知らずにいました。

《30代後半》

38歳の時の夏、レイキ3までの伝授を受けました。この時の仕事は、小学校の特別支援学級の担任。勤務中の休み時間に電話でレイキ伝授の予約を入れ、1カ月後に伝授を受けられると決まった瞬間から、私の周りが光に満ちてまぶしいくらいに輝き始めました。結果、ちょっと厳しい先生だったのが、ほがらかなやさしい先生に…子どもたちはそう感じたかもしれません。そして、待ちに待ったレイキの伝授。この日を境に私の状況は大きく変わりました。

《レイキ伝授後》

今振り返るとレイキの伝授を受けるに至る数年前からスピリチュアルな本を読んだり、スピリチュアルなことに意識を向け始めたりしているうちに、少しずつスピリチュアルな目覚めが始まり、レイキの伝授をきっかけに、スピリチュアルな目覚めが一気に進んだのだと自負しています。

それまで過ごしてきた38年間と、レイキの伝授を受けて以来の現在に至るまでの18年間とでは、私自身、振り返ってみると、意識の持ち方や人や周囲との関係などにおいて、とてもポジティブになってきていると思いますし、大きな違いを感じています。

レイキとは…宇宙エネルギーを使ったヒーリングテクニックです。アチューンメント(伝授)を受ければ、レイキといわれる宇宙にあまねく癒しのエネルギーにつながり、誰でも使えるようになるといわれているヒーリングテクニックです。

伝授を受ける数年前に書籍によってレイキを知りましたが、料金が少々高いと感じていたり、だれでも簡単に身につくという点を疑念に思ったりしていたので、躊躇していました。でも、伝授を受けてみてびっくり。まさかこんなに自分が変われるなんて…。

レイキの伝授を受けた時を転機にこれまでの約18年という歳月の中、徐々に変わったこともあれば、奇跡のように一気に変わったこともあります。そんな大きく変わった自分の現状について――。

~健康面~

頻繁にあった頭痛・発熱・吐き気・腰痛・アレルギー症状(花粉症・じんましん・肌荒れなど)の症状がほとんどなくなりました。またそういった関連の薬は一切必要なくなりました。熱さにも寒さにも強くなりました。

~精神面~

大嫌いだった自分を逆に大好きになりました。心が寛大になりました。多くのことを許せるようになりました。感謝、感謝の毎日になりました。何事もシンプルにとらえられるようになりました。どんどん前向きになっていき、並行して取り越し苦労(心配・不安)やイライラが少なくなっていきました。人のお役に立ちたいということがすべての気持ちの基本になりました。家族に隠し事を一切しなくなりました…などなど。

~スピリチュアルなこと~

高次元のスピリットとつながり、さまざまなメッセージを受け取れるようになりました。低級霊(未成仏霊や魔)からの影響を受けにくくなりました。私が分からない要因によっての、金縛りや嫌な心霊現象を経験することは一切なくなりました。除霊や浄霊ができるようになりました…など。

もともと宗教とは全くというほど無縁な家族環境に育ち、合掌するのはお墓参りと神社やお寺さまでお願い事をするときくらいでしたが、今は普通に合掌する毎日。感謝とか慈しみとか愛とか、そういったたぐいの言葉は15年ほど前までは恥ずかしくてほとんど言えなかったし、人が言うのを聞いてよく恥ずかしくないなあとも思うことがありました。

しかし今では、地球上のすべてのものや高次元の存在や宇宙に対して等、すべてに対して感謝をする毎日で、愛や感謝という言葉も日常的にごく普通に活用できるようになりました。

そして、普通に生活をしている4人の父親。妻も子どもたちも理解してくれていて、いっしょにスピリチュアルライフを楽しむ毎日。

スピリチュアルライフとはいっても、それほど特別なもではなく、きっと多くのご家庭よりはスピリチュアルな観点で物事を捉えたり会話をしたりすることが多く、実生活の中でスピリチュアルな意識を持って行動したり選択したりするなど、スピリチュアルなことを実生活において活用する機会が多いという感じなのだと思っています。

《40歳代前半》

レイキの伝授を受けて以来、家族や同僚や知人に対してレイキヒーリングを実践したりレイキの伝授をしたりする機会が続くうちに、様々なポジティブな変化を実感していき、教師をしながらヒーラーや伝授やスピリチュアルカウンセリングをするのではなく、そのようなことを仕事として専念したいと強く願うようになりました。

そこで、妻や子どもたちに話をして了承を得て、約1年半かけて職場をスムーズに辞職するための段取りをし、結果的に2004年の6月に約15年間勤めていた千葉県公立学校の教員を辞職するに至りました。そして、千葉県内の田舎町の駅前にある小さいビルの2階の一室を借りて、パワーストーンのショップの経営と、ヒーリングやスピリチュアルカウンセリングや、レイキの伝授との2つのスペースにて、ヒーリングルームを開設しました。

レイキにしてもその他のスピ系の関係にしても、子弟関係のつながりとか同業者同士のつながりのようなものもなく、単独で自分自身の直感と自己判断と意思が頼りではじめたので、開設した頃は、お客様は私の知人ばかりで、教員やその知人がほとんどでした。あまりお金のかからない地域新聞や駅のポスターなどの広告も少しやりましたし、何度か自分で近所にチラシを配布したりもしましたが、結果的には、このような広告を見てお越しいただいた方は、全体の数パーセント程度でした。

その後も、お越しいただいた多くのお客様は、私の知人や、知人の知人、そしてその知人の知人の知人…といった感じで、口コミで広がってお越しいただいた方々でして、それでもヒーリングルームを初めて半年くらい経った頃にホームページを開設して公開すると、ホームページをご覧いただいてお越しいただく方もいらっしゃいました。HPや口コミが広がっていくにつれて、関東各地以外にも、大阪や京都や秋田などの遠方から足を運んで下さる方もいらっしゃいましたし、広島や岡山や奈良や愛知や秋田や福島などに出張することもありました。

そんな感じで、お客様も少しずつ増えてきて、そのように口コミで広がっていくことを光栄に感じていましたが、駅前のビルの一室や駐車場の月々の賃貸料や水道光熱費を払うだけでも結構な額だったので、その金額を支払ってさらに家族6人の生活費や持家の住宅ローン代なども稼ぐ…なんていう状況にはほど遠い状況でした。結局は支払いが滞り始め、業者からの借金もかさんでいき、駅前に開設していたショップもヒーリングルームも、3年間で閉店することになりました。

経済的な状況はこんな感じで厳しかったので、不動産屋などの周囲の人からはネガティブに映っていたのだと思います。いわゆる、経営に失敗した…という言葉があてはまるわけですから。

でも、私自身のスピリチュアルな面では、この3年間の中で、たくさんの学びや気づきがあり、レイキやスピリチュアルカウンセリングで多くの皆さんに実践することによって、自分なりに磨きがかかって上向いていると感じていました。それに伴って、当初は、レイキの伝授やヒーリングがメインでしたが、徐々にスピリチュアルアドバイスを受けに来てくれる方が増え始め、結果的には8割ほどがスピリチュアルカウンセリングを受けに来てくださるお客様になりました。

レイキの伝授やヒーリングの実践を重ねていくうちに、自分なりにレイキが向上してきていることは感じつつも、この頃によく「江原さんのような感じ」と称していただくことがありましたが、オーラを見たり守護霊様からのメッセージが伝わってきたり過去世がわかったりするなど、見えない世界のことを認識したり伝えたりする霊能者としても、お役目や使命のようなものを感じて尽力していましたし、そのようなことが相談者様の問題解決やネガティブな意識を変換することや、よりポジティブに道を歩むために必要な内容である場合が多かったために、「人のためにお役にたつことができる霊能力」が開花して向上していると自負して喜びに感じていました。

《40歳代中頃~現在》

賃貸のビルの一室にて行っていたヒーリングルームの閉店後、一戸建ての自宅にてヒーリングルームを開設しました。そして、徐々に、メールでのやり取りも増えてきていたので、HPの運営にも力を入れ始めました。

また、2006年頃になると、守護霊様や霊界のみなさんと通信してメッセージ等をいただいたり、霊的な状況を伝えたりられたりするばかりではなく、様々な惑星に存在する宇宙の高次元の皆さんからのメッセージもいただくことができるようになりました。

自宅にて開業を始める約1か月前から、現在も掲載している当ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」を書き始めました。2007年2月のことです。(当初は‘TAKEの日記’と称してミクシィ―に掲載していました。)

その後の今日までののことは、当ブログにて過去に掲載してきましたので、今回の記述はここまでとさせていただきます。

お読みいただきましてありがとうございました。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス
https://taenu1.amebaownd.com/

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」




バックナンバー改訂版

自らの波動をコントロールする

2020年08月19日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀頃に、日本で男性として転生していた守護霊様の中でも指導霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、薄暗いお堂の中でお経を唱えながら、御仏に祈りを捧げている様子です。

唱えているうちに声が高まり、トランス状態に入っていくことがあり、お経は暗記しているために考えずとも言葉を発するも、トランス状態に入った守護霊様は、いつもその間、別次元に在って、そこで素敵な光景を見たりメッセージのようなものをいただいたりしていたとのことです。

自分の唱えているお経の声がまるでBGMのように心地よく聞こえ、その中で時にはお釈迦様とお話したり、時にはきれいなお花畑の中で静かに寝転んだりするなど、心安らぐことや叡智なることなどをトランス状態の中で得ることができていたとのことです。

≪指導霊様からのメッセージです≫

「人に対して優しさや寛大な心を持ち続けて、常に柔らかい波動で接するということは、心がけ一つでできるようで、実際はとても難しいものなのです。

自分自身が心身の状態を良好に保っているときには、比較的安易にできることが多いですけれども、自分自身の波動が下がり、不調に感じるような状態に至った時、波動低下からエネルギーが弱くなりますし、波動の法則も働くために、そのような時に他の人に接すると、お相手のネガティブな波動状況に応じてしまい、なかなかポジティブな状態を保って接するということは難しくなってしまうものなのです。

ですから、人に対して常に穏やかで接するためには、自らの波動をそれなりにコントロールする必要があります。そしてそのコントロールするためには、自らの波動状況を常に客観的にチェックし、自らがその波動状況をきちんと認識している必要があります。

そして、日ごろから内観をする習慣と、瞬時に自らの波動を感じとる意識を持つ習慣をつけておく必要があります。その上でさらには自らの波動が落ちていると感じた時に、その波動をいつもの波動に戻すための、自分の感情や思考などをそれなりにをコントロールして波動をできるだけ下げないようにするための手段を身につけておく必要があります。

あなたはそれらのことを自然と行うことが多くありますが、時には気づかぬうちに波動を下げたまま接してしまうことがあることを自覚しているでしょう。

もちろんこれは、3次元世界住まう人にとって本来はとても難しい課題と言えるものではありますが、でもやはりそのことを意識するか否か、そして実行するか否かによって、その人の在り方は大きく変わってくるのです。

健康をよりポジティブに保つには、食生活をよりポジティブにすることはとても大切なことであるわけで、腹8分目と言わず、6分目くらいに設定して、少食を心掛けることはとても素晴らしいことです。

なかなか食事全てを少食でというのは難しいところがありますが、ある時に大食いをしたならば、次は少食や断食をするなど、何食かをトータル的に考えて全体的な食事量で調整し、その全体的な食事量を少なくとるようにすれば長く続くでしょうし、健康はより保てるはずです。

