FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ちゃんと守護霊さんとコミュニケーションが取れているでしょうか? ~守護霊様からのメッセージ~

2020年02月23日
✿現在、2月の月末の大祓いのご依頼を承っています。2月29日(土)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、神話の里‘奥出雲’にて実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/630625/page_201609081759

☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙1~2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒https://taenu1.amebaownd.com/pages/264321/page_201601061353

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回ご紹介いたしますのは、17世紀から18世紀にかけて、日本で男性として転生していた方です。見せてくれた映像は、薄暗いこじんまりとした部屋の中に籠って、ろうそくのような小さな明かりの灯る中、一心不乱になって仏像を彫っている様子です。この時のこの作業は早朝から始まり、日が沈んでもその作業に没頭していたため、部屋にこもり明かりをつけての作業をしている様子とのことです。守護霊様は由緒あるお寺様のご住職をされていた方ですが、仏像彫刻士として仏像をたくさん世に残した方でもあります。

お経を唱えているうちに半トランス状態に入ると、仏様の御身体やお顔が頭の中に浮かんでくるとのことで、その浮かび上がった仏様や神様のお姿を彫刻にして世に残し、ご縁をいただいた神仏に対して自分の堀った木像を拝むことで、崇め感謝をしていたとのことです。仏像を彫刻する作業をしていると時には、何日間も寝ずに、また食事もとらずに続けることもあるほど集中して行うこともあったようです。その間は、お弟子さんがお寺様の業務を切り盛りしていたようですが、彫刻を真剣に彫られている守護霊様であるこのご住職の形相は、まるで神仏が乗り移ったかのように、穏やかであって慈愛にあふれ、かつ真剣な眼つきになるとのことです。

≪守護霊様からのメッセージです≫

心がわくわくし一生懸命になって集中できることに対しては、何もかも忘れてその一つのことに集中する時間を与えられるという、この素晴らしさに感謝するとともに、そういった機会を通して自らの魂が急速に向上していることも感じ取れるでしょう。

また、本来は集中して行った方がよいと世間では言われているようなことに対して、自分自身の意思では集中する気にならず上の空であったり、時間の経つのが長く感じたりすることもあるでしょうけれども、それは実際あなたにとってそれほど大切なものではなく、わくわくするようなものではない魂の成長にはそれほど大きくは関係しないものである可能性が高いのです。

ですから、そういったナチュラルな感覚が出たときには、その感覚に従い、世間一般論はあくまでも参考にし、自分に無理のないようにうまくやってゆけばよいわけです。

神も仏も、自分自身の内側にも存在するわけですから、あまり外にばかり目を向けず、自分の考え方や意思といった内側に、より一層気を向けることで、実際には自分自身の考え方や意思の中には、神や仏や高次元の守護の存在といった、あなたにまつわる守護する者たちの意思の思いや愛といったインスピレーションも含まれていますので、そういった内側からくるあなた自身の思考や意思や感情を、より一層大切にするようにしてください。

そして、たとえ世間一般論や他の人たちが常識や当然のことととらえていることに対して、あなた自身の思考や意思が違ってとらえている場合でも、あなたはあなたの内側をより大いに信頼し、あなたのナチュラルな感覚や意思や思考をより大切にして自信をもって、あなたが思ったことをやり通し、何かに迷ったときにはあなたの意思で選択すれば、それはあなたにとって正解といえるポジティブなことなのです。

あなたはあなたの直感や内側にある意思で選択したことを、もっともっと信頼して自信をもって歩み続けていくと、より魂が向上する道を歩むことができます。

頂きましたご質問に関してです。

「子供の頃は時間が経つのが緩慢に感じ、大人になるとなぜ早く感じるのでしょうか。」

このご質問にはタエヌが答えます。以前、タエヌのスピリチュアル日記に掲載した内容を,以下に転載いたしますのでご参考くださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

時間の流れは年齢と無関係です。年をとっても、時間の流れが加速することはありません。あなたがより賢明になり、意識と知恵において「成長」する時にだけ時間の流れは加速します。

もしあなたが年齢を知恵や啓発度と同じだと見なせば、あなたは年をとるに従い、時間の流れも加速すると言えるのです。

しかし、一生の間、意識における成長が見られない者には、時間は果てしなく長く、延々と続くように思えます。そのような人々は、年をとるに従い、「時間が遅くなる」と言うかもしれません。ですから、時間の長さや、あなた自身の日々の長さを決めるのは‘自己の世界観や内面的な成長率’です。