まだ今の3次元世界のこのディスクロージャーされていない世界においては、健康に良い食材を探すのは容易なことではありませんし、食するものにはさまざまな添加物や農薬や薬品など、身体に悪影響を及ぼすものを、知らず知らずのうちに食しているのは事実です。

ですから、できるだけよいものをできるだけバランスよく、そして腹6分目の少食で過ごすことが理想的と言えるわけで、それをあなたなりに無理なくよりポジティブな形でそのような食生活を目指すということは大変すばらしいことですので、これを習慣にするように継続して行えるとよいでしょう。

あなたはまだまだ、今の地球でライトワーカーとして行うべきことはたくさんありますから、例え金銭を得る仕事から離れたからと言って、あなたのお役目は減少したというわけではありません。

むしろ逆に、これからはより波動を安定させることができ、またあなたなりのペースでより高めることもできますので、これまでの経験や知識を生かして、世のため人のため、そしてあなた自身の魂の成長のためにますます精進し、ライトワーカーの仕事をこの先も果たし続けるとよいでしょう。

具体的に何をやるかはあなたの心の中のワクワクのナビゲーションに従ってください。そして、何かを行動していなくても、あなたはただ今こうして存在しているだけで光を放ち、高い波動を放って世の波動を高め次元を上昇するために貢献していますので、そのようにますます貢献するためにも、あなたの波動をより安定させ高めることに尽力してください。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

守護霊様からのメッセージ

人はどのような課題を成し遂げるために生まれてきたのか

2020年08月18日
「人はどのような課題を成し遂げるために生まれてきたのか?」

その答えは、自分自身で自分を、相対的かつ絶対的な観点で分析した際に、自身が欠点であると感じていること、つまり「自分自身の改善すべき点であると感じていることすべて」が、自身にとっての今世の今の時点での課題であるといえるのです。そしてそれは、他者に指摘されるようなことではなく、自分自身で感じて認識していることを指します。

それはつまり、自分自身の改善すべきと感じるような性格、直したいと感じるような悪い癖、ついついとってしまうネガティブに感じる言動、自分の嫌いな一面など、人に言われるようなことではなく、自身でネガティブに感じたりデメリットに感じたりすることすべては、今この時点で自覚している「自分自身の課題」であるということです。

人は、波動を高め続けてゆけば、神(宇宙の根源神)により近づくことができますが、人として肉体をもって生まれている限りは、神に近づくことができても、完璧な100%純粋な愛に満ちた神になることは不可能です。

ですから、人として生きている限り、愛に満ち溢れた神に近づくために、波動が高まれば高まるほど、次から次へと課題が見えてきて、課題がより高次元に向かっての、より質の高い課題へと変化し続けていきます。

つまり、人である限り、課題は常にあり続け、一つ乗り越えたり解決したりしても、次なる課題が見つかるものです。そして、その課題は、わかりやすくシンプルに表現すれば、上記のような自分自身で欠点・改善すべき点・ネガティブに感じる点の、克服や改善であるということです。

それなりにネガティブな感情や思考が沸き上がるのは、3次元世界では仕方がないことと思ってください。3次元世界に生きている以上、ポジティブな感情もネガティブな感情も、瞬時に様々な感情が湧き上がることがありますが、それを否定せずに、まずはストレートにナチュラルに受け止めてください。

そして、ネガティブな感情も許し、受け止めたうえで、自分なりに自己愛を向けてポジティブに変換するようにしてみてください。その時には、罪悪感のようなものは必要なく、仕方のないもの、でも改善すべきものとして優しく捉えてください。

そして、そのネガティブな感情を超えるようなポジティブさを持ち合わせ、そのネガティブになった時に自分に対してまた人に対して深い愛を巡らせることでそのネガティブさを変換し、最終的に愛が勝り、ポジティブな感覚に至ることができていれば、陰陽が調和され、総合的にはポジティブな愛を巡らせていることになると理解するとよいでしょう。

3次元世界の中で生きていくにあたって、何か将来の目的とか計画とか目指す道とか、そういったものがあると良いということやないといけないみたいなことを、学校教育や社会の中でよく言われて来たと思いますし、特に小・中学校の先生には「将来は何になりたいのか?」「どのような目標で行っているのか?」などと聞かれたことがあったことと思います。

実際にも、もちろんそういった計画や目的や先々の目標が明確であることがとても必要である場合もありますが、必ずしもそういったより具体的なものがあった方が良い無くてはならないというわけではありません。

これは3次元世界の支配的な闇の側の人間が、人を支配しやすいために人々に浸透させているネガティブな感覚でして、必ずしもそういった考えを持ち合わせる必要はないということで、先々の具体的な目標があったほうが良い時もあれば、そうでなくても良く、根本的には「今の自分の意思に従う」「今のワクワクに従う」ことが根本的に大切なことなのです。

そして本来は、この地球に転生してきてこの地球人類として存在し「自分にとってより幸せによりポジティブに生きていこうとすること」「3次元世界の人間として様々な‘経験’や‘学び‘を重ねること」それが、今回転生してきた大きな目的であり、そして1番の人類に共通して言える目的は、そういった様々な転生経験を通して「魂を向上させること」であります。

その経験をすることと魂を向上させるために、何か具体的な人生として目指す目標や目的や何かになりたいという願望がある方がより良い人もいれば、特にそういったものがなくても、日々の生活の中で、自分に与えられた課題や経験をよりポジティブにこなし、周囲の人々とよりポジティブに関係を保ち、自分のやりたいことやるべきことやった方が良いことといったような心のワクワクのナビゲーションに従って、今、この目の前のことや今の意思に従ったことを、自分なりにポジティブにやりこなすという経験を通して様々な学びをするということだけでも、実際には今世での転生の魂向上のためという本来の目的を果たしている人が多くいるのが事実です。

ですから、根本的には、今ここに生きているということに感謝し、目の前にある実生活をよりポジティブに過ごすことに尽力してください。特に、その時点での自分自身の目的というものが具体的に浮かばなかった場合にでも、根本的な話として「自分自身がこの世界で生き続けて何かを経験するということ、今ここにこうして在り続けること自体が目的である」と、堂々と答えても良いわけです。

そして、理想は「ポジティブに生き抜くこと」言い換えれば「より幸せに生きること」さらに奥深く言えば「愛に生きること」と言えると思います。あなたなりに「より幸せに生きよう」「愛に生きよう」とそのような目的でいれば、今を大事に生きて、今、目の前のことに全力で気を向けて歩くことができますし、それが宇宙のすべてに通じる生きるための目的であり、魂向上のための道を歩むための道しるべにもなるのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」



バックナンバー改訂版

熱き心の命ずるがままに動く ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月17日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で男性として転生してい田守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、薄暗い神社の広い参道の脇にある大きな石灯篭、とその石灯篭の近くで手をさすりながらしみじみと見入る、守護霊様のお姿を見せてくれました。守護霊様は石工をされていて、特にこの石灯篭や神社仏閣に収める神仏の石像彫刻を得意とされていたとのことです。

石には命が宿っていると感じていたので、石を削る前には必ずその石の魂と対話をして許可を得、どのような姿かたちに彫り上げるのかということも伝え、石を削りながらも、石と常に対話をしながらその石の意思に合わせつつ、自分の技術と想像力をもって、作品を作り上げていたとのことです。

石灯篭を作る時には、神仏への奉納品と思って作っていたので妥協を許されず、天の国の建物をイメージして作っていたとのことです。また、神仏の石像に関しては、出来上がるとすぐに石の魂に許可を得て、神仏の意思も入れる‘魂入れ’を、守護霊様ご自身が行ってから、奉納していたとのことです。

また、このような大切なお役目を授かっていたことから、自分自身も常に精神を磨くように努め、日々の修養を熱心に行っていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「熱くなるほど心が大いに揺れ動いたときには、それは魂が光でいっぱいになり、エネルギーが満ち溢れた証拠であるわけですから、何も迷うことなく、あなたの感覚に任せて、その熱き心の命ずるがままに動けばよいのです。

そこまで熱くなることがなくても、ほどほどのワクワク感じたり、心が温かくなったりしたときにも同様で、そのようなときには、魂に光が集まってみなぎり、あなたはとてもパワフルになっている時なので、人に言われたことは参考にしつつ、そういった時には迷わずご自身のワクワクする気持ちに従って行動するとよいです。

日々の生活の中で、足手まといになるような行く末を感じる人がいたとしても、その人の自由意思を大切にしてあげてください。人はその人なりに自分のペースというものがあり、また人それぞれ別々の今世を生きるにあたっての魂の向上のための目的というものがあるわけですから、たとえあなたの価値観に合わなくても、あなたからはスローなペースに見えて、共に歩むには足手まといのように感じたとしても、その人のペースや自由意思や魂の目的といったようなものを尊重してあげて、温かく見守るようにしてあげてください。

口が滑ったと思われるようなネガティブに感じる発言をしてしまったり、人から聞いたりしたとき、一時的な感情の落ち込みにより発したものであると感じたら、それはあまり気にしないようにしてください。

あなたは言葉の一言一言を大切に思うがままに、自分の発した言葉も他者の発した言葉も、それなりに重みをもって受け止めていらっしゃいます。もちろん、そういった重く受け止めるべき言葉もありますけれども、ごくさりげなく安易に発した言葉もあります。

その安易に発したさりげない感情の中からの言葉がポジティブに感じる場合もあれば、ネガティブに感じる場合もありますが、特にネガティブに感じるものは心に残りやすいものです。

そのネガティブに感じるさりげない言葉に対してあまり強く焦点を合わせて考えすぎず、軽く発したあまり深い意味のない言葉であるようにあなたなりに識別できたのなら、本当にそういったさりげない言葉であるだろうと理解し、あっさりと聞き流すように捉えると、いつまでもネガティブに気にしすぎなくて済むようになります。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

守護霊様からのメッセージ

動機が「より純粋な愛」であること

2020年08月16日
何かの物事を行う時に、
動機が最も大切です。

動機がポジティブなものであれば、
選択した行いは必ずポジティブなものである
そう思って良いのです。

そして、その動機の
ポジティブさの基準は「愛」です。

自分への愛、他への愛、
すべての基準は「より純粋な愛」です。

より純粋な愛を抱いた中で選択した行いには、
本来、間違いなどということはありません。

動機が純粋な愛からなる行いは、
すべてはポジティブで、

あなたの魂成長のためには
必要な経験であり学にもなります。

より純粋な愛の中に在り
光に満ちあふれている時、
自分自身が心からわくわく感じている時、

人の波動はそれ相応に高まるのです。

ですから、そんな時は
よりたくさんのあなたの守護の存在が
その波動に引き寄せられて集まるので、

あなたにより多くのエネルギーや
インスピレーションを与えやすくなります。

あなた自身が純粋な愛のあふれる中で
何かを選択したと感じているのであれば、

あなたはあなた自身のその意思や行いを
信頼しきって大丈夫なのです。

あなたが大いなる愛の中で
何かを選択する際には、

あなたの意思には、
高次元の守護の存在やハイヤーセルフの意思も
混ざり合わさったものになるのです。

高次元の存在の意思もハイヤーセルフも、
愛多き光の存在なので、
さりげなくその意思を伝えてくれます。

あなたには気づかれぬように、
そ~っと、あなたの意思や思考に
混ぜ合わさることがよくあります。

ですから、そのような中でのあなたの意思は、
あなた一人の意思ではなく、

あなたの味方でもある
あらゆる守護の存在の意思も含まれているので、
より強く信頼して良いということです。

あなたの行いを選択する時
あなたが何かを識別する時

動機が「より純粋な愛」であると
自分自身が感じることのできることなのか、

自己の愛の証でもある
自分自身が「わくわく感じること」であるのか

それらのようなことを基準に捉えてみると
比較的容易に選択・識別することができるはずです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

花は癒し波動を高める

2020年08月15日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数をA4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様とつながった瞬間見せてくれた映像は、守護霊様の白銀色と淡い水色や紫色のオーラと、水色や青いアジサイの花、それと観音様のお顔です。

守護霊様は尼僧様をされていたとのことですが、住職を務める小さなお寺様には、守護霊様のお好きだった青い花の咲くアジサイが何本も植えられていて、その花の咲く時期には特に嬉しい気持ちになられたとのことです。

そして、守護霊様のお寺様には、大きな木造の観音様が祀られていましたが、その観音様のお顔を見ているだけでもいつも心安らぎ癒され、観音様を信仰すると心が浮き上がるほどに波動が高ぶることを感じられていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「花には愛溢れる生気がみなぎっていて、花を見るだけでも、その香を楽しむだけでも、その花の優しい波動を感じるだけでも、人の波動を高まり癒されるものなのです。

人の本心(真心)で花を嫌う人などなく、この世に地球人類として生まれた人すべてには愛が備わっていて、その愛が花と通じ合うときに、より一層、その人の心の中から愛が芽生えてくるものなのです。

ですから、どんなにいらいらしても、苦しく醜いような行動をとったとしても、花など好きではないと口に出したとしても、少しでも愛のある人は、花によって癒され元気づけられ、光を与えられ、波動が高まってくのは事実であります。

そして、心の奥底にある愛が浮き出るように湧き上がり、誰しもが心のどこかで花が好きであり、花への感謝する心や、花と共に生きていることを思い出すのです。

この花による恩恵である愛や癒しなどのポジティブさを、たなたは花に関わる仕事を通して世にめぐらせ波動を高めるお役目をはたしているわけですから、その仕事を大いに誇りに思ってください。

許しの心とは大いなる愛の心であって、それは人の寛大さと強さを表すものでもあります。あなたの大いなる許しの心は、決して弱さからくるものでもなく、自信のなさからくるものでもありません。あなたの芯の強さがあるからこそ、様々なことを許し、様々なことを受け止め、臨機応変に物事を進めることができるのです。

あなたがこれまで、あなたの意思に従って、そのワクワクする方向へ人生の歩みを進めてきたように、この先もあなたのナチュラルなその感覚に従い、あなたがより良いと感じる方向へ、ただただあなた自身のワクワクのナビゲーションに従って歩み続けていけば、あなたなりに幸せな人生を送ることができるのです。

流れに逆らって無理に何かをしようとか、出会いや新たなご縁を求めて流れから外れるような選択をされたりとか、あなた自身があまりワクワク感じない人や世の中の要請に従おうとするとか、そういったあなたらしいとはあなた自身が感じられないような選択をすることは、できるだけ避けるようにした方がよいでしょう。

あまり先々のことを考えすぎて憂うことはなく、今をとにかく大いに楽しんでください。これだけ変化の大きく、時代がどんどん変化していくこの時期にあたって、少し先のことの予測もなかなかこれまでのことを基にした予測では当てはまらなくなっていくことが多くあります。

ですからこれまで繰り返されてきたような状況からの判断をするとか、これまであったシステムがこのまま機能していくだろうという安易な思考からの予測を信頼するとか、もちろん自分自身でそれがもっとも信頼できると感じるのなら別ですけれども、周囲の人やマスコミがたてたそのようなこれまで通りの安易な予測は、それが当たることはあまり期待しない方がよい時代になっています。

そこで、あなた自身の感覚に従って、あなた自身が感じた予測や、世間一般の大勢が信じるものでなくても、あなたの信じるネットや身近な人が話す予測を参考にして、最終的にはあなたが最も信じる予測を参考にして、今を最も大切にしながらこの先々を見据えて、よりポジティブに在り続けるとよいでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

守護霊様からのメッセージ

山に気を向けると

2020年08月14日
リラックスして椅子に座り、部屋から見える裏山の方を何気なく見ていたら、心の中に言葉が流れてきました。心地よく、いつもの高次の存在とのチャネリングしている時の感覚になったので、そこに意識を合わせて、パソコンの電源を入れて、その言葉を記録しました。その間、時々、そよ風が吹き、植物たちが揺れてささやいていました。鳥たちや虫の声もBGMのように聞こえていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

山に気を向けると、無意識のうちに心が動き出すでしょう。山は気高く、そこに生えている木々や植物たちは、山の気をいただき成長しているのです。

安らかで、穏やかな時間を過ごしていると、鳥たちの声は優しく聞こえ、風に揺れる葉の音もささやかに心地よく聞こえてくるでしょう。そんな自然の中で過ごすひと時を、大切に感じられるといいですね。

道の真ん中に、ぽつりと咲く野花のように、たくましい生き方をするものもあれば、野の片隅にひっそりと咲く野すみれの花のような生き方もあります。どのような生き方でもいいではないですか。自分の個性という花を咲かすことができるのなら・・・。

夢の途中で挫折したと感じて落ち込んでいる人がいます。それを慰めながら、一緒になって涙して、共に嘆き悲しむ人もいます。

愛多き人は、共感する力を備えておりまして、時にはそれが癒しとなり、時にはそれが仇となって、負のスパイラル陥るときもあります。

それでも、愛を持って全力で相手を思って接してさえいれば、いずれはそれが癒しとなり軽さとなって相手に伝わり、やがては愛の光が勝って、共に手を取り合いやわらかな日差しの当たる温かな道を歩き出すのです。

植物の立場から人間を見ていると、実はとてもわかりやすく、愛を抱いて何かをすれば、必ず愛が返ってきて愛が巡るのがわかります。それはとてもはっきりとしてシンプルに感じられて、例外なくそのパターンは繰り返されています。

これは、人が植物に対して巡らせる愛も同じことで、人が植物に対して愛を向ければ、植物は人に対して愛で返します。植物の愛は、それはそれは純粋な愛で、何一つ裏がなく、透き通った輝ける愛の光なのです。

桜が咲くと春を感じ、緑が深まると夏を感じて、虫の声が聞こえてくると秋を感じ、山々が紅葉してくると秋の深まりを感じ、やがて木々の葉が落ち、山肌が多く見え始めると冬の到来を感じることでしょう。

自然と共にある生活をしていると、それはあたりまえに感じられる日々の出来事でありますが、それがなかなか感じられない環境にある人もたくさんいます。

でも、今の人々は、インターネットやテレビなどを通じ、いくらでも自然の景色に浸ることができます。もちろん、直に自然の中で自然に触れ合うことが理想ではありあすが、画像や映像を見るだけでも、自然は癒しを届けることができます。絵や写真でもよいのです。

また、お部屋に植物の鉢を置いて、愛情込めて育ててみるのもよいでしょう。植物は皆魂を持って生きているわけですから、愛をこめて育ててくれれば、植物は必ずあなたに愛を返します。

そしてその愛は、植物たちの返す愛は、純粋で、緑の息吹たっぷりの酸素も含み、妖精たちも手伝い、あなたを優しく包んでくれるのです。

愛しい人よ。どうか私たち植物を優しく大切にしてください。人と植物は、地球上ではお互いが必要としていて、手を取りあって共に生きていく素晴らしいパートナー同士なのですから。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

あなたの信じる道を歩み続けていればよいのです ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月13日
☆守護霊様リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、A4用紙2~3枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、イギリスで男性として転生していた守護霊様からのメッセージです。守護霊様とつながった瞬間見せてくれた映像は、赤と青と黄色と、少し緑色も混ざった、日の当たったステンドグラスのような窓から、それらの色が混ざり合って虹色のように美しく見える光と、その虹色のような光と混ざって、同様のオーラを美しく放って祈りを捧げている神父さんの姿を見せてくれました。守護霊様は、あるキリスト教の教会の牧師さんをこの転生ではされていた方で、それなりに大きな勢力を持つ教会をまとめていた方とのことです。

守護霊様のこのキリスト教の教会で行っていた活動は、主としてはイエス様にお祈りを捧げながら、イエス様を通して天とつながり、光を得るという本来理想とするような宗教の在り方を貫き通した純粋の祈りを行うことです。それに加えて、地域社会に還元する奉仕活動を通して、人々のためにも、その土地のためにも役立つ清掃や環境整備などを施すことで、自らの徳を積み、地域住民や地球に対して日ごろの恩恵を奉仕という恩で返すという実践も積極的に行っていたとのことです。また旧約聖書も原本に近いものを使い、まだ改ざんされていない、より純粋な光を保っている聖書の内容を重んじ信仰していたようです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「あなたの自由意思を大切にして、あなたなりの自由奔放なその気質を大いに生かし、身近な人たちからはそれなりに同意を得るようにして調整をしながらも、自らの歩みたいワクワク感じた道を、許される限りあなたの意思に従って、大いにその経験の幅を広げ続けてください。

あなたの心や身体がこうして自由に動かせる限り、多少周りの人が強引と感じるようなことだったとしても、あなたは going my way あなたの信じる道を歩み続けていればよいのです。

今後、歳を重ね、もし身体が思うように動かなくなったり、ひとりで生きてゆくのが難しいと感じたりした場合でも、このままあなたらしく在り方をよりポジティブに感じる方向へと突き進んでいけば、そのあなたの波動に同調し、あなたのその光に同調し癒されてきた何人もの人たちが、あなたに必要なサポートを必ず施してくれるようになるので、どうぞ安心してください。

夢のように感じられるほど、あなたにとって、この先の未来は楽しく幸せといえる未来が訪れるでしょう。もちろんそれなりに苦難に感じることや、解決すべきいくつかの問題点は起こるのは仕方がないことですが、それらを乗り越え、さらなる波動域がステップアップし、あなたなりのもう数段上の波動域に達したとき、それはあなたの心のアセンションを意味していて、もう後戻りすることはない第4密度の、とても光多き幸せな領域に入ることができるのです。

それを信じて、あなたはこのままあなたの自由意思に従って、ワクワクする方向へ歩み続け、周りの人に光を振りまき、またその恩恵を受けながら、より神に近づくための道を歩み続けていきましょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」







守護霊様からのメッセージ

アガルタの樹木、植物、野菜に対する考え方・樹木へのアクセス方法

2020年08月12日
私たちは地球表面上の3次元世界に存在していますが、地球内部には高次元世界があり、たくさんのアガルタの人々などが住んでいます。

今はまだ、私たち3次元世界の地球人類の中の、ごく一部の人しかアガルタの存在を認めていませんし、アガルタ人とコミュニケーションを図ったり、実際にお会いしたりした方は、さらにわずかな人に限られています。

それでもアガルタのみなさんは、私たちの今のようなカバールに支配されているネガティブな状況からいち早く脱し、今の地球上のますます高まる波動状況に見合ったような世の中の体制になることや、個々の意識が高まりより覚醒することを強く望んでくれていて、私たちに干渉をしすぎない程度に、直接的もしくはインスピレーションや光を送るなどのサポートをしてくれているのです。