あなた方は皆、自己の意識状態に応じて、異なる日や時間の長さを持っています。そのため、あなたの意識が広がれば、あなたの時間は反比例して減少するのです。時間がゼロの状態に至れば、啓発され次元上昇した状態になり、そこでは、時間も空間もなく、ただ全創造の完全性だけが残るのです。

「短気、感情の表出をコントロールする良い方法はあるでしょうか。」

A:あなたが根本的に波動を高めて魂を成長させるにつれて、必然的に、あなたはより理想の自分自身の在り方になってゆきます。ですから、ある時から突然、感情をコントロールすることができたり、短期にならずに済んだりするようになるのではなく、あなたの魂の成長に伴い、あなた自身の愛が増し、波動が高まるにつれて、あなたの理想とする人間像に近づいていくということです。つまり、この質問の答えは、あなた自身の波動をより高めることです。

「子供を授からなかったのはなぜでしょうか。」

現在の時点まで、子供を授からないことが、今世のあなた自身の魂成長のためには必要な経験ができるために、あなたの魂が選んだ道です。そして、実際に魂を順調に向上させることができている1つの証拠として、歳を重ねるにつれて「時間の経過を短く感じること」ができているのです。

「私はちゃんと守護霊さんとコミュニケーションが取れているでしょうか。 取れていないとしたら、どうすれば改善できるでしょうか。」

ちゃんととれる・・・という表現は、個人レベルで様々な捉え方ができるわけですが、3次元世界の人間同士のように、もしくは霊能者と言われるような人が守護霊と交信するように、ということが‘ちゃんととれている’ということだとしたら、それは難しいことです。

しかし、私たち守護霊レベルの表現でいわせていただけば、あなたの今の時点の波動状況に見合った形でのコミュニケーションは‘ちゃんととれている’といえます。

そして、より明確に、守護の存在とコミュニケーションを取りたいと感じるのなら、さらに愛をより大きくめぐらせ、波動を高めること。

もう1つ大切なことは、守護の存在が常に見守っていることをより強く信頼し、守護の存在に意識をより強く向けて、共に在ることを認めたり感謝をめぐらせたりすると、より絆が深まってコミュニケーションがとりやすくなります。

「当面、頑張らないといけないことは何でしょうか。」

あなた自身が改善すべきことと感じたような欠点やよくない習慣を見つけたら、その都度、どんなに些細なことでも、できる限り早い時点で改善するように努めること。

「仕事はこのまま続けていけば良いのでしょうか。」

あなたの意思の赴くままに、今もこの先も歩む道を選択し続けてください。

「人付き合いが苦手です。この点、アドバイスがあればお願いします。」

あなたのナチュラルな感覚に従い、気の合う人とはそれなりに親しく付き合えばよろし。気の合わない人は、必要最低限のお付き合いに留めればよろし。

波動の法則に従ってください。あなたの波動に合う人と親しくしても、そうでない多くの人たちとは、不調和を起こさないように、そっけないお付き合いでも、世間一般的にはそっけないといわれるような付き合い方をしても、波動の法則に従ってのことですので、それはそれで仕方ないことと割り切ってください。

「将来はどこに住む可能性が高いでしょうか。」

答えは、その時点でのあなたが住みたいと感じた場所です。あなたの波動が変われば、在り方も変われば、その波動や在り方に見合った波動・エネルギー領域の場所に住みたくなるものです。でも、今のあなたのお住まいのある場所の波動・エネルギーも、現在、上昇中ですので、今のお住まいやその地域に、そのまましばらくは住み続けるかもしれません。あなたの今後の波動次第、あなたのその時点での意思次第です。

「知り合いから一人、ユタを紹介してもらっています。この方に霊視をお願いしても問題ないでしょうか。」

あなたがお願いしたいと感じた、どのような方に霊視をお願いしても、問題になる方は特にありません。でも、もし問題になるとしたら、それは、あなた自身のユタへの信頼度と、霊視結果の捉え方に関してです。

もし不信感が強いようでしたらおやめになる事をお勧めします。もし、信頼度が高いと感じたのなら、霊視を依頼した時点で、より強く信頼するように努めてください。

そして、霊視してもらったとしたら、その結果を鵜呑みにせず、あなたなりに識別して、ポジティブに感じることのみを受容するようにしてください。もし、強くネガティブに感じることがあったら、その内容にはあまり焦点を合わせないようにしてください。でも、改善すべき点を見出したら、改善するように努めてください。


☆タエヌのホームページ≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、~
https://taenu1.amebaownd.com/

☆彡タエヌがみなさんにシェアしたいと感じる情報を選び集めて掲載しています。
❀くるみ あんず(タエヌのもう1つのニックエーム):「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」








スポンサーサイト



守護霊様からのメッセージ
 | HOME |