私は、アーシングや植物に対する意識をより強く向けることに、ここ半年ほどは特に重点を置くようにしていますが、Project Vega に掲載していただいた以下の内容は、植物に対するとても大切な意識の向け方や叡智など、私たちが学ぶべきことが凝縮して述べられているように感じましたので、ここに転載させていただきます。

以下の内容はProject Vega http://www.project-vega.org/2014/03/10.html より転載させていただきました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

〈アガルタの樹木、植物、野菜に対する考え方〉

樹木、植物、野菜は、みな生命力を運ぶそれ自身の意識を持った存在であり、空洞地球にいるアガルタ人はそれらを区別しているわけではない。季節の変化のある地上とは異なり、彼らは永遠ともいえる長い成長期を持つ。季節に変化がある地上では、実や葉が収穫されると、その植物は引き抜いて捨てられ、その種が次の成長期に蒔かれる。空洞地球の彼らはこのようなことは行わない。植物に介入することなく、どれだけ繁殖させたいのか、植物自体の意識に任せているのである。地球はその監督者で、成長のサイクルを調整している。

アガルタの植物は、果物を食べることを許しており、自らをアガルタ人に提供している。彼らは決して殺したり、取り除いたりしないからである。植物は意識を持って生きており、生命力を完全な状態で備えているので、その存在は、それを摂取した本人の中に受け継がれるのである。そして事実上生き続ける。

それは樹木でも同じである。アガルタ人は果物を食べるが、決して木は伐採しない。よって木々は巨大で堂々としており、たわわに実をつける最高に豊かで生気を持った果物を食べることで、アガルタ人たちも生き続けるのである。

彼らはすべての存在を尊重し、畏敬の念を持って扱っている。アガルタ人は植物や樹々に話しかけ、彼らの恵みに感謝して、果物や野菜をいただいている。

ただ、木々は別の大きな目的のためにも奉仕している。人間が吐き出す二酸化炭素を吸収すると同時に、人間が吸い込む豊かで澄んだ酸素を生み出し、人間の地表を覆ってくれている。彼らは見張り番であり、警戒を怠らずに立ち、人間たちの環境を維持している。

木々は偉大な光の存在で、植物や野菜は、いつか樹木へと成長することを願って空に延びつつある、彼らの子供のようなものである。人間がこれまで意識を発展させてきたように、すべての生命は意識を低い状態から高い状態へと発展させるからである。

また、樹木は小さな植物と比較して意識のスケールが大きく、地上にある他のすべての樹木と互いに繋がるテレパシーの「地下ネットワーク」を持っている。彼らは自分たち自身のニュース網を持っていて、地上で何が起こっているのか、人間よりも早く把握する。彼らはこの惑星でまさに起きようとしている出来事について、互いに素早くコミニュケーションを取っている。それらは最新情報である。

アガルタ人はしばしば、彼らのコミュニケーション・システムを利用して、地上の別の場所でこれから起きようとしていることを把握している。地上でもこのシステムを利用できる。木の脇で地面にしっかり立って、手を幹に置き、そのエッセンスと融合する。そして質問をして、耳を澄まして待つのである。木が人間に話しかけるのが聞こえてくるのである。

木々は、地上で再び人間とコミュニケーションを取るようになるのを何世代も待ち続けている。彼らはそれを強く望んでいるのである。そして樹木や植物から取れる果物や野菜を食べるとき、それらは人間の健康に必要な生命力を含んでいることを知る必要がある。それは人間が望む生命力で、これが人間を創造主と繋げているものなのである。

反対に、死んだものや毒性のある物を食べると、人間もそのようになる。寿命が短くなり、自分の身体を維持するのが難しくなる。そして、病気が広がる。人間は文字通り地球からできていて、本当に一つなのである。

アガルタ人は、植物に取り入れられるミネラル、ビタミン、酵素を維持する輪作と有機栽培を採用している。それによって地球は、常にミネラルが豊富で、農作物を育てるのに完璧な状態で保たれるため、アガルタ人はとても健康的で力強く、同じ身体で数千年も生きられるのである。つまり、母なる地球に干渉する度合いが小さいほど、彼らはより多くの栄養を摂取できるからである。今まさに人々はこのことに気づき始めており、それが理由で、有機食品産業が急速に成長しているのである。

アガルタの人々は常に自然をそのままにしている。自然自身が最高の医者であり、彼らの介入なしで、自然は自らの問題を解決できる。地上に生命が誕生して以来、自然は常にこれを行なってきた。自然は自己のDNA内にすべての必要な知識を備えており、木々、植物、花々が必要とする治療のすべてを最適に与えることができる。自然自身に自己を治癒させることが最善の治療法である。自然が生み出すものに決して干渉しないのが秘訣であることは、空洞地球内やテロスにおける木々や花々、植物が常に完璧な状態であることがそれを示している。

地上に人間が住み着く前から、創造主が完成させていた「自然の計画」に人間は絶えず干渉を行なってきた。地上の木々、植物、食物にさまざまな問題が広がっているのはこのためである。人間が自然をただそのままの状態にしておけば、またたく間に自己を再生させる。すべての木々の健康は人間の寿命よりも短い期間で回復が可能である。壮大な森林へと成長するのに数百万年かかったことを考えれば、それは本当にあっという間なのである。

彼らは紙のために木を使うことはないが、代わりに麻を栽培する。木を伐採することは生命を殺すことに等しいため、彼らは決して行わない。彼らが必要とするすべての産物は「麻」から作る。地上の人間がまったく聞いたこともない数多くの産物があり、アガルタ人は汚染とは無縁な優れたテクノロジーを利用して、それらを作っている。

〈樹木の情報へのアクセス方法 〉

樹木は非常に啓発された存在である。彼らは自己の内なる霊性から発せられる「光の波の塔」であり、そのオーラは空を満たしている。人間が彼らの周波数に同調して繋がれば、彼らは膨大な情報や神話、伝承を地上の人間にもたらす「光の柱(管)」となる。これを行なうのは簡単である。人間は樹木に呼びかけ、彼らの出現を呼び起こし、彼らが保持する膨大な情報をあなたの内部の広大な貯蔵庫へ移すよう求めるだけでいいのである。人間の内なる貯蔵庫は実質的には空(から)の状態で、内部のたくさんの貯蔵室が生命の神秘を含んだ書類で満たされていくのを、ひたすら待っている。それはこれまで、人間は自己を閉ざした状態にあったので、人間には明かされなかった謎のすべてのことである。

樹木は自己の信念体系や思考法において閉ざされてはいない。彼らは宇宙や周囲の全生命に対してオープンで、あらゆる場所と源からの情報を受け入れている。樹木は自己の内部に目録システムが備わっており、すべての情報を分類し、簡単に引き出せるように保管している。これは人間世界の図書館と似ている。樹木だけが、人の助けの必要なく、それを自動的に行なうのである。

樹木は人間のために千年以上も、地球の智慧と情報のすべてを蓄積してきた非常に偉大な存在で、人間によってそれを引き出されるのを待ち続けている。樹木とクジラ目の動物たちの協力を得れば、人間は読む以上にすぐ知識を得ることができる。

方法は簡単である。それを魂に吸収するだけでよい。それは、必要な時に人間にもたらされる。読書という行為自体を楽しむのでなければ、もはや本を手にする必要はない。なぜなら、地球と宇宙のすべての物語はすでに書き終えられ、製本されていて、樹木内部の図書室に保管されているからである。

彼らは人間に貸し出しカードまで与えている。つまりそれは、人間自身のDNAに番号が登録されていて、好きなときに情報が持ち出せるということである。読み終えても返却する必要はなく、必要な時に引き出して利用するために、自分の中に仕舞っておけばよい。実に簡単なシステムで、しかもこうして得た情報は、人間のテクノロジーを遥かに超えたものを生み出すこともできる。創造主だからこそ生み出すことができたこのようなシステムに、人間が早急にアクセスして、すべての情報を引き出すことを、アガルタ人は切に望んでいる。

なぜなら、進化途上の地球人類がこの差し迫った大変動の時代を生き残り、進化を存続させていくために、これらの情報は極めて有用かつ重要だからである。それは人類の無知と酷い悪事が原因で、不気味に忍び寄る恐ろしいシナリオを回避させる必要性を人間に理解させ、それによって、世界を即座に変えることができるからである。

よって人間は地球に反抗するのではなく、献身する「種」として、地上で自分の人生をまっとうするのに必要な指導、情報、訓練を得るために、樹木、そしてクジラ目の動物たちと波長を合わせる必要がある。なぜなら、地球が戦争状態にあるのではなく、人間だけが全体から自分たちを切り離して、他人に八つ当たりすることで、自分自身と戦争状態にあるからである。人間は自分たちの視野が閉ざされているために、奴隷状態に置かれたままなのである。

樹木の図書館へアクセスする具体的な方法は、まずは意図することである。これは何事においても「最初のステップ」で、その上で、樹木と繋がって心を通わせることを意識して、樹木の間を歩き、樹木に触れ、樹木に腰掛ける。そうすれば、それが起こる。深遠なる智慧は映画のように人間の魂というスクリーンに映し出され、人間の想念や言葉となっていく。彼らの情報に関わり、この貯蔵システムを簡単に活用できるようになるのである。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

許しの心は大いなる愛の心 ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月11日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、日本で男性として転生していた方からのメッセージです。見せてくれた映像は、小雨の降る街角に立ち、曽呂の格好をして蓑笠をかぶり、托鉢をされているお姿です。托鉢の修行をされながら、世の中の人々の心の中をじっくりと洞察しながら、世の流れやありのままの人の心の状態や動きを感じつつ、自分自身の心の修養のために常に内観もして、自分の感情や思考の動きも観察しそういったことを、托鉢を終えた後にじっくりと反省し見つめ直すことで、さらなる仏の領域に近づけるよう修養のための糧としていたとのことです。

実際には、托鉢の修行はそれほど多くの時間を割いていた訳ではなく、禅宗の基本である座禅を組み瞑想する時間を主に大切にされ、またお経を読みながら御仏に対する崇拝や深く帰依する想いを抱き、心を込めて読経されたとのことです。人との対話も貴重な学びであり、心と心を合わせて会話をし波動を合わせるというこの素晴らしき体験であることを重んじていたので、常に一期一会の強き思いを抱き、挨拶だけだったとしても、心から相手に感謝や敬意を表してあいさつをし、ご質問やご相談をいただいたときは相手を思い、心から相手に尽くし何か頼まれた時には常に謙虚であり、何気ない会話一言一言に対してもより柔らかな心で、心の中は常に笑顔いっぱいでまるで自分が御仏になったかのように、常に在り続けるように努めていたとのことです。小さな蟻一匹でも、耳元をくすぶるような羽音をたてるハエや蚊に対しても、同じ命を持つ友としてその命を大切にしてあげるような、そんな繊細さもお持ちだったとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「自らが感情的になって言葉を発してしまった時、それが相手にネガティブに響くような言葉であった場合、我に返って冷静になり、その状況が把握できたのなら、直ぐにあなたは反省し、謝った方がよいとか、場を修正した方がよいとかと感じたのなら、その心に素直に従って、すぐに謝ったりあなたなりに場を上手く取り繕おうとしたりすることは、人として決しておかしなことではなく、ネガティブなものをそのままにしておくよりは、気づいたときによりポジティブに変換することはとても大切なことなのであります。

これが一度や二度ならずとも、何度も繰り返しあると、その分、ネガティブなカルマが重なり増えてしまいます。ですから、一つ一つ小さなことでも、相手がもしかしたらそれほどネガティブに感じていないと思われても、あなたが反省してあまりよろしくないことと感じたのでしたら、気が付いたときにすぐによりポジティブな形に変換するように努めることは大切なことであるといえます。

‘許しの心は大いなる愛の心’ですので、色々なことをより許せるようになるということは、あなたの愛がより大きく育った証でもあります。それは決して歳をとったから穏やかになっていったというわけでもなく、色々な経験を積んだから皆そうなれるというわけでもありません。あなたはポジティブな経験や学びを積み、自分自身の心を磨き高め、より愛が大きく育ったからこそ、歳を重ねるごとにだんだんと心が穏やかになり、それに並行して許しの心がさらに大きくなってきたのです。

まだまだ心の中では許せないと感じるようなことや、つい感情的になり言葉を先走ることもあるのは仕方がないことではありますが、それでも全体を振り返った時に、若い頃と比べて、5年前と比べて、3年前と比べて、自分が以前よりも穏やかに許せるようになったと感じたのなら、それはあなたの魂が順調に向上している証拠であります。そんなことも一つの魂の位置を確かめる基準として、心にとどめて活用してみてください。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」






守護霊様からのメッセージ

陽(光)に焦点を合わせる ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月09日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、守護霊様の中でも指導霊様お二人とつながったので、指導霊様お二人の意思を合わせたメッセージです。

まずお一方は、日本で17世紀の頃に存在していた男性です。占い師のようなことを、江戸のとてもにぎわっている町中で営んでいた方とのことです。見た目はまるで河童のようなお姿で、やせ細った体に洞察力の鋭そうな細面のお顔立ちの男性の姿を見せてくれました。こちらの指導霊様は、もともとが宇宙存在で、ウォークインして地球人となり、江戸の町で暮らしながら人々をよりポジティブな方向に導くための占い師という仕事をされていたとのことです。

もう一方は、16世紀の頃、フランスで女性として転生していた方です。とても静かなおっとりした雰囲気で、辺りをゆったりと見渡した後に、けらけらと笑い出している姿を見せてくれました。こちらの指導霊様は、フランスの貴族の家に生まれ育ち、物理的にも裕福で身分的にもかなり高かったようですが、そういった暮らしの豊かさだけではなく、心もとても愛情あふれ余裕の溢れる豊かな方で、あらゆるものをおもしろく感じ、時の流れのすべてがスムーズに感じ、幸せいっぱいであると自分を感じていたので、人前ではいつもにこやかで笑顔を絶やさずにいました。。

≪指導霊様お二人からのメッセージです≫

「世の中を斜に構えて見ていると疲れてしまいがちで、それがじわじわとたまってしまい、身も心もそれなりの不調和が生じてしまうことがあります。

世の中には、許せないようなことやネガティブに感じられるようなことが沢山溢れていますので、そちらの方に焦点を合わせてしまうと、今の時代はこの世の中がとても波動の低いネガティブな世の中として映り、そしてそれが自分自身の現実となってその世界を経験することになります。

かといって、目くらになって世を見るなといっているわけではなく、ある程度の情報は入手し、世の中の陰(闇)の部分もきちんとそれなりに把握し、問題を問題としてとらえることはとてもポジティブなことであります。

ただし、あまりにも焦点を強く合わせすぎると、その世界があなた自身の波動になり、そういった陰の世界の平行世界をより多く経験してしまいがちだということです。

ですから、そう言った問題点や陰の部分を知りつつも、それをはるかに上回る形で、光(陽)の部分をより多く見るようにし、もしくは陰の部分が目立ったとしても光を探し当て、その一筋の光でもいいから光を見出した時には、そこに強く焦点を合わせ、自分の世界をその光の世界に持っていくようにより多く努めていけば、あなたの世界もより陽の多い光の世界が繰り広げられていくものなのです。

この世の中は、陰と陽のバランスでできていますが、これは宇宙全てに言えることであります。そのバランスをいかにうまく保つか、そして陽の部分をより多く見出し経験できるかというのが、人生をより幸せに生きるために、より不調和をなくし調和の多いものにするために必要になってきます。

陰の部分を知った時は、そこにあまり強く焦点を合わせすぎず、問題視をして自分なりに何らかの解決策を施したのならば、それはそれでよしとし、それ以上に多くの時間や気力を陽の部分に当て、光がより多き事柄に自分自身の生き方を当てはめて、その光に向かって歩む道を、あなたらしく、より優しく、より軽やかに楽しむのが理想であり、ライトワーカーの務めでもあります。

もっと気軽にもっとナチュラルにふんわりと、この地球という遊び場を楽しんじゃいましょう。あなたの笑顔はステキで、あなたの笑顔は心を癒します。もっともっと笑顔を多く出して、光を発散し巡らせ、今降り注ぎつつある第4密度の濃い光子の波動を、より多く受け取って、より軽やかな世の中にしていきましょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





守護霊様からのメッセージ

古い在り方からこれからの時代の新しい在り方へ ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月07日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回紹介いたします内容は、守護霊様が18世紀の頃、日本で男性として転生していた時には、数々の武者修行をこなした武士であった守護霊様からのメッセージです。身分は武士の中ではそれほど高い方ではなかったようで、与えられている仕事は比較的少なく、時間がわりと自由に取れていました。その時間を利用して様々な武者修行をして、自分自身の精神や肉体を鍛錬することに尽力したようです。

荒行と言われるものはすべてこなしたといえるほど、日課として様々な武者修行を行い、断食や滝行や水垢離、寝ずの瞑想しながら経典を唱えるとか、とにかく自分自身を精神的にも肉体的にもとことん追い詰めた中で得られる様々な学びや経験や、喜び、そして神秘体験を求め、そのことにより自分自身を高めることに生き甲斐を感じていたとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

「とことん自分を追い詰めることで、自分自身を強くしたり、暗闇の中から明かりを探して活路を見出したりすることによって、自分自身の精神性を高め、修養することも時には必要でしょうけれども、それはもう過ぎ去ろうとしている3次元世界のこれまでの世の中での、在り方の一つの形であります。

これから先の第4密度にほど近くなっていく中で、第4密度の入りかけている現在では、そのような形はもう古い時代のものであるととらえるべきものになってきました。苦を重ね、ストレスをためこむことによって、DNAを損ねるほど根本から痛めつけられてしまう可能性もあり、本来はあまり望ましい形ではないのです。

そんなに自分自身をいじめなくても、それよりも自分自身をかわいがり、できるだけ光の多いところを歩くようにし、あなたらしくいられるように、あなたらしく輝いていられるように感じる道を探し出し、その道を歩くようにしながら、あなたの精神性や肉体を修養する道を選択する方が、今、この波動が高まっている世の中においては、そちらの方がスムーズに流れていくものなのです。

もちろんまだ、この混とんとした時代を生き抜くためには、それなりに努力というものは必要になり、それなりに苦難を乗り越え、問題解決するようなことは出てくることもあるわけですが、そのような機会には全力で対応し、いち早くネガティブに感じる状況を脱し、よりポジティブに感じる状況へと改善するように努めることは必要になります。

でも、あえて自分から問題を抱えようとせず、また苦境と感じるようなことや、自分自身に合わないと感じる波動域の中に入ることや、ネガティブに感じるエネルギーに触れることはできるだけ避けるようにし、そのような波動エネルギーの領域や、ストレスを感じるような人との出会いや、仕事や人付き合いといったようなことからは、できる限り離れるようにする選択をしていくとよいでしょう。

あなたはとても人を癒す力を持っていて、あなたが接するだけでもその波動によって、人を癒すことができますが、その反面、その感受性の強さから、人のマイナスのエネルギーの影響も受けやすい体質であるということを承知しておいた方がおいでしょう。ですから、日々の浄化はとても大切な日課となりますので、まめな浄化を習慣のようにして心がけるとよいでしょう。

浄化とは言ってもそんな難しいことではなく、例えば人混みや波動の低い場所に外出した後には、必ず着替えをするとか、入浴をするとか、水分を多くとるとかといった邪気出しをするといったこと、また自分のいる場所の空気がよどんでいると感じた時には、窓を開けて換気をしたり、空調をつけて空気を回しエネルギーを回すようにしたりするとか、あなたがよくいる場所に植物を置いて浄化するとか、それなりに気を付けて午前中の日の光に当たるようにするとか、自然の中に浸るとか、そういった浄化を心掛けるようにすると、あなたなりの波動を保ちやすく、またマイナスエネルギーの影響を受けてもより早く改善することができて、健康状態をそれなりの保つことができるでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」










守護霊様からのメッセージ

魂向上のための最適な道を歩むために

2020年08月06日
今この時点では、
あなたが選択していることすべてにおいて、

つまりお金を得るためのお仕事にしても、
実生活のあなた自身の在り方にしても、
何気ないような人とのおつきあいに関しても、

この今の実生活において経験しているすべてのことを
総合的・全般的かつ根本的に振り返ってみて

あなたながよりポジティブに在り続けるように努めていて
実際にも以前の自分に比べると
多少なりとも波動が高まっているだろうと感じられるようでしたら

今、その時点では、あなたのその在り方によって、
周囲に光エネルギーや高い波動をめぐらせているために

世のため人のため地球のため宇宙のためにも
実際には貢献しているといえるでしょう。

兎角、何かメインで行動していること、
特に金銭を得るための仕事として努力していることが
何をしているのかといったことが重視されがちですが、

人として魂を向上させるためにも、
あらゆるものへの貢献をするためにも、
実際に最も重要なのは

その人自身の在り方全般が、
その人にとっていかにポジティブに感じられるのか、
わくわく感に従って実生活を送っているのか
実際にもいかに波動が高まっているのか、

そして結果的に愛のエネルギーである光エネルギーを
自分内でも他へもどれだけ多くめぐらせているのかが
魂向上のためにも宇宙にとっても重要でありますので、

つまり、あなたが‘メインの仕事’として何をしているのか、
という、ある意味1つの部分的なことに強く捉われすぎる必要はなく、

長い時間を費やして努力をしていることとして
それなりに強めに意識はしていたとしても、

実際には‘あなた自身のすべての在り方’において
どれだけわくわくの波動の中に在って
どれだけ愛をめぐらせているのかが重要なのです。

そして、そういった人としての在り方全般において、
あなた自身がそれなりにポジティブであるだろうと
多少なりとも感じているのでしたら、

魂向上のための道を
それなりに順調に歩んででいるだろうということになりますし、

もしあまりそう感じられないという事でしたら、
今以上にポジティブな在り方であるように
気づいた時点からすぐに意識的に努めていくことが大切なのです。

そしてその先に、あなた自身の過去に比べると
その時点の方がよりポジティブに感じられてきたときには、
それなりに順調な道を歩み始めていると捉えてよいでしょう。

ただし、魂向上のための道は果てしなく続いていて
上には上があり、どこまで行ってもゴールが見えないほど、
愛の道は気高く長く常に上に向かって続いているのです。

ですから、今その時点で満足しきってしまったり、
自分が高い所にまで到達したと感じて高飛車になったり
波動が低いと感じるような人たちを蔑んでみたりしていては

せっかく努力し続けて長い時間をかけ
それなりに高い所まで登ってきたのに、

優越感に浸ったり人に対して蔑無心をめぐらせたりして
さまざまなエゴを発してめぐらせてしまったり
不道理なことを続けたり大きな不調和を起こしてしまったりすると

あなた自身が、時には周囲の人をも巻き込んで
谷底に落ちるように一気に急降下して、
あっという間に波動は下がってしまうのです。

そして、いったん谷底に落ちてしまうと、
また元の場所に上りつめてもどるには
たくさんの努力と時間を要する場合が多いのです。

愛をめぐらせて波動を高め
魂をそれなりに向上させるためには
努力と時間を要して徐々に登っていくものですが

落ちていくには努力も時間もいらないので、
大きな不調和を起こしたり何か強いネガティブなことをしたりすれば
一瞬にしてそれまで積み重ねてきた努力は水の泡となり
低い波動の谷底へと落ちていってしまうのです。

ですから、魂が向上すればするほど、
スピリチュアルに目覚めて宇宙の叡智を得れば得るほど、
あなた自身の在り方の責任はますます重く強くなっていき

向上心を持ち続けてより高い所を目指して、
さらなる波動を高めるための道を歩み続ける必要があるのです。

その魂向上のために最適な道は
その時点でのあなたの波動の高さによって
波動の法則に伴いあなたの波動状況に見合ったことを招き、
その時点での必要なお役目・使命に基づき、

宇宙が用意してくれた道を、
あなた自身の直感を中心とした
あなた自身の高い波動の意識が感知して認識できるので、

そのような高次元からのインスピレーションや
自己の魂・ハイヤーセルフからくる直感を
より明確に受け止め続けるためにも、

あなた自身の波動を常により高くするように努め、
かつ、より波動が低くならないようにも努め続ける必要があって、

実際にもそのように日々の生活を送り続けていけば、
ごくナチュラルな感覚の中で湧き上がる意思に従って
よりわくわく感じることを選択し続けてさえいれば、

必然的に今その時点での
あなたにとって魂向上のために最適である道へと、
結果的に導かれていくものなのです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」



バックナンバー改訂版

あなたらしくナチュラルに ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月05日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、フレンチポリネシアのタヒチ島の辺りで女性として転生した守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は15歳の頃のようですが、裸足でビーチを楽しそうに駆け回っている様子です。野生児ともいえるような快活でさっぱりとした女性だったようですが、特にこうして何か自分にとって辛いことやきついことがあると裸足でビーチを駆け回り、直に地のエネルギーを吸収し、海や天からの癒しを受けることで自分の波動をポジティブに変換していたとのことです。

次に40歳の頃の映像を見せてくれましたが、子どもが10人ほどいて、豪快に笑いながら子どもたちと無邪気に遊びながら、大きな葉で何かをくるみ食事の下ごしらえをしている様子を見せてくれました。常に子供たちの前では太陽のように母親として明るく光を照らし続け、また月のように淡い光を照らして陰から子どもたちが自立するまで支えていくということをモットーに、女性性の強さや元から持っている楽天さと、自然との調和を重んじるナチュラルさとをもって子どもたちを皆自立するまで強い責任のもと育て上げたという事です。

毎日の大地への祈りや天への祈りは幼い頃から欠かさずに行っていたとのことで、これは家族としても習慣として行っていましたが、何か思うことがあるたびに地の神天の神に向かって思いを唱えたり祈念したり、また時には人に言えないような話を神に聞いてもらったりして自分自身をよりポジティブに保っていたとのことです。

〈守護霊様からのメッセージ〉

「あなたらしくナチュラルに、もっと肩の力を抜いて楽天的に生きていくという在り方も魅力的だと思いませんか!?

あらゆる決まり事や世の中の良識という事に縛られ過ぎると、気がつくと色々な制限や枠に閉じ込められてしまっていて、本来あなたが持っているとてもユニークな発想力や想像力、そして持ち合わせているこの楽天さや明るさといった快活な気質がどんどん閉じこもっていき、いつの間にか自分自身のポジティブさを抑え込んでしまっていることも、それなりに気付かれることもあるでしょう。

そんなときには、あなたがあなた自身を開放することを許してあげてください。太陽のごとく、もっと光り輝いて好きなことを自由に広げていってもよいわけですし、月のようにおっとりとそして地味ながらも人の支えとなり、また陰ながらにサポートしたり人知れず愛をめぐられたりすることも素敵なことなわけです。

そのようなことを今一度改めて考え直してみて、この先のあなたの在り方をもっともっと自分らしさによって広げてみてください。

みずみずしく実っている果実は見るだけで心わくわくし、その香りに心が癒され、食すると感謝が生まれ活力がわく、そんなふうにしてたった一つの果実でも様々な恵みを与えてくれるのです。

今地球上に存在している人は皆とても長い魂の歴史や、人間の体を受け継いできたDNAの歴史がありますが、もちろんあなたも数多くの転生を繰り返している中で、様々な経験や学びをして、それはそれはたくさん培ってきているのです。今あなたがあなた自身の得意なことややりたいことというのが、そういった長い間の魂の歴史の中で、また、肉体を受け継いできたDNAからくる意思が反映されたものではありますが、実際にあなたは本来はもっともっと、あなたが思っているよりもはるかに多くのポジティブな可能性を秘めているのです。

人ひとりの力はちっぽけなものではなく、とても大きなものがあります。その中でも宇宙すべての体制にも影響を及ぼすのは、あなたの意志の力、あなたの発する周波数(波動)・エネルギーなのです。あなたの持つあらゆる可能性をこの先より多く最大限に活用するには、あなたの心を今まで以上に大きく開き、あなた自身を開放し、もっともっと自由な中で発想や創造をしていくと、より多くのあなたの可能性を引き出すことができるでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」








守護霊様からのメッセージ

憑依について

2020年08月04日
憑依という言葉は、なんだかおどろおどろしい、特別なことで、とてもネガティブな霊現象というように思われている方が多いかもしれませんが、以下のように、憑依という現象を広い意味で捉えれば、実際は日常的によくあることなのです。

私が広い意味として捉えている憑依といえる現象は、大きく分けて2つの種類があると認識しています。1つは、‘未成仏霊や生霊などの極端に波動の低い魂ががとり憑くこと’。もう1つは、未成仏霊や生きている人が発している邪気や邪念、そして場所や物質に残留したり媒介にして発さたたりしれている‘マイナスのエネルギーが憑く’(肉体に乗っかったり入り込んだり、顕在意識に強い影響を及ぼしたりする)ことです。

憑依される人の状況として、大きく分けて2種類あります。1つは、カルマにおける因縁や恨みなど、憑依してきた相手との個人的な因果関係によるもの。もう一つは、波動の法則によるものです。人が瞬時に極端に低い波動を出した時、または低い波動をある程度の長い時間保っている時、その波動と同質の波動の未成仏霊自体や未成仏霊や生きている人の邪気や邪念が、人の波動と同調して引き寄せ合合うことで、人にとり憑いたり入り込んだり乗っかったりすることです。

このように大きくわけることで、4つのパターンにまとめられるので、それぞれのパターンに応じて述べたいと思います。

パターン1:「カルマにおける因縁や恨みなど、憑依してきた相手との個人的な因果関係による要因で、未成仏霊や生霊や魔自体がとり憑いた」

一般的には、このパターンが、憑依を受けたという言葉からイメージされる方が最も多いと思われます。このような個人的な因縁の場合は、とり憑いたもの自体の波動がものすごく低いことや、とり憑いたものが自覚してとり憑いているケースが多いので、いわゆる心霊現象とか障りとあというような、怖いとかいやだとかと感じるようなことが起きる場合があります。ですから、話題としてマスコミで取り上げられたりうわさ話として広がったりしやすいのです。

しかし、現代の日本においてこのパターンは、ごくごくわずかしかありません。他のパターンに比べると、皆無に等しいくらいに少ないパーセンテージになります。このパターンの解決策として、最低限のこととしては、本人が気づいて改善しようと思うことです。しかし、自分では気づけないとか、あるいは気づいても対処方法がわからないような時には、波動が高くて霊能力も高いと感じられて信頼できそうで、適切なアドバイスを受けられそな人に相談することや、憑依を受けている状況を改善するために、浄霊や除霊のできる人にお願いをするというのが、懸命だということになるでしょう。

パターン2:「カルマにおける因縁や恨みなど、憑依してきた相手との個人的な因果関係による要因で、未成仏霊や魔や生きている人が発する、邪気や邪念といったマイナスのエネルギーがとり憑く」

このパターンは3番目に多いパターンですが、未成仏霊よりも生きている人から受ける憑依がほとんどです。つまり、いわゆる生霊というものです。これは、今世の中で自分が起因したことにおけるカルマですから、自らが招いたものであるために、自己解決をすることが望ましいもので、自己の責任であることを強く意識しつつ、大きな不調和を起こして要因となっているような人間関係を、より調和させることや愛をより大きくめぐらせるように努めることなどによって解決していきます。

パターン3:「未成仏霊や魔や生霊自体を、波動の法則によって引き寄せてしまい、結果的にとり憑かれること」

これは、上記二つに比べたらとても多いパターンです。例えば、死んだことがわからずに、大きな不安の中であえいでいる未成仏の地縛霊がいたとします。同等の質の大きな不安を抱えている人が近くに来る(浮遊霊の場合は霊が近くを浮遊している)と、未成仏霊には同じ波動を持っているその人が、魅力的に感じたり輝いて見えたりするようです。そして、その魅力的で輝いていると感じる(波動が合う)人の肉体の中に霊が入ることや乗ること、それが憑依ということです。

つまり、ネガティブな霊自身は何が起きたのかが、よく分かっていないケースが多いのです。でも、居心地や乗り心地が良く、波動が合い続けていればそこにい続けます。また、あまりにも気が合った場合にはその人の意識にまでに入り込み、体を動かしたりしゃべったりすることができます。これが、憑依を受けた人の人格が変わるとか、顕在意識をのっとられたとかといったおうなネガティブな現象として表れます。

このような憑依を受けた場合の解決策の即効策は、一つ目のパターンと同様になると思います(一番良い解決策は最後に述べます)。現代医学における病気としての分類による治療や投薬では、解決に至るのは難しいことが多いと思います。

パターン4:「波動の法則が要因で、未成仏霊や魔や生きている人の発する邪気や邪念といった強いマイナスのエネルギーや場所や物質のマイナスエネルギーと同調してしまって憑依を受けること。(入り込んだり乗っかったり強い影響を及ぼされたりする)」

これが、三つ目のパターンと同様か、それ以上にとても多いです。一般的な捉え方である憑依と表現するに至らないような、このようにマイナスのエネルギーが憑いてしまうということは、比較的多くの人に対して日常的に起こっています。

例えば、込み合っている通勤電車の中とか、事故の多い交差点などの人や未成仏霊の邪気や邪念の多い所にいるだけでも、自分自身が直接関与していなくても、影響を受けたり憑依のように入り込んだりすることがあります。

解決策としては、できるだけこのような人や霊や場所や物質の低い波動と波動の合わない状態でいること、つまりできるだけ高い波動の状態を保つこと。また、そのような状況からできるだけ遠ざかることを選択したり、必要最低限にとどめたりすること。そして、極端に低い波動の状況にならないように努めることなどです。


次に、憑依を受けるとどうなるかということですが、それにはたくさんのケースがあります。中でも多いのは、肩や首周辺や頭などの体の部位の痛みや重みです。憑依というと、人が豹変してしまうとか霊のとり憑いている様子がいろいろな人に見えてしまうとか、そういったことを思われる方が多いようですが、実際はそのようなケースは非常に少ないのです。

ちなみに、人が豹変するという憑依で最も多いケースは、アルコールを飲んで酔った状態で憑依を受けた時です。飲み過ぎて人が変わったようになった、記憶がない……というような場合には、未成仏霊自体の憑依が絡んでいることがあります。これは、アルコールを飲み過ぎると、自己の顕在意識の責任感や緊張感が緩みけすぎたり、波動が極端に下がったりしまうことなどが要因になっていますが、同様に麻薬やシンナーなどによって引き起こることもあります。

強く憑依を受けてしまった際には、上記のような顕在意識をのっとられるまで影響を受けてしまう場合も、ごくまれにありますが、多くのケースは、肉体の違和感や苦痛といて認識することができます。特によくあることとしては、後頭部中央で首の付け根から少し上の骨の下辺りや、のどやみぞおち周辺にあらわれます。

ですから、後頭部や脊椎周辺や肩や肩甲骨、またのどや首やみぞおち周辺に、肉体的な苦痛を感じるような痛みや重みや違和感が出やすいのです。さらに、長い時間憑依を受け続けたり、奥まで入り込まれたりしたときには、体のバランスや心のバランスを崩してしまい、病気やけがなどといった状況に至るなど、さまざまなネガティブなことを引き起こすことがあります。

余談になりますが、スピリチュアルヒーリングを行っている時などに、強くネガティブな憑依を受けていると認識した際に、私は意図的に除霊をすることがありますし、意図しなくても、結果的に除霊をした状況になったと認識できる場合もあります。

この、意図しなくても結果的に除霊をしたことになるということは、つまり、波動の法則が働いた結果によるものでして、ポジティブなエネルギーを魂や肉体により多く与えることによって、波動の低い霊や邪気邪念といったものが、結果的に波動が合わなくなって離れていく、ということです。

このようなことは、見えたり感じたりして認識できる人もおりますが、認識できない人も多いと思います。どちらにしても、本来は認識できてもできなくてもどちらでも良いことでして、結果的にポジティブな状況になれば良いわけです。

一応、注釈として書いておきますが、上記の痛みや重みや違和感があるなどの体の不調は、すべてが憑依によるものということではありません。また、心や体のバランスを崩すことも同様です。憑依を受けた場合に多い状態を述べただけですので、単純に、肉体の疲労や無理がたたったり、ウィルスが要因していたりするようなケースも多くあります。

さて、いろいろと書きましたが、最後に述べますこの先の二つの事項が、今回特に述べたかったメインのことです。

一つは、憑依というのは特別なことではないということ。そして、憑依というものがどういうものであるかという私の見解を参考にしていただき、もしも納得できるような内容がありましたら、知識の一つとして受け入れていただき、解決するためにご活用いただければ幸いであるということです。

そしてもう一つは、波動をより高く保つことや、波動を極端に下げないように努めることが大切であるということです。そして、波動が下がったと気づいた時には、より早い段階で波動を改善するように努めることによって、憑依によるネガティブな影響は、受けにくくなるということです。

つまり、多くのケースは、自分自身の意識の在り方に気を配ることや、肉体の波動を下げてしまうような、過度の疲労や無理やネガティブな食物や薬物の摂取をできるだけ控えるように努めることなど、自分自身が意識的に、よりポジティブな波動でいられるように努めていれば、改善することができるということです。

そして、たとえ多かれ少なかれ憑依やネガティブな影響を受けたとしても、波動が下がりすぎないようにしたり、波動がある程度は高く保たれていたりすれば、低い波動の未成仏仏霊や魔とか、ネガティブなエネルギーも浄化または除去されるということ。愛をより多くめぐらせていれば生霊のようなめぐりは受けずに済むということです。たとえ霊能者やヒーラーなどの他者により浄化や浄霊や除霊をしてもらっても、本人の波動がそういったものを引き寄せてしまえば同じことを繰り返すだけです。

最後に、結論を一言で表現すれば、‘自分にも他にもバランスよく、真実の愛をより多くめぐらせ続けること’が大切であるということです。そのように努め続けることによって、ネガティブなものを引き寄せてしまい、憑依を受けるようなことは、より少なくなり、よりポジティブな実生活を送ることができるようになっていくということです。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

🌸あんず:「あんずの日常日記 ~腎移植後の生活~
バックナンバー改訂版

お面をかぶって生きていると ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月03日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353


守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀頃に、日本で男性として転生していた方で、庄屋を任せられていた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、守護霊様は庄屋を務めながら、近くの大きな神社の氏子総代のようなこともされていたようで、その神社で行われているお祭りで、ひょっとこのようなお面をかぶり、一心不乱に踊っている様子です。ひょっとこのようなお面をかぶって踊るとは言ってもこれも神事の一つのようで、豊作や無病息災などの祈願が込められている神楽のようなものだったようです。

人格者としても慕われ、おとなしく落ち着いた感じの守護霊様ですが、ひょっとこのお面をかぶりいざ踊りだすとまるで人が変わったように、何かおどけたような別人のような雰囲気になったようです。これはご本人も感じていたようで、面を被った瞬間自分が自分でなくなり別人が乗り移ったような状況になるとのことで、その時は普段無いような気持ちになり、人を楽しませたい笑わせたいというような気持ちになったり、自分が神になったように感じて、天や地の恵みを人々に分け与えてあげようというような寛大な気持ちになったりしたとのことです。

〈守護霊様からのメッセージ〉

「お面をかぶって生きていると、時には楽しく清々しい気分を味わったり、時には自分ではない自分を楽しんだりする事もできますので、気分転換にもまた新たな自分を発見するためにも、お面をかぶって我をひとまず脇に置き、ちょっと違った自分を演じてみるのも面白いでしょう。

ただし長く演じ続けていたり、お面をかぶっていることに気付かず、本来の自分をわきにおいて、お面をかぶって演じている自分が自分自身だと思い込んでいたりすると、それを続ければ続けるほど、だんだんと疲れが増し、また自分ではない自分を演じ続けているわけですから、本来の自分自身を見失っていき、その本来の自分自身とお面をかぶって演じている自分自身のギャップが広がるにつれてさらに疲れ、心や体が満たされなくなってくるものです。

素のままのあなたでいる時はとても優しく穏やかで、気持ちも軽やかですし、あなたのまわりの出来事も触れ合う全ての者たちもとてもポジティブにスムーズに触れ合い流れていくものなのです。でも、あなたがお面をかぶり、何かを演じるようなことがそれなりに長く続いてあなた自身の中で不調和が起きてくると、あなたのまわりの世界もその波動に引き寄せられ、あまりスムーズに物事が流れなくなったり、同じようにお面をかぶった者たちが現れ、お面をかぶった者同士の縁が広がっていくためにお互いが疲れたり、不調和を起こしたり、心が満たされずに何かもやもやしたような感覚が残ったりするものです。

相手を見て自分の状態に気づくときもあります。あなたと接している人があまりにもイライラしたり落ち込んでいたり辛そうにしていたりする人が多いように感じられるときには、あなた自身が気付いていてもそうでなくても、あなた自身も同じようなネガティブな波動になっている場合があるのです。逆に周りの人々がやたら楽しそうに朗らかに嬉しそうに見える時には、自分自身もそのような波動の中にある時なのです。

完璧に合致するわけではない時がありますが、総合的に見てあなたの周囲がどのようなものであると今その時点で感じているようなことは、実際はあなたの内側の状態を表しているという事なのです。

お面をかぶるというと何か変身をするような、大きく自分を隠してしまうような、全く違う状態になるような比喩として感じられるかもしれませんが、オブラートのようなすぐに溶けてしまうお面や透明な膜でできたような薄いお面もあります。いずれにしても何かそのような素のままのあなたではないベールに包まれていると感じて不調和を感じるような時には、できるだけ素のままのあなたに戻るように努めるとよいでしょう。

素のままのあなたとは、あなた自身が軽やかに感じるあなたであり、わくわくするようなこと、つまり今やるべきこと、今やった方が良いと感じる事、今やりたい事、今心の中で楽しいと感じる事、そういったことを選択しているあなたです。そして自らの感情に素直になり、自らの行いに責任を持ち自信をもって行っているあなたです。

具体的に何か一つのことをやり遂げようと熱心に行うことは、それはそれで素晴らしい事ではありますが、そういった何か具体的な一つの目標というものがたとえなくても、今申し上げたようなあなたのわくわくに向かって歩み続けることが、あなた自身の魂の目的を歩んでいることになるので、それを今一度肝に銘じて、あなた自身の今わくわく感じることを選択し続けるとよいでしょう。」


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

>






守護霊様からのメッセージ

黄金時代に向かう地球上で「今」の在り方

2020年08月02日
宇宙の根源神におけるあらゆる計画が成されていく中で、地球に関係している最も重要であった地球上が4次元そして5次元世界へと次元上昇するするという計画は、予定通りに進行しているようです。これは、ますます地球が銀河の中心に向かって近づいていることや星の整列やフォトンベルトなど影響などで、地球に与えられる宇宙エネルギーが増大したことや、宇宙のあらゆる存在からのサポートがあったからこそ成し得ていることではありますが、私たち地球人類も、この転生した目的を果たして光をめぐらせることができているために、こうして多くの地球人類が、地球上の次元上昇の波に乗ることができて、今、ここに存在することができているのです。

今、地球人類として転生してきて、地球上にこうして残っている者たちは、生前からの神との合意のもとで転生して、次元上昇した地球上で魂向上のための道を歩むという約束を果たしている最中であるために、今、ここに肉体を持ったまま存在することができているわけですから、そんな私たちは、とても栄誉ある魂の存在と言えるのです。ですから、とても素晴らしい事なのです。

2012年末の時が過ぎ、地球上は高次元界の扉の入り口に入りましたが、黄金時代である高次元の世界の始まりが始まったばかりなのです。高次のポータルが開かれて、今、その入り口に立つことが許されたまでの事でして、実際は、高次の世界に入って、黄金時代といえるような愛に満ち溢れた自由と平和と統一の世界に至ったわけではなく、波動域は高次元領域の始まりに入ったものの、この時点で皆さんが感じられているように、肉体的にも意識の中も世の中の状況も、今はまだ完全に4次元そして5次元の世界に見合った状況に至らずに、まだまだ多くの事において、3次元世界の末期の状況が続いているのです。

次元上昇して地球上の波動が高次元の始まりに至っても、政治や経済や教育や医療などの世の中の体制や物理的状況も、瞬時にすべてが高次元世界の波動に見合った状況へと変わるわけではありません。波動・エネルギーが変化しても、物理的な状況が同時に変化する場合もありますが、多くの事が後になって変化していくのです。4次元以上の高次元の世界に完全に至ることができれば、波動・エネルギーの状況と現実とはそのまま結びつき、即座に願ったことは実現するのですが、今のようにまだ完全に高次元世界に至っていないような状況では、難しい事が多いのです。

地球上が高次元界の入り口に入ったので、今まで以上に世の中の状況のポジティブな変革はさらに急速に続きますが、地球上の波動域は第4密度の波動域に入っても、地球上のすべての人々の在り方や世の中の状況すべてが高次元の世界に見合った状況へ至ったと感じられるまでには、直線的な時間ですと約二十年(2037年~2039年頃)はかかるだろうと予測されています。そして地球の次元上昇の流れはその後も続いて、4次元を超えて5次元世界まで上昇していくのです。

地球上の現在の状況の中でも、世の中の3次元的なネガティブな状況や、個人内の意識における感情や思考などのネガティブな部分は、高次元の波動領域に入ると3次元世界で作り上げて残っているネガティブな固定観念や感情などの意識や物理的な事などにおける葛藤が、今まで以上に急速に進み、最終局面に入っているのです。

そして、すでに4次元の波動域に入っている地球上の波動状況に見合うまでに、さまざまな葛藤や変化が続き、やがて世の中の状況も個人の在り方も変革した時、高次元世界へと次元上昇したとはっきりと認識できるでしょう。

そして、次元が上昇したと実感できるような状況になった頃には、直線的な時間における現在・過去・未来というような時間の概念や感覚がなくなり、すべてが「今」起きていると認識できるような状況になるために、波動に見合った状況も願いも何もかもが「今」瞬時に、目の前である現実世界で実現するようになるのです。

ところで、ここまで述べてきたようなことは、まだ地球上の波動域が3次元末期の状態であった2012年12月22日頃までの間にも、同じようなことを伝えてきましたので、これといった違いは見当たらないでしょう。では、いったい高次元のポータルが開かれて入り口に入る前と、今、こうして波動・エネルギー的に4次元領域の始まりに入った地球上とでは何が違うのかということを、簡単ではありますが明確に述べてみたいと思います。

それは、今、波動・エネルギーが高次元の領域、つまり第4密度に至っているので、すべての世の中の体制も物理的なことも人の肉体も意識も、いつでも、今すぐに、次の瞬間にでも、高次の状況に至ってもおかしくないようなところにまできているということです。つまり、準備ができてゴーの青信号が灯れば、いつでも高次の世界の状況に至ることができるということです。

アセンションする前の3次元世界では、政治や経済といった分野の改善すべき状況を、新たな黄金時代にふさわしい体制のスタンバイを進めるまでが精いっぱいだったことも、3次元世界では存在することのできたカバール・1パーセント支配層・エリートなどといわれるような闇の存在やそれに深くかかわり加担していた者たちが、地球上で存在することが難しくなり、自分たちが生きていくことで精いっぱいになったり、光の勢力に転じたり、地球を去ることを選択したりしている状況が進んでいたりしているので、それらによって阻害されていた政治や経済などの物事が、まだ済んでいない内容の調整が進みやすく、新しい体制へとスムーズに変革しやすい状況に至っているということです。

そして、もう少しそのような変革や調整が進んで青信号さえ灯るような状況に至れば、いつでも発進できるところまで、すでに地球上の世界の中での準備は進んでいるのです。新しい政治や経済、つまり黄金時代にふさわしい愛の溢れる指導者による政治や、富が公平に分配されて運用される経済も、高次元の宇宙の皆さんとの親交も、その準備は整う直前にまで至っており、それほど時を待たずにゴーサインの青信号が灯るところまできているのです。

人の意識に関しては、すでに3次元が終わりに近づくにつれて、ネガティブな意識を多く持ち合わせていく傾向にある人と、ポジティブな意識を多く持ち合わせていく傾向にある人とが、どんどん2極化されて進行していましたが、高次元の波動域に入った今、それがさらに顕著に表れていき、2極化は急加速して進んでいます。そしていずれはポジティブな変化が続くにつれて、2極は統合していくのです。

今、この時点で、波動・エネルギーがアセンションした2012年末以降の現在も地球上に残っている人すべては、3次元以下の意識を持ち合わせていても、必ず4次元以上の意識も持ち合わせている人のみであります。まるで、冷酷であるように感じられる人でも、今、この地球に存在することが許されている人の意識の中には、必ず4次元以上に存在できる「愛」の意識が備わっているのです。だから、高次元のポータルが開いた今も、4次元世界の密度に入って存在することができているのです。

ただし、この先、時が経つにつれて、世の中の状況や存在する人々の意識も高まり続けていくうちに、さらに波動・エネルギーは急加速して高まり続けるので、宇宙における普遍の法則である波動の法則や必然の法則が大きく働き、3次元以下の意識を多く持ち合わせてめぐらせ続けているような人は、波動はますます下がっていくために、この地球上に存在することは難しくなり、その波動の法則や必然に従い、在るべき場所へと、魂向上のために最も適した場所へと移動することを選択するようになるのです。

ですから、今この時点ではまだ存在することが許されていても、これから先の在り方次第では、このままアセンションを完全に果たせるものもあれば、3次元意識が強くなり、地球以外の3次元世界の惑星にて次なる転生を迎えるものもあるのです。そして、完全にすべてが成るようになって、自身が存在するにふさわしい状況に、今存在している地球上すべての人類が完全に至るまでには、二十数年かかるといわれており、ギリギリまで葛藤を続ける者も多くあるでしょう。

今、高次元の世界のポータルはすでに開かれています。あらゆるものが、その高次の波動・エネルギーを受けて、この先、さらに急加速して変化していきます。その結果、必然的に地球上で魂をさらに向上するための道を選び旅を続ける者と、他の3次元世界へと旅立つものとに分かれていきます。世の中も、黄金時代にふさわしい必要なものは発展し、必要でないものはなくなったり変革したりしていきます。人の肉体は、その波動・エネルギーにふさわしい状態へと変化をし続けていき、完全に高次の意識に至った頃には、クリスタル基盤の密度の軽い高次の肉体へと変わっていくのです。

すでに、高次元の世界の始まりが始まったといえる2012年末の波動・エネルギーが高次元領域に入ってから約8年の時が経ちました。

この時期は、古い時代であった3次元世界の終わりの終わりの時期であり、4次元以上の高次元の世へと移り変わるための変革期・転換期ともいえるでしょう。宇宙は常に変化し続けています。そして、当然、私たち地球人類も絶えず変化をし続けています。

その変化が、今、急加速して、高次元の方向へ歩んでいく者と、以前のような3次元以下の世界の方向へと歩み続ける者とに、分かれて進んでいるところなのです。ですから、個人内においても、変革期・転換期を迎える者が増えており、個人内の葛藤が表面化して、顕在意識で認識する機会が増えているような人は、ますます多くなっていくでしょう。

このように、自分自身をよりポジティブな状況へと変えるために、自分自身の葛藤が増えたり大きくなったりしているのだろうと感じているような皆さんは、アセンションの波に乗っており、この先ますます高まっていく波動・エネルギーに見合った状況へと自分自身の状況を合わせるために変化しようとしているという、とてもポジティブな流れに乗っている人が多いといえるでしょう。

そために、今の環境や実生活や仕事などはそれほど変化はさせないで、自分内の意識を高めるような変革期・転換期を迎える人もありますが、人によっては住んでいる場所を変えたり、仕事を変えたりするなどといったような、環境やメインで行っていることの変革期・転換期を迎えているような人も増えています。そのような人は、自分自身の身近である実生活や環境や在り方自体もも大きく変えようとしているために、葛藤が大きかったり、とても大きな変革期・転換期を迎えているのであろうと感じたりすることでしょう。

そのような変革期・転換期の中に在ると感じられるような時には、とても大切になることは、波動をできるだけ下げないように努めること。そして、より高い状態でいられるように努めることです。そのためには、自らの中で湧き上がる「わくわく感」に焦点を合わせること、つまり今やるべきと感じたこと、今やりたいと感じたことを大切にする必要があるということです。そして、「自他へのより大きな愛をめぐらせるように努めること」です。宇宙はとてもシンプルな世界です。愛がすべてなのです。真の愛さえより多く持ち合わせていて、真の愛をより多くめぐらせてさえいれば、波動は高まり魂は向上し、上へ上へと昇り続けていき、宇宙の神へと近づいていくことができるのです。

そして、今、こうして存在できていることを誇りに思い、宇宙に感謝し、このまま地球とともに物理的にも完全に次元上昇して、黄金時代で過ごすことを望むのであれば、今、私たちは真の愛を、今まで以上により強く意識すべきなのです。自己への愛をより深め、他者への愛をより多くめぐらせて、あらゆる環境や生物への愛も、地球への愛も宇宙への愛も、より大きく広くめぐらせるように努めるべきなのです。

また、次元上昇の流れに乗っている地球上に存在することができている栄誉ある魂だからこそ、私たちはより強く意識をポジティブに持ち続けるように努め、ネガティブな意識をより早くよりポジティブに改善するようにも努め、自分自身に対してより厳格でいるようにして、ネガティブなことにエネルギーを使うよりも、ポジティブなことにより焦点を合わせて尽力するように努めるべきなのです。

バックナンバー改訂版

もっと気楽に楽しく ~守護霊様からのメッセージ~

2020年08月01日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、ネイティブアメリカンの女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。見せてくれた映像は、広大な森林が見渡せる小高い丘の上から、両手を広げて何か大きな声で言葉を発しながら、この森林の木々や精霊たちや大地、そして天に向かって祈りの言葉と思念を送っている様子です。守護霊様は素のままナチュラルに自分らしく生き抜いた方でもあり、自然と共に調和して歩んでいた方でもあったようで、共に過ごす家族や親しい人と同様に、木々や草花や虫や動物たちなどすべてのものを大切にし、調和を重んじ生きていた方です。何もないと思われた空間に手を差し伸べると、そこには何かがあることを知っていたので、何も見えなくても誰もいなくても神や精霊やガイドが自分を守っていることをとてもありがたく感じていたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージ〉

「もっともっと気楽に楽しんで生きていても良いのですよ。一つのことに熱中したり責任をもって何かをやり遂げたりするときには、全力を傾けるべきではありますが、あれもこれもと全てに対してきちんとやり遂げようとし過ぎたり頑張り過ぎたり、あなた自身の強い思いで人を動かしたりすることを続けることによって、あなたもそうですし、周囲の人も疲れてしまうことがあるのです。

ほどよい疲れならよいのですが、その疲れがたまるとそれが不調和に至ったり葛藤やもめごとが起こったりしやすくなりますので、疲れはポジティブな道を歩むことに関してはあまり味方になってくれません。そんな心身の疲れやストレスを感じたら、ひと呼吸おいて、もっと気楽に楽しくやってみるように心がけても良いのですよ。

あなたの持つ素晴らしい才能も感性も、あらゆる場面であなたらしく在り続ければ生かすことができるわけですが、ただあまりにも過度に我を通し過ぎてしまったりがんばりすぎたりしてしまうと、やはりそれはそれでネガティブな波動が生じやすく、あなた自身も周囲の者も疲れてしまいがちになります。もっと楽しく、そう、楽天的に気軽にナチュラルに物事を考え、肩の力を抜いて緩やかに歩んでいくことも、時には必要です。

もちろんあなた自身が切羽詰まっているとか、常にギスギスとしているとかと言っているわけではなく、そのように感じた時には周りを責めたり周りに気を強く向けたりするのではなく、いったん深く呼吸をして自分自身を客観的に見つめ、内観し、自分に気を強く向けるとよいという事です。

周囲を変えるのは難しくとも、自分自身を変えるのは自分の意識次第、選択次第、心一つでどうにでもなることです。そして、あなたが変われば周囲も変わります。そのようなことをわかってはいるでしょうけれども、今ここで今一度より強く意識をされてみてください。

子どもの頃に夢を描き、夢に向かって理想を膨らませ歩き出していた、あの無邪気な心や、さわやかな明るい心を思い出してみてください。あなたの持つ本来のポジティブさや楽天さは光となり、あらゆることの活力となる大いなる魂の特質ともいえるものですので、厳しいと感じた時、もっと気楽に楽天的にと肩の力を抜いて、あなた自身をリラックスさせてあげるとよいでしょう。」

☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」





守護霊様からのメッセージ
 | HOME |